スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソフトバンク、Tポイントに出資=ファミマも検討

http://www.jiji.com/jc/zc?k=201503/2015032500579&g=eco
時事(2015/03/25-15:05)
ソフトバンクモバイルは25日、カルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)のグループ企業で、共通ポイント「Tポイント」を運営するTポイント・ジャパン(東京)に出資したと発表した。このほど第三者割当増資を引き受け、発行済み株式の17.5%を取得した。ソフトバンクグループのヤフーも、Tポイント社への出資比率を15%から17.5%に引き上げた。
 コンビニ大手ファミリーマートも、Tポイント社に資本参加する方向で検討している

「Tポイント」「Ponta」「Rポイント」を徹底比較!今さら聞けない共通ポイントサービスの歴史とそれぞれのメリット&デメリットを徹底解説!
http://diamond.jp/articles/-/63111
ザイオンライン2014/12/03 2015年3月25日更新
「Tポイント(Tカード)」や「Pontaポイント(Pontaカード)」、「楽天スーパーポイント(Rポイントカード)」など、今や当たり前になっている「共通ポイントサービス」。しかしその歴史は、まだまだ浅い。
 今回は、そんな「共通ポイントカードの歴史を振り返りながら、「Tカード」と「Pontaカード」、「Rポイントカード」、それぞれの特徴を比較していこう。
共通ポイントサービスの先駆者「Tカード」は もともとTSUTAYAの会員証から始まった
 過去を振り返ると、もともとポイントカードというものは、それを発行した店舗だけで使えるものだった。良くても、同一グループで利用できる程度だった。
 ひどい店になると、同じグループにもかかわらず利用する店舗によって使えるポイントカードが異なる場合もあった。○○新宿店と○○池袋店で、それぞれ別のポイントカード(会員証)になっている場合、会社の近くと自宅の近く同じグループの店を使うためには別々のポイントカードを作らなければならないのだ。そんな状況から、様々な店舗でポイントカードが発行され、財布の中にどんどんポイントカードが増えていくことになった。
 実は、従来のTSUTAYAの会員証も、店舗ごとに別々のポイントカードが必要となるタイプだった。しかしTSUTAYAはその不便さに気が付き、店舗ごとに別々だった会員証を共通化することを決定。そのタイミングで、共通ポイントサービスの導入が検討された。
 そして2003年10月、TSUTAYA会員証の提示でENEOS、ローソンで「Tポイント」が貯まるようになり「共通ポイントサービス」が開始される。さらに2004年4月にはTSUTAYA会員証が全店で共通化され、今の「Tカード」となった。共通ポイントサービスの先駆者、「Tカード」の誕生だ。
 それ以降、「共通ポイントカード」、急速に我々の生活に入り込んで来ることになる。
なぜ、企業は「共通ポイントサービス」に参加するのは
今まで獲得できなかった顧客を「相互送客」するため
 ポイントは、もともと消費者を囲い込むためのものだ。消費者は貯まったポイントを使うために、再びポイント発行店舗に来店する。しかし共通ポイントサービスの場合は、自分の店舗で付与したポイントを、他店で利用される場合もある。これでは、再度来店してもらうというポイント本来の役割を果たすことができない。
 では、なぜ企業は「共通ポイント」に参加するのだろうか?
「共通ポイント」への参加メリットは、“相互送客”だ。例えば、ファミリーマートで「Tカード」を提示して商品を買うと、レシートにクーポンが付いてくる場合がある。このクーポンは、「Tカード」の会員属性により出力される内容が異なるのだ。
 例えば、20代女性にはエクセルシオールカフェのクーポンが、30代男性には牛角のクーポンが出てくる。これにより、ファミリーマートに来たお客をエクセルシオールカフェや牛角に誘導することが可能となった。つまり、加盟店同士でお互いに送客しあうことで、今まで獲得できていなかった利用者(下図中のAさんやBさん)にも利用してもらえるようになる。
つまり、ポイントサービスは、単なる“囲い込み”のツールから、“人の誘導”ツールに変わったのだ。
Tポイント(Tカード)が注目された理由は お得感と使い勝手の両立
 ポイントが広まってきた背景には、長引くデフレの影響から「少しでも得をしたい」という人が増えてきたことがある。私が運営するポイント交換案内サイトの「ポイ探」も、そんな状況の中で2006年4月にオープンした。そして2007年には、「nanaco」、「WAON」、「PASMO」が相次いで登場。「電子マネー元年」と呼ばれ、ポイントに社会の関心が集まり始めた。
 共通ポイントの中で一番初めに広く注目され始めたのが、「Tポイント」だ。
共通ポイントのメリットのひとつは、買い物のときに提示することでポイントが貯まる上に、クレジットカードや電子マネーで決済すれば1回の買い物で2重にポイントを手に入れることができることだろう。貯まったポイントを1ポイント単位で利用できることも評価された。例えば、「103円の買い物のとき、3円分をポイントで支払い、100円分を他の決済手段で支払える」、ということができる。
 共通ポイントの魅力は、お得さだけでない。1枚のカードさまざまな店舗で利用できることから、財布の中のポイントカードを減らすことができ、「ポイントカードの断捨離」という面でも人気が高まったのだった。
「Pontaカード(Pontaポイント)」が「Tカード」のライバルとして登場
 こうした共通ポイントサービスのメリットに目をつけたのが、「Pontaカード」だ。
 2010年3月に、ローソンのポイントカードとゲオの会員証が「Pontaカード」に切り替わり、ローソン、ゲオだけでなく、昭和シェル石油などぞくぞくと「Tカード」加盟店のライバル店と提携し、「Tカード」と同じように「Pontaカード」を提示するとポイントが貯まるサービスを開始した。
 このころから、「『Pontaポイント』と『Tポイント』はどちらがお得か?」といった記事を目にするようになった。
「Yahoo!+Tカード」陣営に対抗するため「Rポイントカード(楽天スーパーポイント)」が誕生!
「Pontaカード」の登場から約4年半、2014年10月から、楽天が「Rポイントカード」を発行。楽天市場や楽天ブックスなどの利用で貯まる「楽天スーパーポイント」を、リアル加盟店でも利用できるようにした共通ポイントサービスをスタートした。
 楽天が「Rポイントカード」で共通ポイントサービスに参入した理由は、「Pontaカード」とは異なる。
 2012年6月、Yahoo!ショッピングで貯まる「Yahoo!ポイント」が廃止、「Tポイント」に変更されるという発表があった。多くのユーザーを抱える「Tポイント」がYahoo!ショッピングでも利用できるようになると、オンラインショッピングモールとして圧倒的だった楽天市場の地位が危うくなる。
 そんな懸念から、「Yahoo!ポイント」廃止の発表から約半年後、2013年3月に、楽天も「Rポイントカード」を発行してリアル店舗で「楽天スーパーポイント」を利用できるようにする、と発表したのだった。つまりこれまでネットの中でしか利用ができなかった「楽天スーパーポイント」が、街中の実店舗で貯めたり使ったりできるようになったのだ。

「Tカード」vs「Pontaカード」vs「Rポイントカード」 共通ポイント三国志が開戦!
Yahoo!ショッピングがポイントサービスを「Tポイント」へ切り替え、楽天が「Rポイントカード」での共通ポイントサービスに参入したことで、「リアル加盟店+オンラインショッピングモール」が共通ポイントサービスの条件となった。
 このことから、これまで注目を集めていた「Tカード vs Pontaカード」という従来の構造から、「Tカード(+Yahoo!ショッピング)」vs「Rポイントカード(+楽天市場)」という構図が主流となってきた。
 リアル店舗との共通ポイント化が遅れた「Pontaカード」は、「Tカード」「Rポイントカード」から一歩取り残された状況となり、オンラインショッピングモールとの提携が必須となった。そんな「Pontaカード」が目をつけたのがリクルートだ。
 リクルートは、2013年3月にオンラインショッピングモールの「ポンパレモール」を開始。ポンパレモールでの購入では3%の「リクルートポイント」が貯まり、他社よりも2%も多くポイントが貯まることをアピールした。新しく還元率2.0%の「リクルートカードプラス」(年会費2000円+税)、還元率が「 楽天カード」や「Yahoo! JAPAN JCBカード」よりも0.2%高い、1.2%の「リクルートカード」(年会費無料)も発行して、攻勢を仕掛けた。
 しかし、ポンパレモールの加盟店は1年で1000店舗程度と伸び悩んでいる。その原因は、「リクルートポイント」の「使い道の狭さ」だろう。
 いくら多くのポイントが貯まっても、使い道がなければ利用者にとって意味は無い。楽天市場やYahoo!ショッピングでは数万店舗でポイントを利用でき、ほぼ買えない商品が無い状態なのに対して、「リクルートポイント」は1000店でしかポイントを利用できない。加盟店舗が少ないゆえに価格競争もあまりなく、2%増量されたポイントに魅力を感じない利用者も多かったのだ。
 この状況の中、ポイントの使い道を解決したいリクルートと、オンラインショッピングモールを取り込みたい「Pontaカード」が提携するのは、当然の流れだろう。
 2014年7月から「リクルートポイント」と「Pontaポイント」の相互交換が開始され、2015年春には「リクルートポイント」を廃止、「Pontaポイント」に統合することになる。
 そして共通ポイントサービス業界では、「Tカード」vs「Rポイントカード」vs「Pontaカード」の全面対決が本格的に開始されることとなった。
 次ページからは、この3つの共通ポイントサービスのサービス内容を徹底比較し、どれを持つべきなのか検討していこう。
以下リンク先

Tポイントvs.ポンタ「どちらのカードがお得?」
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/354
2010年03月21日(日) FRIDAY

Ponta wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/Ponta
Ponta(ポンタ)は、三菱商事の関連会社である株式会社ロイヤリティ マーケティング(Loyalty Marketing, Inc. 以下 LM)が発行・運用・管理する共通ポイントサービス。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

nowhere

Author:nowhere
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。