スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2秒前に着陸やり直し=間に合わずアンテナ衝突―アシアナ機事故1カ月・運輸安全委

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150513-00000103-jij-pol
時事通信 5月13日(水)16時50分配信
広島空港(広島県三原市)で4月、アシアナ航空機が着陸に失敗した事故で、運輸安全委員会は13日、同機が通常よりも約30メートル低い高度で進入し、誘導用アンテナに衝突する2秒前に着陸をやり直そうとしたが、間に合わずに事故を起こしたと発表した。フライトレコーダーの分析で分かった。
 衝突まで機体に不具合は起きておらず、同委員会は機長が通常よりも低く進入した原因を調べている。事故発生から14日で1カ月となる。
 アシアナ機は滑走路の約320メートル手前にあった計器着陸装置(ILS)のアンテナ(高さ約6.4メートル)に衝突。約150メートル手前の草地に機体尾部が接触するなどし、滑走路を大きくそれて停止した。 

ヤフーコメントより一部抜粋
http://headlines.yahoo.co.jp/cm/main?d=20150513-00000103-jij-pol&s=lost_points&o=desc&p=1&t=t

shi***** | 3時間前(2015/05/13 16:53)
機長の責任であることがはっきりしたな

kat***** | 3時間前(2015/05/13 17:02)
機長のコメント聞きたいのですが。事故起こしたのに記者会見しないのはおかしいなんてもんじゃない。

おじさん | 2時間前(2015/05/13 17:24)
機長は誰だ?!

アシアナ機着陸失敗 機長、衝突2秒前に着陸やり直しも フライトレコーダー分析で推察
産経新聞 5月13日(水)15時45分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150513-00000556-san-soci
広島空港でソウル発のアシアナ航空162便エアバスA320型機が着陸に失敗した事故で、運輸安全委員会は13日、現時点でのフライトレコーダー(飛行記録装置)などの分析結果を公表。事故直前に視界が急激に悪化する中、機長が事故直前に着陸をやり直そうとした可能性が浮上したとしている。
 運輸安全委によると、フライトレコーダー(飛行記録装置)からは、着陸まで顕著なスピードの変化や急上昇や急降下も確認されず「下降(乱)気流に巻き込まれた可能性は現時点では低い」としている。
 ただ、機長は、着陸に際し、自動運転から手動運転に切り替えていたが、着陸誘導用の無線設備に衝突する約2秒前にエンジン出力を上げ、操縦桿(かん)を引いて機首を上げようとしていたという。
 担当者は「機長が着陸復行(やり直し)の操作を行った。その直後に(無線設備に)衝突した」と推察している。
 その操作を機長が行った当時、事故機が着陸した滑走路の東側の視界は急激に悪化していたことも判明した。運輸安全委の分析によると、事故の約2分前に1800メートルあった視程が最終的に300~450メートルまで落ちていたという。
 一方、機長らと管制官とのやりとりなどを捉えたボイスレコーダー(音声記録装置)や聞き取り調査の内容は、「慎重な取り扱いを要する」として一切公表しなかった。
 また、今回、運輸安全委は、アシアナ航空を監督する韓国と、エアバス社を管轄するフランスの事故調査当局と公表内容のすり合わせを実施。双方の了解を得られたため、公表に踏み切ったとしている。

台湾・台北松山空港、韓国機が別の旅客機に接触 けが人なし
中央社フォーカス台湾 5月13日(水)17時2分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150513-00000010-ftaiwan-cn
(台北 13日 中央社)13日午後0時30分頃、韓国・ソウル(金浦)発台北(松山)行きのティーウェイ航空TW667便、ボーイング737―800型機が、台北松山空港に着陸後、誘導路を走行中、左側の主翼を駐機場に停まっていた別の小型機の垂直尾翼に接触させる事故があった。乗客乗員142人にけが人はいない。
ティーウェイ機は誘導路の中心線を外れて走行し、カーブする際に小型機に接触したとみられている。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

nowhere

Author:nowhere
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。