スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

韓国の不自由な「ネコ」・・・.

http://seoulmiki.blog.fc2.com/blog-entry-1000.html
ソウル情報局より転載
2010.11.11 Thu

韓国の不自由な「ネコ」・・・。
私が日本のNHKのハングル講座を見ていた頃の番組内の挿入ドラマで、韓国人家庭に居候する日本人主人公が日本のお土産として、招き猫を贈るのですが、家の人から「縁起が悪い!」といわれる場面がありました。
そのとき、韓国内においては猫(コヤンイ)があまり韓国人に好かれていないと知りました。
韓国でもペット文化が急激に始まりました。しかし、まだまだ課題もあるようです。
ソウル市麻浦区の街を歩いていたら見かけました。

blog_import_4f09e17637aa9.jpg
えっ!犬用の鎖…。

blog_import_4f09e177326d6.jpg
観念しているのか私が近づいても目を閉じたままで動かないのです。
blog_import_4f09e1780e5d6.jpg

猫は鎖につながれると気が狂うと聞いたことがあります…。虐待というより文化の差なのでしょうか。

★2010年8月7日 「asahi.com」 に韓国のネコ事情をよく言いあらわした記事がありましたので抜粋転載して皆さんにご紹介します。
「不吉は昔 ネコ人気 韓国 動物たち」
■日本の文化流入
「きゃあ、かわいーっ」
7月初めの週末。ソウルのとあるカフェには歓声が響いていた。若い女性の視線の先には、物憂げに床に寝そべる猫がいた。
若者でにぎわう地区にある「ジオキャット弘大店」。8千ウォン(約600円)払えば、ドリンク1杯付きで思う存分猫と過ごせる「猫カフェ」だ。ロシアンブルーやスコティッシュフォールドといった輸入猫が店内をのんびりと歩き回っている。
日本で猫カフェのことを知った人らがここ数年、ソウルで相次ぎ開店し、5~6店に増えた。週末にもなると入店待ちが出て、店にいられるのは2時間までという人気ぶりだ。客の多くは20~30歳代前半の女性やカップルだ。
(中略)
猫愛好家による韓国猫協会ができたのは1999年。同協会によると、韓国で猫を飼う人は推定で15万人を超え、この5年で3倍以上に増えたという。ペット店や動物病院が集まるソウル・忠武路で長く営業するペット店主の金基演さん(38)も、変化を実感している一人だ。「10年前は猫を買う人はほとんどいなかった。今は2~3割が猫ですね」と話す。
(中略)
■世代間でギャップ
韓国で、身近な動物として親しまれているのは圧倒的に犬。猫には「不吉」というイメージがある。「妖物」などと呼ばれるのが象徴的だ。今も中年以上の世代には毛嫌いする人が多い。
「街で猫を見かけると、ああ気味が悪い、という反応が大半でしたね」と話す猫協会の辛正珍会長(42)によると、「夜の眼光が不気味」「鳴き声が赤ちゃんの泣き声に似ている」といったことが猫を嫌う理由としてよく挙げられるという。「ドラマなどでも多くの場合、不吉の象徴として描かれていた」(ペット店経営者)。1990年代までは猫を飼う人はほとんどいなかった。
変化が生まれたのは2000年前後だ。インターネットの普及で日常生活に入り込んでくる情報量が飛躍的に増え、迷信や既存の価値観に左右されにくい若者に、猫が魅力的な存在として受け止められ始めた。
なじみが薄かった外国産の猫が、テレビドラマの主人公のペットなどとして登場、芸能人らが愛猫のことをブログに書くなどして一気に身近な存在になった。
日韓交流の拡大も作用している。招き猫、ハローキティなど、猫が可愛くポジティブなイメージで登場する日本の文化や漫画、ドラマなどが韓国でも広く知られるように。猫カフェの本棚には、日本の猫関連の雑誌が何冊も並ぶ。
住宅事情もある。都市化に伴いマンションなど集合住宅に暮らす人が増え、静かで手間のかからない猫がペットとして浮上したというわけだ。
ポータルサイトには猫好きが情報交換する交流の場がいくつもでき、ネット販売の業者も増えた。ただ、「送られてきた猫が病気にかかっていた、といったトラブル相談も増えている」(消費者団体関係者)という。
若者の間では急速にイメージ改善が進む猫だが、世代間のイメージギャップは、そう簡単には埋まらない。猫カフェを訪れたソウルに住む女子大生(19)は「家でも猫を飼いたいけど、両親の世代は拒否感が強いみたい。『絶対ダメ』、の一点張りです」と苦笑した。(ソウル=稲田清英)

〈韓国の犬猫〉 韓国国立獣医科学検疫院によると、韓国で猫を飼っている世帯の割合は1.7%(2010年5月時点)。うち「猫だけ」をペットにしているのは1.1%。犬だけを飼う家庭は15.7%とまだ犬の方が圧倒的に多い。ただ、金融危機など経済悪化の影響もあってか犬を飼う家庭の割合は前回調査(06年)より減ったが、猫は逆に増えている。

ハローキティ | キャラクター | サンリオ
www.sanrio.co.jp/character/hellokitty/

パソナとサンリオが株価下落し年初来安値 ASKA容疑者逮捕の週刊誌記事が影響か ...
http://www.sankei.com/economy/news/140522/ecn1405220020-n1.html

個人ブログアラフォー韓国マニアの果てなき野望!韓国好きによる韓国好きのためのブログより転載
2009年08月10日 韓国人は猫が嫌い?
http://ameblo.jp/hime-himitsu/entry-10317895755.html
昨日はバスに乗って実家に行った。
赤羽からバスに乗ったとたん、とんでもないどしゃぶり。
ゲリラ豪雨?
ここ数日夕方になるとゲリラ豪雨な気がする。
ところで、うちの実家には2匹の猫がいる。
この猫は私が20代後半の時に海で拾って来た兄弟猫ブタネコネコ
ちょうど10歳ぐらいダウン
子供の頃から、なんだか異常に猫が好きで小学生の時の好きな遊びは「猫探し」
近所の猫を一人で探して歩く、そして見つけたら触る
ただこれだけ・・・
基本的に動物は好きだが、猫だけはやはり別格
こんな猫好きなので、韓国でも猫を見れば追いかけていた。
でも、99%逃げ猫
ほとんど触れることはなかった。
日本でも野良猫の中に、逃げ猫はいるが、餌をくれるような人もいるから近寄ってくる猫も結構いる。
逃げるってことは、人間から何かされるかも!という恐怖があるのだと思う。
で、韓国で野良猫は「도둑고양이(トドゥクコヤンイ)」と呼ばれていて
これの意味は「泥棒猫」
泥棒していない猫もこう呼ばれるから・・・なんかちょっと可哀そう・・・
イメージはサザエさんの唄に出てくる「お魚くわえた野良猫」だろうか?
韓国では、小型犬がかなり人気があり、何気に日本同様ペットブームだが、猫は正直人気がない。
特に年齢の上の方には特に・・・。
ある日、ソウルの町で猫を見つけた。
いつものように、猫に近づいて触れるかチャレンジすることに。
で、かなり近づいてあとちょっとってところで、
「触ったらダメですよ!」
近くにいたおじさんが私に結構怖い顔で言っている。
「汚いから触ったらダメですよ!」
う~ん。汚いのは分かっているけど手はすぐ洗うつもりだし・・・
と思ったが、あまりの剣幕に諦めた。
また別の日も同じように試みようとした時、また知らないおばさんに怒られた。
子供でもないのに注意を受けるのは、なんだか複雑な気持ち。
確かに日本でも病気を持っている猫とかもいるから、むやみやたらに触るのはよくないと言われているが、いい大人に怒るって韓国ならではだな~と。
なので、韓国で猫を触るときは周りに人がいないかを確認の上、チャレンジしていた。
悪いことしてるわけでもないのに・・・
でも、1年ほど前から韓国人の友人が猫を飼い始めた。
若い世代には若干猫ブームが来たようだ。
これで、韓国に行っても友人宅で思う存分猫を触ることが出来るようになった。
ちなみにロシアンブルーでとても品もある。
数年したら、韓国での猫の格も変わるのでは・・・と期待する。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

nowhere

Author:nowhere
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。