スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<STAP問題>ES細胞の窃盗容疑で告発受理 兵庫県警

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150515-00000096-mai-soci
毎日新聞 5月15日(金)21時39分配信
STAP細胞論文問題で、論文の共著者である若山照彦・山梨大教授(当時、理化学研究所チームリーダー)の研究室からES細胞(胚性幹細胞)が盗まれたとして、理研OBの男性が容疑者不詳で窃盗容疑の告発状を提出し、兵庫県警が受理したことが15日、明らかになった。県警は小保方(おぼかた)晴子・元理研研究員(31)ら関係者から事情を聴くことも検討する。
県警によると、受理は14日付。横浜市の理研研究所で上級研究員だった男性(60)が今年1月に告発状を提出していた。
 告発内容は、理研発生・再生科学総合研究センター(現・多細胞システム形成研究センター)=神戸市中央区=にあった若山教授の研究室から何者かがES細胞を持ち出したとしている。
 論文は昨年7月に撤回され、理研の調査委員会が同年12月、「STAP細胞はES細胞が混入したもの」とする最終調査報告書を発表した。ただ、混入させた人物や意図は特定できなかった。小保方氏は同月に退職したが、理研の懲戒委員会は今年2月、「懲戒解雇相当」と判断した。
 小保方氏の代理人を務める三木秀夫弁護士は「詳細は分からないが、特にコメントするようなことはない。小保方氏に関しては疑義を受けるような点はない」とコメントした。

小保方晴子氏を守る会 大宅賞受賞の出版物差し止めを検討中
2015.05.01 16:01※週刊ポスト2015年5月8・15日号
http://www.news-postseven.com/archives/20150501_319400.html
表舞台から姿を消した小保方晴子氏。理化学研究所時代と変わらず今も神戸市内のマンションに住んでいるようだ。
「体調も精神状態も優れず、部屋に引きこもっている。千葉県の実家に移る気力もないようです。親御さんが時折様子を見に来ているようですが……」(小保方氏の知人)
 こう聞くと悲劇のヒロインだが、客観的に見て彼女への処分は甘々だ。
 STAP細胞研究のため支給された研究費は4600万円、不正が指摘されてからの調査・検証費用は8360万円に上る。にもかかわらず、理研が小保方氏に返還請求したのは論文投稿費のわずか60万円だ。血税を浪費しておきながら、説明責任すら果たさない幕引きである。
 世間の怒りとは別に、小保方氏サイドも怒っている。小保方氏と彼女の弁護団は4月6日、NHKに対して、3月20日放送のニュースなどで「偏向報道がなされた」という趣旨の抗議書を提出した。
 抗議文では、細胞が死ぬ際に発光する「自家蛍光」という現象をめぐって、〈報道は小保方氏が会見で虚偽を述べたかのような印象を与え、許容できない〉としている。
 論文で数々の不正が明らかになっている今、この抗議に賛同する人は少ないように思われた。
 しかし、小保方氏をバックアップしようという人々が現われた。その名も「小保方博士の不正な報道を追及する有志の会」である。同会はTwitter上で集った勝手連で、小保方氏はもちろんメンバー同士の面識すらほとんどないというが、その鼻息や荒い。
 同会代表でフリージャーナリストの上田眞美氏がいう。
「NHKの報道は小保方博士ひとりに責任を押しつけようとする情報操作であり、重大な人権侵害です。すでに我々はNHKに公開質問状を送り、BPO(放送倫理・番組向上機構)に審理を申し立てています。
 今後は毎日新聞記者の須田桃子氏の著作で大宅壮一ノンフィクション賞を受賞した『捏造の科学者』(文藝春秋刊)の出版差し止め請求も考えている」

注)「フリージャーナリスト」だが、署名記事がほとんど存在しない、経歴も謎という
上田さんのサイト、このかたはなぜここまで小保方さんを擁護するのでしょうか?
経歴も謎で署名記事もほとんど存在しなくてもインターネットで上田さんを応援する仲間が少なくないようです

http://jupiter-press.doorblog.jp/
木星通信 @irakusa
紙屑が発信するごみサイトです。

2015年05月05日
小保方を守る会 ?「小保方博士への報道検証サイト」たちがありました。
4月1日で立ち上げた「小保方博士の不正な報道を追及する有志の会」
がポストセブンネットニュースに取り上げられました。
何故かタイトルが「小保方を守る会」になっていますが。。。^^;
正式な名称とHPリンクはこちらです。
「小保方博士の不正な報道を追及する有志の会」
http://blog.livedoor.jp/obokata_file-stap/
科学的エビデンスを持って小保方博士への不正報道を追及しようとする会です。
みなさんどうぞ、ご参照下さいね。 タグ :小保方を守る会

2015年04月21日
調査報道まとめ。STAP細胞事件の全容。
http://jupiter-press.doorblog.jp/
 今まで調査してきたSTAP細胞事件をまとめました。
木星通信の調査 「若山博士は第三者機関に解析を頼んだか」
若山博士が論文撤回理由にした「若山研にはいないはずのマウスが小保方さんから戻って来た」
若山博士は小保方さんがマウスすり替えたかも、と、とれる表現をした。
試料の解析は第三者機関に解析を依頼した。
第三者機関は放医研だった。記事リンク
しかし放医研広報は「公式にそんな依頼は受けていない」と回答。
若山博士の研究者仲間による解析で、「第三者機関」の解析ではなかった事が判明した。
若山博士からの一方的な発表で誰もその解析データを見ていない。
(STAP細胞の記事を掲載したNewton編集部に確認、第三者機関のデータは見ていないと証言)
________________結論____________________
若山博士はこの「第三者機関」への解析によって、「若山研にはいないはずのマウスが小保方さんから戻って来た」として論文撤回を呼びかけた。
しかしこの解析は誤りがあったとして、若山研のマウスで実験が行われていた可能性があるとした。
若山博士は「ネイチャー」のSTAP現象論文撤回理由(若山研のマウス由来の細胞だったとする撤回理由)を他共著者に無断で書き換えた事も解った。記事リンク
若山博士の論文撤回呼びかけ理由は謎が多い。

木星通信調査 「小保方博士はES細胞を窃盗したか」
理研広報「細胞の盗難・紛失事件は起きた事がない」と回答。
若山研が在籍していた旧理研CDBにも、山梨大学にも「細胞の盗難・紛失届け」は存在しない。
若山研が山梨大学に移管した手続き書を見ると、STAP細胞実験は「2011年11月25日」からスタートしており、2011年から2012年にかけてSTAP細胞の実験成果物が作られている。
NHK「STAP細胞不正の深層」2014年7月27日放送では留学生が作ったES細胞が小保方博士の冷蔵庫から見つかった。留学生は「なぜそれがSTAPと関係あるところにあるのか」とインタビューに驚いた様子を見せた。その細胞は「去年(2013年)引越の時に(若山研が)持って行くはずだったものだ。としている。
写真週刊誌『FRIDAY』の「石川智久 小保方晴子を窃盗容疑で刑事告発する」では、2013年の1月ー4月のバタバタしている時に盗まれたとしかおもえない」と理研関係者の証言を載せている。
このふたつの主張が一致するところは「ES細胞の窃盗時期は2013年1月ー4月」と設定される。
しかし、最初のSTAP細胞実験成功は2011年11月25日だ。
そしてその翌年、沢山のSTAP細胞が樹立されている。
2013年1−4月は実験はほとんど行われていない。
__________結論___________________
「小保方博士が留学生のES細胞を引越時期に盗んだ」とする主張は実験成功時期と時系列が合わず、小保方博士のアリバイは成立する。
木星通信調査「幻のFI幹細胞」
若山研究室の細胞引越手続き書、試料提携契約書(MTA)にはFI幹細胞はなかった。
STAP細胞実験、それ以外の実験のMTAには記載がない。
小保方博士の冷蔵庫からもFI幹細胞は見つかっていない。
では遠藤博士がデータ解析したFI幹細胞とは。
______結論_____
STAP細胞が捏造ではなく、FI幹細胞こそが捏造実験である可能性が高い。
木星通信調査「FES1 と2」はどこから。
小保方博士の冷凍庫から見つかったES細胞「FES1と2」これがSTAP細胞実験に使われていたものだと判明した。
大田浩博士が旧理研CDB若山研究室に在籍中に作製した受精卵ES細胞で2005年に作られたもの。
これは2010年に大田博士が京大へと移管させた。
なぜ小保方博士の冷凍庫に存在するのか。現在調査中。京大に情報公開開示書請求中。

2014年12月31日
STAP細胞事件ー若山研究室ぐるみの捏造隠蔽
理研の調査報告書には、小保方晴子博士の冷蔵庫から見つかったES細胞は若山研究室のメンバーも、若山照彦博士も知らないと証言したとあり、NHKスペシャルで留学生が引越し予定だったとインタビューに答えていたのは捏造報道だった事が分かりました。
小保方博士のES細胞窃盗疑惑の過熱報道は
凄まじいものがありました。
その時、どうして若山研究室のメンバーは「知らない」と世間に訴えなかったのでしょうか。
捏造実験の罪を小保方博士1人に着せる為に研究室ぐるみで口を噤んでいたとしか考えられません。
検証実験を止めさせようとしていたのも、詳しく調べれば若山照彦博士の捏造がバレるからでしょう。
小保方博士は論文捏造の罪と引き換えに
人権蹂躙のバッシングを受け、理研を去りましました。
論文取り下げからずっと虚偽発表していた若山博士とでっち上げ証言作ったNHKは税金で給与貰うのやめて下さい。
裏取りする事なく若山博士や遠藤博士の仮想論文を広報し続けた科学ジャーナリスト達も二度と科学に触れないで下さい。 科学を穢さないでください。
追記、若山研の冷蔵庫の管理は若山博士の奥さん清香夫人がしていたとの情報あり。
裏取りします。
http://jupiter-press.doorblog.jp/archives/cat_1223000.html

2012年09月14日
雅子様と女性宮家の問題をジェンダー視点で考える。
http://jupiter-press.doorblog.jp/archives/cat_572781.html
2011年10月5日、羽毛田信吾(はけた・しんご)宮内庁長官(69)が野田佳彦首相(54)に女性宮家創設を検討するように求めた。 羽毛田長官は皇室典範を改正し、結婚をしても皇族の身分を離れる事無く、身分が変わらないようにし、皇位の安定的な継承制度の安定も求めた。
現在の皇室典範では女性皇族は結婚したら皇族の籍(皇籍)を離れる。
現在唯一の天皇の男の子の孫が秋篠宮悠仁さま(5歳)。 女性の孫は皇太子家の長女愛子さま(9歳) 秋篠宮家の眞子さま(20歳)佳子さま(16歳) 他に昭和天皇の弟、三笠宮家の孫達、5人も全て女性皇族となる。 若い皇族9人の内、皇位継承者は悠仁さま一人だけ。 その事について危機感を持った宮内庁が、野田首相に直訴した。
皇室が、皇室たる所以が男子継承なら、直系継承者が一人しか残らない皇室の姿というのもまるで絶滅危惧種のようで、痛々しく、もっと合理的に考えれない物かと思う。
何故男子でなければ、皇位継承者になれないのか、生まれた時に性差で存在価値の優劣を決められる女性皇族は日本のジェンダー思想の幻想を破り捨てる存在だ。
天皇家とは日本の象徴である。 日本国憲法において、「日本国の象徴であり日本国民統合の象徴」(第1条)と位置づけられられている。 男女共同企画参加の推進に余念がない内閣府はこの男性優位の日本の伝統文化の象徴と女性地位向上の啓蒙運動との矛盾について説明が出来るのだろうか? 男性優位の男子継承の皇室典範が<日本国民統合の象徴>なのだろうか?
何故男子皇族でないと駄目なのか? 天皇が神に収穫の感謝を捧げる新嘗祭という宮中祭祀が11月23日に執り行われるが、これは女人禁制で男子皇族しか列席出来ないと言う。
そもそも新嘗祭の秘技存在と国民の象徴である天皇家と言うものは矛盾していないだろうか。国民の象徴であるなら秘技の存在を明らかにし女人禁制などという特異性を廃止するべきだ。
皇室典範の改正が皇室の危機との声もあるが、お世継ぎが一人しか居ない崖っぷちの 現在の皇室の姿をなんとかしてあげたい、と思えないのなら、それもまた男子継承の 幻想にとらわれた妄執だ。
ざっくばらんに言って、皇室は後継者問題においては『詰んでる』状態にある。 是非なしで、改正すれば良い。
数が足りないのなら、増やすか、残すしか、当てはないのだから。 この皇位継承問題は伝統や神道の話ではなく、理学で考えれば良い。 結論から言って、他に手だては無い。
戦後、無理矢理皇室の近代化などする歪んだ形での皇室のあり方そのものが、全国民によって問われるべき時が来てるのではないか、と思う。
皇族継承のあり方も国民投票で決めるべきだし、性差によって皇位の継承が出来ないシステムを国民の象徴としてるのが可笑しい。
いっそ皇室は日本の男権主義の象徴、に変えてはどうだろうか。
催事に欠席される雅子さまの姿は、男女平等の本音と建前に翻弄される日本の女性達の共感を誘いこそすれ、非難される事ではないと思う。
あの姿が、日本のジェンダー思想への幻想と幻滅を象徴しているのだ。
いくら優秀なキャリア・ウーマンであろうと、語学に堪能であろうと、『お世継ぎ』を産む能力のみが認められ、皇太子の後は三歩下がって歩くように躾けられる。
雅子さまは生ける日本のジェンダー思想の幻想と幻滅なのだ。
いま、皇室典範が改正され、女性宮家が創出されれば、ほんの少しだけでもジェンダーの幻滅を緩和させる事が出来る。
それに一役買うのも皇室の急務なのではないだろうか。
2011年12月13日にレイバーネットに投稿した物を一部改訂して再掲しました。

注)上田さんが立ち上げたサイト
小保方博士の不正報道を追及する有志の会
http://blog.livedoor.jp/obokata_file-stap/
私たちは小保方博士への人権を無視した科学的根拠に基づかない不当な報道に抗議する、有志の会です。 小保方博士への不当な報道について抗議、糾弾するとともに、その背景、責任を追及して行こうと行動を起こしました。

木星通信twitter
https://twitter.com/irakusa

木星通信さんがリツイート
TIME.com @TIME · 5月11日
World’s first Hello Kitty Chinese restaurant has opened in Hong Kong http://ti.me/1co2SRq

木星通信さんがリツイート
伊㔟谷友介 @Iseya_Yusuke · 4月19日
どんどん日本が過去に戻って行く。。。
何故だ?
私たちは武器を持たずに、様々な仲裁ができる国であった事が、僕の若い頃の希望だった。でも今どんどん加害国に成ろうと必死だ。。。
対抗軸のどちらかに乗れば、必ず遺恨を作る側になる。そんなの恥ずかしい選択だ。

木星通信さんがリツイート
萬 清丙(만 청하)クソリプマン @seihei · 5月8日
@sei_ongakukouko @h_bonkura @irakusa @nails_intheroad 激ウザ性ちゃん

木星通信さんがリツイート
冷凍みかん(消費増税× 原発稼働×) @Unshiu3kan · 5月8日
おサルのシャーロットで炎上するマスコミと不謹慎厨にムカムカする。
福島差別に怒る安全デマの人に似てる。

木星通信さんがリツイート
猫背の文鳥(愛子様♡) @enus7911 · 5月1日
Twitterはややこしい(^_^;)

木星通信さんがリツイート
Ryoichi ISHIDA @kool_mint · 4月27日
フィンランドの国立バレエ団ですと。 >> フィンランドで上演の「ムーミン」バレエ作品 動画がやっぱりシュールだった - ねとらぼ http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1503/22/news016.html …

木星通信 @irakusa  · 4月30日
青山紀伊國屋前で梅宮辰夫さんと遭遇。
これで二回目だけど、やっぱりオーラあるよ。

木星通信さんがリツイート
september @september7357 · 4月28日
@irakusa 私のSTAP細胞に関するブログです。三菱が重要だと思うんですよね。 http://bit.ly/1nbwvJQ

木星通信さんがリツイート
kinokuniyanet @kinokuniyanet · 4月27日
ドリル優子

木星通信 @irakusa · 4月30日
どっちがクレイマーなんだか。。。

木星通信 @irakusa · 4月28日
他人に厳しく自分に甘い。私も気をつけなくては。

木星通信さんがリツイート
K.熊蔵 @kkumax · 4月28日
@tokaiamada @irakusa ジャーナリストかどうかは大した問題ではなく真実を伝えるかどうかが大切なのが分からないらしい。

木星通信 @irakusa · 4月28日
んー署名記事ねぇ。むかーし寺澤有さんとこで書いたのが残ってるかなー。
事件報道メディア「インシデンツ」はもう閉鎖になったんだよねー。

木星通信 @irakusa · 4月22日 私は懐柔されない。怪獣だから。

注)
紀ノ国屋wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B4%80%E3%83%8E%E5%9B%BD%E5%B1%8B
株式会社紀ノ國屋 KINOKUNIYA CO.,LTD.
主要株主 東日本旅客鉄道株式会社 100%
紀ノ国屋(きのくにや、英文:Kinokuniya)は、東京都を拠点とする高級スーパーマーケットチェーンである。東日本旅客鉄道(JR東日本)の完全子会社である株式会社紀ノ國屋によって運営されている。

「ハローキティ」サンリオの株価急落の原因は、「ライセンスビジネスから物販ビジネスへ回帰」と「パソナの株主」
http://news830.com/archives/7018
ニュース屋さん@日本株式投資 Posted on 2014年5月22日

新世代リーダー 鳩山玲人 サンリオ取締役 キティちゃんの名参謀は、異端のエリート
http://toyokeizai.net/articles/-/12266
2012年12月25日東洋経済オンライン 
サンリオ取締役 鳩山玲人 
1974年生まれ。青山学院大学国際政治経済学部を卒業後、三菱商事に入社。エイベックスやローソンなどでメディア・コンテンツビジネスに従事。その後海外に渡り、2008年にハーバードビジネススクールでMBAを取得。同年、サンリオに入社し、10年に取締役事業戦略統括本部長に就任。現在、経営戦略統括本部長、海外事業本部長兼全社改革室長を担当している。サンフランシスコ在住。

「ハローキティ」サンリオ株急落の陰で御曹司急死
2013.11.29 07:00 週刊文春WEB
http://shukan.bunshun.jp/articles/-/3394
11月20日、ハローキティ等のキャラクターグッズで知られるサンリオの辻邦彦副社長(享年61)が、出張先の米国ロサンゼルスで急死した。(以下続きはリンク先へ)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

nowhere

Author:nowhere
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。