スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

WiMAX搭載VAIO Z らばQの宣伝記事がひどい件 2010年

注)個人ブログBTOパソコン.jpより転載
誰でも身内びいきですから、らばQの提灯記事もお金のためとは限りません
特にイギリスに行ってらっしゃる方、行ってらっしゃった方には某団体とそのシンパや繋がりのある方が多いです。
たとえばミュージシャンでも布袋さんやASKAさんやその他のかたもそうですね
ちなみにねとらぼはソフトバンク系です

2010年
http://bto-pc.jp/btopc-com/etc/wimax-vaio-z-q.html
WiMAXは無線通信規格の一つ、VAIO Zはソニーのノート秋冬モデル。
らばQは海外のおもしろニュースを掲載する人気サイトで私もPC関連のネタが上がった時は光りの速さ(但しベストエフォート)で拝読に参りますが、パソコン初心者を騙すかのようなひどい記事が有ったので久々に暴れます。

BTOパソコンjp慣れしていない、またはソニー信者の皆様におかれましては不快な表現が多数出現するのでコメントで暴れ返されても一向に構わないというか歓迎。

タイトルの段階で嘘と判る長い文字列はもちろん宣伝。リンクタグに細工しておりますが深い意味はございません。

らばQ:これはもはやデスクトップを越えている…!恐るべき性能のWiMAX搭載VAIO Zを試してみました
http://labaq.com/archives/51527801.html
デスクトップを超えているという時点で誤解を与え、WiMAX搭載はVAIO Zの性能とは別でパソコン或いは端末に搭載出来る関係の無い事。
Webページでの宣伝は健全な経済効果として問題無く、当ブログでも金や依頼では無いにしても結果として宣伝になっている記事は多く有ります。
タイトルのみなら掴みや煽りとしてコピーライティングの技術とし、冒頭で「タイトル釣り」など書けば有りかと思いますが、内容までひどければ突っ込まざるを得ず。ちなみに「VAIOのZは罠」として以前書いた記事の一発目で取り上げております。

何が駄目かは先にも書いた通りパソコン初心者を騙す内容になっている事。そして故障時には最悪な事態になる仕様な為。
WiMAX搭載VAIO Z「らばQ」の提灯記事がひどい
VAIO Zのレビューを上から順に引かせてもらいます。

ところが実際に1週間使ってみると、そのこだわり抜いた質感、そこらのデスクトップを凌駕する恐ろしい程の性能
そこらのデスクトップとはどこら辺か不明ですが、ノートPCは全般的にデスクトップより性能が低く、VAIO Zと同時期にリリースされた物と比較するなら10万円で釣りが来ます。

VAIO Zは余裕の20万円超え、場合によって30万円近く。
もう心を揺さぶられまくりの物凄いパソコン…どころか、もはや専門用途にも使えそうな、恐るべきワークステーションだったのです…。

ワークステーションの定義が曖昧で良く知りませんが、先日偶然にも自分用ワークステーションを探しており、当然ながらモバイル用のCore iシリーズなどとは比較にならない性能と容量。
価格は30万円前後、自作でも20万円超えなのでそういう意味では同程度かも知れませんな。

今回お借りしたVAIO Zは、標準仕様の店頭販売モデル。CPUがCore i5-560M、メモリ4GB、SSD128GB、DVDドライブ…と、一見今時のハイスペック寄りの性能にまとまっているように見えますが、
凄いワークステーションも有ったものですな。

Core i7ならまだしも、パソコン工房なら10万円を切る機種に載っていそうな中途半端なCPUにメモリは64bit版Windowsの底辺に近いとも思える4GB。
このパソコンにはメモリを使った高速かつ無音で衝撃にも強いSSDが、なんと2台のRAID0構成…
SSDは128GB。これが2台載っているなら「さすがソニー」と言なくも有りませんが、RAID0の為64GBが2台という、価格の割にユーザ(消費者)をなめた小容量。
オーナーメイドの最上モデルならまだしも、この程度のVAIO Zで性能を褒めるには無理が有りましょう。
まあ簡単に言うと、普通ノートパソコンでは採用しないような、高速化技術が組み込まれていたのです。
SSDの事ですが、丁度今来たマウスコンピューターのプレスリリースより。
以下リンク先を参照してください

コメントより一部抜粋

桂 | 2010年11月30日 22:52 | 返信
なんかもう、ナショナルブランドの悪い(と思われる)点と、その製品を
レビューしたりするメディア側の悪い面が全部凝縮されてるような記事w
ナショナルブランドの製品開発担当者、今回のらばQさんのような紹介する
メディア側共に普通の人よりPCに詳しい(はず)&使ってもいるはずなのに
どうしてこうなるんでしょうね・・・・
まさか自分では買わないんだろうかorz


ASCII.jp 古田雄介の“顔の見えるインターネット” ― 第55回
ライター・編集・システムの3人で動かす「らばQ」
2009年08月24日 16時00分更新 より一部抜粋 全文はリンク先を参照してください
http://ascii.jp/elem/000/000/452/452456/
http://ascii.jp/elem/000/000/452/452456/index-2.html
らば 私は1997年からイギリスにいて、現在は学校関係の仕事をしています。イギリスは、日本で言う小学校から高校くらいの生徒が授業に付いていけない場合、マンツーマンで教えるスタッフを付けるんですよ。私はそうしたサポートの仕事をしつつ、日本語の授業もしつつという感じで生活していますね。でも、イギリスは物価が高いからなかなか食べていけなくて……。


2015年04月24日 23:37らばQ
カラス「こっちこっち!」猫「ぐぬぬ!」木の上で完全に遊ばれる(動画)
http://labaq.com/archives/51848367.html


ねとらぼ | 運営メディア紹介 | アイティメディア株式会社
corp.itmedia.co.jp/media/topic/service/nlab/
アイティメディア株式会社の「ねとらぼ」をご紹介します。

ITmedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/ITmedia
主要株主SBメディアホールディングス株式会社 54.11%
ヤフー株式会社 4.06%(2014年3月末日現在)
ITmedia(アイティメディア)は、ソフトバンクのグループ企業であるアイティメディア株式会社(英文名称:ITmedia Inc.)が運営するIT系ニュースサイトである。ソフトバンクグループ内で出版・ブロードバンドコンテンツ等のメディアやマーケティング事業を統括する純粋持株会社「SBメディアホールディングス株式会社」の傘下に有る。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

nowhere

Author:nowhere
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。