スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

難民16万人受け入れへ、加盟国の割り当て案発表 EU

http://www.cnn.co.jp/world/35070350.html
2015.09.10 Thu posted at 16:47 JST CNN


(CNN) 欧州連合(EU)の行政執行機関、欧州委員会は9日、中東やアフリカなどから殺到する難民や移民ら計12万人を新たに受け入れ、加盟国にそれぞれ拘束力を持たせて割り当てる計画を発表した。

12万人はドイツや北欧などを目指す中継地として既に多数の難民らが滞在するイタリア、ギリシャやハンガリーから他国へ向かう。1万5600人はイタリア、5万400人はギリシャ、5万4000人はハンガリーからとなる。

同委員会は今年5月、加盟国が迎え入れる難民らはイタリアとギリシャに逃れた4万人としていた。今回上積みした12万人を加えて計16万人となる。多くは内戦下にあるシリア住民となっている。

EU加盟国の受け入れ人数は各国の人口や国内総生産(GDP)の規模、過去に認めた亡命申請の件数や失業率などを考慮して決めた。EUは難民らを引き取る国に追加の資金援助を実施する。

EUによる今回の割り当て案の実施には加盟国の合意が必要。内相会議が今月14日に開かれ、この問題を話し合う。

ただ、義務的な割り当て案に対してはハンガリー、ポーランド、スロバキアやチェコなどが強い反対を表明。一方、ドイツはEU加盟国内で難民らを公平に受け入れる唯一の方法と支持している。

ユンケル欧州委員長は9日、欧州議会で演説し、「我々欧州人は保護を与え、亡命の基本的権利に応じることは非常に大事であることを知るべきだし、忘れるべきではない」と強調。難民危機の問題で、結束した勇気を示し、欧州の対応を今こそ打ち出す時機だと続けた。

オバマ米大統領、シリア難民1万人の受け入れ指示
ロイター2015年 09月 11日 07:48 JST
http://jp.reuters.com/article/2015/09/10/europe-migrants-whitehouse-idJPKCN0RA2RS20150910


[ワシントン 10日 ロイター] - 米ホワイトハウスは10日、オバマ大統領が、今後1年間に少なくとも1万人のシリア難民を受け入れるよう指示したことを明らかにした。

2011年にシリア内戦が始まって以来、米国が受け入れた難民は1500人。10月までにはさらに300人が難民認定される見込み。

ただ、欧州に大量の難民が流入している危機的な状況に対処するには、1万人の増加では不十分との指摘も出ている。

デイビット・シシライン下院議員(ロードアイランド州選出、民主党)はオバマ大統領に対し、2016年末までに6万5000人のシリア難民受け入れを要請。宗教団体の中には10万人の受け入れを求める声もある。
スポンサーサイト
プロフィール

nowhere

Author:nowhere
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。