スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

福岡・筑後リサイクルショップ殺人 「やってやれ」と夫に妻が指示〈週刊朝日〉


福岡・筑後リサイクルショップ殺人 「やってやれ」と夫に妻が指示〈週刊朝日〉

dot. 6月26日(木)11時49分配信



 福岡県筑後市のリサイクル店を舞台に、4人以上が失踪していた事件がついに動いた。福岡県警は、すでに窃盗罪で起訴した中尾伸也容疑者(47)と妻の知佐容疑者(45)を6月16日、元従業員の日高崇さん(当時22)に対する殺人容疑で再逮捕。あまりに鬼畜な犯行を主導したのは、美貌の妻だという。

「端緒は夫、伸也の『もう疲れた』という自供でした。発覚を恐れた夫妻は、遺体を土に埋め、白骨化した骨を掘り出し、わざわざ粉砕用の機械で砕いて近所の川に捨てていました。その場所を伸也がしゃべったので、物証が押さえられました」(福岡県警捜査関係者)

 福岡県警がさらに捜索したところ、日高さんとは別人の骨も発見されたという。それは日高さんの後輩で同じくリサイクル店の従業員だった、Kさんのものとされている。

「Kさんと日高さん、他の従業員は、お互いが監視し合って、夫婦が『気に入らない、言うことを聞かない』と言うだけで、殴り合うなどさせられていた。それに、伸也も加わっていた。日高さん、Kさんの殺害、遺体の運搬、遺棄、骨の投棄などを知佐の指示でやったことを、伸也は大筋で認めています」(同)

 夫妻の“鬼畜”ぶりはこれにとどまらない。

 リサイクル店の元従業員Aさんは約10年前、夫妻から、ひどい暴行を受け顔の形が変わり、体重も20キロ以上も減り、今もPTSDのような症状に悩まされ、満足に話ができない状態だという。代わってAさんの知人がこう語る。

「店を切り盛りしていたのは、社長と呼ばれていた妻の知佐で、『やってやれ』『いけ』などと伸也に指示を出していました」

 夫妻の知人も証言する。

「従業員らはずっと、夫婦の監視下に置かれ、トイレに行くにも監視つき。ちょっとでも気に入らないことがあれば、知佐が命じて、伸也の殴る蹴るの暴行が果てしなく続く。連帯責任だと言って、従業員同士で殴らせることもありました。携帯電話は取り上げられ、罰金だと言っては、消費者金融などで借金をさせられたそうです」

本誌取材班=今西憲之、上田耕司、馬場勇人

※週刊朝日  2014年7月4日号より抜粋
スポンサーサイト

筑後市で窃盗容疑で逮捕の中尾伸也・知佐容疑者殺人容疑で逮捕

http://www.xanthous.jp/2014/06/16/fukuoka-chikugo-city-munder-suspicion-4/
http://www.xanthous.jp/2014/06/16/fukuoka-chikugo-city-munder-suspicion-4/#sthash.rF2GyKyo.dpuf

福岡県筑後市不正カード使用事件で逮捕の夫婦、殺人容疑で逮捕へ
福岡県筑後市の不正カード使用事件で逮捕されたリサイクルショップ経営の夫婦周辺で行方不明者が多数確認されている事件で、県警は 40 代の夫婦を 10 年前から行方不明となっている従業員の殺害容疑で逮捕したと発表した。この夫婦を巡っては他人のクレジットカードを不正に使用し、現金を引き出したとして窃盗容疑で逮捕されていた。また、逮捕の夫が「 行方不明者は死亡している 」旨の供述をしている事も明らかとなっている。
( 2014/06/17/19:32 更新 )
- See more at: http://www.xanthous.jp/2014/06/16/fukuoka-chikugo-city-munder-suspicion-4/#sthash.rF2GyKyo.dpuf

2004 年 5 月以降、中尾伸也容疑者から繰り返し暴行を受け、同年 6 月下旬に死亡したとみられている。また中尾伸也容疑者は死亡した日高さんが働き出した 2003 年 8 月以降に、交際相手の名義で消費者金融から借金をし、中尾伸也容疑者らに渡していたとみられる。こうして借りられた金は日高さんの両親が交際相手の両親にも返済していたという。 日高さんが行方不明となってから行方をただした両親に対し、中尾伸也容疑者は「 金を持ち逃げされた 」などと主張し、日高さんの両親から迷惑料の名目で 700 万円を要求し、受け取っていたという。 - See more at: http://www.xanthous.jp/2014/06/16/fukuoka-chikugo-city-munder-suspicion-4/#sthash.rF2GyKyo.dpuf

中尾容疑者が経営していたリサイクルショップについて 元従業員らの証言によると、店内では恒常的に暴力が従業員に対して行われていたといい、先輩の従業員らが何度も蹴られたり、殴られたりしていたという。中尾伸也容疑者は気の弱そうな従業員ばかりを選んで暴行を加えていたという。 また仕事でミスをすると、その従業員が事務所へ連れて行かれ土下座させられてうえ、拳で何度も殴られていたという。顔を上げると蹴り上げるなどの行為をしていた。 怒鳴られるようなことは日常で、中尾容疑者らについては絶対的な存在でこの店は普通じゃないと思って辞めた従業員もいるとの事。また、一部の従業員らは中尾容疑者の家で住み込みで働かされており日高さんが殺害されたのも、その自宅だったという。 近所の人は「 昔は若い従業員が 4~5 人程いた 」「 どの従業員も長続きせずに入れ替わっていた 」と証言しています。恐らく、中尾伸也容疑者の暴力が酷く、長続きしなかったと思われます。 - See more at: http://www.xanthous.jp/2014/06/16/fukuoka-chikugo-city-munder-suspicion-4/#sthash.rF2GyKyo.dpuf

さらに、中尾伸也容疑者が車で帰ってくると、従業員らが走って出迎えて「 お帰りなさいませ 」などと言わされており、車のドアの開け閉めなどをさせられていたという報道もあります。 元従業員の話では、妻の知佐容疑者から「 私は潔癖症だからほこりも取って綺麗にして 」などと言われたこともあるという事です。 ようやく事件の真相解明となるか 福岡県警の発表によると、筑後市で他人名義のクレジットカード不正に使用し、現金を引き出した疑いで逮捕された中尾伸也容疑者と中尾知佐容疑者の夫婦。 夫婦の周辺では複数の行方不明者が確認されており、警察が関連を調べていたが、中尾容疑者が経営するリサイクルショップの従業員の男性( 当時 20 代 )が 2004 年から行方不明となっている件で、中尾伸也容疑者の供述に基づき、実家を捜索した結果、骨の一部が見つかった。 その骨の DNA 鑑定を行った結果、行方不明となっている男性の DNA 型と一致したという。また 5 月 13 日以降 22 日間連続で中尾伸也容疑者の実家の庭や近くの川を捜索し採取した土などの残留物を鑑定していたという。 - See more at: http://www.xanthous.jp/2014/06/16/fukuoka-chikugo-city-munder-suspicion-4/#sthash.rF2GyKyo.dpuf

福岡県警は中尾伸也容疑者と中尾知佐容疑者が共謀して男性を殺害したとして殺人容疑で逮捕した。また、複数の行方不明者が死亡し遺体を遺棄した旨の供述をしている。 - See more at: http://www.xanthous.jp/2014/06/16/fukuoka-chikugo-city-munder-suspicion-4/#sthash.rF2GyKyo.dpuf

行方不明は6人前後=親類、子どもの情報も-逮捕の夫婦周辺・福岡県警
福岡県筑後市のリサイクルショップ経営中尾伸也容疑者(47)と妻の知佐容疑者(45)が元従業員を殺害したとして再逮捕された事件で、夫婦周辺では、この元従業員を含め、計6人前後の行方が分からなくなっていることが16日、県警筑後署捜査本部などへの取材で分かった。 夫婦の親類と親類の子どもが不明との情報もあり、捜査本部は、中尾容疑者夫婦が事情を知っているとみて、全容解明を目指す。 捜査関係者によると、昨年10月、中尾容疑者夫婦周辺で「連絡が取れなくなった人がいる」との相談が県警に寄せられた。 県警が確認したところ、2004年6月に殺害され、骨の一部が見つかった元従業員日高崇さん=当時(22)=を含め、夫婦と関係があった6人前後の行方が分からないことが判明した。 - See more at: http://www.xanthous.jp/2014/06/16/fukuoka-chikugo-city-munder-suspicion-4/#sthash.rF2GyKyo.dpuf
引用元:時事通信 – 行方不明は6人前後=親類、子どもの情報も-逮捕の夫婦周辺・福岡県警 人骨発見で殺人に発展=捜査本部「解明に全力」-連続不明、夫婦逮捕で・福岡県警 福岡県筑後市のリサイクルショップ経営者夫婦の周辺で発覚した連続行方不明事件は、捜索で人骨の一部が発見されたことで、殺人事件に発展した。捜査本部が置かれた県警筑後署では16日午前、清水幸喜捜査1課長らが記者会見し、「全容解明に向けて全力を尽くしてまいりたい」と力を込めた。 他人名義のカードで引き出した現金を生活費などに充てていたとされ、破産後も高級車を乗り回すなど、不審な生活を送っていた中尾伸也容疑者(47)と妻の知佐容疑者(45)。捜査本部は他の行方不明者の行方についても何らかの事情を知っているとみて、さらに捜査を加速させる。 引用元:時事通信 – 人骨発見で殺人に発展=捜査本部「解明に全力」-連続不明、夫婦逮捕で・福岡県警 リサイクル店経営の夫婦、元従業員殺害容疑で再逮捕 窃盗事件で起訴されていた福岡県筑後市でリサイクルショップを経営する夫婦が、10年前に元従業員の男性を殺害したとして、16日、殺人容疑で再逮捕されました。 夫婦が最初に逮捕されてから2か月、長期間に及ぶ関係先の捜索などの結果、事件が大きく動き出しました。殺人の疑いで再逮捕されたのは筑後市のリサイクルショップ経営、中尾伸也被告(47)と妻の知佐被告(45)です。 中尾容疑者夫婦は、10年前の2004年、リサイクルショップの元従業員で、みやま市瀬高町に住む日高崇さん(当時22)の顔を殴ったり、背中を蹴ったりして殺害した疑いが持たれています。警察は2人の認否を明らかにしていません。 警察が中尾容疑者夫婦を窃盗容疑で逮捕したのは今年4月のことでした。連日にわたる大がかりな捜索によって、伸也容疑者の実家周辺から人の骨の一部が見つかり、DNA鑑定の結果、日高さんのものであることがわかりました。夫婦の周辺では、ほかにも親族など複数の人が行方不明になっていて、警察は、事件の全容解明に向けて本格的な捜査に乗り出します。 <夫婦が窃盗容疑で逮捕されてから、殺人容疑で立件するまでには2か月かかっているわけですが、ここまで時間がかかった理由はどこにあるのでしょうか?> 警察は当初から日高さんが失踪した経緯について、中尾容疑者夫婦が何らかの事情を知っていると見て捜査してきました。その後、伸也容疑者が日高さんの殺害を認める供述を始めたものの、あいまいな点もあり、供述を裏づけする物証を捜すのに時間がかかりました。 警察は、遺体が遺棄されたとされる実家の捜索に11日間、その後、近くの川を12日間にわたる捜索を続けた結果、人の骨の一部を見つけました。そして、この骨をDNA鑑定するのにさらに時間がかかったものと思われます。警察は今後、ほかの複数の行方不明者についても捜索する方針です。 引用元:TBS News i – リサイクル店経営の夫婦、元従業員殺害容疑で再逮捕 元従業員を殺害容疑=福岡・筑後の夫婦逮捕-骨の一部発見、他にも数人不明・県警 他人名義のカードで不正に現金を引き出したとして逮捕、起訴された福岡県筑後市のリサイクルショップ経営の夫婦が、行方が分からなくなっている元従業員を殺害した疑いが強まったとして、県警捜査1課などは16日、殺人容疑で逮捕した。夫婦の周辺では複数の関係者が行方不明になっており、同課は筑後署に捜査本部を設置、全容解明を進める。 逮捕されたのは、同市蔵数の中尾伸也容疑者(47)と、妻で無職の知佐容疑者(45)。同課は認否を明らかにしていない。 逮捕容疑は、2004年5月上旬ごろから、同市内のアパートで元従業員の日高崇さん=当時(22)=に対し、頭や顔を殴ったり、背中を蹴ったりする暴行を加え、同年6月下旬に殺害した疑い。 夫婦の周辺では、他にも複数の人物が行方不明になっており、県警は、夫婦が事情を知っているとみて、同市の伸也容疑者の実家の敷地や付近の川底を掘り返すなど、関係先を捜索していた。 日高さんには、同年7月に家出人捜索願が出されており、同課などは今年5月中旬~下旬、中尾容疑者の実家の捜索で骨の一部を発見。DNA型鑑定の結果、日高さんの骨と確認された。 引用元:時事通信 – 元従業員を殺害容疑=福岡・筑後の夫婦逮捕-他に数人不明・県警 不明の従業員“暴行・殺害”、夫婦を再逮捕 窃盗の疑いで逮捕された福岡県筑後市のリサイクル業の夫婦が、男性従業員に暴行を加え殺害した疑いが強まったとして、警察は16日、この夫婦を殺人の疑いで再逮捕した。 再逮捕されたのは福岡県筑後市のリサイクルショップ経営・中尾伸也容疑者(47)と妻・知佐容疑者(45)。捜査関係者によると、中尾容疑者らは10年前の2004年6月頃、リサイクルショップの従業員の男性(当時22)に執拗(しつよう)に暴行を加え、殺害した疑い。警察は夫の供述に基づいて関係先を捜索するなどし、被害者の男性の骨の一部を発見していたという。 この夫婦の周辺では、ほかにも複数の関係者が行方不明になっていて、警察で慎重に捜査を続けている。 引用元:日テレ NEWS 24 – 不明の従業員“暴行・殺害”、夫婦を再逮捕 10年不明の従業員殺害容疑 経営者夫婦逮捕 福岡県筑後市で10年前から行方不明になっているリサイクルショップの従業員の男性を殺害した疑いが強まったとして福岡県警察本部はこの店を経営する夫婦を殺人の疑いで逮捕しました。 夫婦の周辺では、複数の人が行方不明になっているという情報が警察に寄せられており、慎重に関連を捜査することにしています。 逮捕されたのは、福岡県筑後市のリサイクルショップ経営、中尾伸也容疑者(47)と、妻の知佐容疑者(45)です。 警察の調べによりますと、中尾容疑者は、知佐容疑者と共謀し、10年前の平成16年、自分のリサイクルショップで働いていた当時20代の男性に殴るなどの暴行を加えて殺害した疑いが持たれています。 従業員の男性は平成16年以降、行方が分からなくなっていましたが、警察によりますと、ことし4月、別の窃盗事件で逮捕、起訴された中尾容疑者が、その後の調べに対し男性に暴行を加えていたことや、死亡させ、遺体を遺棄したことを認める供述をしたということです。 警察が供述に基づいて中尾容疑者の実家の庭などを捜索した結果、骨の一部が見つかり、DNA鑑定で男性と確認されたことなどから、警察は夫婦が共謀して殺害に関わった疑いが強まったとして2人を逮捕したということです。 これまでの調べで、夫婦の周辺では、ほかの従業員ら複数の人が行方不明になっているという情報が警察に寄せられており、警察は、慎重に関連を捜査することにしています。 引用元:NHK NEWS WEB – 10年不明の従業員殺害容疑 経営者夫婦逮捕 - See more at: http://www.xanthous.jp/2014/06/16/fukuoka-chikugo-city-munder-suspicion-4/#sthash.rF2GyKyo.dpuf

知人を殺害容疑=福岡・筑後の夫婦再逮捕へ-他に数人不明・県警 他人名義のカードで不正に現金を引き出したとして逮捕、起訴された福岡県筑後市の夫婦が、周辺で行方が分からなくなっている知人を殺害した疑いが強まったとして、県警は16日、殺人容疑で夫婦を再逮捕する方針を固めた。 再逮捕されるのは、同市のリサイクルショップ経営者(47)と妻(45)。夫婦の周辺では知人を含め、元従業員ら複数人が行方不明になっているとの情報があり、同課などは、夫婦が事情を知っているとみて捜査していた。 引用元:時事通信 – 知人を殺害容疑=福岡・筑後の夫婦再逮捕へ-他に数人不明・県警 - See more at: http://www.xanthous.jp/2014/06/16/fukuoka-chikugo-city-munder-suspicion-4/#sthash.rF2GyKyo.dpuf
10年不明の従業員殺害容疑 経営者夫婦逮捕へ


福岡県筑後市で、10年前から行方不明になっているリサイクルショップの従業員の男性を殺害した疑いが強まったとして、福岡県警察本部は16日にも、この店を経営する40代の夫婦を殺人の疑いで逮捕する方針です。

夫婦の周辺では、複数の人が行方不明になっているという情報があり、警察は慎重に関連を捜査することにしています。

この夫婦は、福岡県筑後市でリサイクルショップを経営するいずれも40代の夫婦で、ことし4月、別の窃盗事件で逮捕、起訴されていました。

このリサイクルショップで働いていた当時20代の従業員の男性が10年前の平成16年から行方が分からなくなっていましたが、警察によりますと、その後の調べに対し経営者の夫が、男性に暴行を加えていたことや、死亡させ、遺体を遺棄したことを認める供述をしたということです。

警察が供述に基づいて夫の実家の庭などを捜索した結果、骨の一部が見つかり、DNA鑑定で男性と確認されたことなどから、警察は2人が共謀して男性を殺害した疑いが強まったとして、16日にも殺人の疑いで逮捕する方針です。

これまでの調べで、夫婦の周辺では、ほかの従業員ら複数の人が行方不明になっているという情報があり、警察は、慎重に関連を捜査することにしています。

引用元:NHK NEWS WEB – 10年不明の従業員殺害容疑 経営者夫婦逮捕へ


ネットの反応

殺人事件があった筑後市のリサイクルショップ「エース」、壁や看板に名探偵コナンの絵が描いてあってやばい。
2014年6月16日 6:58 AM

福岡県筑後市で、10年前から行方不明になっているリサイクルショップの従業員の男性を殺害した疑いが強まったとして、福岡県警察本部は16日にも、この店を経営する40代の夫婦を殺人の疑いで逮捕する方針です。 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140616/k10015242591000.html …

筑後のリサイクルショップの事件は、従業員の骨が夫婦の自宅庭から出てきたという事で再逮捕らしい。やっと続報来た…
2014年6月16日 7:55 AM

10年不明の従業員殺害容疑 経営者夫婦逮捕へ:福岡県筑後市【吟遊詩人の戯言 #ginyu 】: 最近,「犯人の周辺で複数名の人物が行方不明」ってパターンが多すぎやじ この失踪された方々も,手をかけた?... http://tinyurl.com/pth9f7c

福岡・筑後市男性殺害事件 「実家の庭に複数の遺体埋めた」

6月18日(水)18時47分配信
福岡県で、リサイクル店を経営する夫婦が逮捕された事件。見つかった骨は、夫婦の周囲で行方不明になっている人物のものである可能性が高いとみられている。
中尾伸也容疑者(47)の元友人は「僕からすれば、アニキ分みたいな、かっこいい先輩。2年前ぐらいだったと思うんですが、偶然、コンビニで会ったのが最後。『今、何やってるんですか?』と聞いて、『今、リサイクルショップやっている』と。(リサイクルショップの雰囲気は?)暗い雰囲気だった記憶がある」と話した。
知人男性は、中尾伸也容疑者が経営するリサイクルショップを訪れた際の様子について、「暗い雰囲気だった」と語った。
中尾伸也容疑者の元友人は「商品があふれている感じでもないし、商売として成り立っている雰囲気はあまりしなかった。ほかのリサイクルショップと比べたら、雰囲気が暗いなと。知り合いのお店じゃなかったら、あそこに、ものを見に行こうかなという雰囲気ではない」と話した。
2004年、福岡・筑後市のリサイクルショップで働いていた日高 崇さん(当時22)を殺害した疑いで逮捕された、経営者の中尾伸也容疑者と妻の知佐容疑者(45)。
夫婦の周囲では、複数の人が行方不明となっているが、捜索では、新たな事実も判明した。
中尾伸也容疑者の実家とその周辺の捜索では、日高さんとは別人の骨が発見されていたことが新たにわかった。
警察が、伸也容疑者の実家とその周辺を捜索した際に、日高さんの骨の一部とともに、日高さんとは別人の骨も見つかっていたことが、捜査関係者への取材で新たにわかった。
発見された骨からは、日高さんとは異なるDNAを検出。
伸也容疑者は、「実家の庭に、複数の遺体を埋めた」などと供述していて、警察は、この別人の骨の鑑定を進めている。
夫婦の周辺では、日高さんのほかにも、別の男性従業員や知佐容疑者の妹の夫とその子どもなど、少なくとも3人が行方不明になっている。
そして、その中心には、あのリサイクルショップがあった。
中尾容疑者夫婦の周辺で行方不明となっている人たちの共通点は、リサイクルショップを訪れているということだった。
日高さんと別の男性従業員Aさんは、およそ10年前から行方不明となっている。
Aさんは、中尾容疑者がリサイクルショップを開いた2003年、日高さんと同じ時期に従業員として働いていたというが、その後、失踪し、現在も行方がわからないままとなっている。
さらに、知佐容疑者の妹の夫Bさんとその長男C君も、行方がわからなくなっている。
知佐容疑者の妹の夫Bさんを知る人は「『勉強はできた』という話だよ。(仕事で)海外で活躍しているとか聞いた」と話した。
また、知佐容疑者の妹の夫Bさんの親族は「大学院を卒業して、(国内の会社に)2~3年勤務していたら、アメリカ西海岸のサンフランシスコに転勤になって」と話した。
大学院を卒業後、海外勤務をしていたというBさん。
しかし、Bさんの親族によると、知佐容疑者の妹の夫は、勤務先を退社し、日本へ帰国。
その後、地元・鹿児島に戻ったが、中尾容疑者のリサイクルショップで働くため、福岡へ行ったあと、行方がわからなくなっている。
知佐容疑者の妹の夫Bさんの親族は「会社を辞めて、サンフランシスコから帰り、(地元で)1カ月も遊んでいない。すぐ福岡に行った。今問題になっているリサイクルショップに、(家族と)一緒に行った。(知佐容疑者から)いい仕事がないのだったら、(『リサイクルの仕事をしないか?』と?)そういうこと。日本に帰って、いいところがないから、そこに入った。(その後、連絡は取り合ったか?)それが全然ないわけよ。6~7年前から、連絡が取れなくなった」と話した。
夫婦の周囲で相次ぐ、不審な行方不明者たち。
警察は、行方不明者と容疑者夫婦との関連を慎重に調べている。.

最終更新:6月18日(水)18時47分
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20140618-00000830-fnn-soci

筑後殺人容疑の夫婦 別の従業員から1500万円 親族に要求 日高さんからも数百万円

http://www.youtube.com/watch?v=TnJNCfZNX8Y

http://livedoor.blogimg.jp/akb48matomemory/imgs/2/9/297ad4b5.jpg

http://livedoor.blogimg.jp/akb48matomemory/imgs/2/9/297ad4b5.jpg

福岡県筑後市のリサイクルショップ経営の元従業員日高崇さん(当時22)を殺害したとして殺人容疑で逮捕された経営者の中尾伸也容疑者(47)と妻の知佐容疑者(45)が、別の従業員の親族に「(従業員が)店の金を盗んだ」などと言いがかりをつけて現金を要求し、計約1500万円を受け取っていたことが17日、関係者への取材でわかった。夫婦は日高さんの親族にも「日高さんが店の金を持ち逃げした」などと金を要求していたという。県警は夫婦が金に困っていたとみて、日高さんの殺害に至った経緯を詳しく調べている。

関係者によると、従業員だった男性は2003年にリサイクルショップが開業したころから勤務していた。店では深夜まで「軟禁状態」で働くことを強要されたため、1ヵ月ほどで店から逃げ出したという。この男性の親族は、夫婦から暴力団との関係をほのめかされて「暴力団から従業員を守ってあげる」と言われたり、「従業員が店の金を持ち逃げした」と告げられたりして何度も金を要求されたという。夫婦側に支払った総額は約1500万円に上るという。

一方、日高さんは、この従業員とほぼ同時期に店で働いていたとみられている。伸也容疑者は日高さんが04年に行方不明になった後も、日高さんの親族に数百万円を要求していたという。伸也容疑者は1998年、知佐容疑者は2001年に自己破産し、リサイクルショップ開業後も多額の借金を抱えていた。
<西日本新聞 2014.06.17>

殺害男性の母親に300万円払わせる

6月17日 18時50分
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140617/k10015291811000.html
福岡県筑後市で、リサイクルショップの経営者夫婦が従業員の男性を殺害したとして逮捕された事件で、夫が男性の母親に「店に迷惑をかけた」などと言って300万円を支払わせていたことが関係者への取材で分かりました。
夫婦は、ほかの従業員の家族にも同じように金を要求していたということで、警察は事件との関連について調べています。

福岡県筑後市のリサイクルショップ経営、中尾伸也容疑者(47)と妻の知佐容疑者(45)は、10年前の平成16年、店で働いていた日高崇さん(当時22)に1か月以上にわたって暴行を加えて殺害したとして殺人の疑いで逮捕され、17日午後、検察庁に送られました。
弁護士によりますと、夫の中尾容疑者は「殺すつもりはなかった」と殺意を否認しているということです。
これまでの警察の調べで、日高さんは日常的に暴行を受けていたとみられていますが、関係者によりますと、行方不明になる前に中尾容疑者が日高さんの母親に「息子さんが店に迷惑をかけた」などと言って300万円を支払わせていたことが分かりました。
さらに行方不明になったあとには日高さんの別の親族に「金を持ち逃げされた」と、うその説明をしていた疑いがあるということです。
夫婦は、ほかの従業員の家族にも同じように金を要求したり、従業員に消費者金融で金を借りさせたりしていたということで、警察は事件との関連について調べています。
この事件で、日高崇さんの母親が警察を通じてコメントを出し、「息子が出て行ったと聞かされて10年間生きていると信じて待っていました。しかし亡くなったという事実を知ることになり、悲しみに暮れております」と心情を記しています。

不明従業員殺害 「日常的に暴行」供述

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140616/k10015260451000.html
6月16日 19時19分

福岡県筑後市で、リサイクルショップの経営者夫婦が従業員の男性を殺害したとして逮捕された事件で、調べに対し夫は「日常的に暴行を加えていた」と供述していることが、警察への取材で分かりました。警察によりますと、夫婦の周辺では複数の人が行方不明になっているということで、慎重に関連を捜査することにしています。

福岡県筑後市のリサイクルショップ経営、中尾伸也容疑者(47)と、妻の知佐容疑者(45)は、10年前の平成16年5月上旬から6月下旬までの間、自分の店で働いていた日高崇さん(当時22)に暴行を加えて殺害したとして、16日、殺人の疑いで逮捕されました。
警察は、記者会見で2人が容疑を認めているかどうか明らかにしていません。
警察によりますと、日高さんは亡くなる半年ほど前から店舗や夫婦の自宅のアパートに住み始めたということですが、これまでの調べに対し、夫の中尾容疑者は「日高さんに、日常的に殴る蹴るの暴行を加えていた」と供述していることが警察への取材で分かりました。
警察は暴行が始まったきっかけや動機などについて詳しく調べています。
また警察によりますと、夫婦の周辺では従業員や小さな子どもを含む親族など複数の人が行方不明になっているということです。
このうち数人について、中尾容疑者は「すでに死亡している」と説明しているということですが、行方が分からなくなってからかなりの時間がたっていることなどから、警察は慎重に関連を捜査することにしています。
.

事件のいきさつは

警察の発表を基に今回の事件のいきさつをまとめました。
亡くなった日高崇さん(当時22)は、平成15年8月ごろから、夫の中尾容疑者が経営する福岡県筑後市のリサイクルショップで働き始めたということです。
同じ年の12月ごろになって、日高さんは店や筑後市内の中尾容疑者らの自宅アパートに住むようになり、店とアパートを行き来していたということです。
平成16年の5月上旬ごろから頭を殴られたり背中を蹴られたりする暴行を受けるようになり、1か月以上たった6月下旬に死亡しました。
警察は長期間、日常的に暴行を受けていたとみています。
その直後、平成16年7月に日高さんの母親から筑後警察署に「息子と全く連絡が取れなくなった」と捜索願いが出され、母親はその後も3回、警察に相談しているということです。
これについて警察は「当時の状況下において、できうる対応をしたと考えている」と説明しています。
日高さんの行方はその後、10年近くにわたって分からなくなっていましたが、ことし5月中旬から下旬にかけて警察が中尾容疑者の実家の庭を捜索した結果、骨の一部が見つかり、DNA鑑定で日高さんと確認されました。
また、日高さんが死亡したのとほぼ同じ時期の平成16年7月以降に、夫婦の周辺で複数の人の行方が分からなくなっているということで、警察は今後の捜査で関連を明らかにするとしています。


「腹を何度も蹴っていた」

リサイクルショップで働いたことのある男性は、夫の中尾容疑者について「従業員を一列に並ばせて腹を何度も蹴っているのを見た」と証言しました。
証言したのは、平成18年ごろにリサイクルショップに採用された男性で、求人広告を見て電話をかけ、経営者夫婦の面接を受けて働くことになったということです。
男性は「最初の仕事は他の従業員6、7人とリサイクルショップの店内を掃除することだった。妻の知佐容疑者からは『私は潔癖症だからほこりも取ってきれいにしてください』と言われた」と話していました。
また、「夫の伸也容疑者が帰って来ると、従業員は車のほうに走って行って一列に並んで『お帰りなさいませ』と言って車のドアを開けたり、荷物を持ったりしていた。そのあと、事務所に来るよう呼ばれると、従業員を一列に並ばせ、そのうちの2人の腹を何度も蹴っているのを見た。妻は止めることもせず見ていた。従業員は倒れてもすぐ立ち上がって抵抗もせず、そのあとも顔を苦しそうにしながら仕事をしていた」と証言しました。
男性は1日働いたあと、すぐに辞めたということで、「普通じゃないと思いました。恐怖を感じました」と話していました。


逮捕された夫婦は

福岡県筑後市出身の中尾伸也容疑者は、20歳のころから数年間、筑後市内のホテルで働き、その後、福岡市に移りました。
妻の知佐容疑者は愛媛県出身で、ふるさとを出たあと福岡市で伸也容疑者と出会い、その後、結婚しました。
そして2人は筑後市で平成13年ごろからリサイクルショップの経営を始めます。
今は店の近くの一軒家に住んでいますが、近所づきあいはほとんどなかったといいます。
近所の人は「雨戸はいつも閉まっていた。奥さんは一度も見たこともない」と話していました。
一方、経営するリサイクルショップでは、従業員をどなる伸也容疑者の姿がたびたび目撃されていて、近所の人は、「どの従業員も長続きせずに入れ替わっている」、「昔は若い従業員が4、5人いたが、最近は見かけなくなった」と話していました。

Police serve arrested Fukuoka couple with murder warrant

http://the-japan-news.com/news/article/0001357858
11:08 pm, June 16, 2014
Jiji PressCHIKUGO, Fukuoka (Jiji Press)—A Fukuoka Prefecture couple already indicted for illegal bank withdrawals were served with new arrest warrants on Monday for the murder of a missing man.

Shinya Nakao, 47, and his wife, Chisa, 45, who run a secondhand shop in the Fukuoka city of Chikugo were arrested by the prefectural police.

The couple are alleged to have repeatedly used violence against a former employee of the shop, Takashi Hidaka, then 22, beginning in about early May 2004, and to have killed him in late June of the same year, according to police sources.

The police department did not disclose whether the couple, both residents of Chikugo, have confessed to the murder charges.

Other people associated with the couple are said to have gone missing, and the police are preparing to fully investigate.

The police served the new arrest warrant after discovering bones in the garden of Shinya’s parents’ home in Chikugo in mid to late May this year, according to the sources. The bones were later confirmed to belong to Hidaka via a DNA test.

According to the police, the shop opened in spring of 2003. Hidaka began work there in August of the same year and was living with the couple. In July 2004, Hidaka’s mother asked police to search for her son after he went missing.

Recycle shop pair may have killed staffer in ’04

Jun 17, 2014
http://www.japantimes.co.jp/news/2014/06/17/national/crime-legal/recycle-shop-pair-may-killed-staffer-04/
FUKUOKA – Police have arrested a couple running a recycling shop in Chikugo, Fukuoka Prefecture, on suspicion of killing one of their former employees, who has been missing since July 2004.

Shinya Nakao, 47, and his wife, Chisa, 45, who had recently been arrested on theft charges, were rearrested Monday for allegedly assaulting Takashi Hidaka, who was 22 years old at the time he disappeared.

Based on Shinya’s statements, the police found part of a corpse buried in the backyard of Shinya’s parents’ house, also located in Chikugo, and confirmed by DNA analysis that the remains belonged to Hidaka.

Police believe that the victim was repeatedly hit in the face and head and kicked in his back by the two suspects in their apartment sometime between early May and late June 2004. They speculate the severe wounds resulted in traumatic hemorrhaging, and this is believed to be the leading cause of Hidaka’s death around late June 2004.

Hidaka, who came from Miyama, also in Fukuoka Prefecture, started working for Nakao in August 2003. He also reportedly lived together with the suspects.

Nakao’s lawyer, who attended the interrogation session, said Shinya denied having any intentions of killing Hidaka.

Police sources said police launched the investigation last year after speculating the couple might have been involved in a number of disappearances over the past 10 years, of relatives and staff at the shop, including Hidaka.

再逮捕:リサイクル店夫婦、知人殺害容疑で 福岡・筑後

http://mainichi.jp/select/news/20140616k0000e040120000c.html
毎日新聞 2014年06月16日 10時54分(最終更新 06月16日 13時34分

他人のキャッシングカードを使って現金を引き出したとして窃盗容疑で逮捕、起訴された福岡県筑後市のリサイクル店経営、中尾伸也被告(47)と妻の知佐被告(45)が、従業員の男性1人を殺害していたとして、県警は16日、殺人容疑で再逮捕した。2人の周辺では複数の関係者が行方不明になっており、県警はその関連についても調べを進める方針。県警は同日、筑後署に捜査本部を設置した。

 ◇実家の庭から元従業員の骨の一部

 逮捕容疑は、共謀して2004年5月上旬ごろから、筑後市内の両容疑者の自宅アパートで、リサイクル店従業員の日高崇(たかし)さん(当時22歳)=同県みやま市瀬高町=の顔や頭を殴ったり、背中を蹴ったりして、同年6月下旬ごろ、外傷性ショック死させ殺害したとしている。県警は、両容疑者の認否を明らかにしていない。

 県警などによると、伸也容疑者の供述に基づき、筑後市にある伸也容疑者の実家の庭を捜索し、骨の一部を発見。DNA型鑑定により、日高さんのものと判明した。当時、日高さんは両容疑者とアパートで同居し住み込みで働いていた。

 日高さんについては、04年7月に家族から筑後署に捜索願が出ており、その後も3回、相談が寄せられていた。記者会見した清水幸喜・県警捜査1課長は「当時、取り得る対応はなされていた」と述べた。他の行方不明者については「関連性も含め今後の捜査で明らかにしたい」と話した。

 県警は07年7月〜昨年11月に知人のキャッシングカードで現金計53万円を引き出したとして今年4月11日に2人を窃盗容疑で逮捕(同罪で起訴)。さらに、11年12月〜今年3月、別の知人のカードで現金計100万円を盗んだとして再逮捕したが、不起訴処分となっていた。

 両容疑者の周辺ではリサイクルショップの元従業員らが複数不明になっているとの情報があり県警が捜査。伸也容疑者が不明者が「死亡している」という趣旨の供述をしたことから、5月13日以降、23日連続で伸也容疑者の実家の庭と近くの川を捜索。採取した土や残留物を鑑定していた。【吉川雄策、宗岡敬介、黒澤敬太郎】

 ◇親族の子ら不明4人

 毎日新聞の取材では、店の元従業員や妻の親族の幼い子供ら少なくとも4人の行方が分かっていない。
----------------------------------
ニュース映像より
http://stat.ameba.jp/user_images/20140420/14/sokanet-new/d4/53/j/t02200124_0240013512914465842.jpg
http://ameblo.jp/sokanet-new/entry-11828084144.html

https://pbs.twimg.com/media/BllPcQZCYAAWNX5.jpg

✞湘南風✞ @hirokittt
フォローする
福岡、筑後市のリサイクルショップの経営者夫婦の周辺で複数の行方不明者。

リサイクル店に創価学会の三色旗。


2014年4月19日 8:41 PM

やめた方のブログ 対話を求めて


私はこれで創価をやめました

2014年6月15日 in Uncategorized | 1件のコメント


じつはこの4日間ほど留守にしていました。皆さんからのコメントはスマホで確認して公開していましたが、返事を書けるような環境ではなかったので失礼しました。

おかげさまで「子どもに創価を植え付けること」というテーマでは、一週間で60を超えるたくさんのコメントをいただきました。ほんとうにありがとうございます。創価が子どもにとんでもない洗脳をしてきたことはあきらかです。その目的も単なる金儲けです。ここにいらっしゃるみなさんの多くは学会2世3世の方が多いので、そに実質的な被害を被ってきた方ばかりだと思います。

私も、今思えばどうしてこんな恐ろしいカルト教団を信じていたのか、いまだに不思議ですが、やはり子どもの頃から、世界をひとつの価値観だけで見せられてくれば無理も無いなと思います。そして創価のおかしさに気づいてはじめて取り返しのつかなさに愕然とします。また、何も知らずに騙され続けて死んでいった父と、すでに認知症で創価が何なのかもわからなくなった母を見ると、やはり創価の悪業を黙った見過ごす気持ちにはなれません。今現在も創価に騙されて、いいように操られている人が何百万人かはいるわけですから、なんともやりきれない気持ちでいっぱいです。

一方、何らかのきっかけで、創価の悪に気がつき、幸いにも脱会することができた方もたくさんいらっしゃるようです。そうした方の実体験は、脱会したくてもできないで悩んでいる方にとっては、とても参考になり、励ましにもなります。

そこで今回のテーマは、「私はこれで創価をやめました」ということにさせていただきます。過去に話をされた方でもけっこうです。まだ脱会できていなくてもけっこうです。こうして創価の現実に気がついたということをお話しいただけると嬉しいです。

よろしくお願いします。





閑話休題

2014年6月15日 in Uncategorized | 2件のコメント


1545560_661001533980483_494658693163078980_n

もはや一般紙にまで腰抜けぶりを暴露された公明党ですが、どうせ書くのなら、公明党が頑張ったにもかかわらず集団的自衛権行使を認めたのではなく、あらかじめ決まっていたデキレースだというところまで書いて欲しかったですね。

自称宗教団体である創価学会が、公明党の支持母体であることをすっとばして集団的自衛権について直接政府に口出するという、政教分離を木っ端微塵にする暴挙にも驚きましたが、結局は創価も自民党の言いなりでしかないということですね。こうしたことを学会員さんたちはどのように考えているのでしょうか。っていうか、考えていないのでしょうけど(笑)。

とにかく創価学会員は政治に興味がない。といいますか、会員に政治に興味を持ってもらうと困るので、徹底して「何も考えずに公明票をとりなさい。それがあなたの使命です」と叩きこまれています。そうやって興味がないから公明党を盲目的に応援できるんですね。公明党が実際に何をしているのかを知れば、普通の人間なら「おかしい、間違っている」と気づくはずなんですが、会員さんが興味があるのは、公明票をとったらとるだけ功徳がある、幸せになれるということだけですもんね。

みんなの党も、結いの党も、維新の会も、民主党も、ふたたびバラバラにされて、どうやら新しく自民党側につく政党が増えそうな機運に、自民党はこれまでみたいに公明の票をあてにしなくてもやっていけそうな状況になってきたことで、公明党はかなりあせっているみたいですね。露骨なまでに日本の右傾化を推進している安倍政権にとって、これまで公明党の指示は不可欠だったのですが、すっかり骨抜きにされた野党から自民党に鞍替えする議員が続出していて、自民党にとってはもはや公明票が美味しくなくなるました。創価のとんでもない悪事をもみ消してやるほどの旨味がなくなって、自民党は「いやならいいんだよ」って公明党に言えるようになった。そして宗教法人の課税をほのめかされるまでに追い込まれてしまったわけです。会員にすら絶対に知らされることのなかった創価の財務ですが、宗教法人に課税される法律ができると、全部ではないにしろ、ある程度創価がどれだけの金額を会員から受け取っているのかを公にしなければならなくなります。公表されるのはおそらくほんの一部とはいえ、それでも莫大な金額でしょう。創価としてはこれだけは何としても避けたいでしょうからね。

そう言う意味では、創価の財務が明らかになれば、創価はたちどころに潰れるでしょう。会員も「なんだ結局金だったんだ」と気づく人が続出するでしょうからね。

だから今まで以上に創価は安倍政権の言いなりです。いままでは創価が安倍政権に「わかってんだろうな攻撃」をしてきたはずが、ここで逆転されて、安倍政権が創価に対して「わかってんだろうな攻撃」をしかけてきました。「TPPも、集団的自衛権行使容認も、憲法改正も、賛成しなきゃみんなバラしちゃうよ。課税しちゃうよ」って脅してるんでしょうね。

自民党のやりくちは、攻撃目標が定まったら、あらかじめ掴んでいる「スキャンダル」を表沙汰にして権力の座から引きづり下ろすのが定番です。近いところではみんなの党の渡辺代表とかですね。これまで目の上のたんこぶみたいな議員は、たちどころにスキャンダルを暴露され再起不能にされてきました。親子で自殺に追い込まれた中川さんなんか悲惨ですね。田中角栄さんなんかアメリカから直接潰されましたからね。他にも突然の謎の首つり自殺をした議員はいくらでもいます。決して明かされないどこからかリークされて、あっという間にコテンパンにするのが自民党です。公明党の山口代表もそれがわかっているから何も言えないのでしょう。テレビ番組に出演している山口代表のまったく煮え切らない答弁は、大物悪役から背中をしっかり銃口をつきつけられている小物悪役のように、どうとでもとれるあやふやなものでしたよね(笑)。結果は皆さんご存知のように、平和の党であるはずの公明党が、憲法改正して国防軍をつくり、他国の戦争に日本国民も派遣できるようにしようとしているわけです。それもこれもみんなお金儲けのための作戦です。誰のためのお金儲けかなんて恐ろしくて言えませんが。

これだけいろんな税金がアップするなか、宗教法人への課税が検討すらされないのは、創価が政府に対して不動の創価票をちらつかせて「わかってんだろうな攻撃」ができたからです。ところが近頃では公明票がそれほどアテにできないことがわかってきた。創価の会員数は減る一方、たとえ学会員が堂々と選挙違反無視の活動をしていても、投票依頼された一般の人はエア投票が当たり前になってきた。そこに自民党に従う野党議員がワラワラと集まってきたものだから、調子に乗った安倍政権は、いっきに創価に対する弱みを払拭しにかかったのかもしれません。

そういう意味では、安倍政権による創価つぶしは是非頑張って欲しいですね。公明党が与党から切り離されたら、もはや公明党の力は無いも同然です。宗教法人に対する課税制度が確立すれば、創価はかなり困るでしょう。大親分に麻薬の売り上げが払えなくなったチンピラ同然です。ついでに創価に限らず、おかしな新興宗教はかなり減ると思います。自民党内にも創価の悪事を知って毛嫌いしている議員が相当数いますから、この動きはひょっとすれば実現するかもしれませんね。

ここまで来たんだから、アメリカでのカルト認定でも、日本での宗教法人に対する課税制度も実現して欲しいです。基本的に今の自民党には賛成できませんが、この際、創価の弱みを握っている政府自民党さんには、徹底的に暴いてくれるといいですね。

創価の最大の弱点は財務を明らかにすることです。でもおそらくそのような動きは全力で潰されます。創価は手段を選びませんからね。私が創価の実態を知って「じつはこんなブログをやっている」とごく親しい友人に言うと、みんな口を揃えて「気をつけてね」とか「危ないからやめたほうがいいんじゃないの」と言ってくれます。外部の人でさえ創価がかなり危険だとわかっている人はかなりいます。ただみんな怖くて口にしないだけです。実態を知っている人は、こんな恐ろしい組織とは関わりたくないんですよ。私もできれば関わりたくない。でも少なくとも今の時点ではそういうわけにはいかないんです。会員は知らないから言われるままにお金をまきあげられているんです。一人でもこの事実を会員さんに知ってほしくてこのブログをやっています。
http://signifie.wordpress.com/


子どもに創価を植え付けること 2

2014年6月9日 in Uncategorized | 39件のコメント


みなさん、コメントありがとうございます。

ポラリスさんに引き続き、yさんについてもこんなことになりましたので、このブログには活動家さんが登場しなくなりました。
活動家さんには、覚醒した人間の気持ちはわかりませんよね。だって、自分は正しいという立場から離れることができないのですから、仕方がない。覚醒した人は、それまでの自分の人生を否定するところから覚醒が始まります。それはその立場になってみないとおそらくわからないです。当然ですが、覚醒した人は、学会員の気持ちは自分のこととして理解できますが、活動家は覚醒した人の気持ちを理解できるわけがありません。もう、それも仕方がない。創価の基本が、自分は正しく、他は間違い。自分は幸せになり、他は不幸になる。このことを徹底的に植え付けられるので、どんなに不条理なことでも信じるほかなくなります。活動家と覚醒した人間は、まったく正反対の場所にいるので、本来話が噛み合わうほうがおかしい。それを前提にしながらも、あえて対話を試みるのは、覚醒しかけている人へのリアルなメッセージになると思っているからです。ボラリスさんもyさんも、活動家でしょうけど、考え方はかなり異端でした。どちらも、組織のおかしさには気づいているものの、組織内の身近なコミュニティを手離すことができないという、宗教とは関係のないところで学会員を続けているという、かなり変わったお二人でした。対話がついぞ成り立たなかったのは残念ですが、特殊なケースとはいえ、活動家と脱会者の違いがかなり鮮明にうきあがったという点では意義深かったのではないかと思っています。
また、対話を試みる活動家の方に登場していただけたらと思っています。

テーマは引き続き「子どもに創価を植え付けること 2」とさせていただきます。

おかげさまで、このブログのアクセス数がどんどん増えていっています。一日3000を超えることが常態化しています。ブログを開設して以来58カ国からアクセスがありました。

みなさま、どうかよろしくお願いします。
プロフィール

nowhere

Author:nowhere
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。