スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【追記】「Yahoo!ニュース」からステマ記事排除へ、悪質事業者には法的措置も--ヤフー声明

注)この記事はわかりやすいステマ排除に関する記事ですがこれまではステマは放置されてきました
毎日新聞は政治的新興宗教と繋がりの深い企業です
こういうわかりやすいステマ以外にも政治的新興宗教絡みのステマは巧妙なため、知識のない一般人は簡単に騙され、
メディアの登場が多かったり持ち上げられてる商品や企業、
信者さんが必死に買ったり話題にしてる商品や人や作品(ラブライブやふなっしーキティなど)
売上や記録、受賞何回などときくと、それが多くの人に支持されていると錯覚してしまいます
これが特定勢力のための情報操作です
EXILE関係、セカイノオワリなど不自然にゴリ押しされているのは政治的新興宗教繋がりが多いです
サントリーやハーゲンダッツの品切れ商法でも話題になったように
売上が多いのは新興宗教の信者さんがいっせいに買って話題作りしてるからです
SNSでも信者さんによって宣伝されています
新興宗教絡みの不祥事は報道されず隠蔽されることも多いですし企業は言いたがらないです
たとえばなぜテイストの違う女性雑誌でユニクロやプラステやセオリーの商品がおされているか(全部宗教のファーストリテイリング)
ミランダカー(週刊誌報道では母国ではもう学会員ではないと釈明しているそうですが
いまだに学会員オーランドブルームとの繋がりが深い)のスナップばかり場違いな雑誌でも何度も掲載されるのか
賢明な一般人は見抜いて洗脳されないようにしましょう
あなたは巧妙なステマや提灯記事や意図されたネットの口コミに洗脳されて消費行動をしていませんか?


http://japan.cnet.com/marketers/news/35068103/
2015/07/30 16:26CNET Japan Marketers' ニュース
http://japan.cnet.com/marketers/news/35068103/
「Yahoo!ニュース」と記事提供契約を結ぶ一部のニュース提供社が、ノンクレジットの広告記事(広告であることを隠し、通常の編集記事であると誤認させた広告記事)をYahoo!ニュースに配信している可能性があるとの報道を受け、ヤフーは7月30日、「これらの行為について、積極的に排除し、撲滅したい」との考えをYahoo!ニュースのスタッフブログで示した。一部のニュースメディアがYahoo!ニュースに対してノンクレジットの広告記事を配信している可能性があることは、日経デジタルマーケティングが、特集「ノンクレジット広告を望みますか?」で6月に報じていた。

 ヤフーでは、当該行為を「読者を裏切るステルスマーケティング(いわゆる「ステマ」)の一種であり、優良誤認として景表法違反に問われる可能性もある悪質な行為」とみなし、読者や広告主、サービスそのものの信頼を損なうものだと説明している。

 同社は、Yahoo!ニュースとニュース提供各社との契約で、広告表記の有無にかかわらず、記事広告やタイアップ記事を配信することや、記事中のリンクから広告に誘導することを禁じており、これまでもいくつかのニュース提供社との契約を打ち切っている。

 今回の声明では「今後も、契約違反が明らかになった場合は、契約解除はもちろんのこと、Yahoo!ニュースが信頼を損なうことによって被った損害や信頼回復のために要した費用の請求、その他法的措置を含む厳正な対処を行います」と警告している。

 ニュース提供社だけでなくステマに関与した広告事業者などにも「厳正な対処」は及ぶのかとの問いに対し、同社広報室は「ステマ配信がそのような複数の関係者で行われていた場合には、今後、ニュース提供社のみでなく、それを促す企業への処置も検討していきます」と答えた。

 また、今回声明を出したタイミングとは無関係だとしながらも、同日付けで、「マイナビニュース」と「マイナビウーマン」を配信するマイナビ、「モデルプレス」を配信するネットネイティブの2社3媒体との契約を解除したと明かした。

 ノンクレジットの広告記事を巡っては、日本インタラクティブ広告協会(JIAA、旧インターネット広告推進協議会)が3月に発表したネイティブ広告の健全化に関する指針をきっかけとして、一部媒体社と一部代理店間で売買されている事実が表面化した。なお、ヤフーはJIAAに加盟しており、代表取締役社長の宮坂学氏がその副理事長を務めている。

【追記:7月30日21時50分】

 ヤフーがステマ事業者をあぶり出そうとしている。Yahoo!ニュースで契約しているニュース提供各社に対し、7月30日、「ステマを促す事業者」に関する情報提供を促す連絡をしたことがわかった。ステマをそそのかすような行為をする企業の名称やその担当者名、セールストークの内容などの情報を求めている。
 そこで得た情報については、「ユーザーに支持されるためのサービス運営に役立てたい」とのみコメントした。

ノンクレジット広告を望みますか? ネイティブ広告に残るグレーゾーン、広告主も入って議論を
【特集】ノンクレジット広告を望みますか?(1)
http://business.nikkeibp.co.jp/article/nmgp/20150617/284345/
日経デジタルマーケティング2015年6月19日


マイナビwikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%82%A4%E3%83%8A%E3%83%93
マイナビ(英:Mynavi)は、株式会社マイナビが提供する日本の人材情報サービスのポータルサイト及びブランド。このブランド名は2007年1月末に発表された。これまで毎日コミュニケーションズが提供してきたさまざまな人材情報系サイトを統合した新たなサービス・ブランドとして、2007年3月6日に発足した。「マイナビ」という言葉は元々、新卒学生向け就職情報サイトである「毎日就職ナビ」(まいにちしゅうしょくナビ)の略称として使われていたが、これが人材系の共通ブランドに転用されたものである。2011年10月1日には、毎日コミュニケーションズの企業名も本ブランドに合わせて株式会社マイナビへ変更された[1]。

マイナビのロゴマークの形は、マイナビのmとnをかたどったラインで人生の「波」を、波に寄り添うドットでその「転機」を表現している。

元々同社が手がけていた新卒学生向け(マイナビ20○○と西暦がつく)、転職希望者向け、派遣希望者向け、進学希望者向けなどのサービスに加え、2007年秋には新たにアルバイト希望者向けサイトをオープンするなど、総合人材情報サイトとして規模拡大を続けている。さらに2012年には新たに「マイナビ賃貸」「マイナビウエディング」といった人材情報以外の分野のサイトを相次いでオープンさせており、リクルートグループの対抗勢力としての姿勢を強く打ち出している。
CM・イメージキャラクター[編集]
大塚愛 - マイナビ2010
flumpool - マイナビ2011
有吉弘行 - マイナビ2015、2016
スガシカオ - マイナビ転職
石川遼 - 全マイナビブランド共通
前田敦子 - マイナビ転職(2013年イメージキャラクター)
石原さとみ - マイナビ転職・イメージキャラクター(2015年 - )[2]
^ 株式会社 毎日コミュニケーションズ、「株式会社マイナビ」に社名を変更
2.^ “マイナビ:石原さとみさん起用 新CMソングはファンキー加藤さん” (2015年1月23日). 2015年1月23日閲覧。


マイナビ (企業)wikipedia
より一部抜粋
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%82%A4%E3%83%8A%E3%83%93_(%E4%BC%81%E6%A5%AD)
特記事項:2011年10月に毎日コミュニケーションズより社名変更
株式会社マイナビ(Mynavi Corporation)は、就職・転職・進学情報の提供や人材派遣・人材紹介、雑誌・書籍の出版などを主業務とする日本の会社である。また、パソコンや家庭用ゲームの雑誌などの出版物の刊行・ゲームソフトの発売も行っている。

1973年に株式会社毎日コミュニケーションズ(まいにちコミュニケーションズ、Mainichi Communications Inc.)として創業。2011年10月1日より現在の社名となった。
もともと毎日新聞社の関連会社として設立され、現在も本社が毎日新聞社と同じパレスサイドビルディングにあるほか、健康保険組合なども共通である。そのため、世間的には毎日新聞社のグループ企業と認識されることが多いが、現在の同社に対する毎日新聞社の持株比率は10%を割っており、資本的なつながりは薄くなっている(毎日新聞社側でも「グループ会社」ではなく「友好会社」の扱いとしている[1])。出版事業においても、毎日新聞に掲載された連載記事や連載小説の書籍化は2015年4月に設立された毎日新聞出版で行っており(出版社設立以前は毎日新聞社自身で出版を行っていた)、マイナビでは行われていない。

主要株主
毎日新聞社 10%弱


毎日新聞wikipediaより一部抜粋

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%AF%8E%E6%97%A5%E6%96%B0%E8%81%9E
毎日新聞(まいにちしんぶん、旧字体: 每日新聞)は、日本の新聞のひとつ。2014年上半期の販売部数(日本ABC協会調べ)は朝刊が約330万部、夕刊が約95万部である[1]。毎日新聞社(毎日新聞グループホールディングス傘下)が発行している[2]。

かつては朝日新聞と共に2強に数えられていたが、その後の拡販競争と西山事件で経営危機で遅れを取ったほか、1960年代後半から1970年代前半に掛けての読売新聞の発行部数増加もあり、現在では読売・朝日に大きく水を開けられている。この2紙と毎日をあわせて三大紙と呼ばれる[3]。

現在のスローガンは、「報道に近道はない」[4]。

新聞販売店の愛称は「毎日ニュースポート」であるが、近年は呼称される機会が少ない。 yahooニュースに他社同様に記事を提供していて採用率は他社に比べて多い。

聖教新聞
経営危機の後、収入源として聖教新聞の印刷を一部請け負う。特定の宗教団体を巡る記事を掲載するに際して、編集の独立性に対する萎縮的効果を生じているのではないかという指摘がある(週刊ダイヤモンド2004年8月7日号に詳述)。創価新報や公明新聞といった創価学会関連紙の印刷請負は、毎日新聞に限らず、読売・朝日・日経の全国紙および中日(東京)・北海道・西日本新聞等のブロック紙・地方紙など34紙がする。公明党の2001年分の政治資金収支報告書を元に受注金額が最も多いのは毎日新聞社の印刷子会社である東日印刷の約3億円で、2位の日刊オフセット(朝日新聞社系)は1億3000万円であるほか、毎日新聞社グループの毎日北海道・毎日旭川・東日オフセット・福島民報社・毎日新聞北関東コア・エスティトーニチなどで印刷受注する[71]。池田大作(聖教新聞名誉社主)が東日印刷幹部(元毎日新聞取締役含む)に、「東日と 家族の如き 聖教は 共に栄えむ 歴史を築きて」という句と共に「SGI(創価学会インターナショナル)勲章」を贈呈する。また、2009年3月1日の紙面オピニオンの欄に名誉会長である池田大作の寄稿「危機の打開へ若き活力を」を掲載する。

2012年、毎日新聞社の印刷関連会社「高速オフセット」が聖教新聞の印刷を50年にわたって受託してきたことを記念して、毎日新聞社社長の朝比奈豊が聖教新聞社から「聖教最高栄誉賞」を受賞した[72]。

モデルプレスwikipediaより一部抜粋
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A2%E3%83%87%E3%83%AB%E3%83%97%E3%83%AC%E3%82%B9
運営者
ネットネイティブ
「モデルプレス」(modelpress)は、株式会社ネットネイティブの運営によるウェブサイト[1]。ファッションをはじめ、エンターテインメント、美容、ならびにダイエットなどの女性の興味関心が高い題材を主に取り扱うニュースサイトで、日本国内最大級の女性向けニュースサイトとなっている[2]。配信提供[編集]

1日平均40本から70本のニュースを配信[3]。日本国内の各種大手ポータルサイトにニュースコンテンツを提供している[4]。日本国内の主要34ウェブサイトをはじめ、日本国外の主要なポータルサイトにも記事を配信[5]。提供先には、「Yahooネタりか」、「Googleニュース」、「mixiニュース」、「livedoorニュース」、「BIGLOBEニュース」、「BIGLOBE Kirei Style ニュース」、「exciteニュース」、「ウーマンエキサイトニュース」、「infoseekニュース」、「niftyニュース」、「ニコニコニュース」、「アメーバニュース」、「NewsCafe」、「シュフモ」、「109NET」、「RUNWAY channel」、「girlswalker」、「Newswalker」、「GRP」、「RADIANT」、「コメンテーター」、「プリ画像」、「読めるモ」、「bijin-topic」、「mu-mo」、「ファンアプリ」、および「JJ-STREET」などが含まれる[6]。


注)このかたたちの後ろにも当然トップのかたの政治的新興宗教がいて政治力があります

「サマソニ」にGENERATIONS、EXILE SHOKICHI初出演
ナタリー
2015年7月24日 19:15
http://natalie.mu/music/news/154953

スポンサーサイト
プロフィール

nowhere

Author:nowhere
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。