スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

千葉の県立高校教諭、子猫生き埋めで停職3カ月 「放置すれば死んでしまうと思った…」

注)特定の組織団体との関連は不明です

http://www.sankei.com/affairs/news/150520/afr1505200030-n1.html
産経ニュース 2015.5.20 21:49更新

千葉県教育委員会は20日、生まれたばかりの子猫を勤務先の高校敷地に埋めたとして、動物愛護法違反容疑で書類送検された船橋市の県立高校の男性教諭(36)を停職3カ月の懲戒処分にした。

 県教委によると、男性教諭は「放置すれば死んでしまうと思った。生徒に悲しい思いをさせ反省している」と話している。現在は県の施設で、生徒指導の研修などを受けているという。

 教諭は3月、高校敷地内で子猫5匹を見つけ、生徒3人に目的を告げずに穴を掘らせた後、1人で子猫を埋めた。保護者から学校に連絡があり発覚。4月に千葉県警が書類送検した。

 また県教委は、今月3日に自宅で飲酒後に運転したとして道交法違反容疑で千葉県警に逮捕され、千葉簡裁に罰金70万円の略式命令を受けた県立長生特別支援学校の男性副主査(40)を懲戒免職処分にした。
.
子猫5匹生き埋め、男性教諭を停職3か月
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2496582.html
TBS news i(20日18:18)
今年3月、千葉県船橋市の県立高校で36歳の男性教諭が生後まもない子猫5匹を学校の敷地内に生き埋めにした問題で、千葉県の教育委員会が会見し、この教諭を公務員の信用を失墜させたとして停職3か月の懲戒処分にしたと明らかにしました。

 男性教諭はこれまで、同じ高校に在籍しながら教育委員会の施設で臨時の研修を受けていました。

 男性教諭は「猫に残酷なことをしてしまいました。生徒にショックを与え、悲しい思いをさせたことを反省しています」と話しているということです
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

nowhere

Author:nowhere
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。