スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

玄関前に子猫の頭部…周辺の小中に注意呼びかけ

注)特定の組織団体との関連は不明です

http://www.yomiuri.co.jp/national/20150529-OYT1T50152.html
読売新聞2015年05月30日 13時24分

28日午後6時55分頃、山形県白鷹町の60歳代会社員男性が自宅玄関前で、切断された猫のものとみられる頭部を発見し、同県警長井署に届け出た。同署は動物愛護法違反容疑で捜査している。

 同署の発表によると、発見されたのは子猫のものとみられ、毛の色は茶、黒、白が混ざっている。胴体は見つかっていないという。男性は自宅で猫を飼っているが、発見された頭部は男性の飼っている猫ではないという。事件を受け、白鷹町教委は29日、町内の小中学校5校にファクスを送付し、事件の概要を知らせるとともに、不審者などに注意するよう呼びかけた。また、現場近くの小学校では、教職員が下校する児童に付き添う対応をとった。

2015年05月30日 13時24分 Copyright © The Yomiuri Shimbun

白鷹の住宅、玄関前に猫の頭部 別の場所で切断か
山形新聞 2015年05月30日 09:02
http://yamagata-np.jp/news/201505/30/kj_2015053000658.php
長井署は29日、白鷹町荒砥乙の60代男性会社員方の玄関前に、切断された猫の頭部があったと発表した。同署は動物愛護管理法違反容疑で調べている。

 同署によると、男性が28日午後6時40分ごろ帰宅した際、切断部分を下にした状態で玄関ドアの前に置いてあった頭部を発見し、同署に通報した。頭部の大きさなどから子猫とみられ、焦げ茶、黒、白などの毛が交じった三毛猫とみられる。男性は1人暮らしで、自宅敷地内で複数の猫を飼っており、その猫は地域内でよく目撃されているが、この頭部は飼い猫のものではないという。胴体は見つかっておらず、玄関周囲に血痕も無いことから別の場所で切断された可能性があるとして調べている。

 同署は29日午前、子どもに危害が及ぶ恐れがあるとして、町教育委員会を通じて町内各小中学校に注意を呼び掛けた。荒砥小では教員が下校児童に付き添うなど見守りを強化。町は併せて、ごみの回収業務を委託している民間業者に回収物に猫の胴体部分が混入していないか注視するよう協力を求めた。

住民「信じられない」
 現場は町中心部にある閑静な住宅街の一角。住民は「動物を虐待したり、切りつけたという話は聞いたことがない」「信じられない」と口をそろえる。小学生の孫がいる70代女性は「(危害を加える対象が)動物から人間へとエスカレートする事件も全国では起きている」と不安を募らせる。犯人像が分からず「外に出るのが怖い。孫には目の届く範囲で遊ぶように言い聞かせた」と話した。

注)上の記事とは無関係です
特定の組織団体とは無関係と思われます

「子猫、10年間で100匹殺して埋めた」 室蘭の72歳女、愛護法違反容疑で逮捕
北海道新聞 5月28日(木)0時30分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150528-00010000-doshin-soci
【室蘭】室蘭署は27日、動物愛護法違反(虐待)の疑いで北海道室蘭市内の無職の女(72)を逮捕した。

 逮捕容疑は、飼い猫1匹を4月下旬、自宅の庭で水を張ったバケツに沈め、ふたをして重しを置いて放置し、溺死させた疑い。猫の死骸を埋めているとの情報提供を市から受け、署員が掘り返して4匹分の死骸を見つけた。解剖で1匹の死因が分かり、虐待を裏付けられたため逮捕した。

 同署によると、女は猫を3匹飼っており、「妊娠して子猫が増えるため飼育に困り、10年間で100匹ほど殺して埋めた」と供述しているという。同署はさらに埋められた死骸がないか、調べを進める。

追記)
弥生時代の遺跡公園に切断された猫の死体…横浜
http://www.yomiuri.co.jp/national/20150531-OYT1T50126.html
読売新聞2015年06月01日 07時26分

横浜市都筑区の大塚・歳勝土遺跡公園で5月26、27日、切断された猫の頭や体の一部が見つかっていたことがわかった。神奈川県警都筑署は動物愛護法違反容疑で捜査している。
 同署や公園を管理する同市ふるさと歴史財団によると、公園内で26日、清掃中の作業員が切断された猫の体の一部を発見。27日にも切断された猫の頭や体を作業員が見つけ、同署に届け出た。
 遺跡は弥生時代の住居跡などがある国指定史跡で、無料で開放されている。
 財団の担当者は「小学生などが社会科見学で訪れる場所で困惑している」と話しており、警備担当者の巡回を増やす方針という。
2015年06月01日 07時26分 Copyright © The Yomiuri Shimbun

横浜の公園に切断された猫の死骸、警察が捜査
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2507051.html
TBS news i 最終更新:2015年6月1日(月) 20時2分
横浜で切断された猫の死骸が見つかりました。

 先月26日、横浜市都筑区にある大塚・歳勝土遺跡公園で、掃除をしていた作業員が切断された猫の脚と尻尾などを見つけました。また、翌日も同じ公園内で切断された猫の頭部と脚が見つかりました。見つかった切断された死骸は、同じ猫のものとみられています。

 関係者によりますと、この公園では先月、尻尾にひもが巻かれるなど虐待が疑われる猫が確認されているということです。警察は動物愛護法違反の疑いで捜査しています。(01日17:41)

追記)
民家前に頭部のない猫、数日前には別に頭部も…
http://www.yomiuri.co.jp/national/20150602-OYT1T50036.html
2015年06月02日 07時52分読売新聞

1日午前8時頃、山形県南陽市内の住民から、自宅玄関先で、頭部のない猫とみられる死体を発見したと山形県警南陽署に届け出があった。捜査関係者によると、死体は一部が腐敗しているという。

 先月28日には山形県白鷹町の民家の玄関前で猫のものとみられる頭部が発見されており、関連がないか調べている。
2015年06月02日 07時52分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

nowhere

Author:nowhere
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。