スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

創価学会巨額融資詐欺事件 wikipedia 平成15年

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%89%B5%E4%BE%A1%E5%AD%A6%E4%BC%9A%E5%B7%A8%E9%A1%8D%E8%9E%8D%E8%B3%87%E8%A9%90%E6%AC%BA%E4%BA%8B%E4%BB%B6

創価学会巨額融資詐欺事件(そうかがっかいきょがくゆうしさぎじけん)とは宗教法人創価学会の学会員数名が平成10年から平成15年にかけて、みずほ銀行を舞台に起こした巨額詐欺事件である。

概要

2003年(平成15年)12月に創価学会幹部数名がみずほ銀行国分寺支店を訪れ、池田大作創価学会名誉会長の秘書を名乗り、担当行員に「創価学会関連の迎賓館を建設する」などと架空の話をでっち上げた。学会幹部は「創価大と関係のある自然食品販売会社が用地取得を請け負う」と担当に融資を依頼。偽造した自然食品販売会社の決算報告書や納税証明書などを見せ、銀行側から東京都国立市内の融資を引き出しだまし取った。融資がうまくいくと次は別の学会員が銀行を訪れ、「自分の親族が創価大学学生用アパートを建設する計画がある」などと架空の案件を同行に持ちかけさらに融資を募り金銭を騙し取った。しかし、工事がいつになっても始まらないことを不審に思ったみずほ銀行幹部が創価学会本部へ問い合わせたところ、詐欺事件が発覚、警視庁の捜査により創価学会の関係者および幹部6名が逮捕され、被害総額はおよそ14億円に至った[1]。

みずほ銀行
銀行の内部調査によれば理由として当時、担当行員および行員の上司は当時資本金10兆円とも言われ、旧富士銀行の岩佐凱実頭取時代から続く創価学会(池田大作)と銀行との関係性強化を優先したため、融資を許可したこと、提出された自然食品販売会社の決算報告書や納税証明書は表面上何の問題もなく偽造に気づかなかったこと、工事が始まらない点は相手が創価学会のため、取引を打ち切られた際の損失デメリットを考え何もいえなかったことをあげた。また、詐欺発覚までに行われた金融庁検査でもこの問題は指摘されなかったが読売新聞は行われた金融検査自体にに問題がなかったのかと批判した[2]。

創価学会

逮捕当時、犯人グループの手元にお金がほとんどなかったこと、逮捕された学会幹部が1000万円単位の財務を収めていたとの供述から詐欺で得たお金が創価学会・池田大作に回されたのではとの疑惑が浮上した[3]。創価学会は事件発覚当初、学会の名前を騙る不遜の輩が逮捕されたと機関紙の1面に掲載した[4]。だが、逮捕された人間が学会幹部とわかると逮捕された学会幹部を会則に照らし除名した後、事件と学会は無関係であるとコメントするに留まった[5]。

脚注
[ヘルプ]
1.^ 巨額かたり融資詐欺事件を引き起こした「創価学会=池田大作」の金権体質
2.^ 「読売新聞」2005年5月9日号
3.^ 週刊新潮2005年5月16日号
4.^ 聖教新聞2005年5月7日1面
5.^ 週刊新潮2005年5月16日号

注)仏教、禅宗を学ぶ曹洞宗の禅僧によるつらつらなる日暮らしと紹介されている
個人ブログより「つらつら日暮らし」に転載された記事を引用させていただきます。

創価学会かたり融資詐欺、みずほ銀から14億円
http://blog.goo.ne.jp/tenjin95/e/c1bcab23953e4144e22311a28551fae3
2005-05-09 06:17:02

Yahoo!ニュース - 読売新聞 - 創価学会かたり融資詐欺、みずほ銀から14億円

 架空の創価学会施設建設計画をみずほ銀行支店に持ち込み、約14億円に上る融資を不正に受けていたとして、警視庁捜査2課と府中署が詐欺グループのメンバー6人を詐欺などの疑いで逮捕していたことが、8日わかった。
 同グループはみずほ銀に対し、同学会の池田大作名誉会長の秘書をかたっていたほか、偽造した決算書を示すなどして信用させていた。大手都銀が巨額の融資金を詐取された今回の事件は、金融機関の融資審査の在り方にも一石を投じることになりそうだ。
 逮捕されたのは、東京都国立市の川村克彦容疑者(53)、中央区の自然食品販売会社社長(63)ら6人。
 調べによると、川村容疑者らのグループは2003年末ごろ、国分寺市のみずほ銀国分寺支店の担当行員に対し、「創価学会の迎賓館を建設する計画がある」などと架空の建設計画を持ち掛け、「迎賓館を運営する自然食品販売会社が土地を取得するので融資してほしい」と融資を依頼。
 偽造した自然食品販売会社の決算報告書や、偽造した税務署の収受印を押した同社関係者の偽の確定申告書などを提示し、約1億4000万円の融資を引き出し、だまし取るなどした疑い。
 グループは、同支店からの融資金で都内の土地を取得する際、所有権の移転登記のため法務局に提出した申請書類に、偽造した収入印紙をはっていたことから、事件が発覚した。
 自然食品販売会社は事実上のペーパーカンパニーで、問題の土地は、転売目的で取得したとみられる。
 詐欺グループはほかにも、同支店に「創価大学の学生寮の建設計画がある」などと、架空の創価学会関連施設の建設計画を数件持ち込み、03年末までの5~6年間に総額約14億円の融資金をだまし取っていたといい、捜査2課で余罪を追及している。
 また、グループには、6人のほかに融資金詐取に加担したメンバーがいた可能性もあるとみて、詳しく調べている。
 川村容疑者は犯行当時は学会員で、同支店に対し、「池田名誉会長の秘書」を名乗って信用させていたが、実際に池田名誉会長の秘書を務めたことはなかった。川村容疑者は昨年春ごろ、同学会を退会したという。
(読売新聞) - 5月9日3時3分更新


注)google検索結果より引用
https://groups.google.com/forum/#!msg/japan.jiji/mrcYYVmWiKA/2CJMm2rcpK8J
■「創価学会迎賓館を建設」…みずほ14億円詐欺被害
■元創価大学教授の養子、現役学会員ら6人
「創価学会関連の迎賓館を建設する」などと架空の話をでっち上げ、
みずほ銀行から計約14億円もだまし取ったとして、
警視庁捜査2課は9日までに詐欺などの疑いで6人を逮捕した。
逮捕されたなかには現役会員(犯行当時)もおり、
創価学会の池田大作名誉会長の秘書もかたって、同行を信用させていたという。
 逮捕されたのは、元創価大教授の養子で、犯行当時会員だった男(53)ら。
調べだと、男らは平成15年11月、架空の迎賓館建設の話を同行国分寺支店の担当行員に持ちかけ、
「創価大と関係のある自然食品販売会社が用地取得を請け負う」と融資を依頼。
偽造した自然食品販売会社の決算報告書や納税証明書などを見せ、
東京都国立市内の土地約500平方メートルの購入費用約1億4000万円の融資を引き出し、だまし取った疑い。<中略>
6人はこのほかにも、「自分の親族が同大の学生用アパートを建設する計画がある」などと架空の数件の案件を同行に持ちかけ、
15年末までの5、6年間にあわせて14億円を詐取した疑いも持たれている。
男の養父は創価大内部で問題が発覚した後の昨年3月に依願退職したが、
「銀行との交渉には男が中心になって当たり、元教授の息子であることや学会とのつながりをちらつかせていた」(関係者)と、
立場をフルに悪用していたとみられる。<後略>
ttp://www.zakzak.co.jp/top/2005_05/t2005050923.html

■みずほ詐欺被害15億円
「創価学会が迎賓館を建設する」などといったウソの計画をみずほ銀行に持ち込み、
約15億円の融資を不正に引き出したとして、警視庁捜査2課と府中署が9日までに、

元創価学会員の男ら7人を詐欺などの疑いで逮捕した。<後略>
ttp://gendai.net/contents.asp?c=010&id=16295

■元創価学会員ら7人を詐欺容疑で逮捕
詐欺などの疑いで逮捕されたのは東京・国立市の元創価学会員、川村克彦容疑者(53)ら
7人で、
9日朝、身柄を 東京地検に送られました。<中略>
警視庁は同様の手口であわせておよそ15億円を だまし取ったものとみて裏付けを進めています。<後略>
ttp://news.tbs.co.jp/headline/tbs_headline1187898.html



創価大一期生らが詐欺
「迎賓館建てる」 銀行から融資 7人逮捕
2005年5月10日(火)「しんぶん赤旗」
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik4/2005-05-10/15_03_0.html

 「創価学会が迎賓館を設立する」との話を持ち掛け、大手都銀から融資金一億四千万円をだまし取ったとして、警視庁捜査二課は九日までに、詐欺などの疑いで東京都国立市、健康食品販売業川村克彦容疑者(53)、江東区の林敬子容疑者(60)ら七人を逮捕しました。
 川村容疑者は創価大(八王子市)元教授の養子。グループは総額約十五億円の銀行融資を受けており、うち約十億円は創価大の学生寮建設話をもちかけて引き出していたといいます。
 調べでは、川村容疑者は二○○三年十一月中旬、創価学会が迎賓館を建設するとの話で、みずほ銀行国分寺支店に融資を依頼。翌十二月初め、土地購入費として、一億四千万円を詐取した疑い。
 川村容疑者らは、経営実体のない会社を創価学会の関連企業として融資の受け皿とした上で、偽造された同社の確定申告書などを同行に提出していたといいます。
 川村容疑者は学会エリートとされる創価大学一期生で、同期には公明党北側一雄衆院議員(国土交通相)、木庭健太郎参院議員らがいます。同容疑者もグループには「学会内で高い立場にある」と説明していたといいます。
 元教授は昨年三月、一身上の都合で退職しています。創価大は同月、「八王子市内のマンションを同大が借り受ける」との虚偽文書が都銀に提出されたとして、有印私文書偽造の疑いで被疑者不詳のまま八王子署に告訴していました。
スポンサーサイト
プロフィール

nowhere

Author:nowhere
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。