スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

作業車に三重大特任助教の軽追突、3人死亡 多気の伊勢自動車道

注)サミットのための道路補修工事などが現在多いようですが
この助教も何らかの組織、団体のかただった可能性もあります。亡くなられたかたのご冥福を祈ります。

http://www.chunichi.co.jp/s/article/2016020290220542.html
2016年2月2日 23時55分 中日新聞
2日午後5時20分ごろ、三重県多気町牧の伊勢自動車道上り線の非常駐車帯で、中日本高速道路の協力会社の作業トラックに軽乗用車が追突した。トラックは前後2台並んでおり、2台の間にいた警備員2人が体を挟まれて死亡した。軽乗用車の運転者も全身を強く打ち、死亡した。
 県警高速隊によると、警備員は同県亀山市野村1、横山貴広さん(27)と同県鈴鹿市竹野1、高芝久生さん(64)。軽乗用車は津市観音寺町の三重大特任助教、平林典久さん(38)が1人で運転していた。
 横山さんと高芝さんは、路肩の非常駐車帯(幅約3メートル)に止めたトラック2台の間で、交通規制を知らせる看板などを前方のトラックの荷台に積み込んでいた。警備員は他に3人いたが、別の場所にいたため無事だった。
 現場は勢和多気インターチェンジから北に約5キロの緩いカーブのある下り坂。付近の松阪トンネルの補修工事に伴い、横山さんと高芝さんらは交通整理をしており、規制解除後の撤収作業中に事故は起きた。当時渋滞はなかった。高速隊によると、トラックは走行車線にははみ出していなかった。軽乗用車が路肩を走行していたとみられ、原因を調べている。


目立ったブレーキ痕なし 3人死亡の伊勢道事故
http://www.sankei.com/west/news/160203/wst1602030038-n1.html
2016.2.3 10:01更新  産経新聞
三重県多気町の伊勢自動車道で、軽乗用車が停車中の作業車に追突し3人が死亡した事故で、現場の路面には目立ったブレーキ痕がなかったことが3日、県警への取材で分かった。
 県警は、軽乗用車を運転し死亡した三重大の特任助教平林典久さん(38)の前方不注意が原因とみて自動車運転処罰法違反の疑いで調べており、事故原因の特定を急ぐ。
 事故は2日午後5時20分ごろ、伊勢自動車道上り線で発生。軽乗用車が中日本高速道路(名古屋市)の協力会社の作業車に追突し、平林さんのほか、付近で作業していた協力会社の警備員高芝久生さん(64)と横山貴広さん(27)が死亡した。
 現場近くの松阪トンネルでは天井の補修工事が進められており、高芝さんらは作業後、道路脇の非常駐車帯に車を止め、通行規制を知らせる看板を撤去していた。

(37)東日本大震災で問い合わせ殺到、地震自動オープン錠の「三愛物産」
http://sankei.jp.msn.com/economy/news/110424/biz11042407010001-n1.htm
2011.4.24 07:00 (1/2ページ)[就活学生、必見!]産経ニュース
震度6以上の地震の揺れを感知すると、倉庫などの鍵を自動的に解錠する装置が東日本大震災を機に注目されている。その代表商品が水処理ポンプや自家発電装置のエンジニアリング会社、三愛物産が三重大学と共同開発した「地震自動オープン錠」だ。機械式で作動し停電や電池切れの心配もないため、救命・救助用具を保管する防災倉庫を管理する自治体や地域の自治会などが関心を寄せている。
 同装置は、耐震性の低い木造家屋が倒壊するとされる震度6以上の揺れを感知すると、ばねの力で装置から延びるワイヤを引っ張り、鍵のストッパーを外す仕組み。
 開発にあたっては、三重大工学部の平林典久助教の指導を受け、阪神大震災や新潟県中越沖地震などと同じ地震波で揺れを再現し、実証試験を重ねた。その結果、震度5以下の揺れやたたくなどの外的な衝撃では開かず、確実に作動するよう解錠精度を向上。性能評価機関の建材試験センターの振動試験でもその性能が認められた。
 「想定東海大地震が騒がれる中で、何か世の中の役に立つ仕事ができないか」。同社は平成15年から防災関連事業に乗り出した。
 太陽光発電を備え、災害時に照明と音声で住民の避難誘導を行う「あんしんポール」は、和歌山県が実施した災害避難誘導製品コンテストで優秀製品賞を受賞、同県自治体を中心に普及。その顧客から寄せられた、「自治会で防災用具を専用倉庫で管理しているが、地震の時すぐに鍵を開けられるか心配だ」との声をヒントに開発したのが、地震自動解錠装置だ。
「最近は防災倉庫の鍵の預かり手を探すのにも苦労するというし、自動的に解錠する装置ができれば、いざというときの救命に役立つ」として開発に着手。21年度の経済産業省の「ものづくり支援事業」にも採択され、今年から営業活動を始めた矢先の大震災で一気に注目度が高まった。

三愛物産は、中日本重工(現三菱重工業)の舶用エンジン特約店として昭和23年に三重県尾鷲市で創業。その後、本社を名古屋市に移し、エンジンを動力源とする自家発電装置、ポンプのエンジニアリング技術を生かして、中部・関西を営業地域に浄水場など水処理設備の官公需を中心に事業を拡大してきた。
 しかし、最近は公共事業削減で受注競争が激化。平井哲社長は「設備工事会社が進出していない地域も含めて、メンテナンス分野を強化する」方針を打ち出す一方で、産業用エンジン、ポンプに次ぐ経営の「第3の柱」として防災関連事業の育成に注力する。
 地震自動解錠装置は、ビル非常口用を含めて自社での販路拡大を目指すとともに、簡易倉庫や錠前のメーカーとの提携も交渉中。提携で量産化できれば、1セット6万8千円(工事費別)のコストを下げて、普及に弾みをつけたい考えだ。
 「三愛の“三”のように3本柱にしたい」。平井社長は父でもある先代社長の経営方針の具現化を、地震自動オープン錠に託す。

■会社概要
本社   名古屋市中区丸の内3の17の10
       (電)052・962・9251
資本金  資本金5000万円

創業   昭和23年7月

事業内容 産業用エンジン、ポンプの販売・施工・メンテナンス、防災関連機器の製造・販売など
スポンサーサイト

Obokata questioned over alleged theft of Riken stem cell samples

###Obokata's father had been the exective of Mitsubishi in Korea in the past
and now he is the exetive of Mitsubishi group Chiyoda Kakou company.
so she has connection with SGI and she passed Waseda Univ. by a recommendation entrance examination and
found a job in Riken in a connection of it.###

http://www.japantimes.co.jp/news/2016/02/18/national/crime-legal/obokata-questioned-alleged-theft-riken-stem-cell-samples/#.VswR18Jf3IV
Kyodo
japantimes

Feb 18, 2016
KOBE – The academic scandal over a debunked stem cell discovery has taken a criminal turn, with police questioning the scientist at the center of the storm.

Disgraced researcher Haruko Obokata recently underwent voluntary questioning in connection with the alleged theft of stem cell samples from her former employer, the Riken institute in Kobe, an investigative source said Thursday.

She was questioned in response to a complaint filed by another former Riken researcher in January last year, although Riken itself has not reported any crime, the police said.

The complainant claimed someone had stolen embryonic stem cells from the laboratory in Kobe in or after April 2011, when Obokata was still employed by Riken. She left the institute in disgrace in December 2014.

Riken concluded in February last year that, due to research misconduct over her debunked discovery of “stimulus triggered acquisition of pluripotency” cells, Obokata would have been fired had she not already resigned. She was the lead author of a pair of papers on the subject that were published in the British science journal Nature in January 2014. The research was initially seen as a groundbreaking discovery, but questions about the papers soon emerged, triggering multiple unsuccessful attempts to reproduce her findings.

In April 2014, Riken said Obokata had falsified parts of the reports. Nature retracted the papers the following July.

After failing to duplicate her results, Riken surmised in December that the so-called STAP cells were most likely embryonic stem cells, or ES cells, effectively concluding that STAP did not exist.

A container labeled “ES cells” was found in Obokata’s laboratory during the investigation, but Obokata denied mixing them, intentionally or unintentionally, with the specimens used in her research.

Last month, Obokata published a book recounting the controversy.

Chiba police free female hostage, arrest man after attack, standoff at church

###Some people says Kotabe is a rapper named Liki Natsume on twitter account LIKI1210
and he said he wanted to dis Japan for family on music on twitter.
Some source arrticles says his parents believe in the completely different religion from this chrch
and the parents spoiled him so much so he did DV to his parents.
Most of people Kotabe did a reply to were SGI believer in 2012 on twitter.
Please see the photo of twitter if you can understand Japanese.
He went to this church for counceling of his DV for only few years and now attacked people of the church.
He seems to be a fake believer of this church and
he seems to want to do the negative campagne of this church for another religion he really believe.###


http://www.japantimes.co.jp/news/2016/02/19/national/crime-legal/chiba-police-free-female-hostage-arrest-man-attack-standoff-church/#.VswMG8Jf3IV
Kyodo, Staff Report
Feb 19, 2016 japantimes.
 CHIBA – Chiba Prefectural Police arrested a 36-year-old man Friday after he went on an injurious rampage and barricaded himself in a church with a hostage, a 51-year-old female counselor, in the town of Sakura.

Special police forces stormed the church just before 5 a.m. Friday and arrested Daisuke Kotabe for allegedly confining the woman, who suffered injuries but was safe.

Kotabe, who is from Sakura, has admitted attacking the victim and holding her hostage, the police said.

They said Kotabe was at Sakura Ojidai Chapel to receive counseling from the woman when, at around 8:30 p.m. Thursday, he took out a bat and a knife from his rucksack and attacked his parents, who are in their 70s, the counselor and one other man, also in his 70s, at the church.

His parents and the man were also injured, but they managed to escape, police said, adding that none of the four victims sustained life-threatening injuries.

The police had tried to persuade Kotabe to release the hostage, but decided to storm the church about eight hours after the ordeal started, they said.

Kotabe reportedly had trouble with his parents and had been receiving counseling at the church. The police said they will investigate the cause of the attack.

The church is located in a busy urban district a few hundred meters northeast of Keisei Usui Station.

Neighbors expressed relief at the arrest of the man. A 37-year-old woman who lived by the church said she saw investigators arrive with sasumata (two-pronged poles used to restrain attackers) and shields. “It really worried me to see a crime take place so close,” she said.

At Manodai Elementary School, located some 600 meters south of the church, principal Masahiro Yamamoto kept a close watch as children came to school. “We would have delayed the school’s start had the perpetrator not been arrested in time,” Yamamoto said. “We were also considering whether to dispatch school staff along the routes children walked to school. I’m sure parents are relieved to hear he has been caught.”


<20160221120057bd5.jpg
2016022112014664e.jpg
20160221120236378.jpg
20160221120746ff9.jpg
20160221120858caa.jpg
20160221130633498.jpg
20160221130553caf.jpg
20160221132034c9c.jpg
20160221132517449.jpg
20160221132034c9c.jpg

###sorry this translation is partly did by the internet system so this might be inaccurate.###
the person attacked the church in the criminal of Chiba; did DV for his parents
http://www.tokyo-sports.co.jp/nonsec/social/508725/
tokyo sports

His parents believe in another different religion, but it was at all different from the Protestantism church in the case this time. All the more indeed it is the unbelievable part that Kotabe have gone to the church for trouble consultation. But the trouble might be serious so he want to cling to other religion if I said adversely (local people)

相模原の遺体遺棄、元交際相手を殺人容疑で逮捕

注)男性容疑者は元ラジオアナウンサーの女性の息子さんで裕福、「今はEXILEをおしている」など
電話で周囲にきこえるように話しテレビ局関係の職業のフリをしていたそうです。
共犯の女性の容疑者も新興宗教向けに葬儀用の樒を売る豪農で農協の偉いかたの娘さんだったようです。

http://www.yomiuri.co.jp/national/20160220-OYT1T50062.html
読売新聞 2016年02月20日 11時28分
東京都新宿区の阿部由香利さん(当時25歳)の遺体が相模原市の相模湖近くで発見された事件で、警視庁は20日午前、阿部さんの死体遺棄罪で有罪判決を受けた元交際相手の佐藤一麿容疑者(30)(渋谷区)を殺人容疑で逮捕した。
阿部さんの遺体からは高濃度の睡眠薬成分が検出され、同庁は佐藤容疑者が阿部さんを眠らせた後に首を絞めて殺害したとみている。同庁は同日、睡眠薬を購入したとして、佐藤容疑者の知人の秋山智咲被告(24)(死体遺棄罪で公判中)も殺人ほう助容疑で逮捕した。
 同庁幹部によると、佐藤容疑者は2013年6月10日頃、新宿区の阿部さんの自宅アパートで阿部さんに睡眠薬を飲ませたうえで首を圧迫して殺害した疑い。遺体から検出された睡眠薬の成分は、秋山被告が山梨県内の薬局で購入した睡眠薬と同一成分だったことが確認されたという。佐藤容疑者は「私はやっていません」と容疑を否認、秋山被告は「佐藤容疑者から頼まれて睡眠薬を買ったが、目的は聞いていない」と供述しているという。
 佐藤容疑者は07年頃から阿部さんと交際していたが、事件当時は別れ、秋山被告と交際していた。
 阿部さんの遺体は昨年6月24日、相模原市緑区の墓地の土中から、ブルーシートにくるまれた状態で発見された。同庁は翌25日に佐藤容疑者と秋山被告を死体遺棄容疑で逮捕。佐藤容疑者は東京地裁で昨年12月、懲役1年8月、執行猶予3年の有罪判決を受け、確定した。秋山被告は現在も公判中。
2016年02月20日 11時28分 Copyright © The Yomiuri Shimbun

相模原遺棄 .睡眠改善薬使い絞殺か 遺体から検出
http://mainichi.jp/articles/20160220/k00/00e/040/249000c
毎日新聞2016年2月20日 15時00分(最終更新 2月20日 23時01分)
東京都新宿区の母子が行方不明になり、相模原市で昨年6月に母親の職業不詳、阿部由香利さんの遺体が見つかった事件で、阿部さんを殺害した疑いが強まったとして、警視庁捜査1課は20日、元交際相手の佐藤一麿容疑者(30)=東京都渋谷区=を殺人容疑で逮捕した。佐藤容疑者の元交際相手、秋山智咲被告(24)=静岡県富士市、死体遺棄罪で公判中=も殺人ほう助容疑で再逮捕した。 佐藤容疑者の逮捕容疑は、2013年6月10日ごろ、阿部さんが当時住んでいた新宿区内のアパートで、不眠症状を緩和する睡眠改善薬を阿部さんに摂取させたうえで首を絞めて殺害したとしている。また、秋山容疑者の逮捕容疑は同9日ごろ、殺害に使用すると知りながら睡眠改善薬を購入し、佐藤容疑者に渡したとしている。
 捜査1課によると、佐藤容疑者は「やっていません」、秋山容疑者は「佐藤から頼まれて睡眠薬を買ったが、目的は聞いていない」と、いずれも容疑を否認している。
佐藤容疑者は07〜08年ごろに阿部さんと知り合い、交際していたとみられる。佐藤容疑者はその後、秋山容疑者と交際を開始。2人は阿部さんの遺体を13年7月に遺棄したとして、遺体が見つかった昨年6月に死体遺棄容疑で逮捕された。当時行われた阿部さんの遺体の司法解剖では死因は特定できなかったが、首などに内出血の痕があり、窒息死の可能性も否定できないとされた。
 その後、捜査1課が別の医師にも意見を求めると、首を絞められて殺害された可能性が高いとの所見が示されたという。遺体からは、常用していないはずの睡眠改善薬の成分も検出された。
 一方で、佐藤容疑者が13年6月9日ごろ、秋山容疑者に山梨県内や新宿近辺の薬局などで、遺体から検出されたのと成分が同じ睡眠改善薬を購入させていたことも判明。佐藤容疑者宅からは、この薬が100錠以上見つかっていた。
阿部さんとともに長男の行方も分からなくなっている。13年7月時点で長男は7歳だったが、07年9月に阿部さんの両親が確認して以降、足取りが全く分かっていない。【山崎征克、神保圭作、深津誠】
          ◇
 佐藤、秋山両容疑者は昨年6月、阿部さんの遺体を遺棄したとして死体遺棄容疑で警視庁捜査1課に逮捕されていた。捜査1課は当時から、阿部さんの死亡についても佐藤容疑者らが関与したとみていたが、解明に至らず立件を見送っていた。
 佐藤容疑者は公判で死体遺棄は認めたものの、死亡の経緯については黙秘を貫いた。公判では阿部さんの遺体の衣服にお守りが入っていたことも判明。佐藤容疑者はお守りについては自分が入れたと認めたうえで「謝罪の気持ちから
(入れた)」と説明した。しかし、裁判官に何に謝罪しているのかを問われても「具体的には黙秘します」と口をつぐんだ。昨年12月、死体遺棄罪で執行猶予付きの有罪判決を受けた。
 捜査1課は法医や薬物の専門家らから意見聴取を続けた。さらに、死亡した時期に睡眠改善薬を入手したり、昨年6月に逮捕されるまでの約2年間にわたって相模原市の山林に遺体を隠し続けたりした状況から、佐藤容疑者らが死亡に関与した疑いがさらに強まったと判断。今度は殺人容疑で逮捕し、事件の
「本丸」について2度にわたって追及するという異例の展開となった。

事件の経緯
2006年4月   阿部さんが長男を出産
07〜08年ごろ阿部さんと佐藤容疑者が交際開始
10年10月  阿部さんと長男が東京都青梅市から新宿区に転居
 11年3月ごろ 阿部さんの母親が阿部さんと電話で会話する
12年11月  長男、就学前の健診を未受診
13年3月   阿部さんが医療機関を受診
    6月   新宿区のアパートで阿部さんを殺害か
    7月   佐藤、秋山両容疑者が遺体を相模原市内に遺棄
14年3月   阿部さん親子の安否確認が取れないため、新宿区が学籍簿から削除
    12月  阿部さんの親が警視庁に行方不明者届を出す
15年6月   警視庁が佐藤、秋山両容疑者を死体遺棄容疑で逮捕。阿部さんの遺体が見つかる
   12月  東京地裁が佐藤容疑者に懲役1年8月、執行猶予3年の判決
16年2月   警視庁が佐藤容疑者を殺人容疑で、秋山容疑者を殺人ほう助容疑で逮捕

相模原の死体遺棄事件、男に有罪判決 東京地裁
朝日新聞 2015年12月4日12時37分
http://www.asahi.com/articles/ASHD37D5PHD3UTIL04V.html
相模原市緑区の墓地で6月、東京都新宿区の阿部由香利さん(当時25)が遺体で見つかった事件で、死体遺棄の罪に問われた飲食店従業員、佐藤一麿被告(30)に対し、東京地裁は4日、懲役1年8カ月執行猶予3年(求刑懲役2年)の判決を言い渡した。
 芦沢政治裁判長は「動機の全容は明らかではないが、計画的で犯意も強い」と指摘しつつ、「悪質性が高いとは言えない」とも述べた。
 判決によると、佐藤被告は2013年7月19日、秋山智咲被告(23)=同罪で公判中=と共謀し、墓地の空き地に穴を掘り、阿部さんの遺体を埋めた。佐藤被告は公判で起訴内容を認め、死体遺棄について謝罪したが、質問に黙秘するなどし、具体的な経緯や動機を語らなかった。
 警視庁によると、佐藤被告と阿部さんは交際していたという。同庁は、阿部さんが死亡した経緯についても捜査を続けている。

相模原の女性死体遺棄事件 セレブ容疑者“イタイ”一面も
http://dot.asahi.com/wa/2015063000098.html
(更新 2015/7/ 1 07:00)
裕福な環境で育った2人がなぜ足を踏み外したのか。
 神奈川県相模原市の山あいの墓地で6月24日、2年ほど前から行方不明だった接客業の阿部由香利さん(当時25)が遺体で見つかった。翌日、死体遺棄の容疑で逮捕されたのは、元恋人の佐藤一麿(かずまろ)容疑者(29)と、佐藤容疑者と交際していた秋山智咲(ちさき)容疑者(23)だ。
 なぜ今逮捕されたのか。
「2年ほど前から、当時7歳の長男と阿部さんの行方がわからず、昨年12月に親族から捜索願が出され、捜査が始まった。交友関係から2人が浮上し、6月になって秋山容疑者に任意で事情聴取して、事件が発覚しました」(捜査関係者)
 佐藤容疑者は、渋谷区の3階建ての豪邸に住み、母親が元文化放送のアナウンサーで、父親は有名企業に勤務していた。誰もが羨(うらや)む生活だった。近隣女性が、佐藤容疑者について言う。
「幼いころは暗くて目も合わせてくれなかったけど、10日ほど前には『弟が地方に勤務していたけど、最近戻ってきたんです』と、うれしそうに話してきました」
 最近は明るくなったとの評判だが、少し“イタイ”一面もあったという。
「仕事ができますという感じの高級なスーツを着ていましたが、平日の昼間からぶらぶらしていて不審だった。目が合うと『会議に間に合わないかもしれない』『今はEXILEを推している』など、業界人ぽいことをわざと聞こえるように電話で話し、嫌みな感じでしたね」(近隣の住人)
 一方、秋山容疑者の実家は、静岡県富士市でお茶や花を生産する裕福な農家だ。地元の高校を卒業して上京し、白百合女子大に進学。昨年4月に帰郷し、実家の農作業を手伝っていた。
「色白で尾野真千子似の美人だが、昔はひけらかさないいい子。最近は朝7時ごろから夕方まで熱心に働いていたけど、高校時代から男性関係が少しハデになっていた」(中学校の同級生)
 なんと犯行当時は、大学4年生。そのころ秋山容疑者が住んでいたマンションで異臭騒ぎが起こり、警察も出動していた。事件後もその部屋で暮らし、大学に通っていたということか。
「女子アナ志望も多く、幅広い交流をもつサークル“放送研究会”に所属し、目立つグループの一員でした。大学4年の夏には教育実習をし、卒業式や謝恩会にも奇麗なはかま姿で楽しそうでした。事件に関係していたなんて、信じられません」(大学時代の知人)
 卒業後の秋山容疑者のツイッターには、
「私事ですが両家で顔合わせをし、12月28日に今お付き合いしている彼と婚約しました」
 と、順風満帆な様子が書き込まれている。
「昨年末の同窓会で2人から婚約が報告されてお祝いした。頭がよく地元の高専を卒業した彼は北海道にいて遠距離恋愛中。幸せそうだった」(中学校の同級生)
 捜査関係者によると、佐藤容疑者は容疑を認めたものの「(阿部さんは)気づいたら死んでいた」、秋山容疑者は「(運んだものが)遺体だと知らなかった」と供述しているという。阿部さんの息子の安否はいまだ不明。真相解明は緒についたばかりだ。
※週刊朝日 2015年7月10日号

佐倉立てこもり 家庭で暴力、教会に相談…数年前から

注)ちなみに注)はねずみとは無関係で、当たり前ですが、私のコメントです。
ネットの情報によると現時点では確定はできませんが、棗 力というtwitterのアカウントで
ラッパーを名乗っていたかたが小田部さんではないかと噂されています。
本人のアカウントは削除済みですが、会話しているかたのツイートは残っていて、
コタさんなどと呼ばれていますので本人の可能性はあります。
表現の自由はありますが、無関係な他人を傷つけるのはよくないですし、
ご両親も現実的トラブルで自分の信じていた宗教とは別の宗教に頼らず
早い段階で警察や専門的な病院のカウンセリングなどに相談すべきだったのではないでしょうか?
アカウント削除済みtwitterではむしろ彼と会話していた教会とは別の新興宗教のかたのリプの記録が多く残っています。
ちなみに彼にリプしていたかたのツイートにでてくるAIさんは某新興宗教のかたのようです。
下記記事引用によるとご両親はこの教会とは全く別の宗教を信仰されていたということで、
数年前から通いだしたという容疑者もあまりこの教会に信仰心がなかったのかもしれません。

http://mainichi.jp/articles/20160219/k00/00e/040/199000c
毎日新聞2016年2月19日 11時50分(最終更新 2月19日 13時03分)
千葉県佐倉市王子台の教会で18日夜に発生した立てこもり事件は、発生から約8時間半後の19日未明、県警捜査1課の特殊部隊「ART」が突入し人質の女性を救出し、小田部(こたべ)大輔容疑者(36)を監禁容疑で現行犯逮捕した。午前4時56分、教会入り口からARTの隊員がなだれ込むと、特殊閃光(せんこう)弾の爆発音が響き、怒号も飛んだ。 県警によると、小田部容疑者は、教会関係者やカウンセリングをしていた知人女性(51)、両親との話し合いが始まった直後に暴れて襲い、1階の礼拝堂で女性を人質に立てこもった。床をたたいたり、刃物を振り回したりし、女性に携帯電話で女性の夫や教会関係者に連絡させた。牧師(47)らが電話で女性を解放するよう説得。19日未明には、交渉担当の捜査員も、電話で呼び掛けながら、踏み込むタイミングを計った。
 要求に応じてペットボトルの飲み物を差し入れるため、捜査員が教会内に入ったが、小田部容疑者は受け取らず、捜査員は一旦外へ。その後、ARTが突入し、刃物を手に女性とともにいた小田部容疑者を取り押さえた。小田部容疑者は抵抗はしなかったという。女性は顔や背中に複数の切り傷があったという。
捜査関係者によると、小田部容疑者は両親と別居し、教会の近くで1人暮らしをしていた。数年前からカウンセリングを受け、牧師らに面倒を見てもらっていたという。
 小田部容疑者を知る人は「小田部容疑者はすぐにカッとなって暴れる。両親は暴力に耐えられなかったと聞いている。女性は立ち直らせるのを手伝っていたのに」と話した。
 現場周辺では、多くの住民らが集まった。近くに住む女性(41)は「サイレンが鳴っていたのは知っていたがテレビで立てこもりと知り、びっくりした」と驚いていた。

教会立てこもり男逮捕 佐倉、監禁容疑 人質女性けが
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201602/CK2016021902000251.html
2016年2月19日 夕刊 東京新聞
千葉県佐倉市王子台一の教会「佐倉王子台チャペル」で、刃物を持った男が女性(51)を人質に立てこもった事件で、十八日夜の発生から約八時間半後の十九日午前五時ごろ、県警の特殊部隊が教会に突入し、監禁の疑いで、同市新臼井田の小田部(こたべ)大輔容疑者(36)を現行犯逮捕した。女性は顔などにけがをして病院に搬送されたが、意識ははっきりしている。
 県警によると、小田部容疑者は「やったことは間違いない」と容疑を認めている。両親との間に数年前からトラブルがあったといい、詳しい動機を調べる。
 捜査関係者によると、女性は教会を訪れる人の相談に乗っていた。女性のほかに、小田部容疑者とともに教会に来ていた七十代の両親と、教会関係者の七十代男性も腕や頭などにけがを負った。
 同容疑者は十八日夜、教会関係者の立ち会いで、両親と一緒に女性からカウンセリングを受けていた。始まって間もなく、同容疑者は両親の言葉に腹を立て、リュックサックから木製バットを取り出し、両親らを次々と襲った。両親と男性は逃げ、母親が一一〇番した。女性は逃げ遅れた。
 教会は二階建てで、同容疑者は刃物を持って女性を人質にし、一階の礼拝所に立てこもった。女性は携帯電話で教会関係者と連絡を取り、警察も電話を通じて説得した。十九日未明には、教会の正面入り口の扉を開けて捜査員が直接交渉したが、同容疑者は応じず、県警は突入に踏み切った。
 現場は、京成本線京成臼井駅から北東に約三百メートルの住宅街。近くに佐倉市民音楽ホールがある。

◆容疑者と両親 長年トラブル
 小田部容疑者の自宅周辺の住民によると、同容疑者は長年、両親とトラブルを抱えていたという。近所の八十代の主婦は「働かないことをとがめられ、腹を立てて暴力を振るっていたようだ」と話す。
 別の七十代の主婦は、両親の顔にあざがあるのを目撃したことがある。「(容疑者は)中学生のころから、カッとなるとおもちゃのバットを振り回すなどしていた」。両親は「甘やかしすぎて、息子が暴力的になった」と悩んでいた様子だったという。暴力は続き、近所の通報でパトカーが駆け付けたことも何度かあった。この主婦は「笑顔であいさつができる良い面もあるのに」と肩を落とした。

女性に馬乗りでナイフを…危険と判断し突入
http://news.livedoor.com/article/detail/11202507/
2016年2月20日 4時53分日テレNEWS24
千葉県佐倉市の教会で、男が女性を人質に取り立てこもった事件で、捜査員の突入は、男が女性に馬乗りでナイフを突きつける緊迫した状況で行われていたことがわかった。
 捜査関係者によると、監禁の疑いで逮捕された小田部大輔容疑者(36)は、これまで薬物依存などについて教会に相談していて、18日は、小田部容疑者が「この日しか会わない」と言ってカウンセラーの女性と面会したという。しかし、両親やカウンセラーたちが教会に集まると、小田部容疑者が突然、リュックサックからバットや刃渡り十数センチのナイフを取り出して全員に襲いかかり、逃げ遅れた女性を人質に取ったという。
 また、捜査関係者によると、特殊部隊が突入したのは、小田部容疑者が人質の女性に馬乗りになってナイフを頭に突きつけたため、危険と判断したからだという。
 警察の調べに対し、小田部容疑者は事実関係を認める一方、動機について「黙秘します」と話しているという。小田部容疑者は以前、同居していた両親に暴行を加えたため、両親は親族の家に避難していたということで、警察は犯行の動機や経緯を調べている。

刃物男が教会に立てこもり 女性を人質、男女3人も暴行被害か 千葉・佐倉市
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160218-00000595-san-soci
産経新聞 2月18日(木)22時57分配信
18日午後8時35分ごろ、千葉県佐倉市王子台の教会で「男が暴れている」という内容の110番通報があった。千葉県警佐倉署員が駆けつけたところ、男が女性を人質に立てこもっており、同日午後11時半現在、捜査員が女性を解放して投降するよう説得に当たっている。
 県警によると、男が立てこもっているのは「佐倉王子台チャペル」。男は30~40代ぐらいで、バットや果物ナイフとみられる凶器を持っているという。
 男が暴れ出した当時、人質となった女性のほか、現場となった教会には少なくとも男性2人、女性1人がいたが、3人は建物の外に逃げ出した。逃げる際、男から殴られたり切りつけられたりしてけがを負っているとみられる。
 地元消防によると、高齢の男性2人が病院に運ばれた。2人は頭を打つなどしているが、意識はあり命に別条はないという。
 現場は京成電鉄本線の京成臼井駅から北東に約300メートルの住宅街にある教会で、近くには佐倉市民音楽ホールや公園などがある。ホームページ(HP)によると、同教会はキリスト教系の日本長老教会に属している。
 現場では、教会から約70~80メートル離れた場所に規制線が張られ、住民が遠巻きに警察官らが男を説得する様子を見守った。近所の60代男性は「辺りが騒がしくて外に出たら、大事になっており驚いた。普段は静かな場所。何が起きたか怖い」と話した。

注)一部抜粋、長いので全文はリンク先をお読みください
千葉の教会立てこもり犯 家では引きこもって両親に暴力
http://www.tokyo-sports.co.jp/nonsec/social/508725/
東京スポーツ2016年02月21日 07時00分
両親はとある宗教を信仰しているが、それは今回事件となったプロテスタント系の教会とは全く異なるものだった。それだけにまさか教会に悩み相談に行っていたとは信じられない部分もある。だが、逆にいえば、他の宗教にもすがりたくなるほど、悩みは深刻だったのかもしれない」(地元住民)

注)個人ブログより一部抜粋転載
小田部大輔のFacebookやプロフィールなど経歴を徹底調査!!驚きの結果が・・
http://happylife-green.blog.so-net.ne.jp/2016-02-19-1
そんな中、棗力(なつめりき)と
検索すると出てくるツイッターアカウントが小田部大輔容疑者
なのでは?と言われています。

注)削除済み、googleに残ったキャッシュより
棗 力 @LIKI1210 のツイプロ
http://twpro.jp/LIKI1210
ラッパー
所在地:佐倉
URL:ameblo.jp/natumeliki/entry-11264267450.html
フォロー1,082人 フォロワー506人
ツイート2,930回

棗 力 (@LIKI1210) さんのライブ - ツイキャス
http://twitcasting.tv/liki1210
LIKI1210
LIKIと言う名前でRapperをやっています 俺がRecoveryができたのは全てFamilyのおかげです皆がいたからココロの鏡を見つめてこれた これからは大切な人達の為に代弁者になり日本Disする 有難うな大切なFamily



注)彼にリプライしているNAOKIさんのツイートとリツイートです。



JR中央線に自転車投げ入れた疑い 法政大生を逮捕

注)容疑者がfacebookでいいねをつけているcrossfaithは単語の意味と違い、
ツイッターなどでは新興宗教系やシンパのかたに支援されてるバンドです。
ZiON attackというアタック?が有名らしく、よく冗談でツイートされています。
線路に向かって自転車をザイオンアタックしてしまわれたわけではないでしょうが
プロフィール写真のadidasも日本法人は新興宗教とつながりが深いです。
シンパのかたなのか新興宗教のかたなのかはわかりません。

http://www.asahi.com/articles/ASJ2441T1J24UTIL00W.html
朝日新聞 2016年2月4日13時59分

 東京都内のJR中央線飯田橋―市ケ谷駅間の線路に、盗んだ自転車を投げ落としたとして、警視庁は、法政大学2年宍戸亮介容疑者(20)=横浜市都筑区牛久保西2丁目=を列車往来危険と窃盗の疑いで逮捕し、4日発表した。容疑を認めているという。
 麴町署によると、宍戸容疑者は昨年11月3日午後11時ごろ、千代田区富士見2丁目のコンビニエンスストア前から自転車を盗み、約100メートル離れた線路内に投げ入れた疑いがある。下り快速電車が自転車をひき、中央線は一時運転を見合わせた。コンビニ近くの防犯カメラなどから、宍戸容疑者が浮かんだという。

「酒を飲み、やってしまった」 JR中央線に自転車投げ込み容疑 法政大学生の男逮捕 警視庁
産経ニュース 2016.2.4 12:44更新
http://www.sankei.com/affairs/news/160204/afr1602040028-n1.html

東京都千代田区のJR中央線飯田橋駅近くの線路で昨年11月、快速電車が線路上に置かれていた自転車と衝突した事件で、警視庁麹町署は自転車を盗んで線路に投げ落としたとして、窃盗と往来危険容疑で、横浜市都筑区牛久保西、法政大2年、宍戸亮介容疑者(20)を逮捕した。
 同署によると「当日は学園祭だった。酒を飲んで帰る途中にやってしまった」などと容疑を認めている。
 逮捕容疑は、昨年11月3日午後11時ごろ、飯田橋駅のそばの路上にとめてあった自転車を盗み、約100メートル離れた外濠(そとぼり)公園から投げ落としたとしている。
 防犯カメラの映像などから関与が浮上。自転車の後輪には鍵が掛けられていたが、現場まで自転車を持ち上げて運ぶ様子が写っていたという。
 投げ落としから約10分後の午後11時10分ごろ、御茶ノ水-四ツ谷駅間を走行していた快速電車が自転車と衝突。中央線の上下線で約40分間運転を見合わせ、約9千人に影響が出た。けが人はいなかった。

hqdefault555.jpg
注)https://www.youtube.com/watch?v=0ZGV-t3vrKU
youtubeから転載

宍戸亮介 facebook
https://ja-jp.facebook.com/people/宍戸亮介/100008295124364
法政大学
人間環境学部 · 東京都 千代田区

音楽
Avenged Sevenfold
Crossfaith

1907453_1487068911579599_96967524759095123_n.jpg

CROSSFAITH 激ロックinterview2012.06.07UPDATE
http://gekirock.com/interview/2012/06/crossfaith_1.php
より一部引用
-アルバム・タイトルの『ZION』ですが、いろいろと調べてみるとエルサレム地方の歴史的地名とか、マトリックスに出てくる街の名前とかスペースコロニーとか色々あるのですが、このEPの『ZION』が意味するものは何ですか?

Te:これはマトリックスから取ったものですね。元々俺たちが2ndアルバム『The Dream, The Space』を作って、それ以降に曲を制作している中で自分たちの想像を超えるような曲を作りたいなっていう思いがあって。マトリックスの“ZION”は架空現実ではなく人間の覚醒した本当の世界を見せるということなのですが、それと俺たちの音楽を聴いてみんなを覚醒させるということを繋げています。そういう意味で俺たちの中で“ZION”という言葉は重要なキーワードになっているんです。曲を作っていても“これめっちゃ<ZION>やんな!”ってみんなで言い合ったりしてましたね(笑)。
-コンセプト・アルバムということではないでしょうか?

Ko:トータル・コンセプトということではないですね。テーマとして“ZION”という言葉がこのEPを作るときにあったということです。
Kazuki(以下Ka):前作の“HYPER”を超える、その次が“ZION”なんです。
(長いので一部略、時間のあるかたは全文をアドレス先でお読みください)

-4月には17箇所にもおよぶUKツアー行っていますが、ツアーはいかがでしたか?

K:17日間連続のツアーで今までに経験したことのない日数だったので、もちろん楽しみだったんですが、ヴォーカル的にはいく前に色々と不安があったんです。気合で乗り越えられないことも絶対あったりすると思ったんですけど、結果的に17日間やりきって良い経験になったし、めっちゃ自信になりました。

-自信が付いたというのはコンディションを整える技術を身につけるなどそういった面でしょうか?

K:そうですね。小さい部分ではコンディションをどうやって整えていくかなどという部分もあります、17日間って未知数やったけどいけるやんみたいな。大きい部分で言えばUKツアーをきっかけに数え切れないくらい感じたことは胸にありますね。例えば行く前は喉のことだけじゃなくて、向こうでは全くCROSSFAITHが知られていない状態で、OF MICE & MENを観に来てるヤツが“日本人バンドが出てるぜ”ぐらいの感じだろなって思っていたんですけど、実際ライヴをしてみたら日本人のお客さんとはオーディエンスのリアクションが違うというか……曲が分からなくても曲のノリがめちゃくちゃ良かったら暴れてくれて、結果的にどのライヴでも盛り上がってたんでそこはバンドとして凄く自信に繋がったと思います。帰りたくなかったです(笑)。



yahoochiebukuro
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q13117849088
Crossfaithについて
Crossfaithの歌詞にもでてくる
ザイオン アタックとはどういう意味ですか?
またザイオンだけの意味と、CrossfaithとCROSSFAITHではどちらが正しいのですか?
あとロゴのあのマークの名前ってザイオンと言うのですか?
教えてください
2013/12/1619:31:41

推測と、本人達のインタビューとを交えて回答させていただきます
まずは確かな情報から
ザイオン(ZiON)とは映画マトリックスの中に登場する理想郷、精神的な高みの世界です。 crossfaithのメンバーは、いいフレーズができた時に『これめっちゃZiONやん!』とこのような使い方をしていたらしいです
よってZiON Attackとはその理想の高みへとアタックする、そこへ至るように挑戦する、試みるという意味ではないかと推測されます。
ロゴは関係ありません。まぁ本人達の間で何かインスピレーションがあるのかもしれませんが、ザイオンという単語が曲に出てくるずっと前からバンドロゴとして使われていました。
海外などで正式に使われている表記はCROSSFAITHです。
答えになっていますでしょうか?


Crossfaith
https://ja.wikipedia.org/wiki/Crossfaith
Crossfaith(クロスフェイス)は、大阪で結成された5人組メタルコアバンド
ディスコグラフィー
シングル
2014年10月8日 MADNESS  メジャーデビューシングル

ミニアルバム
2012年6月20日 ZION EP

アルバム
2009年4月29日The Artificial theory for the Dramatic Beauty
2011年4月20日 The Dream, The Space
2013年9月4日APOCALYZE
2015年9月16日XENO

空揚げに大量わさび、男児に=暴行容疑で保育士再逮捕-警視庁

注)名前が一字違いますが、下のアカウントのかたが容疑者がやっていたフェイスブックのアカウントではないかという話があり
楽天市場、ソフトバンク、 SEKAI NO OWARI hello kitty Japanなど130件にいいねをつけてるので新興宗教のかたの可能性もあります。
一見明るく評判のいいかただったようです。

http://www.jiji.com/jc/zc?k=201602/2016021800427&g=soc
時事通信
 東京都北区の託児所で、男児が両手を縛られ目に粘着テープを貼られるなどの暴行を受けた事件で、警視庁赤羽署は18日、別の4歳だった男児にわさびを塗った空揚げを無理やり食べさせたとする暴行容疑で、保育士南木愛美容疑者(28)=同罪で起訴=を再逮捕した。容疑を認め「言うことを聞かないので、面白半分でやった」と供述しているという。
 逮捕容疑は昨年9月22日午前8時半ごろ、北区の児童託児所「保育ルームキッズスタイル赤羽園」のオープンスペースで、預かっていた男児に、わさびを大量に塗った空揚げ1個を口に押し込んで食べさせた疑い。 
 同署が南木容疑者のスマートフォンを解析したところ、同容疑者が泣いている男児に「吐いたらたたく」と空揚げを食べさせている動画が残っていたという。
 ほかにも同様の被害に遭った子どもがいた可能性があるとみて、同署が慎重に調べている。(2016/02/18-12:47)

虐待保育士、4歳児にワサビ「反応見たかった」
読売新聞 2016年02月18日 18時53分
http://www.yomiuri.co.jp/national/20160218-OYT1T50078.html?from=ytop_main6
東京都北区の認可外保育施設で、男児(6)が保育士に粘着テープを顔に貼られるなどの虐待を受けた事件で、警視庁赤羽署は18日、保育士の埼玉県春日部市の保育士の女(暴行罪で起訴)(28)を別の男児への暴行容疑で再逮捕した。
同署幹部によると、女は昨年9月22日朝、北区赤羽の認可外保育施設で、ワサビを付けた鶏のから揚げを男児(4)の口に押し込んだ疑い。同署は1月27日、男児(6)への暴行容疑で女を逮捕。押収したスマートフォンから、ワサビを食べさせられた男児が泣いている動画が見つかった。調べに対して容疑を認め、「反応が見たかった。遊び半分だった」と供述しているという。
2016年02月18日 18時53分 Copyright © The Yomiuri Shimbun

保育士の女を暴行の疑いで逮捕 男児の口に粘着テープを貼る
http://news.livedoor.com/article/detail/11113125/
2016年1月27日 18時18分 共同通信
 勤務する無認可保育園で男児(6)の口に粘着テープを貼ってはがすなどしたとして、警視庁赤羽署は27日、暴行の疑いで、自称埼玉県春日部市、保育士の女(28)を逮捕した。
 同署は、日常的に園児らを裸にして立たせるなどの虐待を繰り返していた可能性があるとみて調べている。
 逮捕容疑は15日午後、北区の「保育ルームキッズスタイル赤羽園」で、男児の両手をひもで後ろ手に縛り、口元付近に粘着テープを貼っていきなりはがすなどした疑い。「やってない」と容疑を否認している。

注)表記の種類の違いは理由があるようです
「空揚げ」?「唐揚げ」?
NHK
https://www.nhk.or.jp/bunken/summary/kotoba/term/134.html

注)ブログより引用
南木愛美の画像
生い立ちやフェイスブックを調査
http://nekocat-blog.com/archives/229

野南愛美 facebook
https://ja-jp.facebook.com/manami.nanmoku
お気に入り
音楽
w-inds.
GACKT
SEKAI NO OWARI
Namie Amuro

その他
Keita、TAKUMI、俊介(SHUNSUKE)、創作Dining AZUL、Hello Kitty Japan、楽天市場(Rakuten, Inc.)、関東短期大学、みんな大好き占い、ティキット、ソフトバンク(SoftBank)、クイ〜ズ、J-LUG Fan Web、ソーシャルマーケティング研究所、芸能おもしろニュース、自由に生きる他76件

images6789.jpg
https://www.google.co.jp/search?q=%E5%8D%97%E6%9C%A8%E6%84%9B%E7%BE%8E&biw=1045&bih=604&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ved=0ahUKEwj_6LeEjoHLAhXLJ5QKHbMgDDwQ_AUIBigB
注)画像はgoogle画像検索より引用


e9a0eda11146f89ad86485b6813a6e4e.jpg
注)下の画像は無関係ですが過去記事に個人ブログを転載させていただいたものを引用しました

Teen given 9-13 yrs for Kawasaki murder

#We didn't know whether the murder suspect boy was a believer of SGI, but he looks the sympathy person from his SNS comment
and because of his grandmother and he loves that terrible animation drama and game about invitation Love Liver
(that Victim boy also loved it) .sorry
This was very sad case.
You know the former employee of Klab (that company's love liver game is famous) was arrested by misusage of a cat last year.##

http://the-japan-news.com/news/article/0002740861
the-japan-news
8:03 pm, February 10, 2016
Jiji Press


YOKOHAMA (Jiji Press) — The Yokohama District Court sentenced a 19-year-old youth on Wednesday to nine to 13 years in prison for murdering a 13-year-old boy in Kawasaki in February last year.

In the trial involving lay judges, public prosecutors demanded imprisonment of 10 to 15 years for the alleged murder and assault of the boy, the longest indeterminate sentence under Japan’s Juvenile Act.

During a court trial early this month, the young man, who is believed to have played a leading role in the high-profile case, admitted to the charges.

He hit Ryota Uemura, who was a junior high school first grader, in his face several times shortly after 2 a.m. on Jan. 17 last year at a parking lot in Yokohama in Kanagawa Prefecture, according to the written indictment.

The youth is also believed to have cut Uemura in the neck several times with a box cutter on a bank of the Tama River around 2 a.m. on Feb. 20 the same year, leading to his death from hemorrhagic shock.

In their arguments in the trial, the prosecutors claimed that the case was one of Japan’s most inhumane and malicious juvenile crimes.

On the motive for the murder, the prosecutors said that the youth decided to kill Uemura out of fear of being arrested or retaliated against by acquaintances of Uemura for the initial attack in January last year.

Still, they said that his intent to kill Uemura was triggered unexpectedly, after the cutter was handed over by one of two boys who were with the youth at the scene.

The ringleader and the two boys were arrested in February last year. The two boys, both 18, were later indicted with assault resulting in death.
無題png44
imagesjpg11.jpg

Downfall of Japanese TV’s girl next door highlights wider industry sexism

#This girl and boy supposed to be both SGI members, especially the girl is famous for being SGI but they conceal it.
She got jobs on TV by the media contol by SGI that she is liked so much by people, but its fake.
She seems to get money more than 100000000 yen per year by the media control by SGI.
That media control case was very similar to Masami Hisamoto's case.
Many SGI believers seem to protect the boy and girl on internet even now.
Many medias like gossip but no media tells the boy and girl are SGI members also this time
although some people know it
and they got jobs because of it.
That boy sings that terrible song Ryouseibai de ii janai
which means it takes two to make a quarrel and punishing both isn't fine?
but he never takes responsility so people laugh at him because he is really far from what he sings.
Its all lie but the media push his song so eagerly, including Tower Record promotion.
He had been so arrogant before the gossip was leaked and they stay at hotel room and went to
his parent's house and he called her at the Festival room of Count Down Japan.
His father is a teacher.
When he was asked by the weekly magazine about his wife
he told a lie and he said his wife is just friend.
He conceal he was married to for Becky at first.
He seems to sing about the cliticsizm for SGI in that terrible song Ryouseibai de ii ja nai but people didnt realize that.
Becky is pulled from Lawson CM which is Convenience store and the parent company of Lawson HMV.
Now she seems to hold the amount of compensation of 400,000,000 yen.
But he seems to pretend that he doesn't notice.
How do you feel about his lyrics "even if you has not been bad if you fight against us, it punishes both "
This is a very unfair situation and this is Japanese society.
#####my comment

http://www.theguardian.com/world/2016/feb/08/downfall-japan-tv-becky-industry-sexism
theguardian
Monday 8 February 2016 05.12 GMT
TV personality Becky’s fall from grace following alleged affair has ignited debate over Japan’s unfair standards for women in the entertainment industry
From nightly appearances on TV to persona non grata of Japanese show business in a matter of weeks, the drama of Rebecca Eri Ray Vaughan’s fall from grace was matched only by how much it revealed about Japan’s harsh treatment of its female entertainers.
Until news of her alleged affair with a married man surfaced earlier this month, Becky – as she is known – was one of the most popular people on Japanese television, with regular appearances in 10 commercials and on at least half a dozen variety shows.

Viewers liked her unthreatening, breezy manner and carefully crafted image as the girl next door. As the daughter of a Japanese woman and British man – her haafu (half) status brought a touch of exotica to their evening viewing.

Yet all it took was a leaked text message – seized upon by the tabloid media – to bring to a halt a 15-year career whose upward trajectory seemed guaranteed.

Her predicament has also ignited a debate over the vice-like grip Japan’s powerful talent agencies have on female singers, actors and TV celebrities.

While the 31-year-old ponders the sudden withdrawal of TV appearances, commercial endorsements and her own radio programme, she may be asking herself why she has been singled out for media vitriol while her alleged lover, a pop singer, carries on, his career apparently unaffected.

Her crime, it appears, was to break the steadfast rule that requires young female celebrities in Japan not only to entertain, but to remain morally unimpeachable.

Within weeks of a magazine breaking news of her alleged affair with Enon Kawatani, a 27-year-old singer in the band Gesu no Kiwami Otome, her employers ripped up contracts, reportedly at the behest of her own management agency, Sun Music.

By last week, she had disappeared from TV screens, and lost commercial contracts and her own radio show.

While Sun Music claimed she was suffering from “illness and depression”, Becky is unlikely to return once she recovers.

Philip Brasor, a commentator on Japanese media and culture, says like many of the celebrities who populate Japanese variety shows, “her whole reason for being as a TV talent is her image as a cheerful, agreeable, proper young woman, and once that image is spoiled she has no value to the people who use her”.

When management agencies spend time and money nurturing a would-be celebrity, they are creating a brand image that leaves no room for impropriety.


“Most of these people have no conventional entertainment skills,” Brasor added. “Their worth to their agencies is all tied into how much the public likes them as people, which means their private lives are the property of the agencies, too.”

Becky, he points out, has been accused of adultery, making it unlikely that she will garner much public sympathy: when a TV network recently used footage of the celebrity that was filmed before the scandal broke, it received more than 1,000 complaints in just 10 minutes.

Yet other female entertainers have seen their careers damaged for non-adulterous relationships.

Last September, a 17-year-old member of an all-female “idol” band was ordered to pay 650,000 yen (£3,800) to her agency after it was revealed she had a boyfriend – a violation of the no-dating clause in her contract. To add to her troubles, her relationship caused the breakup of her six-member band.

The case revealed the lengths to which Japan’s talent agencies will go to indulge the fantasies – and secure the commercial loyalty – of girl bands’ largely male fan base.

“As long as she was a female idol,” the judge, Akitomo Kojima said, “a ban on dating was necessary to obtain support from male fans”.

Women who have fallen foul of restrictive agency contracts last month found an unlikely ally, in a case that could set an uncomfortable precedent for overbearing agents.

In a surprise decision, Katsuya Hara, a Tokyo district court judge, ruled in favour of a member of a girl band who was dating one of her fans. Her talent agency had taken her to court seeking almost 10m yen in damages for breaking a no-dating clause in her contract.

Describing the ban as “excessive,” Hara said the 23-year-old woman, who has not been named, enjoyed the constitutional right to the pursuit of happiness – and that included having a boyfriend.

A woman’s value as a commodity is at risk of evaporating as soon as she appears “unobtainable” to her male fans, according to Mark Schreiber, who has written extensively about Japan’s entertainment industry.

“The talent agencies get kids when they’re pretty young, so they don’t want them to get caught up in anything controversial or illegal,” said Schreiber. “But the no-dating clause should expire when they reach 20 [and are legally considered adults].”

Minami Minegishi, a former member of Japan’s most popular girl group, AKB48, was that age when a magazine published photographs of her leaving her boyfriend’s home in 2013.

Hours after the magazine came out, Minegishi, who had shaved her head – a traditional act of contrition in Japan – took to YouTube to issue a tearful apology.

“As a senior member of the group, it is my responsibility to be a role model for younger members,” she said, before ending the four-minute mea culpa with a deep, lingering bow. “Everything I did is entirely my fault. I am so sorry.”

But Schreiber doubts that the recent court ruling in favour of the girl band singer will weaken the determination of talent agencies to keep young female artists morally schackled.

“These people are brands owned by entertainment cartels,” he said, “and they don’t want anything to threaten that brand.”

無題456
無題789
from the gurdian
Monday 8 February 2016 05.12 GMT

mig8888.jpg
from weekly magazine Bunshun

Ryouseibai de ii ja nai by his comic band Gesu No kiwami otome

Punishing both isn't fine?

translatedlyrics but this is inaccurate, sorry.

If you don't want to admit loss, it's inevitable.
If you dont make effort to change, it's inevitable.
you suck only cream of faith up and laugh.
Quite skilful.
I can't win
Don't say critically
I will stop fighting
Lets talk at the place where the head is gentle half.
You are lost and I'm lost.
Punishing both doesn't stop.
It won't stop any more.
It's amazing
Punishing both doesn't stop.
It looks comic but serious.
There are no great differences.
Goodness and vice are not different.
The word which processed data shouldn't touch air.
Because you say critically, but it's already the end.
Lets talk at the place where the head is gentle half.
You are lost and I'm lost.
Punishing both doesn't stop.
It won't stop any more.
It's amazing.
The tragical talk isn't necessary for this song

It isn't better to come to like it than you think difficultly?
Even if you don't come to like.
Punishing both isn't fine?
http://www.uta-net.com/song/199891/


https://www.youtube.com/watch?v=bVZElDCQn3I
無題999
another song is............

It continues Punishing both
lyrics

It'll fly immediately having no time to get an approval.
Reflective refutation.
the heart which became a goo was being grasped by Par.
Even the intention which became white turns inside out, and becomes black
Rather thasn it's hurt by the other many people nonsense.
Well even if you has not been bad if you fight against us, it punishes both
Since I vomit each other with the person who doesn't have the pain which returns to himself.
Since grapplingfor the unlimitted lies true lies and I grieve
I make a mistake in measuring its temperature, and goes around to the cold side.

continued............
http://j-lyric.net/artist/a05866a/l039000.html


###why does he think other people feel no pain ?
Everyone has the different type of pain and life is hard to everyone
but most of people will not believe new religious association
wherever he come from .
プロフィール

nowhere

Author:nowhere
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。