スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グーグル検索「結果上位」に不評の声 ニューストピックにドーンと「まとめブログ

注)まとめブログが検索結果に表示されるのは別にかまわないのですが
ニュースではないのではないでしょうか

2015/4/30 19:07 jcast
http://www.j-cast.com/2015/04/30234367.html
インターネット検索大手のGoogle(グーグル)の新サービス「ニューストピック」に、「不快」「目障り」といった声が寄せられている。
顰蹙を買った原因は、あまり質のよくない「まとめブログ」が上位に表示されていることにあるらしい。
個人ブログでも、ニュースサイトに並んで検索の上位に掲載される
Googleが2014年11月からはじめた新サービス「ニューストピック」は、Googleニュースに登録されていないサイトのコンテンツでも、ニュースのユニバーサル検索の結果によって「ニューストピック」に表示されるようになっている。
これまでは、ユーザーがインターネットで検索するときに入力する単語やフレーズなどの検索クエリに応じて、メディアのWEBサイトの記事(Googleニュースに登録しているニュースサイトの記事)が掲載されていた。それが、検索クエリとGoogleの検索条件がマッチすれば、個人ブログの記事やコラムでも既存のニュースサイトに並んで掲載されるようになった。
通常であればGoogle検索の1ページ目に掲載が無理な検索クエリでも、「ニューストピック」に掲載されれば、より多くの流入が見込めるようになる。一般のブロガーにとっては自身のWEBサイトの検索流入の増加につながり、ページビューを増やすチャンスになるわけだ。
一方、既存のニュースサイトにとってはこれまでの掲載枠をブロガーに奪われ兼ねない事態になるので、従来以上に話題性や質の高い記事の配信が求められる。
既存のニュースサイトには多様な情報網や、文章力や校正力に優れた筆者らがいる。半面、専門家や研究者らの「個人」は、独自の情報やノウハウ、分析力などのより高い専門的な評論を配信できる。
膨大な情報が流れるGoogleにあって「ニューストピック」は、それらの情報の中から「有益な情報だけを探す」、いわばGoogle版キューレーションサービスといってもいいのかもしれない。
ところが最近、そんなGoogle「ニューストピック」が、あまり質のよくない「まとめブログ」などを取り上げていることで、不快な思いをしている人が増えているようだ。 インターネットには、
“「グーグルで検索すると『ニューストピック』にわけわからんまとめブログが大量に出るようになって、ほんとうざい」
「Google検索、改悪! 不快!」
「いい加減googleはまとめサイトをニュースとして取り上げるのやめーや」
「『官邸 ドローン』で検索して『ニューストピック』欄にヤフーニュースより日経より先に『まとめサイト』が載ってるのはどう考えてもおかしい」
といった声が多く寄せられている。

RSSリーダー「livedoor Reader」、LINEからドワンゴに資産譲渡へ
http://news.mynavi.jp/news/2014/10/24/337/
マイナビ  [2014/10/24]
KADOKAWA・DWANGOは10月24日、LINEからRSSリーダー「livedoor Reader」に係わる資産を譲り受けると発表した。

livedoor Readerは、ブログ&ニュースのまとめ読みツールとして2006年にベータ版の提供を開始。日本最大級のRSSリーダーとして人気を集めていたが、10月1日にサービス終了のアナウンスを行なっていた。

背景には、LINEも「LINE NEWS」として提供しているニュースアグリゲーションアプリの台頭や、SNSの普及によって自分の好みのサイトを「いいね!」したり、フォローすることで最新情報が流れる環境が整ったことで、RSSリーダーの利用者数が減ったものとみられる。

実際に、米Googleも「Google Reader」というRSSリーダーサービスを提供していたが、2013年7月にサービスを終了。その影響で独立系RSSリーダーとして有名であったFeedlyが"Google Reader難民"の受け入れ対策を行なうなど、混乱もみられている。

今回、LINEの決定に対して助け船を出した格好となったKADOKAWA・DWANGOはリリースの中で、「ドワンゴはniconicoでブロマガやニコニコニュースなど、多数の記事コンテンツを扱っており、livedoor Readerとの親和性が高い」と、譲受に至った経緯を説明。今後は、「niconicoへの送客効果を高められる」とその狙いを語っている。

ドワンゴ・川上量生会長の「去ってほしい社員の7条件」がいろいろ深いと話題に
http://news.aol.jp/2015/01/05/hwz_kawakaminobuo/
AOL 2015年01月05日
ドワンゴ会長の川上量生氏が、会長室の扉に飾る7条件「去ってほしい社員の条件」が、「色々と考えさせられる」とネット上で話題になっている。
その7か条とは

・知恵のでない社員
・言わなければできない社員
・すぐ他人の力に頼る社員
・すぐ責任を転嫁する社員
・やる気旺盛でない社員
・すぐ不平不満を云う社員
・よく休みよく遅れる社員

一見するとありがちというか、普通の日本の会社の社訓やら新人教育のテキストに出てきそうで、あまりにも「普通じゃね?」と思うかもしれないが、これ実はスタジオジブリの鈴木敏夫プロデューサーがとある会社から拾って来たもので、それを川上氏が譲ってもらったそう。ちなみにもともと飾っていたその会社は潰れたそうだ。

ネット上でも「これがあった会社は潰れているのか・・・逆にそれが示唆に富んでいる」「そのまま受け入れて欲しいのか?反面教師にしたいのか?両側を考えろと言いたいのか?」など、確かに両面で解釈が出来るという意味で、日頃から「相手からみて何を狙っているか、分からないという手が好き」という川上会長らしい感じではある。

またニコ動のユーザーからは、「いちいちこんなもの掲げてる暇あるなら改善しろよ」「これ"社員"の部分を"動画サイト"にすれば全部ニコニコに当てはまるね」という叱咤激励の手痛いコメントも。いずれにしても、社員も「ちょっとどきっとする」というこの7条件、良くも悪くも解釈次第で、今日の自分が何をするべきかという、ちょっとしたヒントになるのではないだろうか。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

nowhere

Author:nowhere
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。