スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クロ現「過剰演出」認める=やらせ否定、記者停職に—NHK調査委

注)特定の組織団体との関連は不明です

2015 年 4 月 28 日 17:58 JST 更新[時事通信社]WSJ
http://jp.wsj.com/articles/JJ10794591671221444529119735206840324911109

「出家詐欺」を取り上げたNHKの報道番組「クローズアップ現代」でやらせがあったと指摘された問題で、NHKの調査委員会(委員長・堂元光副会長)は28日、過剰演出や事実確認の不備があったとする報告書を公表した。事実の捏造(ねつぞう)につながるやらせは行っていないと結論付けた。

 報告を受けNHKは、担当した大阪放送局報道部の男性記者(38)を停職3カ月とするなど関係者15人の懲戒処分を決めた。籾井勝人会長ら役員4人は、報酬の一部の自主返納を申し出た。

 番組は昨年5月に放送され、問題となったのは多重債務者がブローカーを訪ね、相談する現場を記者が取材したとされた場面。報告によると、多重債務者とされた男性は記者と8年前から面識があり、撮影前に打ち合わせもしていた。調査委は、相談後の男性を追いかけてインタビューしたシーンなどは、放送ガイドラインを逸脱する過剰な演出だったと指摘。実際の取材過程とかけ離れた編集もあったとした。

 一方、ブローカーとされた大阪府内の男性は「自分はブローカーではなく、記者の指示で演技をさせられた」として訂正放送を求め、放送倫理・番組向上機構(BPO)放送人権委員会へ人権侵害の申し立てを行っている。報告は、裏付けのないままブローカーと断定的に伝えた点で、取材が不十分だったと認定。ただ、「記者から具体的な指示などはなかった」として、やらせはなかったと判断した。男性がブローカーだったかどうかは確認できなかったとしている。

 報告は、チェック体制の不備なども指摘。記者会見した堂元副会長は「反省すべき点が多々あり、再発防止に努めていきたい」と陳謝した。 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

nowhere

Author:nowhere
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。