スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミラノ大聖堂にドローンぶつけた韓国人観光客3人、逮捕される―台湾紙

http://www.focus-asia.com/socioeconomy/photonews/421762/
2015年06月25日 focus-asia
台湾紙・自由時報は25日、イタリアのミラノ大聖堂で22日、ドローン(小型無人機)を建物にぶつけて破損させた韓国人3人が逮捕されたと報じた。
韓国人3人は観光客で、年齢は30代~40代。ミラノ大聖堂前の広場でドローンを飛ばして空撮していたが、操作を誤って建物にぶつけてわずかに破損させた。今のところ、3人がどのような罪に問われるかは分かっていない。
フランスのパリでも、観光客がノートルダム大聖堂でドローンを飛ばしていて現地警察に逮捕されるという事件が起きている。
(編集翻訳 小豆沢紀子)

国内初のドローン規制法案が衆議院内閣委員会で可決、1年以下の懲役も
2015/07/08 IT pro
http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/news/15/070802274/
無人飛行機(ドローン)を対象とした法案が2015年7月8日、衆議院内閣委員会で可決した。国会議事堂や首相官邸といった重要施設やその周辺での飛行を禁止する。成立すれば、国内初のドローン使用を規制する法律となる。9日、衆議院本会議に提出された後、参議院に送付される見通しだ。規制の対象となるのは、複数のプロペラを搭載する機体だけでなく、固定翼で滑空する機体も含まれる。同法案の要綱によれば、「構造上人が乗ることができないもののうち、遠隔操作又は自動操縦により飛行させることができないもの」。

 飛行規制を設ける区域は主に、国会議事堂や首相官邸、議員会館などの施設と、その周囲300メートルだ。皇居や最高裁判所なども含まれる。国は、対象となる施設やその周辺区域などを示した地図を作成し、インターネットなどを通じて公表する。

 罰則も設ける。対象施設およびその周辺地域で飛行させた場合、1年以下の懲役又は、50万円以下の罰金となる。

ドローン飛行規制法案、9日に衆院通過へ
2015/7/8 20:52 日本経済新聞
http://www.nikkei.com/article/DGXLASFS08H3N_Y5A700C1PP8000/
衆院内閣委員会は8日、小型無人機(ドローン)の飛行規制法案の修正案を共産党以外の賛成多数で可決した。首相官邸や皇居などの重要施設の上空をドローンの飛行禁止区域とし、違反者に1年以下の懲役か50万円以下の罰金を科す内容。9日の本会議で可決し参院に送られ、今国会で成立する見通し。

 法案は自民、公明、維新、次世代の4党が提出。民主党が重要施設に原発施設なども付け加える修正を提案し、各党が合意した。


スポンサーサイト
プロフィール

nowhere

Author:nowhere
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。