スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おにぎり「銀歯混入」、小学校教諭を不起訴

注)特定の組織団体との関連は不明です

2015年04月25日 08時57分 読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/national/20150425-OYT1T50020.html
コンビニ店のおにぎりに銀歯が混入していたと新聞記者にうそをついて報道させ、店の信用を傷つけたとして、信用毀損きそんの疑いで逮捕され、その後釈放された宮崎県日向市の小学校教諭の男性(46)について、宮崎地検延岡支部は24日、不起訴処分にした。理由は明らかにしていない。

「銀歯混入」教諭を不起訴 宮崎地検、理由明らかにせず
産経ニュース 2015.4.24 22:56更新
http://www.sankei.com/west/news/150424/wst1504240085-n1.html
宮崎地検は24日、購入したおにぎりに銀歯が混入したとコンビニを中傷したとして、信用毀損容疑で逮捕された小学校教諭の男性(46)=宮崎県日向市=を不起訴処分にした。理由を明らかにしていない。
 男性は今年2月、自宅に呼び寄せた新聞記者に対し、日向市のコンビニで買ったおにぎりを食べた時に銀歯が出てきたとうそを言って報道させ、店を中傷したとして3月29日に逮捕された。
 県警は、男性が指摘するおにぎりの「異物」は過去に自身が歯を治療した際の詰め物と判断。男性は「それが事実なら申し訳ないことをした」と話し、地検は今月17日に処分保留で男性を釈放していた。

「おにぎりに異物」、うそ情報で逮捕の小学校教諭を不起訴処分 
2015年4月25日(土) 10時4分掲載FNN
http://news.yahoo.co.jp/pickup/6157833

yahooに掲載されたFacebookコメントを転載
http://news.yahoo.co.jp/pickup/6157833
理由を明らかにしない不起訴処分が多いですね。異様だと思います。逮捕された人と国民にその理由を明示するのは、逮捕権を持った警察の義務だと思いますがね。
どこかから圧力がかかった?捜査に違法性があった?賄賂をもらった?点数稼ぎがしたかった?暇だった?いろいろ勘ぐられても仕方がないですね。

事実はどうあれ、新聞社にそんな情報を伝えるという行動が異様な感じがします。

真偽の確認をせず起訴の判断をクダシタ検察が100%悪い。まさに冤罪の温床。また報道した新聞社は迷惑をカケタお店に謝罪をして、信用回復の手段を何かやったのだろうか? かぶせた銀歯が自然にとれる、本人は全く気づかない、それが食事中の可能性は非常に高い。自分もよく勘違いする。教諭が故意にやって何の得があるだろうか?
·
不起訴?こんな教育者にあるまじき行為を行ったんだから起訴して裁判だろう❗

異物混入:販売おにぎりから歯の詰め物/宮崎のコンビニ
注)個人ブログおっちゃん、さん。のブログより毎日新聞記事の引用、記事は削除済
http://ameblo.jp/ikaw-0911/entry-11994714935.html
2015-02-26 13:20:12 テーマ:新聞記事・ニュース 2015年02月26日毎日新聞(無料)から(引用)
 宮崎県日向市のコンビニエンスストア「セブンイレブン日向南町店」で販売されたおにぎりから、歯の詰め物のような金属製の異物が出たことが分かった。購入者の40代男性にけがはなく、セブンイレブン社と製造納入業者が25日、男性に「不快な思いをさせ、申し訳ない」と謝罪した。
 同日、購入して食べた際に男性が見つけた。製造納入業者によると、異物は幅、長さとも1センチほど。おにぎりは鹿児島県内の工場で24日生産し、同日午後、鹿児島、宮崎両県のコンビニ店舗に納入された。
 男性は「多くの人が購入する店舗で混入などがあっては困る。食べ物なのでチェックは厳重にしてほしい」と話している。
 一方、業者は「工場の管理体制は厳正で、従業員にはマスク着用を徹底し、製品は全て金属探知機を通している」と説明するが、生産過程を改めて調査した上で、26日、保健所に異物混入を届けるという。セブンイレブン社は「混入の経緯を調べるのが第一。今回の連絡を受けてすぐに他店舗も調べたが混入事例はなかった。調査した上で、警察への相談も検討する」としている。【荒木勲】
http://mainichi.jp/select/news/20150226k0000m040174000c.html (削除済)
m150329-017.jpg
http://blog-imgs-73.fc2.com/t/o/r/toriton/m150329-017.jpg より転載


【コラム】経済ニュースの"ここがツボ" 岡田晃
[2015/04/21]マイナビニュース
24  セブンが独走し明暗分かれるコンビニ業界--セブン好調はマック低迷と関係!?
http://news.mynavi.jp/column/economytsubo/024/
大きく変わりつつあるコンビニ業界--セブン&アイはコンビニで利益の8割稼ぐ

コンビニエンスストア各社の今年2月期決算が出そろいました。消費増税の影響で消費低迷が言われるわりには各社とも健闘したと言えるでしょう。消費回復傾向を反映して、2016年2月期は各社とも増益を見込んでいます。ただよく見ると、その中で業界トップのセブン-イレブンが2位以下を大きく引き離し、明暗を分けています。それに対し2位のローソンは佐川急便と提携、3位のファミリーマートは業界4位のサークルKサンクスを傘下に持つユニーグループ・ホールディングスと経営統合に踏み切るとのニュースが大きく報道されました。コンビニ業界は大きく変わろうとしており、そのインパクトは小売業界全体にも波及しつつあります。

まずコンビニ大手3社の今年2月期決算の内容を見ると、セブン-イレブンを傘下に持つセブン&アイ・ホールディングスはグループ全体の売上高(コンビニ加盟店を含む)が10兆円の大台に乗せました。これは日本の小売りでは初めてです。本業のもうけを示す営業利益は前年比1.1%増の3433億円で、4期連続で過去最高となりました。2016年2月期は8.6%増と、さらに記録を5期連続に伸ばす見通しです。同社はコンビニのセブン-イレブン、スーパーのイトーヨーカ堂、百貨店のそごう・西武などを傘下に持っていますが、このうちコンビニ部門だけで利益の8割を稼ぎ、増益率も全体より大きい7%台となっています。つまり同社の好業績はコンビニが引っ張っているのです。
一方、ローソンも営業利益が3.5%増となり増収増益でした。ファミリーマートは営業利益は6.7%減でしたが、最終利益では13.5%増と増益を確保しました。

コンビニ大手3社、セブン&アイと他の2社とではかなり大きな差
ちなみに企業の業績を見る際、決算の結果が大事なのは当然ですが、より重要なのは「次の期の見通し」です。各企業の多くは決算の結果とともに、この「見通し」を発表しますので、今後の経営環境や業績を会社自身がどのように考えているかを読み取ることができます。その点から見ると、3社とも2016年2月期は営業利益で増益を見込んでおり、今後の消費回復にはある程度の自信を示しています。
ただ一口にコンビニ大手3社と言いますが、別表の利益額を比較するとセブン&アイと他の2社とではかなり大きな差があることが分かります。この差はどこから生じたのでしょうか。
注)リンク先に図表あり

セブン-イレブンに来店するのは50歳代以上が30%に

これには3つの要因があります。一つは店舗展開です。セブン-イレブンの国内店舗数は1万7491(2015年2月末現在、以下同)で、ローソンの1万2726、ファミリーマートの1万1328に比べてかなり多くなっています。しかもその差は年々開いているのです。セブンがこの3年間で約4600店増やしたのに対し、ローソンの増加店舗数は約1600、ファミマ約2500にとどまっています。
注)リンク先に図表あり
単に店舗数が増えているだけではありません。1店舗当たりの1日の平均売上高はセブンが65万円に対し、ローソンとファミマは50万円台で、10万円以上の開きがあります。これだけ違えば会社全体の利益もずいぶんと差がついてきます。

第2は、セブンがPB(プライベートブランド=自主企画)商品の開発や消費者ニーズを取り込む戦略を業界に先がけて進めていることです。デフレ脱却という新しい時代の流れに対応して、惣菜やレトルト食品などに高級感を持たせてヒット商品を生み出しましたし、客層が若者中心から高齢者や女性の増加に対応して小ぶりの惣菜やカロリーに配慮したPB食品などを増やしています。

同社の来客店調査によれば、20年前は20歳代が全体の60%を占めていましたが、現在では29%に過ぎず、逆に50歳代以上が30%に達しています。もちろんほかの各社もそのような傾向に対応する商品開発などを進めていますが、セブンが常に先行しているのです。
注)リンク先に図表あり
注目されるのは、店で販売している弁当などを宅配するサービス

第3は、前述のような時代の変化に対応して新しいサービスに乗り出していることです。すでに100円コーヒーは有名になりました。店内での抽出コーヒーという商品、100円という低価格、そして店内で飲めるというサービス、いずれも日本のコンビニとしては初めてでしたが、これが大当たり。他のコンビニ各社も追随し、ファストフードの客を奪う形ともなりました。最近、マクドナルドの業績不振はこれも一因なのです。

また注目されるのは、店で販売している弁当などを宅配するサービスを始めたことです。500円以上から無料で届けるというサービスは普通の出前を頼むより安くて便利。同社は宅配用の超小型電気自動車を一部店舗に配置するなどして売り上げを伸ばしています。
これは、一人暮らしの高齢者や働く女性が主なターゲット。店まで買い物に行くのは体力的にきつい、あるいは仕事で疲れていったん帰宅して再び買いものに行くのがつらい、そんな人たちを意識したものです。
これは少子高齢化時代の新しいサービスと言えます。さらにはグループのイトーヨーカ堂やそごう・西武百貨店などのネット通販の商品をセブンの店舗で受け取れるようにするなど、ネット時代に対応した戦略も展開する方針です。

コンビニは単なる小売業ではなく、地域の生活総合サービス産業に
以前、セブン-イレブン・ジャパンの井阪隆一社長にお会いした時「これからはコンビニは単なる小売業ではなく、地域の生活総合サービス産業に変身していく」と語っていましたが、まさしくそのような戦略を推進中です。
そしてセブンの後を追って、ローソンやファミマも同じような戦略に舵を切っています。冒頭に書いたローソンと佐川の提携、ファミマとユニーの経営統合などもその表れで、今後はそうした業界再編の動きがさらに活発化することが予想されます。各社がセブンとの差を詰めることができるかも見所です。コンビニ各社の競争が小売業界をけん引し、それが消費全体の刺激につながることが期待されるところです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

nowhere

Author:nowhere
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。