スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

聖教新聞創刊60周年を祝賀 「無冠の友」の像を除幕 毎日新聞社が寄贈

www.seikyoonline.jp/news/headline/2011/05/1195842_2465.html
2011年 5月10日
聖教新聞創刊60周年を祝賀し、さっそうたる配達員の姿をかたどったブロンズ像「無冠の友」が9日、本社前庭に除幕された。

 像は毎日新聞社から寄贈されたもので、彫刻家の丸山幸一氏が制作に当たった。

 除幕式には、毎日新聞社の朝比奈豊社長、観堂義憲副社長、東日印刷㈱の取違孝昭社長、㈱高速オフセットの奥田千代太郎社長が、原田会長、本社の原田代表理事らとともに列席した。

 席上、朝比奈社長は、東日本大震災の被災地を訪問し、新聞が被災者の励みになっている事実に出あったことを紹介。

 池田大作名誉会長が、配達を「崇高なる一日一日の大偉業」と讃えていることに触れ、「毎朝、読者の手元に新聞を届け、活字文化を支える配達員の皆様の功労に心からの敬意を表したい」と語った。

 原田会長は、毎日新聞社の厚情に深謝し、配達員を顕彰する像は、全国の「無冠の友」の希望の光源となると強調。

 名誉会長の慈愛の励ましを胸に「人間の機関紙」を配達する使命の友の無事故、健康、幸福を念願した。 

 「無冠の友」の像には、毎朝、「おはようございます!」と元気よくあいさつしながら、明るい笑顔で希望と幸福を届ける配達員への感謝の思いが込められている。

 名誉会長は「無冠の友の皆様は、人々に『福徳』と『希望』と『勝利』を届けておられる。その皆様の人生が、因果の理法に照らして『福徳』に満ちあふれないわけがない。『希望』に輝かないわけがない。必ず『勝利』の人生を歩むことができる」と励ましを送っている。

 配達員を代表して参加した伊藤政子さんは、配達歴30年。両親は日刊化される前から本紙の配達に携わり、親子2代で配達員に。

 「右手に聖教新聞を、左手に配達員バックを持った『無冠の友』の像に感動しました。これからも、地域の幸福を祈りながら、使命の道を歩みます」と決意を語っていた。
スポンサーサイト

Fukuoka suspects re-arrested for murder of 4-year-old - See more at: http://newsonjapan.com/html/newsdesk/article/109398.php#sthash.3O75aKq0.dpuf

Tokyo Reporter -- Sep 08 Fukuoka Prefectural Police on Sunday applied fresh charges to a married couple, both of whom are in already custody for two counts of murder, for the killing of the oldest son of a relative, reports TBS News (Sept. 8). Officers re-arrested Shinya Nakao, the 48-year-old manager of a used goods shop in Chikugo City, and his 46-year-old wife, Chisa, for the murder of the 4-year-old son of her sister, 36-year-old Sakae Hiyamizu. In October of 2006, the suspects allegedly assaulted the boy numerous times until he died and dumped his body in a river near the shop. Police in August charged the couple in the murder of the boy's father, Kazuya Hiyamizu, then 34, who was allegedly beaten to death between September and October of that same year. The victim's wife was charged with manslaughter. The latest arrest is the latest development in case involving a string of disappearances. Around October of last year, reports surfaced about a number of people related to the couple who had gone missing over the past decade. On June 16, police first arrested Nakao and his wife for the killing of Takashi Hidaka, a former employee, then 22, who was beaten at their apartment in early May of 2004. He died the following month. Later in June, Shinya Nakao admitted to grinding the bones of multiple corpses with a machine and tossing the remains into a river near the home of his parents. - See more at: http://newsonjapan.com/html/newsdesk/article/109398.php#sthash.3O75aKq0.dpuf

http://newsonjapan.com/html/newsdesk/article/109398.php

6-year-old Japanese girl dismembered; body parts found in plastic bags - See more at: http://www.straitstimes.com/news/asia/east-asia/story/6-year-old-japanese-girl-dismembered-body-parts-found-plastic-bags-2014092#sthash.Xuvg7re9.dpuf

http://www.straitstimes.com/news/asia/east-asia/story/6-year-old-japanese-girl-dismembered-body-parts-found-plastic-bags-2014092
Published on Sep 24, 2014 11:25 AM
The picture shows the site (covered with blue sheets) where the dismembered body of a six-year-old Japanese girl was found, and the house of a 47-year-old suspect under police questioning in Kobe, western Japan, on Sept 24, 2014. -- PHOTO: AFP
A policeman inspects the site where the dismembered body of a six-year-old Japanese girl was found in Kobe, western Japan, on Sept 24, 2014. -- PHOTO: AFP

A policeman inspects the site where the dismembered body of a six-year-old Japanese girl was found, and the house of a 47-year-old suspect under police questioning in Kobe, western Japan, on Sept 24, 2014. -- PHOTO: AFP

TOKYO (AFP) - The dismembered body of a six-year-old Japanese girl has been found in several plastic bags near her home, police said on Wednesday.

DNA tests confirmed the body parts were those of Mirei Ikuta, who went missing in the western Japan city of Kobe on Sept 11, local police said.

Media reports said officers were questioning a 47-year-old man who lives in the neighbourhood.

Japan has one of the world's lowest crime rates and violent crime is relatively rare. It is not uncommon for children as young as six to walk home alone from school, even in big cities.

An intensive search was launched after Mirei failed to return home two weeks ago, but there were no leads until a number of foul-smelling plastic bags were uncovered in a bush just 100 metres from the girl's house on Tuesday.

They contained the head, the upper torso with arms, and the legs, a police spokesman told AFP by telephone, adding that some body parts had yet to be found.

Clothes and sandals believed to belong to the girl were also found at the site, he added.

.











- See more at: http://www.straitstimes.com/news/asia/east-asia/story/6-year-old-japanese-girl-dismembered-body-parts-found-plastic-bags-2014092#sthash.Xuvg7re9.dpuf

Kobe man held in connection with grisly murder of 6-year-old girl


September 24, 2014

Tweet





THE ASAHI SHIMBUN



KOBE--Police have arrested a 47-year-old man in the death of a 6-year-old girl who went missing about two weeks ago, which triggered a massive police search.

The girl's dismembered body was found in plastic bags in bushes near the man's apartment in Kobe's Nagata Ward on Sept. 23. Yasuhiro Kimino, unemployed, was arrested the following day on suspicion of abandoning her body.

Hyogo prefectural police questioned Kimino after a health card bearing his name and cigarette butts were discovered in the bags containing the girl's body parts.

Police have confirmed through DNA analysis that the body is that of Mirei Ikuta, a first-year student at Nakura Elementary School in the city. Mirei had remained missing since Sept. 11 despite the intensive police search.

Police have established the cigarette butts were Kimino's after DNA tests of specimens left on them.

Investigators said one bag contained the girl's head and torso, and another bag contained her feet. Parts of the body were missing.

There were signs that the girl's body was severed with a blade, they added.

Police believe at least several days have passed since her death, as the body was badly decomposed.

A pink-and-blue dress, undergarments and navy sandals the girl was wearing before she went missing were also found in plastic bags.

The site, where a total of six plastic bags were discovered, is about 100 meters east of the girl's home and had not been searched by police before Sept. 23.

Investigators searching the area noticed a foul smell and found the bags about 4:10 p.m. that day. An officer tore one of the bags open slightly and discovered a child's hand.

Mirei left her school around 2:45 p.m. on Sept. 11 with a classmate whom she planned to play with later that day.

The girl reportedly set out after dropping off her school bag at her grandmother's home.

Security footage from a camera at a nearby convenience store showed her walking with a parasol at around 3:15 p.m.

She then went to condominium where her friend lives. Her parasol was found in a garden near the condominium building.

Mirei was last seen walking in a southerly direction near a park about 600 meters southeast of her grandmother's home at around 5:30 p.m.

According to Kimino's neighbors, he moved into an apartment near the site a few years ago and apparently lived alone.

The grisly case in Kobe is the latest in series of incidents in which young girls went missing in the hours after leaving school.

In January, a fifth-year elementary school student in Sagamihara, Kanagawa Prefecture, was abducted while walking a dog after 4 p.m. The girl was taken into police custody four days later and a man was arrested in the case.

In Kurashiki, Okayama Prefecture, another fifth-year elementary school student disappeared on her way home from school in July. She was found five days later. The man who abducted her told police he threatened the girl with a knife to force her into his vehicle, before confining her in his home.

A growing number of schools have taken steps to encourage students to walk home in groups after a first-year elementary school girl was murdered in Nara in November 2004, and another was killed in what is now Nikko, Tochigi Prefecture, in December 2005.

Both girls were abducted while walking home from school alone.

The National Police Agency said there were 94 abduction cases involving children aged 12 or under in 2013.

The figure accounts for 51.1 percent of all abduction cases that year, including those with adults as victims.

In recent years, the number of annual child-abduction cases has hovered around 90 after declining to 63 in 2008 from 141 in 2004.
http://ajw.asahi.com/article/behind_news/social_affairs/AJ201409240067
THE ASAHI SHIMBUN

DIMEの宗教団体広告


小学館DIMEの広告です。

信教は自由ですが、与党として政治参加しているなら、きれいごとを並べるだけでなく責任があると思います。
女児を殺して切断しゴミ袋に入れるような残酷な信者の宗教の勝利って何でしょう?
信者だと世間に認めることもしないのは、筑後の連続殺人事件でも神戸女児遺棄事件でも同じです。
筑後の連続殺人事件ではリサイクルショップに旗がニュース映像に映っていて
容疑者の実家に公明党のポスターがある画像もあったのに
テレビはルーマニアの旗のようなものがとごまかしました。
なぜ大手マスコミや新聞社は偽名を使っていったキリスト教の礼拝は報道しても
創価学会に関しては仄めかすだけで隠すのでしょう?
広告収入を受け取っていて仕事のつきあいがあるからでしょうか?

公明党ポスターは容疑者の実家でした。訂正して謝罪いたします

いたずらメール

噴火や殺人事件が起きている時に不謹慎にもこんなひどい業者メールが昨夜23時12分に業者アドレス
0xef7@ikdh.trljdhykdljsdkghs.orgから携帯に届きました。

故・真.理子の実母です

真.理子の母です。お.久.しぶりで.す。娘は残念ながら・・・亡.くなりました・・・会いたいと言っ.てましたよ。


http://4ws3.trljdhykdljsdkghs.org/?bdjzv=98eb8396&wcxego=b7dfa55f&19=6e389e3f&4k=b48ff6b2

渡辺被告が控訴取り下げ 黒子のバスケ事件

注)御嶽山で救助隊を阻んでいるのも黒子のバスケ事件で上智大学におかれたのと同じ硫化水素だとききます。

http://www.nikkei.com/article/DGXLZO77734130Q4A930C1CC1000/
2014/9/30 2:00 記事保存

 人気漫画「黒子のバスケ」を巡る連続脅迫事件で、威力業務妨害罪に問われ、東京地裁で懲役4年6月の実刑判決を受けた元派遣社員、渡辺博史被告(37)が29日、控訴を取り下げた。本人が関係者を通じ、明らかにした。

 判決によると、渡辺被告は2012年10月、漫画の作者が在籍した上智大に硫化水素を発生させた容器と脅迫文を置くなどした。

御嶽山噴火の死者12人、心肺停止36人に 捜索は中断

2014.09.30 Tue posted at 11:42 JST
http://www.cnn.co.jp/world/35054458.html
御嶽山(CNN) 御嶽山の噴火で、長野県警は29日、新たに5人の登山者が心肺停止状態で見つかったと発表した。

県警によると、同日までに心肺停止状態で発見された人は計36人となった。このうち12人はふもとに搬送され、死亡が確認された。

山頂付近は有毒な火山ガスである硫化水素の濃度が上がって危険な状態と判断され、捜索活動は中断を余儀なくされている。

御嶽山は東京から西へ約200キロ離れた長野県と岐阜県の境に位置し、火山のなかでは標高は富士山に次いで日本第2位。秋の紅葉シーズンを中心に、例年多くの登山者が訪れる。1979年に起きた前回の噴火は数カ月間続き、噴出した火山灰などの総量は20万トンを超えた。
http://www.cnn.co.jp/world/35054458.html

遺体の袋に容疑者購読紙、公共料金の書類 女児遺棄事件

注)newsポストセブンは某団体の味方です。
cancam、DIMEなど小学館系雑誌に頻繁に某機関紙の出版社の広告が掲載されています。

http://www.asahi.com/articles/ASG9W31D7G9WPIHB003.html
2014年9月27日15時08分
神戸市長田区で市立名倉小学校1年、生田美玲(いくたみれい)さん(6)の遺体が見つかった事件で、君野康弘容疑者(47)=死体遺棄容疑で逮捕=の多数の生活ごみが遺体とともに捨てられていたことが捜査関係者への取材でわかった。ポリ袋に入っていた新聞は君野容疑者が購読する日刊機関紙で、兵庫県警は容疑者の事件への関与を示すものの一つとみている。


 県警によると、遺体は23日午後、君野容疑者の自宅アパートの北西約30メートルにある雑木林脇の草むらで見つかった。ポリ袋6袋が半径5~10メートルの範囲内に点在していたという。

 捜査関係者などによると袋は市指定の半透明のゴミ袋やレジ袋などで、うち3袋に被害女児の遺体が別々に入れられていた。君野容疑者が約1年前から定期購読する日刊の機関紙や経済紙、たばこの吸い殻などが混入していたという。


神戸市小1女児遺体事件 逮捕直前、偽名を使って教会へ礼拝に

フジテレビ系(FNN) 9月30日(火)4時53分配信
兵庫・神戸市長田区で、小学1年の女の子の遺体を遺棄したとされる男が、逮捕直前に、偽名を使って教会を訪れていたことがわかった。
神戸市長田区に住む無職・君野康弘容疑者(47)は、自宅近くの雑木林に、小学1年の生田美玲ちゃん(6)の遺体を遺棄した疑いが持たれている。
君野容疑者の自宅からは、美玲ちゃんの血液反応が出ている。
また、君野容疑者は、逮捕される3日前の9月21日、神戸市内の教会に「アオキ」という偽名を使って、礼拝に訪れていたことがわかった。
牧師は「人間が神様に背いた罪とか不義に対して、必ず裁きが訪れると言ったら、落ち着かない様子。顔とか手とか、震えていた」と話した。
君野容疑者は、黙秘を続けていて、警察は、押収物を分析し、事件の痕跡がないか調べている。.
最終更新:9月30日(火)4時53分
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20140930-00000648-fnn-soci

「悪人はさらし者」社会でいいのか 神戸女児遺棄事件を前に 
newsポストセブン
2014.09.28 16:00
http://www.news-postseven.com/archives/20140928_278488.html

神戸女児遺棄容疑者 宗教入信希望も酒癖悪く入信許可議論に

http://www.news-postseven.com/archives/20140929_278938.html
2014.09.29 16:00
「とても親切な信者が多いし、生活に困ったらお互い助け合える。自分も入信させてもらえないか」

 9月24日、神戸市の市立小学校1年、生田美玲さん(6)の遺体を遺棄した容疑で逮捕された君野康弘容疑者(47)は今春、某宗教団体を訪ねてこう切り出したという。教団幹部が明かす。

「近隣に住む信者の紹介だった。最初はおとなしい印象だったが、会合で酒を飲むと突然、暴れ出した。そうしたトラブルが続き、教団内でも“入信させていいのか”と議論になったが、素面(しらふ)の時は神妙に“入りたい”と繰り返す。入りたい人を拒んではいけないという宗教の本義から入信を認めた」

 君野容疑者は鹿児島・南九州市出身。10軒ぐらいが点在する山間の集落に、祖母と2人で暮らしていた。親族のひとりがいう。

「父親は酒を飲むと人が変わって、暴れると手が付けられない男だった。康弘が幼い頃からほとんど家におらず、そのうちに失踪。すぐに母親もいなくなったので、ずっと祖母との2人暮らし。康弘をかわいがった祖母も高校の頃に亡くなってしまった」

 地元の水産高校を卒業し、21歳から2年間、陸上自衛隊えびの駐屯地(宮崎県)に入隊していた。その後は鹿児島市内の食品配送会社で働くなど、職を転々とした。

「昨年5月に関西の刑務所から出所した後、現在の神戸のアパートに移り住んだ。逮捕経験があるからだろう、今回も取り調べに対し、“黙秘する。早く当番弁護士をつけてほしい”と馴れた様子だった」(捜査関係者)

※週刊ポスト2014年10月10日号

リサイクル店経営夫婦、傷害致死罪で追起訴

http://www.yomiuri.co.jp/national/20140929-OYT1T50109.html
2014年09月29日 22時11分
福岡県筑後市のリサイクルショップ経営の夫婦が義弟とおいを殺害したとして殺人容疑で逮捕された事件で、福岡地検は29日、中尾伸也(48)、知佐(46)両被告を2人に対する傷害致死罪で福岡地裁に追起訴した。


 地検は「証拠を総合的に判断し、両事件とも傷害致死罪を適用した」としている。知佐被告の実妹で、義弟への傷害致死容疑で逮捕後、処分保留となっていた義弟の妻(36)については不起訴とした。

 起訴状によると、両被告は2006年10月下旬頃、筑後市蔵数のリサイクルショップ「エース」の店内で、従業員で義弟の冷水ひやみず一也さん(当時34歳)を拳やゴルフクラブで殴るなどして死なせ、この事件直前の同月中旬頃、同市内の当時の自宅アパートで一也さんの長男、大斗だいとちゃん(同4歳)の頭や顔を殴るなどの暴行を繰り返して死なせた、としている。

2014年09月29日 22時11分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
プロフィール

nowhere

Author:nowhere
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。