スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どこも売り切れてた……。ハーゲンダッツ「華もち」発売2日で販売休止に!?

注)サルとか間接的に揶揄されてるのにサントリーのウィスキーを買ってあげる海外のかたは
知らないだけかもしれないけど、心優しいですね
消費者のみなさんは賢明な判断で消費行動をしてください

http://asbs.jp/news.php?id=1925
2015.02.27 up!! harajuku kawaii style
KEYWORDS : 原宿 スイーツ
CULTURE LIFE STYLE どこも売り切れてた……。ハーゲンダッツ「華もち」発売2日で販売休止に!?
ハーゲンダッツでは初めてのもち入りのアイスクリーム「華もち」シリーズ「きなこ黒みつ」、「みたらし胡桃」を2015年2月24日(火)より全国で期間限定で発売したが、予測を大きく上回る売れ行きとなり販売供給が追いつかず一時休止すると発表した。
華もちは、ハーゲンダッツの濃厚で滑らかなアイスクリームとおもちがぜいたくなハーモニーを織り成す新シリーズ。
今後は、できる限り早く販売を再開できるよう生産体制を整備していくと発表している。首を長くして待っていよう。

《Information》
■ハーゲンダッツ ミニカップ 華もち きなこ黒みつ&みたらし胡桃
発売日:2015年2月24日(火)
※26日(木)販売休止。生産体制を整備でき次第、販売再開予定。
価格:各263円(税込)
販売店舗:全国のスーパーマーケット、コンビニエンスストア、デパート

ハーゲンダッツ 人気殺到で休止
http://news.biglobe.ne.jp/topics/economy/0226/08351.html
119点 でた〜 品切れ商法
88点 まだ通用するんだな。この商法
62点そういう経営も有りなんだ、そっかあ!

ハーゲンダッツジャパン - Wikipedia
ja.wikipedia.org/wiki/ハーゲンダッツジャパン
ハーゲンダッツジャパン株式会社は、日本においてハーゲンダッツブランドのアイスクリームなどの製品を製造・輸入・販売する企業。 ハーゲンダッツのオランダ法人、高梨乳業およびサントリーホールディングスの3社による合弁会社である。

えっまたかよ! 「ヨーグリーナ」発売3日で出荷停止 「品薄商法」と批判が出ているが
http://news.biglobe.ne.jp/economy/0417/ebi_150417_7647204711.html
Excite Bit コネタ4月17日(金)20時23分
サントリーから発売された炭酸飲料「レモンジーナ」が発売直後に人気すぎるとして販売中止になったばかりだが、今度は別の新飲料が発売から3日で出荷停止になってしまった。えっまたなのと思わせる展開だ。
その商品とは2015年4月14日に発売された清涼飲料水「南アルプスの天然水&ヨーグリーナ」。Twitterでは在庫がたっぷりあるという発言もあるので、「品薄商法」なんて声もあがっているらしい。コネタ編集部でもコンビニを数店舗まわって「ヨーグリーナ」を探してきたぞ。

「68本仕入れた『ヨーグリーナ』がすべて売れてしまいました」
確か会社の近くにあるコンビニには、発売日にフツーに売っていたはずだと思い、まずは近場から捜索する。アレッ? 本当にない! 売り場には本来「ヨーグリーナ」が置かれていたであろう場所にぽっかりとスペースが空いている。店員さんに聞いてみると、
「申しわけありません在庫を切らしています。昨日の夜には、68本仕入れた『ヨーグリーナ』がすべて売れてしまいました。あまりにも売れすぎてしまって」
と恐縮しながら説明してくれた。
う〜ん。Twitterでは「コンビニにめっちゃあった」「結構売れ残ってます、ダマされるな」なんてツイートもあったが、もしかしたら本当に品薄なのかもしれない、と思いつつ大きな道路を挟んで徒歩3分先にある次のコンビニへ。
一目散にドリンクコーナーに向かうと、驚くべき光景が広がっていた。7列にわたりヨーグリーナがドッサリと陳列されている。来店客が買っていったせいか、左端だけ微妙にスペースがある。同じ商品なのに1店舗目とは大違いだ。
いやいやまだわからない。たまたまこのコンビニだけが大量に商品を発注してしまった可能性だってある。そしていよいよ3店舗だ。ちなみに訪れたコンビニはいずれも別のチェーン。「あれ、やっぱりあった」。先ほどの店舗ほどの在庫数ではないものの、販売するには十分な数がそろっていた。もちろんサンプルとしては少ないが、3店舗中2店舗にあるということは——。

弁護士「品切れ商法は悪質。規制を考えた方がいい」
通常、大手メーカーは綿密な販売計画を立てていて、新商品を発売数日で出荷停止にすることはあまりない。だからこそマスコミはこぞって人気商品の品薄をニュースとして取り上げる。しかし、近年ではほかのメーカーでも同様の事例が頻発している印象があるため、「意図的に品薄にして宣伝効果を狙っているのでは」という疑念を消費者から持たれているようだ。
ネットでは
「ハーゲンダッツの華もちといいレモンジーナといい最近人気あり過ぎで販売中止って言うの多いな」
なんてツイートもあった。広告であることを隠して商品を宣伝するステマ(ステルスマーケティング)騒動以後、敏感になっている消費者は少なくない。
「ヨーグリーナ」のケースについては、サントリーは品薄商法を否定していると報じられているが、ネットでは厳しい指摘が相次いでいる。谷山智光弁護士はTwitterで、「品切れ商法は悪質。規制を考えた方がいい。販売再開は半年間できないとか。その間に同業メーカーは類似品を出せばいい」とまで言っている。

発展する 「社長の人材マーケット」ローソン新浪会長サントリー入りの成否は
「人事の実権」にあり   現代ビジネス2014年06月25日(水)
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/39668
サントリーホールディングスが(HD)は、ローソンの新浪剛史会長を10月1日付けで社長に招く人事を固めた。佐治信忠会長兼社長は、代表権のある会長に専念する予定だという。
サントリーは、先般米国のウィスキーメーカー大手のジム・ビーム社の買収を決定するなど、海外進出を加速させようとしている。長期的に人口が減る上に高齢化が進み、酒類の需要の頭打ちが見えてきた日本のマーケットにこもるのではなく、海外にマーケットを求めることは、サントリーにとって自然な戦略だ。
国内では大手のサントリーといえども、海外の酒類を扱うライバル企業は巨大であり、自ら行う海外進出に加えて、今後も海外飲料メーカー等を買収して、規模と商圏を拡大し続けることが必要だろう。
ローソン社長としての実績
新浪氏はもともと総合商社の三菱商事出身であり、海外ビジネスに強い。また、12年間社長を務めたローソンにあっても、中国に多数出店するなど、海外展開を推進してきた。また、新浪氏は、酒豪でこそないが、三菱商事、ローソンの両社の業務経験を通じて食品・飲料関係のビジネスに詳しい。今後のサントリーの成長を牽引するに適任だろう。
続きはリンク先へ


高崎山サル:「シャーロット」皆さん応援して 大分市長
http://mainichi.jp/select/news/20150509k0000m040131000c.html
毎日新聞 2015年05月08日 22時10分(最終更新 05月08日 22時38分)

 英国王女にちなんだ「シャーロット」という赤ちゃんザルの名前が正式に決まった高崎山自然動物園。大分市の佐藤樹一郎市長は正式発表前の8日昼、市役所で記者団の取材に応じた。
質疑は次の通り。
 −−今回の騒動の受け止めは。
 市長 (シャーロットは)多くの方につけてもらった名前で、見直す必要はないと思う。良い、かわいい名前をつけてもらった。高崎山で生まれた小さな命が元気にすくすくと育つよう、皆さんに応援してほしい。
 −−全国的に騒動が広がったが。
 市長 いろんなご意見の方がいると思った。ぜひ皆さんに高崎山を訪れてもらえるといいなと思う。
 −−反対している人にどう理解を得るか。
 市長 当事者(英国)から特段の指摘もない。英国の方はユーモアにあふれる皆さんで、特段問題にされるようなことはないのではないか。もし「困る」などのご指摘があれば再考したい。
 −−市としてはシャーロットで?
 市長 動物園が決めることだが、私は特に問題はなく、シャーロットで良いと思う。

シャーロット・ケイト・フォックスが英王女にコメント「何かの縁」
http://news.livedoor.com/article/detail/10081079/
2015年5月5日 21時50分 スポーツ報知


ニッカウヰスキー - Wikipedia
ja.wikipedia.org/wiki/ニッカウヰスキー
ニッカウヰスキー株式会社(現代仮名遣い:ニッカウイスキー)は、日本の洋酒メーカー。アサヒグループの機能子会社。


竹鶴政孝wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AB%B9%E9%B6%B4%E6%94%BF%E5%AD%9D
竹鶴 政孝(たけつる まさたか、1894年6月20日 - 1979年8月29日)は、広島県賀茂郡竹原町(現・竹原市)出身の日本の実業家。ウイスキー製造者、技術者。会社経営者。ニッカウヰスキーの創業者であり、サントリーウイスキーの直接的始祖、マルスウイスキーの間接的始祖でもある。これらの業績から「日本のウイスキーの父」と呼ばれる[1][2][3]。
竹鶴という苗字は、家(現在の竹鶴酒造)の裏にあった竹林に鶴が巣を作ったことから由来している[4]。親会社(アサヒビール)に完全子会社化されるまで大株主であった元オーナー一族の竹鶴威は養子(実の甥)にあたる。
1929年、鳥井信治郎に招かれ寿屋(現在のサントリー)山崎蒸溜所初代所長として、日本初の本格スコッチ・ウイスキー製造を指揮。その後、より本格的なスコッチの製造を指向して大日本果汁(現在のニッカウヰスキー)を興した。あくまでも品質にこだわり続けた技術者として知られる[2][5]。
1962年、イギリスのヒューム外相が来日した際、“一人の青年が万年筆とノートでウイスキー製造技術の秘密を全部盗んでいった”という意味の発言をしたといわれている。もちろんこれは竹鶴に対する賞賛であった。このとき話題に出たノート(竹鶴ノート)はしばらく所在不明であったが、のちに竹鶴が当時所属していた摂津酒造(1964年10月、宝酒造に吸収合併)関係者の子孫が保存していることが分かり、ニッカウヰスキーに寄贈された。
酒量はウイスキー1日1本。ニッカウヰスキーハイニッカを好んで飲んだ。ただし、晩年には3日で2本に減らしたという。
2014年度後期に放送されたNHK連続テレビ小説『マッサン』の主人公である亀山政春(演 - 玉山鉄二)のモデルとなった人物である。


14年ビール類出荷は10年連続過去最低、アサヒが5年連続シェア1位
2015年 01月 15日 11:31 JST
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPKBN0KO06620150115
[東京 15日 ロイター] - ビール大手5社が15日に発表した2014年のビール系飲料(ビール・発泡酒・新ジャンル)の課税出荷数量は、前年比1.5%減となった。すう勢的な減少傾向に加え、4月の消費増税や夏以降の天候不順などがマイナス要因となった。市場は10年連続のマイナスで、現行統計が始まった1992年以降の過去最低を更新した。
14年は、アサヒが前年比0.3%増で7年ぶりの課税出荷プラスとなったほか、サントリーが同3.2%増、サッポロは同0.7%増と前年比増を達成。大手4社のなかでキリン1社が同6.1%減と前年割れの結果となった。
シェアは、アサヒが38.2%、2位のキリンが33.2%となり、アサヒが5年連続でシェアトップ。 サントリーは15.4%で過去最高のシェアを達成、サッポロも12.3%でシェアアップを果たした。
14年の酒類別の出荷量は、ビールが前年比1.0%減、発泡酒が同4.4%増、新ジャンルが同4.4%減。各社が糖質ゼロ・プリン体ゼロの発泡酒を市場投入したことで、発泡酒が前年比で12年ぶりにプラスとなった一方で、新ジャンルが初めてマイナスとなった。この結果、ビール系飲料全体に占める酒類別の構成比は、ビールが50.2%、発泡酒が14.4%、新ジャンルが35.4%。
昨年10―12月の課税出荷量は、前年同期比1.4%減となった。酒類別の出荷量は、ビールが同1.0%減、発泡酒が同12.3%増、新ジャンルは同7.1%減。
2015年もビール類の市場縮小傾向は続くとみられている。消費再増税が先送りとなったほか、波乱要因だった酒税改正も見送られ、業界にとってはプラス要因。ただ、RTD(Ready To Drink)などのカクテルやワイン、洋酒など、消費者のアルコールに対する志向は多様化している。
大手4社は揃って前年比プラスの計画を掲げている。将来的に想定される酒税改正もにらみながら、主力商品を強化し、強いブランドとして確立を図る方針。また、クラフトビールは、キリンに続き、アサヒやサッポロも参入を表明している。少量で個性的なビールも強化し、需要喚起に努める。
ビール系飲料の出荷量は、キリンビール、アサヒビール、サントリービール、サッポロビール、オリオンビールの5社の合計。

サントリーが営業最高益 ビール大手4社1~3月期 (1/2ページ)
2015.5.9 06:39sankeibiz
http://www.sankeibiz.jp/business/news/000509/bsc0005090500001-n1.htm
ビール大手4社の2015年1~3月期連結決算が8日、出そろった。営業損益は、海外でウイスキー事業が伸びたサントリーホールディングス(HD)が四半期としての最高益を更新。一方、昨年の消費税増税前に国内で駆け込み需要が膨らんだ反動により、キリンホールディングス、アサヒグループホールディングスの2社は2桁減益、サッポロホールディングスは赤字となり、明暗が分かれた。
 売上高も、サントリーHDが過去最高となる一方で、3社は減収だった。最終利益は、海外での大型買収に伴う税負担増でサントリーHDが減益となった。アサヒグループHDは特別利益の計上などで最高益を更新。不動産売却益などでサッポロHDは04年の四半期決算開示以来、1~3月期として初めて黒字を確保した。
■ビール大手4社の2015年1~3月期連結決算
 (売上高/営業損益/最終利益)
 サントリーHD 5531(14.3)/270(35.5)/43(▲51.3)
 キリンHD 5152(▲2.5)/262(▲12.6)/133(20.5)
 アサヒグループHD 3741(▲0.2)/108(▲29.7)/133(5.1倍)

 サッポロHD 1084(▲3.2)/▲43(-)/8(-)
 ※単位:億円。カッコ内は前年同期比増減率%、▲は赤字またはマイナス、-は赤字で比較できず。HDはホールディングス

レモンジーナやヨーグリーナ「品薄商法」は存在するのか
2015.05.08 17:30 the page
http://thepage.jp/detail/20150508-00000011-wordleaf?page=1

サントリーとアサヒ、訴訟前の熾烈な"抗争"
ノンアルコールビールの製法特許を巡り火花
東洋経済オンライン2015年03月20日
http://toyokeizai.net/articles/-/63651

サントリーがアサヒを訴えた“ノンアル”戦争の行方.
http://www.gruri.jp/article/2015/03260700/
週刊新潮 2015年3月26日花見月増大号 掲載
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

nowhere

Author:nowhere
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。