スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジョニー・デップ、仕切り直し会見「チュパカブラに襲われた」

注)特定の団体組織には無関係です
http://www.sanspo.com/geino/news/20150128/oth15012819490027-n1.html
サンスポ 2015.1.28 19:49
 27日に行う予定だった会見を体調不良を理由に急遽(きゅうきょ)キャンセルした来日中の米俳優、ジョニー・デップ(51)が28日、東京都内のホテルで仕切り直しとなる会見を開いた。
 デップは冒頭、集まった約120人の報道陣へ「昨日は大変申し訳なかったです」と謝罪。理由を「風邪というか、インフルエンザが完治していなかったようだ」と釈明した。その後「本当の理由は、昨日の朝からチュパカブラというメキシコの吸血動物に襲われた」とジョークを交えつつも「本当に申し訳ない」と何度も繰り返した。
 今回は主演映画「チャーリー・モルデカイ 華麗なる名画の秘密」(デビッド・コープ監督、2月6日公開)のPRのため、11度目の来日。デップは「昨日に迷惑をかけた分も話したい」と終了予定時間を約15分を延長を自ら申し出て、プライベートの話も披露。昨晩は同伴した婚約者の米女優、アンバー・ハード(28)と初めてフグを食べたことを明かし、「毒があると聞いたので、食べる前はちょっと怖かったが、こんなに素晴らしい日本食は初めてだった」とご満悦の様子だった。
 関係者によるとデップはこの日、朝からテレビの情報番組への取材を約10本を予定通りこなし、その後にオフの時間を使って会見の実施。「27日の会見中止では、多くの報道陣や関係者に迷惑をかけましたが、それ以外のスケジュール変更はなかった」と話した。
 デップは会見の最後に「昨日は本当に申しわけなかった。日本は優しくて温かい人ばかり。いつも夢のような体験ができる場所です。また会いましょう」と次の来日を約束し、笑顔で会場を後にした。


2015/01/29 07:03 スポニチ
ジョニデ 仕切り直し会見でドタキャン謝罪「珍獣に襲われた」
http://woman.infoseek.co.jp/news/entertainment/sponichin_20150129_0038/
27日に予定した記者会見を体調不良を理由に中止した米俳優ジョニー・デップ(51)が28日、都内で仕切り直しの会見を開いた。中止理由について「珍獣に襲われた」とボケて釈明。笑いを誘うなど、一夜明けて元気な様子だった。
 登壇するなり、「きのうは本当に申し訳なかった。風邪の症状が残っていた」と謝罪。その直後、「それは本当の理由じゃない。実は…珍獣に襲われたんだ」と切り出した。「27日の朝、吸血珍獣のチュパカブラに襲撃されて何時間か戦ったんだ。僕のスーツケースに入って日本に来たんだろうね。残虐でねちっこいヤツだったけど、ホテルの23階から投げ落としたからもう合うこともないよ、ハハハ~」。体調を心配していた報道陣を和ませた。
 主演映画「チャーリー・モルデカイ 華麗なる名画の秘密」(2月6日公開)のPRで26日に来日。今月17日からベルリン、ロンドン、ロサンゼルス、東京と4都市を回ってきた。関係者によると、長距離移動の影響で体調を崩したという。この日は当初、自由時間としていた午後3時すぎに会見を仕切り直した。デップが「報道陣に申し訳ないので」と希望した。
 27日夜は、婚約者の米女優アンバー・ハード(28)と“ふぐ料理デート”。「今まで食べた和食で一番」とご満悦。ふぐの毒に「最初は不安だったけど気に入った」と笑顔で話した。

チャーリー・モルデカイ 華麗なる名画の秘密 劇場公開日 2015年2月6日
原題 Mortdecai  製作年 2015年  製作国 アメリカ  配給 KADOKAWA  上映時間 107分
http://eiga.com/movie/80326/

KADOKAWAがリストラ 希望退職300人募集 2015年01月16日 15時27分 更新 ITmedia news
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1501/16/news096.html
KADOKAWA・DWANGOは1月16日、事業子会社のKADOKAWAが300人程度の希望退職者を募集すると発表した。収益力を強化するため、強い組織・人員体制の構築が必須と判断したという。
 今年3月末時点で41歳以上かつ勤続5年以上の正社員を対象に、3月2~20日まで募集する。退職日は4月30日。応募者には特別支援金の支給と再就職支援を行う。
 KADOKAWAは買収や合併などを繰り返してきた経緯があり、ドワンゴと経営統合した現在、業務の重複や人員の偏在がみられるという。デジタル分野でのコンテンツ強化など基本戦略の着実な実行による収益力の強化と成長を確実にするため、より強い組織・人員体制を構築するための一環と説明している。
 経営統合前のKADOKAWAの14年4~9月期決算は、売上高が前年同期比2.4%減の704億円にとどまり、営業損益は9億3300万円の赤字に陥っている。ここ数年好調だった文庫やコミックスの売り上げ減や返本率の上昇で収益性が低下し、雑誌販売・雑誌広告収入も減少している。

【ブチギレ】角川書店と富士見書房がTwitterでマジのケンカ!「もう絡んでこないでくれる?」「イラっとした」
http://getnews.jp/archives/782645
ガジェット通信2015.01.22 16:03
角川書店と富士見書房が、Twitterの公式アカウントでマジのケンカをしていると話題になっている。企業と企業がTwitterのコメントで交流を深めることは多々あるが、ケンカは非常にまれである。
・途中から不穏な空気になる
注目を浴びているのは、角川書店『ヤングエース』編集部と、富士見書房『ドラゴンエイジ』編集部の公式Twitter。最初は両誌でコラボレーション企画を進める流れになり、よい雰囲気だったのだが、途中から不穏な空気になりケンカ。最終的にコラボが白紙になってしまった。
・ケンカの原因とは!?
いったい何が原因でケンカになったのか!? 以下は、『ヤングエース』と『ドラゴンエイジ』の公式Twitterによる会話のやり取りをまとめたものである。

・編集部の会話のやり取り
ドラゴンエイジ「2月、3月は編集長も一押しのフレッシュなタイトルが続々登場です。ぜひチェックしてみてくださいね~」
ヤングエース 「こっちも出るんですよ。そういえば、上からも言われていますし、何かフェアみたいなことやります?」
ドラゴンエイジ「上から言われたって…いいですよ、エイジ×エースコミックフェアみたいな感じでしょうか。営業さん通してメールください」
ヤングエース 「なんという他人行儀…わかりました。でもエース×エイジフェアでお願いします」
ドラゴンエイジ「そんな小さいことにこだわらなくてもw 何でもいいよ別に」
ヤングエース「営業通してとか言うもんだからw 個人的にはどうでも良いんですけどね。体制や立場的なものを鑑みて…、いやこれ以上は言うまい」
ヤングエース「なんかドラゴンエイジっていえばもうあの有名なゲームのことじゃないですか。世の中の知名度的に、ちょっと不安で…」
ドラゴンエイジ「はぁ、フォロワー数こっちのほうが倍以上なので、大丈夫だと思いますよ」
ヤングエース「フォロワー数は戦闘力!w もうお任せしますよ!」
ドラゴンエイジ「さっきからクソリプ飛ばしてるの加藤君かな?」
ヤングエース「おや!そんなあなたは! 職場じゃドS、家庭じゃドMで有名なドラゴンエイジ編集長の人見さんじゃないですか!」
ドラゴンエイジ「イラっとしたから謝りに来るまでフェアやらないから」
ヤングエース「そんな、一緒にドラゴンエイジをプレイした仲じゃないですか! あのゲームのおかげで「ドラゴンエイジ」でググっても上位にでなくなってしまってちょっと面白かったですけど…」
ドラゴンエイジ「あーはいはい。まともにプレイできない初心者ユーザーのくせに」
ヤングエース「そんな人見さんにピッタリのニュースがあってですね…。 KADOKAWAがリストラ 希望退職300人募集 – ITmedia ニュース」
ドラゴンエイジ「まだ41になってねぇよ! もうキャンペーンとかやんないから絡んでこないでくれる?」
ヤングエース https://twitter.com/YA_henshubu
ドラゴンエイジ https://twitter.com/fj_dragonage
・仲が良いようにも感じる
どうやら、些細なことでカチンときてしまったらしい……。ブチギレするくらいのケンカをしても、仲が良いようにも感じるので、恨みっこなしの決着になったようだ(おそらく)。『ヤングエース』と『ドラゴンエイジ』のコラボ、実現しなかったのは残念だ。
詳細を読む: バズプラスニュース Buzz+ http://buzz-plus.com/article/2015/01/22/twitter-kenka/
スポンサーサイト

尼崎連続変死:殺人など一部否認 仲島被告初公判

http://mainichi.jp/select/news/20150129k0000e040212000c.html
毎日新聞 2015年01月29日 13時19分
兵庫県尼崎市の連続変死事件で、殺人罪などに問われた仲島康司(やすし)被告(45)の裁判員裁判の初公判が29日、神戸地裁(佐茂剛裁判長)であった。康司被告は妻の茉莉子さん(当時26歳)ら被害者3人について六つの罪で起訴されたが、茉莉子さんら2人への三つの罪では、自殺した角田(すみだ)美代子元被告(当時64歳)らとの共謀を否定した上で「逃げないような監視や殺人行為をしたことはない」などと起訴内容を否認。1人への三つの罪はおおむね認めた。判決は3月19日。起訴状では、康司被告は美代子元被告らと共謀。茉莉子さんを2008年に尼崎市のマンション物置に監禁し殺害、橋本次郎さん(同53歳)を11年に同じマンションの物置で縛り付けて監禁して殺害し、岡山県備前市の海に遺棄。尼崎市の民家から遺体で見つかった安藤みつゑさん(同67歳)を08年に同じマンションの物置で監禁した、などとされる。
 康司被告は冒頭、「被害者の方、遺族の方に心からおわびしたい。真実を話したい」と謝罪。否認したのは茉莉子さんと安藤さんの事件で、橋本さんの事件はおおむね認めた。
 事件全体の冒頭陳述で、検察側は「共同生活をしていた被告らは美代子元被告の意向に従い、殺人などを繰り返していた」と指摘。06年に元被告に気に入られて同居を始めた経緯を説明し、「(08年に)茉莉子さんと同じ物置に入れられたが、たびたび許されて外に出るなど異なる待遇だった」と述べた。
 一方、弁護側は「一連の事件は、絶対的支配者だった美代子元被告により引き起こされた」として、ほう助にとどまると主張。「被告も真夏の物置に閉じ込められるなど過酷な虐待を受けた」と反論した。
 一連の事件で起訴された7人で、公判が始まったのは美代子元被告の息子・優太郎被告(28)に次ぎ2人目。

【尼崎連続変死】「常識的に死ぬ危険高い」と検察側 元被告次男の公判茉莉子さん事件論告
 http://www.sankei.com/west/news/150130/wst1501300029-n1.html
産経west 2015.1.30 11:32更新
兵庫県尼崎市の連続変死・行方不明事件で、男女5人への殺人、逮捕監禁などの罪に問われた角田(すみだ)美代子元被告=自殺、当時(64)=の次男、優太郎被告(28)の裁判員裁判が30日、神戸地裁(増田耕兒(こうじ)裁判長)で開かれ、同市の民家床下から仲島茉莉子(まりこ)さん=当時(26)=の遺体で見つかった事件の論告と弁論が行われた。

 検察側は、美代子元被告らが、茉莉子さんを約5カ月間物置に監禁し、「暴力に加え、食事を1日1回、睡眠を1日3~4時間に制限されていた」として死の危険があると認識した上で衰弱死させたと指摘。「優太郎被告は物置内のカメラで茉莉子さんを監視し、美代子元被告の虐待を受け入れていた」と述べた。

 弁護側は、優太郎被告はカメラを見たことはあるが目についただけで、監視が目的ではなかったと主張。「元被告がなぜ茉莉子さんを虐待をするか理解しておらず、虐待を受け入れていなかった」と、元被告との共謀はなかったと訴えた。

ASKA元被告、逮捕の山口組系暴力団元幹部から「10回以上買った」

http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00285142.html
01/26 12:38 FNN
歌手のASKA(あすか)元被告に覚せい剤を売り、その後脅したとされる山口組系暴力団元幹部の男が逮捕された事件で、ASKA元被告が「男から10回以上覚せい剤を買った」と話していることがわかった。
麻薬特例法違反の疑いで逮捕された、指定暴力団・山口組弘道会系元幹部の吉田耕也容疑者(58)は、2012年12月から翌1月ごろまでに、東京・目黒区のマンションで、ASKA元被告に、覚せい剤およそ3グラムを30万円で売った疑いが持たれている。
吉田容疑者は容疑を否認しているが、ASKA元被告は「吉田容疑者から、1年間で10回以上、覚せい剤を買った」と話していることが新たにわかった。
吉田容疑者は、ASKA元被告を「覚せい剤の購入について暴露する」と脅していたとみられ、警視庁が経緯を調べている。 (北海道文化放送)

ASKAに覚せい剤売る 元暴力団幹部を逮捕、事務所で譲り渡し
http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2015/01/27/kiji/K20150127009700720.html
スポニチ. [ 2015年1月27日 05:30」
歌手ASKA(56)=執行猶予付き有罪確定=に覚せい剤を譲り渡したとして、警視庁組織犯罪対策5課は26日までに、麻薬特例法違反の疑いで、元指定暴力団山口組弘道会系組幹部、吉田耕也容疑者(58)=埼玉県吉川市=を逮捕した。  逮捕容疑は2012年12月~13年1月、東京都目黒区のマンションにあるASKAの事務所で、覚せい剤とみられる結晶約3グラムを30万円で譲り渡した疑い。
 警視庁によると、吉田容疑者は約5年前、知人を介してASKAと知り合った。「面識はあるが薬物を渡したことはない」と否認している。 一方、ASKAは「12~13年に10回ぐらい吉田容疑者から薬物を買った」と話しており、同庁は裏付けを進める。
 ≪認めた男に実刑≫ASKAに合成麻薬MDMAと覚せい剤を譲り渡したとして、麻薬取締法違反などの罪に問われた無職柳生雅由被告(65)の判決で東京地裁は26日、「3年以上、毎月1回以上の頻度で密売していた」と認定して、懲役3年(求刑懲役4年)と罰金30万円、追徴金約152万円(求刑同じ)を言い渡した。柳生被告は初公判で無罪を主張したが、公判中に一転して起訴内容を認めた。

ASKA元被告に覚醒剤譲渡、札幌の暴力団事務所を捜索
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2406613.html
TBS news i (29日11:44)
覚せい剤使用などの罪で執行猶予付きの有罪判決を受けたASKA元被告に覚醒剤を譲り渡したとして、暴力団の元幹部が逮捕された事件を受け、警視庁は、札幌市の暴力団事務所の家宅捜索を行っています。
 家宅捜索を受けているのは、札幌市にある山口組弘道会系の暴力団事務所2か所で、29日午前11時すぎ、警視庁の捜査員や機動隊員ら70人態勢で事務所に入りました。
 これは今月24日、ASKAこと、宮崎重明元被告(56)に覚醒剤を譲り渡したとして、山口組弘道会系暴力団の元幹部・吉田耕也容疑者(58)を逮捕したことを受け、行われたもので、警視庁は覚醒剤の入手ルートの解明をさらに進める方針です。

理研OBが小保方氏告発、ES細胞窃盗容疑

http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG26HFT_W5A120C1CR8000/
日本経済新聞 2015/1/26 22:52
 STAP細胞問題に絡み、論文作成に使用した胚性幹細胞(ES細胞)を盗んだとして、理化学研究所元上級研究員でNPO法人理事長の石川智久氏(60)が26日、窃盗の疑いで理研元研究員、小保方晴子氏(31)に対する告発状を兵庫県警神戸水上署に提出した。県警は受理したかどうかを明らかにしていない。

 告発状などによると、小保方氏は2011~13年ごろ、若山照彦・山梨大教授の研究室からES細胞を窃取。このES細胞が混入された細胞サンプルを若山氏に渡して実験を行わせ、STAP細胞に関する論文を英科学誌ネイチャーに発表したとしている。

 STAP細胞を巡っては昨年12月、理研の調査委員会が存在を否定する報告書をまとめ、別の万能細胞であるES細胞が混入した可能性が高いと結論づけた。

ベネッセ顧客情報流出で集団提訴

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150129/k10015061021000.html
NHK 1月29日 15時51分
ベネッセコーポレーションの通信教育サービスなどの顧客情報が流出した事件を巡り、全国の1700人余りがプライバシーを侵害されたと主張して、1人当たり5万5000円の慰謝料などを求める訴えを東京地方裁判所に起こしました。
訴えを起こしたのは、ベネッセコーポレーションの通信教育サービスなどを利用している全国の子どもや保護者など1789人です。およそ4000万人分の顧客情報が流出した事件で、名前や住所、生年月日などを漏らされ、プライバシーを侵害されたと主張して、ベネッセ側に1人当たり5万5000円の慰謝料などを求めています。
東京で被害者の会を立ち上げた眞鍋淳也弁護士は、「ベネッセが500円の金券を配るだけで済ませようとしているのは不当で、裁判で被害回復を進めたい」と話しています。
弁護団には、幼い子どもの情報が流出したことに不安を感じる保護者からの相談が相次いでいて、来月にはさらに1000人余りが裁判を起こすということです。
29日の提訴について、親会社のベネッセホールディングスは「訴訟に関するコメントは差し控えさせていただきます」としています。

名大女子学生、殺害の遺体撮影か 携帯電話に画像データ

注)被害にあわれたかたのキリスト教系宗教団体とはエホバの証人という噂です。
ご冥福をお祈りします
女子大生については特定の団体組織との関連は不明です
2015年1月30日14時43分 スポーツ報知
http://www.hochi.co.jp/topics/20150130-OHT1T50119.html
名古屋市のアパートで無職・森外茂子さん(77)が殺害された事件で、殺人容疑で逮捕された名古屋大の女子学生(19)の携帯電話に森さんの遺体とみられる画像データが残っていたことが30日、捜査関係者への取材で分かった。愛知県警がアパートから押収した携帯電話を解析しデータを確認。女子学生がカメラ機能を使い撮影したとみられる。県警は画像を撮った目的や撮影時の状況を調べる。
 県警によると、遺体は発見時、首にマフラーが巻かれ、浴室床に横たわった状態だった。女子学生は「中学生のころから人を殺してみたかった」と供述しており、県警は殺人や遺体への強い関心が事件につながった可能性もあるとみている。 捜査関係者によると、女子学生は調べに「(犯行に使った)手おのは中学時代から持っていた」「殺して達成感があった」という趣旨の供述をしている。室内から過去の殺人事件に関する書籍も複数押収された。
 また森さんと同じ宗教団体の知人女性によると、女子学生は事件当日の昨年12月7日、宗教活動に勧誘してきた森さんに「聞きたいことがたくさんある」と持ち掛け、自宅に誘っていた。宗教への関心を示すことで部屋に招いた可能性もある。 2人は午前10時からの集会に一緒に参加した後、自宅に向かった。森さんは同日昼ごろに殺害されたとみられる。

<名古屋女性殺害>容疑の女子学生「達成感」
http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201501/20150130_13013.html
2015年01月30日金曜日 河北新報
名古屋市内のアパートで無職森外茂子さん(77)が殺害された事件で、殺人容疑で逮捕された宮城県出身の名古屋大の女子学生(19)が「人を殺して達成感があった」という趣旨の供述をしていることが29日、捜査関係者への取材で分かった。
 女子学生とみられる短文投稿サイト「ツイッター」には事件当日、「ついにやった」と書き込みがあった。愛知県警によると、女子学生は「中学生のころから人を殺してみたかった」と話す一方、「(森さんが)たまたま殺害の対象になったことは申し訳ない」とも供述しており、今後女子学生の心理状況の解明を進める。
 県警が女子学生の部屋から複数の薬品や過去に起きた殺人事件に関する書籍を押収したことも判明。ツイッターに劇物タリウムを購入したと書き込んでおり、県警は押収した薬品にタリウムがないか鑑定する。
 捜査関係者などによると、女子学生は「高校時代に同級生に毒を飲ませた」と供述している。
 女子学生は殺害したとされる翌日の昨年12月8日夜、遺体を部屋に放置したまま夜行バスに乗り、実家に帰省。今月26日に母親と名古屋市に戻ったが、母親はホテルに宿泊し、女子学生は遺体のある自宅アパートで一夜を過ごした。27日に警察官が部屋で遺体を発見した。

なぜ殺害…名古屋大女子学生 宗教勧誘で知り合う 被害女性「いい人会えた」
[ 2015年1月27日 21:13 ] スポニチアネックス
http://www.sponichi.co.jp/society/news/2015/01/27/kiji/K20150127009705550.html
殺人容疑で逮捕された名古屋大の女子学生(19)と被害者の森外茂子さん(77)は昨年秋ごろ、森さんが信仰しているキリスト教系の宗教団体の勧誘で知り合ったとされる。森さんは「いい方にお会いできた」と周囲にうれしそうに話していた。 森さんと一緒に女子学生の勧誘に当たった女性によると、女子学生は勧誘を受けると、熱心に質問を繰り返し、森さんが答えに困る場面もあった。女子学生が信仰への強い興味を示しているように見えたという。
 森さんが殺害されたとされる昨年12月7日の午前中、女子学生と森さんはそろって名古屋市内で開かれた集会に参加。正午ごろ、2人で食事に行くと言って仲間と別れていた。

名古屋・女性殺害:毒の影響か、同級生に障害 校長が会見
毎日新聞 2015年01月29日 00時44分(最終更新 01月29日 01時14分)
http://mainichi.jp/select/news/20150129k0000m040125000c.html
名古屋市千種区の無職、森外茂子(ともこ)さん(77)が殺害された事件で、愛知県警に殺人容疑で逮捕された名古屋大学の女子学生(19)が「高校時代に友達に毒を飲ませた」という趣旨の供述をしていることについて、女子学生が通っていた東北地方にある私立高校の校長が28日、記者会見し、同じクラスだった男子生徒が薬物の影響とみられる症状で入院していたことを明らかにした。女子学生の関与は不明だが、男子生徒は視力が低下するなどの障害が残ったという。
校長の説明によると、男子生徒は2012年6月中旬ごろ「体がだるい」と訴え、欠席が増えた。その後一時的に回復したが、同10月には視力が低下するなどして入院。医師は「薬物が原因の可能性がある」と指摘し、事件性が考えられることから警察に通報したという。
 警察は理科室などの薬品を調べたが、生徒の体から検出された薬物は見つからなかった。また学校は生徒の自宅や通学路も点検したが、不審な点は見当たらなかった。
 男子生徒は同12月5日に休学し、翌年7月に復学したが、自由に体を動かすことができなくなったこともあり、14年3月に特別支援学校に転出した。
 校長はこれらの出来事を公表しなかった理由について「在校生に動揺を与えたくなかった」と説明した。
 一方、愛知県警は28日、森さんの死因が、頸部(けいぶ)圧迫による窒息死の可能性が高いとする司法解剖の結果を発表した。身を守ろうとした際にできる傷がないことなどから、県警は部屋に招き入れられた森さんが、いきなり襲われたとみている。 県警によると、室内には女子学生のものとみられるキャリーバッグがあり、その中に手おのがあった。携帯電話や財布が入った森さんのかばんも室内の収納スペースから見つかった。また室内の血痕が拭き取られたような形跡もあったという。

容疑者少女と思われるtwitterアカウント
https://twitter.com/thallium123

【佐世保高1女子殺害】容疑の16歳少女を家裁送致 長崎地検

2015.1.30 14:15更新 産経WEST
http://www.sankei.com/west/news/150130/wst1501300043-n1.html
長崎県佐世保市の高1女子生徒殺害事件で、長崎地検佐世保支部は30日、父親への殺人未遂容疑で再逮捕された少女(16)を長崎家裁に送致する手続きに入った。少女を乗せた車が午後1時20分ごろ、佐世保署を出発した。

 送致容疑には女子生徒への殺人、死体損壊容疑も含まれる。長崎家裁は同日にも少年鑑別所に少女を収容する観護措置を決定。今後、少年審判の開始決定をし、少年院送致や検察官送致(逆送)といった処分を決める見通し。

 再逮捕後に長崎地検は30日まで10日間の勾留請求をした。さらに10日間の勾留延長も請求できたが、捜査を尽くしたとして延長しないと決めた。

君野容疑者を起訴 神戸女児殺害事件 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150130-00000006-kobenext-soci
神戸新聞NEXT 1月30日(金)14時31分配信
神戸市長田区で昨年9月、市立名倉小1年の女児=当時(6)=が殺害された事件で、神戸地検は30日、殺人とわいせつ目的誘拐、死体損壊、死体遺棄の各罪で、無職君野康弘容疑者(48)を起訴した。地検は認否を明らかにしていない。
 起訴状によると、昨年9月11日ごろ、同区内の路上で「絵のモデルになってほしい」などと声を掛けて女児を自宅に誘い入れ、その日のうちにロープで首を絞めるなどして殺害。同月16日ごろまでに、遺体をビニール袋に入れ、自宅近くの草むらに投棄した、とされる。
 地検は昨年10月末から今月27日までの約3カ月間、勾留を停止し精神鑑定を実施。鑑定医は刑事責任能力を認める結果を報告していた。

神戸女児殺害、殺人罪などで起訴 責任能力問えると判断
2015年1月30日13時34分 朝日新聞
http://www.asahi.com/articles/ASH1X6DCMH1XPIHB03K.html
神戸市長田区の雑木林で昨年9月、近くの小学1年生女児(当時6)の遺体が見つかった事件で、神戸地検は30日、同区の無職、君野康弘容疑者(48)を殺人とわいせつ目的誘拐、死体遺棄などの罪で起訴した。君野容疑者は動機についてはっきりと供述していないが、遺体の状況などからわいせつ目的で連れ去ったと判断した。
 弁護人によると、君野容疑者は殺害や遺体の遺棄への関与を認める一方、詳しい経緯や動機については「覚えていない」などと供述。わいせつ目的については否定しているという。
 捜査関係者などによると、君野容疑者は昨年9月11日夕、自宅アパートから約300メートル南の路上で「絵のモデルになってほしい」と女児に声をかけて自宅に連れて行き、その日のうちにロープで首を絞めた後、包丁で複数回刺すなどして殺害。遺体を傷つけて複数のポリ袋に入れ、自宅から約30メートルの雑木林に捨てるなどした疑いがある。
 君野容疑者にアルコール依存の傾向が疑われるなどとして、地検は昨年10月末から精神鑑定を実施。鑑定結果や供述内容などを踏まえ、責任能力を問えると判断した。

ソフトバンク、米映画会社レジェンダリーに約270億円を出資--合弁会社も設立へ

2014/10/03 12:42 cnet japan
http://japan.cnet.com/news/business/35054655/
ソフトバンクと米レジェンダリー・エンターテインメント(レジェンダリー)は10月3日、ソフトバンクがレジェンダリーに対して2億5000万ドル(約270億円)を出資することで合意したことを発表した。また、合弁会社も設立し、中国・インド市場向けに、レジェンダリーの持つテレビ番組やデジタルコンテンツを、モバイルプラットフォームを通じて展開する予定だ。

 レジェンダリーは、映画(レジェンダリー・ピクチャーズ)や、テレビ(レジェンダリー・テレビジョン)、コミック(レジェンダリー・コミックス)など、幅広いエンターテイメントコンテンツを手がけるグループ。たとえば映画は、日本でも7月に公開された「GODZILLA ゴジラ」や、「インセプション」「バットマン ビギンズ」「300 〈スリーハンドレッド〉」など、数々のヒット作を制作している。レジェンダリー・ピクチャーズ関連制作の世界累計興行総収入は90億ドルに及ぶという。

 ソフトバンクによる出資は、諸条件を満たした上で2014年10月に完了する予定。今回の出資にともない、ソフトバンクのバイスチェアマンでSoftBank Internet and Media(SIMI)のCEOであるニケシュ・アローラ氏は、レジェンダリーの取締役に任命される予定だという。

 レジェンダリーのChairman and CEOであるトーマス・タル氏は、今回の出資について、「孫正義氏は、ソフトバンクを世界で最も尊敬される企業のひとつに成長させた。また、ニケシュの参画およびSIMIの始動により、メディア・エンターテインメント業界と今まで以上に関係を深める素晴らしい機会を得た。我々は、SIMIにとって初のビジネスパートナーとなり、レジェンダリーの新たな成長を目指し協業していくことを大変うれしく思う」とコメントしている。

ベネッセとソフトバンクの合弁会社が来年4月に本格始動 中学高校のIT教育を支援
2014.11.11 18:43更新 産経ニュース
http://www.sankei.com/economy/news/141111/ecn1411110034-n1.html
ベネッセホールディングス(HD)とソフトバンクは11日、来年度から中学高校でタブレット端末やスマートフォンを使ったIT活用教育の支援サービスを本格化させると発表した。両社のノウハウなどを利用し、システムの構築や機器の調達や教育コンテンツの提供などを進める。
 両社は今年4月に折半によるIT教育サービス提供会社「クラッシー」を設立。全国100校を対象に、試験的なサービスを提供しノウハウを蓄積してきた。これを受け、クラッシーが平成27年4月から本格サービスに移行させる。

ソフトバンク、通信4社を統合 ソフトバンクモバイルがワイモバイルなど吸収合併
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1501/23/news087.html
2015年01月23日 12時28分 更新 IT media
ソフトバンクは1月23日、傘下で通信事業を展開するソフトバンクモバイル、ソフトバンクBB、ソフトバンクテレコム、ワイモバイルの4社が4月1日付けで合併すると発表した。ソフトバンクモバイルを存続会社とし、3社を吸収合併する。

 「各社が有する経営資源を集約し、国内通信事業の競争力を一層強化することで企業価値の最大化を図る」としている。合併後新会社は構造改革を通じて経営効率を高めるほか、ソフトバンクグループ各社とともに、IoT(Internet of Things)やロボット、エネルギーなどの分野でも事業拡大を目指すという。

 既存サービスのブランド名は維持し、移動通信サービスは「ソフトバンク」「Y!mobile」で引き続き展開する。各社が提供中のサービスも継続して利用できるとしている。

 ソフトバンクモバイルは携帯電話事業、ソフトバンクBBは「Yahoo!BB」ブランドでブロードバンドサービス、ソフトバンクテレコムは固定通信事業をそれぞれ展開。ワイモバイルはウィルコムとイー・アクセスが合併して昨年6月1日に発足したばかりで、Y!mobileブランドで携帯・PHS事業を展開している。

映画『アンブロークン』公開希望の声

http://r25.yahoo.co.jp/fushigi/jikenbo_detail/?id=20150121-00040167-r25
2015.01.21 R25
2014年末に、その内容から物議を醸していたアンジェリーナ・ジョリー監督の映画『Unbroken』(原題)。現段階では日本で未公開となっているが、ネット上で活発な議論が行われている。
『Unbroken』は、第2次世界大戦で旧日本軍の捕虜となった元オリンピックアメリカ代表の陸上選手の伝記的小説の映画化。アメリカでは2014年のクリスマスシーズンに公開された。
日本国内では、アメリカでの公開前に一部週刊誌などで“反日映画”として批判された。映画には含まれていないが、原作小説に「日本兵が古くからの風習で捕虜を生きたまま食べた」などの表現があり、それらが史実と異なると指摘されているのだ。
日本兵による残虐行為が主題の作品ではないが、そういった問題もあり、ネット上では公開反対を求める声も少なくなかった。そんななか、イラン国営放送の日本語版サイト「iran Japanese Radio」は1月17日、「アンジェリーナ・ジョリー監督の映画『アンブロークン』の日本公開が禁止」という記事を掲載。実際に誰かが“公開を禁止した”という事実はないが、“公開未定”となっている現状について、ネットユーザーたちが意見交換している。ツイッターでは、こんな意見が寄せられている。
「クリント・イーストウッド監督の硫黄島と星条旗はちゃんと公開して、内容も良かったんだけどな
アンブロークン気になるー」
「このような映画だからこそ日本で上映する意味があるのではないか。日本人もバカではない。事実なら反省するが嘘なら嘘だと言わせてもらいたい」
「実際どんなものか観てみないとなんも言えないから観たかったんだけどな」
など、批判をするにしても、しないにしても、作品を観ないと始まらないということで、公開を希望するネットユーザーが多いことがわかる。また、
「『#アンブロークン』多分DVDはリリースされます。英語さえできれば、本国発信の動画配信もありえるでしょう。『確かめようがない』のではなく、『確かめてから考えることをしない人』が多いのが問題なのです」
といった意見も。仮にこのまま日本で公開されなかったとしても、確かに海外版DVDや配信サービスなどで観ることは可能だろう。
フランスの新聞社襲撃事件など、「表現の自由」に関する事案が多いここ最近。『Unbroken』もまた、深く議論されるべきトピックといえそうだ。
プロフィール

nowhere

Author:nowhere
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。