スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大好きな人に会いにいく 作 川上未映子 制作 朝日新聞社広告局

注)川上未映子さんは週刊新潮にもコラムを連載しています

http://www.asahi.com/ad/hs0314/story1/
企画制作 朝日新聞社 広告局
作 川上未映子
スポンサー JTB旅物語 大江戸温泉物語 SUNTORY 龍角散 クラブツーリズム 

大好きな人に、会いにゆく|&TRAVEL - 朝日新聞デジタル
www.asahi.com/ad/hs0314/
3月14日の北陸新幹線開業を記念して、芥川賞作家”川上未映子”さんの特別書き下ろし「大好きな人に、会いにゆく」原作のスペシャルムービーを公開中! 今までよりもっと近くなった金沢、その魅力にぜひ会いに来てください。

潮2008年12月号
http://www.usio.co.jp/html/usio/index.php?mcd=156
●人間探訪
伊藤淳史 芸能界に入ったきっかけは“おばあちゃん”。(木下肇)
スペシャル・インタビュー(モノクログラビア)
川上未映子 タジク族との交流で、文学の可能性を感じた。
u200812_2.jpg


SEIKYO online (聖教新聞社)
www.seikyoonline.jp › 今日の紙面 › 名字の言‎
2011/06/12 - [2011年06月12日] [名字の言] 「大白蓮華」6月号に登場した川上範夫氏とお会いした。
[2013年06月07日] [文化のページ] 〈ヒューマン HUMAN INTERVIEW〉川上未映子さん. [2011年05月27日] [ヘッドラインニュース]
大白蓮華6月号が ...

JTBがグループ社員に送った「創価学会様に選挙協力」メール
http://www.news-postseven.com/archives/20141208_290959.html
2014.12.08 07:00※週刊ポスト2014年12月19日号
〈特定団体への協力依頼について〉──こう題された社内メールを受け取った大手旅行代理店「JTB」グループの中堅男性社員が明かす。
「任意の協力とはいえ特定の候補者の応援署名を集めろというのは入社してから初めて。しかも、それが創価学会からの要請で公明党を応援するというんだから驚きました」
 文書は11月27日付で、JTB取締役旅行事業本部長の名前で社員向けに送られた。文書にはこうある。
〈国内研修会をはじめとした各種需要を頂戴している創価学会様より、支援政党である公明党への支援要請がJTBグループにあり、営業政策上の観点から各事業会社においても可能な範囲での協力を求められております〉(以下、〈 〉内は文書から抜粋)
 まず東京・神奈川・千葉に住む社員には比例代表向けに〈公明党の政治活動を支援します〉と題した用紙への署名集めを、太田昭宏国交相と前職の上田勇氏がそれぞれ出馬した東京12区と神奈川6区の居住者には各候補の支援者名簿を作るための署名集めを要請している。
 JTB社員向けメールでは、あくまで〈社員個人としての任意協力〉と強調しているが、〈出来る限りの協力をお願い致します〉と念押ししているのだから、控え目にいっても「支援要請」である。
 世界有数の旅行代理店であるJTBは修学旅行などの教育旅行や官公庁のイベントなど、公共性の高い業務を多く抱えている。大口顧客とはいえ、特定政党の支援を社員に一斉メールで堂々と要請するのは他の大企業では考えにくい。
 JTB広報室は「グループ2社で協力依頼した。あくまで任意の協力依頼であり、会社として特定の政党を支援することはない」と説明したが、取締役名で社内メールシステムを使っているのだから、「会社として支援」していないという説明はいかにも苦しい。
 民主党も共産党も、JTBの顧客なら頼めば協力してくれるのか。あまりにも国政選挙を軽く考えているのではないか。



http://bono1972.tumblr.com/post/5756855362
"経営している。とあからさまではないですが関連企業ですね。
★クラブツーリズム(旅行会社:2004年創価大学の就職先7位。会社のマークも創価学会のに近く、怪しい)

サントリー次期社長の新浪剛史氏 ローソン立て直した辣腕の「素顔」は
2014年6月24日 19時18分 J-CASTニュース
http://news.livedoor.com/article/detail/8973152/

新浪剛史wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%96%B0%E6%B5%AA%E5%89%9B%E5%8F%B2
新浪 剛史(にいなみ たけし、1959年(昭和34年)1月30日 - )は、日本の企業経営者。サントリーホールディングス株式会社代表取締役社長、元株式会社ローソン取締役社長及び会長(3ヶ月のみ)。 弟は埼玉医科大学教授の新浪博士[1]。
略歴[
1959年(昭和34年)1月30日 神奈川県横浜市に生まれる。
1977年(昭和52年)3月 神奈川県立横浜翠嵐高等学校卒業。
1981年(昭和56年)
3月 慶應義塾大学経済学部卒業。
4月 三菱商事株式会社入社。砂糖部海外チーム配属。
1991年(平成3年)5月 ハーバード大学経営大学院修了(MBA取得)。
1995年(平成7年)6月 株式会社ソデックスコーポレーション(現・株式会社LEOC)代表取締役就任。
1999年(平成11年)7月 三菱商事株式会社生活産業流通企画部外食事業チームリーダー就任。
2000年(平成12年)4月 同社ローソンプロジェクト統括室長兼外食事業室長就任。
2001年(平成13年)4月 同社コンシューマー事業本部ローソン事業ユニットマネジャー兼外食事業ユニットマネジャー就任。
2002年(平成14年)
3月 株式会社ローソン顧問就任。
5月 同社代表取締役社長執行役員就任。
2003年(平成15年) ローソンの経営に専念するため三菱商事を退職。
2005年(平成17年)3月 同社代表取締役社長兼CEO就任。
2006年(平成18年)12月 ベストドレッサー賞(政治・経済部門)受賞。
2009年(平成21年)3月 経済危機克服のための「有識者会合」、経済界(製造業・サービス業)有識者
2011年(平成23年)9月 一般財団法人日本再建イニシアティブ理事就任。
2013年(平成25年)1月 日本経済再生本部「産業競争力会議」のメンバーに選出[2]。
2014年(平成26年)5月- 7月 同社取締役会長[3][4]。
2014年(平成26年)10月 サントリーホールディングス株式会社代表取締役社長に就任[5]。


【お知らせ】『週刊新潮』が朝日新聞社の「予備紙」(広義の「押し紙」)問題を報道、『社外密 2014年ASA経営実態調査報告書』を暴露
http://news.livedoor.com/article/detail/9827135/
2015年2月26日 12時2分 Sakura Financial News 【2月26日、さくらフィナンシャルニュース=東京】
本日発売の『週刊新潮』が、朝日新聞の販売店(ASA)に搬入される新聞の約3割が配達されないまま過剰になっている実態を報じている。同誌が入手した朝日新聞社の内部資料『社外密 2014年ASA経営実態調査報告書』に基づいた報道で、急激に衰退する新聞産業のいまを伝えている。
同誌は、ASAで過剰になっている新聞を「予備紙」という言葉で表現しているが、これは朝日本社側の用語であって、販売店側からすれば、広義の「押し紙」(残紙)のことである。
「押し紙」とは、新聞社が販売店に対して搬入する新聞の総部数のうち、配達されずに余る新聞のことである。残紙である。たとえば搬入部数が3000部で、実配部数(実際に配達している新聞の部数)が2000部とすれば、差異の1000部が「押し紙」。「押し紙」に対しても、新聞社は卸代金を徴収する。
「押し紙」は独禁法で禁止されている。それゆえに朝日新聞社は、過剰になっている新聞を販売店がみずから注文した「予備紙」として定義している。販売店の経理帳簿上でも、販売店が「予備紙」を注文した形になっている。販売店に対する新聞社の優越的な力関係のもとで、このような経理処理が慣行化しているのだ。国税局も黙認している。
しかし、常識的に考えて、新聞の破損などに備えて注文する予備紙の必要部数が、全体の3割になることなどあり得ない。それゆえに『週刊新潮』の記事が指摘している3割の部数は、「押し紙」、あるいは残紙と考えるのが自然だ。
このところ朝日新聞社に対する風当たりが強いが、同紙が戦後の新聞ジャーナリズムをリードしてきたことは、紛れない事実である。相対的には、他紙よりも紙面の質が高い。危険地帯・シリアの取材も、当然の行動として決行した。
その朝日新聞ですらも、販売店に搬入する新聞の3割が配達されないままになっている実態からすると、朝日新聞社よりもはるかに経営難に陥っている新聞社があることは間違いない。(編集部・黒薮哲哉)【了】
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

nowhere

Author:nowhere
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。