スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

教諭が高校で子猫を生き埋め

注)特定の組織団体とは無関係と思われます。

http://www3.nhk.or.jp/shutoken-news/20150323/3430221.html
NHK NEWS WEB 03月23日 14時35分
千葉県船橋市の県立高校に勤務する30代の男性教諭が、高校の敷地内に生まれたばかりとみられる子猫4匹を、生きたまま埋めていたことがわかりました。
男性教諭は「授業の実習の妨げになると思い埋めた」と話しているということです。
千葉県教育委員会や高校の説明によりますと、船橋市の県立高校で3月6日、30代の男性教諭が高校の敷地内で生まれたばかりとみられる子猫4匹を見つけ、敷地の一角に生きたまま埋めたということです。
教諭は、生徒3人にスコップを持ってこさせたり、穴を掘らせたりしたあと、自分1人で埋めたということで、保護者から連絡を受けた高校が確認したところ、教諭が事実関係を認めたということです。
男性教諭は「授業の実習の妨げになると思い、他の対処方法がわからなかったので埋めた」と話しているということです。
これについて高校側は「命の大切さを教える学校で、こうしたことが起きたのは残念で悲しい。2度と起きないようにしたい」と話しています。
高校は24日、臨時の保護者会を開いて、事情を説明することにしています。
また、警察は動物愛護法違反の疑いで調べています。
高校の教諭が子猫を生きたまま埋めていたことについて、近くの住民からは驚きや怒りの声が上がっています。
このうち、50代の女性は「びっくりして、ことばを失っている。
普通では考えられないことで、命に対する感じ方が違うのではないか」と話していました。
また、70代の女性は「残酷だと思う。そういうことをする人が、生徒たちに命について教えることはできないのではないか」と話していました。
この高校の教頭は「命の大切さを教えるべき学校でこうしたことが起きてしまい、本当に残念で申し訳ない。教諭本人は大変なことをしてしまったと反省しており、保護者への説明を尽くすとともに生徒の心のケアにあたりたい」と話しています。

「処置困り」高校教諭が子猫生き埋め 生徒に穴掘らせる
2015年3月23日11時35分 朝日新聞デジタル
http://www.asahi.com/articles/ASH3R32NXH3RUDCB004.html
千葉県立薬園台高校(船橋市)で30代の男性教諭が学校の敷地に子猫を生き埋めにしていたことが、同校への取材でわかった。県警が動物愛護法違反の疑いで教諭から事情を聴いている。
 同校によると、男性教諭は6日午前、校内で子猫5匹を発見。担任するクラスの男子生徒3人に放課後、何をするかを知らせずにスコップを用意させたり、穴を掘らせたりした。その後、教諭が1人で5匹を運んで埋めた。教諭の同校への説明では、生まれて間もない子猫とみられ、4匹は生きた状態で、1匹は生死がわからなかったという。
 生徒の1人が教諭の行動が見える場所におり、3人と別の生徒の保護者が学校に連絡して発覚した。教諭は同校の聞き取りに、「どう処置していいか分からず、自分の判断で埋めた」と話しているという。

高校教諭、子猫4匹を生き埋め…生徒に穴掘らせ
2015年03月23日 16時54分 読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/national/20150322-OYT1T50108.html?from=ycont_top_txt
千葉県船橋市内にある県立高校の30歳代の男性教諭が、生まれたばかりの子猫を学校の敷地に生き埋めにしていたことが、同校への取材でわかった。教諭は、生徒に穴を掘る作業などをさせていた。少なくとも4匹を生き埋めにしたといい、県警は動物愛護法違反の疑いで調べている。
 同校によると、男性教諭は今月6日午前、学校敷地内で、野良猫が産み落としたとみられる子猫5匹を見つけた。放課後、担任を務めるクラスの男子生徒3人に目的を告げぬまま、スコップを用意させたり、敷地の一角に穴を掘ったりさせた。その後、教諭は1人で5匹を埋めた。1匹は生死不明、4匹は生きた状態だったという。
 同校は9日に保護者から連絡を受け、教諭に事情を聞いた。「親猫がいないので放置すれば死ぬと思った。対処の仕方がわからず、猫は市役所に引き取ってもらえないと思っていた」と話し、反省の意を示したという。
2015年03月23日 16時54分 Copyright © The Yomiuri Shimbun


高校教諭が学校敷地に子猫4匹生き埋め 生徒に穴掘らせ…千葉・船橋
産経新聞 3月23日(月)11時25分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150323-00000515-san-soci
 千葉県船橋市の県立高校の30代の男性教諭が、生まれたばかりとみられる子猫5匹を学校の敷地内で見つけ、少なくとも4匹は生きたまま埋めていたことが23日、県警などへの取材で分かった。同校の聞き取りに「混乱していてどうすればいいか分からなかった」と話しているといい、県警船橋東署が動物愛護法違反容疑での立件も視野に調べを進めている。
 同校によると、6日午前、男性教諭は学校の敷地内で子猫5匹を見つけた。担任のクラスの男子生徒に、生き埋めの目的は伏せたまま、放課後にスコップを持ってこさせたり、穴を掘らせたりした。その後、教諭が1人で子猫を生き埋めにしたという。
 9日に保護者からの連絡で発覚。10日にクラスの生徒に謝罪、期末テストが終わった20日に全校生徒を集めた臨時集会を行った。
 同署は17日、子猫1匹の死骸(しがい)を確認した。男性教諭は「とんでもないことをしてしまった」と反省しているという。
ヤフーコメント
http://headlines.yahoo.co.jp/cm/main?d=20150323-00000515-san-soci

<千葉県立高>教諭が子猫生き埋め…学校の敷地に
http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=2&id=3333356
2015年03月23日 11:40 毎日新聞
mixiのつぶやき 1461件
http://news.mixi.jp/list_quote.pl?sort=feedback_count&type=voice&news_id=3333356
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

nowhere

Author:nowhere
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。