スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ASKA氏の知人女性、栩内被告は2審も有罪

注)栩内被告は逮捕当時、創○学会系派遣会社パソナの関連会社の社員でした

http://www.yomiuri.co.jp/national/20150716-OYT1T50107.html
読売新聞 2015年07月16日 11時31分
「CHAGE and ASKA」のASKA(本名・宮崎重明)氏(57)(有罪確定)の覚醒剤事件に絡み、覚醒剤取締法違反(使用)に問われた知人の無職栩内とちない香澄美被告(38)の控訴審判決で、東京高裁(井上弘通裁判長)は16日、懲役2年、執行猶予3年とした1審・東京地裁判決を支持し、被告の控訴を棄却した。弁護側は、覚醒剤成分が検出された尿や毛髪の鑑定結果を「誤りだ」とし、知らない間にASKA氏に覚醒剤を使用させられた可能性もあるなどと無罪を主張した。しかし、高裁判決は1審と同様、鑑定結果を信用できると判断、「故意の使用を否定する特段の事情もない」と指摘した。
2015年07月16日 11時31分 Copyright © The Yomiuri Shimbun

ASKA氏の知人女性、二審も有罪判決 覚醒剤使用巡り
2015年7月16日11時50分 朝日新聞
http://www.asahi.com/articles/ASH7H7FYMH7HUTIL07R.html

歌手のASKA(本名・宮崎重明)氏(57)の知人で、覚醒剤取締法違反(使用)の罪に問われた元会社員、栩内(とちない)香澄美被告(38)の控訴審判決が16日、東京高裁であった。井上弘通裁判長は、懲役2年執行猶予3年とした一審・東京地裁判決を支持し、被告側の控訴を棄却した。裁判で栩内被告側は「自ら覚醒剤を使ったことはない。ASKAさんが知らない間に私に摂取させた可能性がある」として無罪を主張した。これに対し、高裁判決は、被告の尿や毛髪から覚醒剤成分が検出されたとする鑑定結果を評価。被告側の主張を退けた。

 被告とともに同罪などに問われたASKA氏は懲役3年執行猶予4年の有罪判決を受け、確定している。

ASKA氏知人の栩内被告、2審も有罪 東京高裁
http://www.sankei.com/affairs/news/150716/afr1507160011-n1.html
産経ニュース2015.7.16 12:05更新
歌手のASKA(本名・宮崎重明)氏(57)と共謀して覚醒剤を使用したとして覚せい剤取締法違反(使用)罪に問われ、1審東京地裁で懲役2年、執行猶予3年の判決を受けた知人の栩内(とちない)香澄美被告(38)の控訴審判決公判が16日、東京高裁で開かれた。井上弘通裁判長は「被告が覚醒剤と認識して使用したとする1審判決に不合理な点はない」として、被告側の控訴を棄却した。

 弁護側は1審に続き、被告の尿から覚醒剤反応が出たことに、「ASKA氏の精液が混入した可能性が否定できない」などと無罪を主張。井上裁判長は「抽象的な可能性を主張しているに過ぎない」と退けた。
判決によると、被告は昨年5月、東京都内などで覚醒剤を使用した。ASKA氏は昨年9月、東京地裁で懲役3年、執行猶予4年の判決を受け、確定した。

栩内被告、控訴棄却にガックリ
2015年7月16日 デイリー
http://www.daily.co.jp/newsflash/gossip/2015/07/16/0008214567.shtml
覚せい剤取締法違反などの罪で有罪が確定した歌手ASKA(56)の愛人で、同法違反(使用)罪に問われ、一審で有罪(懲役2年、執行猶予3年)となった栩内香澄美被告(38)の控訴審判決が16日、東京高裁で開かれ、控訴は棄却された。

 栩内被告は、上下黒のスーツ姿で、肩まで伸びた髪を後ろで結んでいた。前方を凝視していたが、井上弘通裁判長が「主文、控訴を棄却する」と告げた瞬間、ガックリと首をうなだれた。閉廷前に、14日間以内に最高裁に上告できることを説明され「分かりましたね」と確認されると「はい」と震える声を絞り出した。閉廷しても前を向いたまま、微動だにしなかった。

 被告側は高裁でも一貫して無罪を訴えた。一審後にASKAが弁護人とやり取りしたメールを新証拠として提出。その中でASKAは、栩内被告から検出された薬物反応について「(原因は)自分しか考えられない」と言及したことを主張した。
しかし裁判所は、ASKAが同じメールの中で「なぜそうなったのかわからない」と具体的な原因を述べていない点や、別のメールで「栩内被告の知らない間に覚せい剤を使用させたことはない。そんなひきょうなことはしない」ともつづっていることから、原判決を破棄する合理性はないと判断された。

注)一審後の過去記事です

ASKAの愛人・栩内被告「有罪」に同情の声は皆無
2015年1月13日 16時20分 デイリーニュースオンライン
http://news.livedoor.com/article/detail/9668912/

ASKA(56)とともに覚せい剤取締法違反(使用)の罪で起訴された、愛人女性の栩内(とちない)香澄美被告(37)の判決公判が1月13日、東京地裁で開かれ、懲役2年執行猶予3年の有罪判決が下された。大方の予想通りの判決となったが、栩内被告一貫して無罪を主張していたため、今後控訴するものとみられる。
 保釈金300万を払い、現在は保釈をされている栩内被告だが、そもそもASKAとの出会いは自身が勤務する大手人材派遣会社・パソナグループのパーティで知り合ったと言われる。栩内被告は会場に訪れた有力者の“接待要員”で、ASKAは彼女の虜となり、栩内被告の自宅を訪れては“
以下続きはリンク先でごらんください。
スポンサーサイト
プロフィール

nowhere

Author:nowhere
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。