スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

冨田選手 法廷で“犯行”映像公開も争う姿勢

注)小保方さんの件と非常に似通ってます
LINEの名前を会見で出すほど、またミッキーマウスを巨大ぬいぐるみを持ち運ぶと報道されるほど好きで
Twitterが顔文字だらけだった幼い冨田さんの話題です

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150409/k10010043161000.html
NHK4月9日 19時38分
去年のアジア大会で、韓国メディアのカメラを盗んだ罪で起訴された競泳の冨田尚弥選手の裁判で、検察側は、犯行の瞬間だとする防犯カメラの映像を法廷で公開しましたが、被告側は「富田選手ではない」などとして全面的に争う姿勢を示しました。
冨田尚弥被告は、去年9月に韓国のインチョン(仁川)で行われたアジア大会の競泳会場で、韓国メディアのカメラを盗んだ罪で略式起訴され、捜査の過程では盗んだことを認めていましたが、帰国後、一転して否定し、正式な裁判を請求しました。
9日、インチョン地方裁判所で行われた裁判で、検察側は、犯行の瞬間だとする防犯カメラの映像などを、法廷に設置したスクリーンに示しました。
映像では、画面中央にプールが、画面の上部にプールサイドのカメラマン席があり、被害にあったカメラマンが荷物を残して立ち去る様子がうかがえます。そのあと、人がいなくなったプールサイドで何者かがカメラマン席の前に座り、後ろに身を乗り出すようにして何か黒い物を取ってカバンに入れ、立ち去る様子が映っています。
また、警察署での取り調べの様子を映した映像も公開され、冨田選手が、通訳や関係者とともに警察官の質問に答える様子や被害者に頭を下げる様子などが映っています。
これについて被告側は「競泳会場の映像の人物は冨田選手ではない」と主張するとともに、映像が不鮮明で、カメラであるかどうかも分からないなどとして全面的に争う姿勢を示しました。

カメラ窃盗事件で3回目の公判 より鮮明な防犯カメラ映像を上映
04/09 18:04 FNN
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00289962.html
大会中にカメラを盗んだ罪に問われている競泳の冨田尚弥選手(25)が、3回目の公判に出廷した。その法廷では、検察側が犯行の瞬間とする、より鮮明な防犯カメラ映像を流した。
犯行現場を映したとされる焦点の防犯カメラの映像の上映は、開廷後、しばらくして始まった。
9日に上映されたのは、プール斜めの位置から記者席を映した元の素材、それから、映像に解析を加えて見やすくした素材、そして、その警察で調べを受けた時の元素材の順番で、場面の要所を絞って映し出され、物体を取り出し、現場をあとにする様子が見て取れた。
冨田選手は、法廷の右側に座っていたが、中央の見やすい位置に席を移して、じっと映像を見入り、途中、検察側の説明に「あれは、代表チームのユニホームとなぜ言えるのですか」などと、疑問の声を上げる場面もあった。
映像の再生にあたっては、裁判長が要所要所で、整理して、最初の元素材については、「第3者が周辺にはいなかったと確認できた」、そして、映像を解析を加えてクリアにした映像については、「何者かがかばんを開いて黒い物体を入れる様子が確認できた」と認め、映っている人物が冨田選手と特定できるかについては、今後の審理に委ねている。
その後、証人尋問では、カメラを盗まれた被害者のカメラマンが証言台に立った。
「事件直後に、警察で冨田選手と会った際、『なぜ、持って行ったのか』と聞いたところ、『欲しくて』と短く答えた。数日後にも、謝罪があった」と証言した。
問題の画像については、はっきり決着がついたとはいえない状況だが、検察側は、映像解析をもとに、冨田選手以外にこのような行為ができる人物がいなかったと立証する方針とみられる。

公開された映像は3つ…特定は? 冨田選手の裁判
(04/09 17:01)テレビ朝日
http://news.tv-asahi.co.jp/news_international/articles/000048124.html
去年9月に韓国で開かれたアジア大会に参加していた水泳の冨田尚弥選手がカメラを盗んだ罪に問われた裁判が開かれ、防犯カメラの映像が公開されました。
 (西村香織記者報告)
 (Q.焦点となっていたカメラの映像については?)
 9日に公開された映像は3つです。1つ目は、韓国メディアのカメラマンがその場からいなくなり、そして男が誰もいなくなったその場所に来て、何か黒いものをバッグに入れて持ち去る映像。2つ目は、その映像を処理して少しクリアになったもの。3つ目は、警察署の事務室で取り調べを受けている様子。その3つが流されました。そして、男はどのようにその水泳場内に映っていたかですが、まず、誰もいなくなったカメラマン席に近付き、最初は端の方に座りますが、カメラがある方に少し移動して、7、8分、そこに座っていたということになるということですが、周りに誰もいないことを確認して右手で自分のポーチを引き寄せて、そして左後ろにある黒いものを自分のポーチの中に入れて、すぐに持ち去っていく様子が映っていました。私も映像を見ましたが、それが冨田選手かどうかは、はっきり分かりませんでした。ただ、冨田選手側が主張しているアジア系の第3の男が映っていたかというと、その男も映っていませんでした。
 (Q.映像を見て、冨田選手であるかどうかは特定できない?)
 映像だけを見て冨田選手だと断定するのは非常に難しいと思います。9日の裁判のなかで裁判官が整理しましたが、映像を見て男がそこに座って黒いものをバッグの中に入れて、それを持ち去る様子は確認できました。ただ、これが冨田選手かどうかというのは確認できていないというふうに整理をしていました。

【防犯カメラ映像を入手!】競泳の冨田尚弥選手の防犯カメラ画像が捉えた映像は・・・
youtubeより過去のニュース映像を転載
https://www.youtube.com/watch?v=hRXedxCQr8Q
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

nowhere

Author:nowhere
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。