スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

少女:高1同級生殺害事件1カ月/上 バット殴打事件の後 軍艦島に一人たたずむ

注)特定の組織団体との関連は不明です

少女:高1同級生殺害事件1カ月/上 バット殴打事件の後 軍艦島に一人たたずむ
(2014年08月28日) 毎日新聞
http://mainichi.jp/auth/guide.php?url=http%3A%2F%2Fmainichi.jp%2Farea%2Fnews%2F20140828ddp041040022000c.html
記事の続きはログインしてお読みください
長崎港(長崎市)から旅客船に揺られ約30分で、通称「軍艦島」(端島(はしま))にたどり着く。
寒さが残る3月10日午後、中学3年の少女が1人で渡った。家族連れや団体客が多い中では珍しく、
ツアー会社のスタッフはその姿を鮮明に覚えている。
「軍艦島好きなんですか」。女性スタッフが問いかけた。「ああ」。
ズボンのポケットに手を入れたまま冷めた表情。「反応は薄く、とても暗かった」
その少女は約4カ月後、1人暮らしをしていた長崎県佐世保市のマンションで、高校1年の同級生の
女子生徒(15)を殺害した疑いで逮捕される。
船では外で景色を楽しむこともなく、トイレの陰の目立たない席に静かに座っていた。
島には40年前の炭鉱閉山で廃虚となった高層集合住宅が鉄骨をあらわにし、岩山がそびえる。
少女はガイドの説明に興味を示す様子もなく約1時間、荒涼とした風景を眺めた。
島を訪れる8日前、少女はある“事件”を起こしていた。家族の知人などによると、
3月2日午前4時ごろ、施錠された自宅の父親の寝室にベランダづたいに入り、
父親にまたがって金属バットを振り下ろした。父親は頭などを負傷して入院したが、
病院には「階段から落ちた」と説明していた。
知人が見舞うと、ぼうぜんとベッドに座って真相を明かし「もう娘とは一緒に住めない」と漏らした。
バット事件後、少女は長崎市の親族宅に預けられていたが「(親族宅を)出たい。ホテルをとってほしい」とせがんだ。
軍艦島を訪れたのはこの頃だ。父親は「娘は自殺するかもしれない」と不安を募らせていたという。
少女は小学6年生の時にも、同級生2人の給食に漂白剤などを入れる問題を起こしていた。関係者によると、
少女は他の同級生の印象について独自にクラスで聞いて回った上で、混入する2人を選んでいたという。
両親は謝罪のため本人と同級生宅を訪れたが、少女は親に促されるまで謝らなかった。
実母はこの問題の後、少女を知り合いとのバーベキューなど、人と交わる場に連れ出した。
中学2年の時には、留学仲介団体を一緒に訪れ「娘の転機になれば」と相談していた。だが、
実母は昨年10月にがんで亡くなる。複数の精神科医は「母親という支えがなくなったのが大きい」と指摘する。
中学を卒業した今年3月中旬以降、父親は知人に紹介された二つの精神科に少女を受診させた。父親は5月に再婚。
少女は4月から1人暮らしを始める。同月下旬から留学すると高校に届け出ており、3日しか登校しなかった。
知人は悔やみながら振り返る。「バット殴打の後が重要だった。もっと踏み込んだ対応ができていれば」
長崎県佐世保市の高1同級生殺害事件は27日で逮捕から1カ月がたった。
少女(16)は精神鑑定のため留置されているが事件前、周囲は少女の異変に気付いていた。
なぜ事件を防ぐことはできなかったのか、検証する。
毎日新聞 2014年08月28日 西部朝刊 http://mainichi.jp/area/news/20140828ddp041040022000c.html
http://hello.2ch.net/test/read.cgi/ms/1412673144/
googole検索より転載


長崎・佐世保の同級生殺害:犬のリードで絞殺か 県警、逮捕少女宅から押収
(2014年08月02日)毎日新聞
http://mainichi.jp/auth/guide.php?url=http%3A%2F%2Fmainichi.jp%2Farea%2Fnews%2F20140802ddg041040005000c.html
記事の続きはログインしてお読みください


「佐世保高1女子惨殺事件」実父も恐れた16歳女子高生の素顔とは?(1)何が彼女を悪魔に変えたのか?
http://www.asagei.com/25518
アサ芸 Posted on 2014年8月12日 9:54 AM
「友達のAさんと遊びに行くと言って外出した娘の行方がわからなくなった。娘の携帯も通じない」
 長崎県佐世保市内の高校1年生・松尾愛和さん(15)の、海上自衛隊に勤める父親から、長崎県警佐世保署に110番通報があったのは、去る7月26日。午後11時過ぎのことだった。
以下リンク先を参照してください


「同級生殺害」娘を籍から抜いていた加害女生徒の父!直後に金属バット殴打
http://www.j-cast.com/tv/2014/08/07212608.html?p=all
2014/8/ 7 15:51jcast
「相続税対策で娘も納得している」と祖母の養子に
今週も佐世保で起きた女子高生殺人事件の話題で持ちきりであるが、中でも『週刊文春』が質量ともに他誌を圧倒している。<前妻の没後、父親は戸籍を改変し、現在A子は祖母の養子になっている>という衝撃的な事実を報じている。父親は相続税対策で娘も納得していると話しているようだが、母親を失い失意の底にある思春期の娘が受けたショックは想像するにあまりある。
週刊文春によれば、この戸籍改変の直後に父親を金属バットで殴る『事件』が起きるのだが、こうした因果関係を打ち消すかのように、A子に接見した女性弁護士から「本人の申し出」として、既報内容の訂正を求める文書がメディアに配られたという。要点は次の4点。再婚に反対した事実はない。再婚について友だちに話したこともない。父親のことは尊敬している。継母とは仲良くしていた。
だが、社会部記者がこう疑問を呈している。<「A子が幼なじみに漏らしていた『お母さんが亡くなってすぐにお父さんが新しい女の人を連れてきた。お母さんのことはもうどうでもいいのかな』という証言には信憑性がある。尊敬しているという父を襲撃するなど、矛盾がある点は無視できません」>
前回も紹介したが、小学6年生時代に同級生の給食に毒物を混ぜ込んだことがあり問題になったが、教諭の諭す言葉にA子はこう答えたという。<「何が善で何が悪かは、大多数の意見で決まる。絶対というものはない。そしてその善悪を決めるのはこの『僕』だ」>  彼女は自分のことを「僕」といっていたようだが、このことから見て取れるように、A子は大人を手玉に取る利発な子供だったのは違いない。中学校の卒業文集に彼女の「数える」という文章がある。
<「僕が人生で本当のことを言えるのは、これから何度あるだろうか。
人生で、涙ぐむほど美しいものを見ることは、悲しみに声を枯らすことは、お別れのあいさつを書くことは、好きな人と手をつなぐことは?
数えたら、きっと拍子抜けするだろう。
いま人生を始めたばかりの薄い肩に、どこまでも水平線が広がっている。
あまりにも短い航海の間、僕は何度心から生を叫べるか、正の字をつけて数えておこう。
この人生の幕引きに笑ってお辞儀ができたなら、僕はきっと幸せです」>
報道によれば、いまだにA子は殺害した同級生へのお詫びの言葉を口にしていないという。彼女は悪魔のような家庭から排出したモンスターではない。裕福で知的な家庭に育ち、そのままいけば志望の「検事」になることもできたかもしれないのだ。父親の責任は重いとは思うが、他人事ではない。なぜ彼女が歪んでいってしまったのかを検証しなければ、第二、第三のA子が出てくることは間違いない。

児相所長と課長、懲戒処分 佐世保高1殺害事件で長崎県
2015年2月16日13時14分朝日新聞
http://www.asahi.com/articles/ASH2J3D4TH2JTOLB001.html
長崎県佐世保市の高1女子生徒殺害事件で、県は16日、殺人などの非行内容で家裁送致された少女(16)についての相談を放置したとして、児童相談所(児相)の男性所長(57)と男性課長(52)を職務怠慢などで戒告の懲戒処分とし、発表した。
 県によると、児相は事件前の昨年6月、少女を診察していた精神科医から「このままでは誰かを殺すかもしれない」と電話で相談を受けた。しかし、児相は必要な措置をとらず、結果的に放置した。
 県が外部の専門家を交えて児相の対応を検証してまとめた報告では、「(相談の)丸投げは受けるな」と発言していた課長の部下に対する日常的なパワーハラスメントが「影響したことは否定できない」としていた。この点について県は「課長のパワハラ行為により、電話を受けた職員が課長に相談を求めることができなかった」と踏み込んだ。電話を受けたのは男性職員(50)で、県は訓告処分とした。所長には課長への監督責任もあるとした。

軍艦島の三菱石炭鉱業の事務所跡
時事通信5月4日(月)20時46分
http://news.biglobe.ne.jp/domestic/0504/jjp_150504_3098098633.html
画像:軍艦島の三菱石炭鉱業の事務所跡
ユネスコの諮問機関は4日、「明治日本の産業革命遺産 九州・山口と関連地域」を世界文化遺産に登録するよう勧告した。写真は端島(通称・軍艦島)にある「三菱石炭鉱業の事務所跡」(左手前)=長崎市

世界遺産登録反対の韓国と政府間協議へ
5月8日 4時43分NHK
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150508/k10010072721000.html
ユネスコの諮問機関が世界遺産への登録がふさわしいと勧告した「明治日本の産業革命遺産」を巡って、韓国が登録に反対していることを受けて、政府は韓国との政府間協議を行う方針で、遺産の歴史的な位置づけを説明し理解を求めたいとしています。
ユネスコの諮問機関・イコモスは、福岡県の官営八幡製鐵所など合わせて23の資産からなる「明治日本の産業革命遺産」について、世界遺産への登録がふさわしいとユネスコ側に勧告しました。
これを受けて、「明治日本の産業革命遺産」はドイツで開かれるユネスコの世界遺産委員会でことし7月に審査されることになっていますが、委員会の21の委員国のうち韓国は、「朝鮮半島の人々が強制徴用された場所が含まれており、世界遺産の理念には合わない」などとして登録に反対しています。
こうしたなか政府は、韓国からの申し入れを受けて、ドイツで審査が行われる前までに韓国との政府間協議を行う方針を決めました。
政府としては、「明治日本の産業革命遺産」について、日本による韓国併合以前に当たる1850年代からの半世紀の間に急速な産業化が日本で進んだことを示すものであることなど、遺産の歴史的な位置づけを説明し、韓国側の理解を求めたいとしています。

韓国国会委員長 世界遺産阻止へ各国に書簡
5月6日 19時12分NHK
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150506/k10010071451000.html

軍艦島など世界遺産へ 韓国、一部施設に「強制徴用の恨(ハン)が漂っている」と反発
NewSphere2015年05月07日 18:19 blogos
http://blogos.com/article/111703/
ユネスコの諮問機関・イコモスは、世界文化遺産として、「明治日本の産業革命遺産」を推薦すると発表した。これに対し、一部の施設が日本の植民地時代に韓国人が強制徴用で連れて行かれた場所であることを理由に、韓国が猛反発している。
◆近代日本発展の象徴
 UPI通信社によれば、イコモスが推薦するのは日本各地に散らばる23の施設で、福岡の八幡製鉄所、長崎の三菱長崎造船所などが含まれている。ウォール・ストリート・ジャーナル紙(WSJ)は、海外の直接投資や公式な経済援助プログラムなしで、いかにして近代日本が発展してきたかを示す場所が選ばれたと説明。2012年の映画『007スカイフォール』にも登場した、「軍艦島」の通称で知られる長崎市の「端島炭坑」が、推薦リスト入りしたことも紹介した。
 公式に登録されるかどうかは、6月28日から7月8日にかけて、ドイツのボンで開かれるユネスコの世界遺産委員会で決定される(WSJ)。
◆植民地時代の苦痛に絡め、韓国反発
 このニュースに、造船所や炭鉱等のいくつかの候補地が「日本の植民地時代における韓国人強制徴用の辛い歴史」を伴う場所だ(WSJ)として、韓国は猛反発。韓国外交部は「ユネスコ主宰国であるフランスのパリと外交チャネルを総動員して加盟国を(賛成しないよう)説得するという意向」らしい。(中央日報)。
 中央日報は、下村文部科学相の「日本の近代産業遺産は1910年以前の話だ。そこで朝鮮人強制労働が行われたのではない。時代が全く違う」という主張に対し、「産業施設の遺産登録期間を1850年から1910年までに限定して韓日強制併合以降の強制徴用を巧妙にはずそうとする内情をあらわにした」と非難。また、日本の産業革命遺産と同様に、イコモスから推薦を受けた韓国の百済歴史遺跡区を引き合いに出し、「韓国は堂々としているが、日本は歴史を否定して偽りの論理を咲かせ国際社会で恥ずかしい境遇になった」という自国の専門家のコメントを掲載している。
◆『恨』で消えないわだかまり
 さて、中央日報の2014年3月のコラムによれば、韓国人の情緒を1文字で表せば『恨(ハン)』であり、韓民族とは「悔しいが仕方がないという気持ちを押さえ込んだまま生きていかなければならないという、わだかまりのある気持ちで数千年を生きてきた民族」ということらしい。今回の世界遺産の件でも、韓国外交部の関係者は、「強制徴用の恨が漂っている施設の遺産登録に反対する(中央日報)」と表明しており、『恨』に駆り立てられた韓国の人々の行動も、このところエスカレートしている感がある。
 コリア・タイムズによれば、韓国の女性平和外交フォーラム(WFPD)と女性弁護士会が、慰安婦問題への世界的な認知を高める活動の一環として、53人の元慰安婦をノーベル平和賞の候補に推薦する計画を、安倍首相の訪米と同時期に発表した。WFPDは、ノミネートを求める活動は、慰安婦の苦しみを認識し、女性の権利を強め、地域の平和を改善するとともに、慰安婦問題に対し今まで何も対応してこなかったことを日本に思い起こさせるためでもあると述べている。
 世界遺産、ノーベル賞ともに、日韓関係をさらに複雑にする可能性もあるだけに、今後の報道を注視していきたい。

端島 軍艦島と呼ばれた岩礁の都市 - Itscom.net 廃墟探索報告
注)画像が多くあり
http://home.f01.itscom.net/spiral/hashima/hashima001.html

注)韓国企業ライブドアによる軍艦島の観光宣伝記事のリンクは削除しました

佐世保市 ホーム > 市民活動・文化・スポーツ > 国際交流 > 姉妹都市 > 坡州市(大韓民国京畿道)更新日:2014年1月8日
http://www.city.sasebo.lg.jp/kikaku/koksai/pajushi.html
佐世保市との交流
2007年(平成19年)に坡州市長から姉妹都市提携の意向が示され、佐世保市としても官民ともに隣国との交流を深める契機となり、また、街づくりの観点から両市相互の発展が期待できるとし、2008年(平成20年)11月に「姉妹都市」の前段である「国際親善都市」の関係を結ぶこととなりました。
2009年(平成21年)からは青少年交流事業として、両市中学生の相互ホームステイを行っており、参加者やその家族が韓国の言語や文化の違いを学び、国際的な視野をもつ貴重な機会となっています。
また、2010年(平成22年)からは、佐世保市職員が国際的な見識を高め、施策の国際化を進めることを目的として、「佐世保市職員海外都市調査」を実施し、坡州市への職員派遣(短期)を実施しています。
2013年(平成25年)3月からは、相互の職員派遣協定に基づき、本市職員1名の坡州市派遣(長期)及び坡州市職員1名の受入を行っています。
そのほか、YOSAKOIさせぼ祭りへの坡州市テコンドーチームの参加や坡州市のジャンダン豆祭り等への佐世保市の文化団体の派遣等、幅広い分野での交流が行われています。
国際親善都市の提携から5周年となる2013年(平成25年)11月に、これまでの実績を踏まえ、今後両市が更に相互の理解と親睦を深め、共に発展していくことを目的として、「姉妹都市」の提携を行いました。
佐世保市と坡州市は、今後も幅広い交流を通して、相互理解を深めていきます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

nowhere

Author:nowhere
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。