スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

上村遼太犯人の名前は○○○○と実名報道!○○○○の素顔は?

注)個人ブログ、アラフォーサラリーマンの日々雑感より一部抜粋、 
複数の週刊誌の記事の一部抜粋を合わせた内容でした
主犯の名前は○に置き換えました

こちらに抜粋されている内容はごく一部ですので事件の全体像、詳細などについては週刊誌の記事をお読みください
下のリンクのDMMの記事には批判もあったようです

http://mory-bros.blog.so-net.ne.jp/2015-03-05
5日発売の週刊新潮が、
上村遼太くんを殺害した犯人の名前を「○○○○」と断定して実名で報道し、
犯人の名前として挙げられた○○○○の素顔もかなり詳細に分かってきた。

○○○○の素行の悪さ
驚いたことに、週刊新潮が実名で
報道した、18歳少年とされてきた○○○○は、
まだ2ヶ月余り前の昨年12月25日に鑑別所を出所してきたばかりで、
今年から保護観察処分になっていた とのこと。
鑑別所に入れられた理由は、
昨年、仲間が運転するスクーターの後部座席に乗り、手に持っていた
鉄パイプで、全く関係のない通行人
の中年男性の後頭部を後ろから殴りつけた容疑。
その中年男性は、頭部を数針縫う怪我を負ったという。
しかも、その時乗っていたスクーターも窃盗したものだったようである。
この他にも、○○○○は万引きや窃盗の常習犯だったようで、
コンビニでの万引きは日常茶飯事、
時には神社のさい銭箱からお金を盗んでいたらしく、
仲間うちでは、その行為のことを、
さい銭箱の頭文字をとって「S」と呼んでいたという。
○○○○の先輩という人物が言うには、
・○○は驚くほど手癖が悪い。
・バイクの窃盗もしていた。
・ドン・キホーテに行った時には、
 店内から出てくると、ポケットから
 盗んだ品物がゴッソリと出てきた。
・「俺には盗れねえものはねえ」と
 豪語していた。
とのことらしい。

また、近所に住む主婦が、 ○○○○の自宅前を自転車で
通りかかっただけで、 ○○○○が突然「ババア」と
叫んでツバを吐きかけられたり、
○○○○が仲間たちとホテルの前で
たむろしていて、ホテルに入っていく
カップルに対して罵声を浴びせたりと、
近所からは「鼻つまみ者」と言われる
ほどの素行の悪さだったようである。
○○○○の一家は、約15年前に
川崎市内に三階建ての建売住宅を購入し、引っ越して来たとのこと。
引っ越して来た当時は、 祖父母、両親、2人の姉と
まだ幼かった○○○○の7人が暮らしていたという。
○○○○の母親はフィリピン人で、
タレントとして来日し、 最初の結婚で長女を生んだものの、 数年後に離婚。
その後、働いていたフィリピンパブに
客としてきていた○○○○の父親と知り合い、再婚した。
つまり、長女だけが父親が異なる兄弟ということになる。
母親がホステスをしていた頃は、 酔っぱらった母親がフィリピン人
ホステスの仲間を大勢連れてきて自宅で酒盛りをしたり、
両親が大声で怒鳴り合うような夫婦喧嘩も頻繁にあったらしく、
○○○○自身も、小学生時代に悪さをして、父親から、
冬の寒い日に、真っ裸で家の外に鍵をかけて30分以上も閉め出されて
謝りながら泣き続けたことも あったという。
父親はパンチパーマで強面の トラック運転手、
母親は、水商売を辞めてからは、
スーパーや介護関係のアルバイト などをしていたが、
足を悪くしてからは、仕事にも行かず家で過ごしていたとのこと。
中学時代の○○○○は いじめられることのほうが多く、
コンプレックスを打ち破るために、 中3の頃から虚勢を張り、
胸にはカッターを忍ばせるように なったという。
また、中学の頃からタバコを吸っていたことは、 ○○○○の父親も公認で、
担任の先生の前でも堂々と公言していたそうである。

まとめ
上村遼太くんは、○○○○が鑑別所から出所してきたその日に
○○○○と出会ってしまい、そのために、13年間という短すぎる
人生を閉じることになってしまった。
○○○○は本当に、鑑別所を出所できる程に更正できたのだろうか?
保護観察処分というのは、 実際に機能しているのだろうか?

【川崎中1殺害】18歳少年Aが率いた“ハーフ軍団”の実像
DMMニュース 2015.03.03 07:50
http://dmm-news.com/article/922919/


2015/03/06 14:05:50 ゴゴ通信
川崎中1殺害事件の犯人現場検証がとんでもないことに! 保護しすぎ
http://gogotsu.com/archives/5105
川崎中1殺害事件で逮捕された3人の少年の内1人の少年が、本日事件現場である河川敷で現場検証が行われた。ただその現場検証に立ち会う姿が異常なのである。少年は少年法に守られており上空からは空撮のヘリ、そして多数のマスコミがまだ現場に居ることからどこからも撮影できないように完全な包囲網で少年を現場検証させた。
そのやりかたは灰色の布状の物で少年を覆っており、四方八方から見られないようにしている。
ネットや一部週刊誌が18歳少年の名前と顔写真を公開したことから、警察側は慎重になっているようだ。ただ今回現場検証に立ち会った少年は3人の内どの少年かはあかされていない。
追記 2015/03/06 16:45
中に入っているのは18歳の少年とのこと。
00128.jpg

注)画像はゴゴ通信より転載
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

nowhere

Author:nowhere
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。