スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

転載記事 がんばれ創価学会


がんばれ「創価学会」
「不殺生戒と申すは、是の如き重戒なれども、法華経の敵になれば、
此れを害するは第一の功徳と説き給う也」 (秋元御書)
「例せば殺生戒は仏誡の第一であり、生物を残害しないのは道徳心の発端である。
それにしても謗法の者を懲罰するは、法華行者の義務であり、いかに折伏してもこれに応じない者は、
これが一命を断つとも已むを得ない。これかえって真の慈悲である。
この意味からいえば、謗法者を殺すのは、法華経主義からいえば、不道徳でないのみならず、
かえって大道徳になる」(姉崎正治「法華経の行者日蓮」講談社学術文庫)
井上日召は、これに基づいて一人一殺を主張し、血盟団事件を起こしたが、
賞賛すべきであろう。創価学会も、井上日召に学ばねばならない。法華経の敵、
創価学会の敵を害するのは、第一の功徳なのである。法華経の敵、
創価学会の敵を害するためには何でもする、そうした気概を持つべきなのだ。

正しき言論弾圧
「大手紙から地方紙に至る新聞は、聖教新聞など学会系新聞の印刷を請け負って収入を得ているために
学会への批判はおろか、池田大作氏へのインタビューなどをしきりに掲載する。
90年代の前半まで学会たたきで売っていた新潮以外の週刊誌も最近では手控え気味だ。
新潮への攻撃が「見せしめ」として奏功したのか」
なるほど、週刊新潮が「第二の言論弾圧問題」と言うだけの理由はあるように思える。
しかし、亀井は、反人権雑誌として週刊新潮を批判していたはずだ。創価学会は、その週刊新潮の被害者である。
週刊新潮は、法華経の敵、創価学会の敵なのだ。
週刊新潮を排除することは、第一の功徳なのだ。日蓮大聖人の教えを実践することのどこが悪いのか。
悪いのは、週刊新潮ではないか。それは週刊新潮だけではない。
創価学会を批判する文藝春秋なども、同じく悪なのだ。
悪を叩くことは、言論弾圧ではない。功徳である。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

nowhere

Author:nowhere
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。