スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

関東・東北豪雨:3人の死亡確認 豪雨災害の死者は7人に

注)豪雨で亡くなられたかたのご冥福を祈ります。また現在も行方不明のままのかたがたのご無事を祈ります。

毎日新聞 2015年09月13日 16時21分(最終更新 09月13日 23時14分)
http://mainichi.jp/select/news/20150913k0000e040166000c.html
茨城県警は13日、豪雨災害のあった茨城県常総市の鬼怒川左岸で、男性2人が倒れているのが見つかり、死亡が確認されたと発表した。また、栃木市の冠水した水田でも男性1人の遺体が見つかった。
茨城県警や地元消防によると、午前11時45分ごろ、常総市新石下の水田で布施政昭さん(51)が心肺停止状態で倒れており、死亡が確認された。さらに午後1時55分ごろ、堤防が決壊した場所に近い同市三坂町で別の男性遺体が見つかり、栗田要也さん(71)と判明した。
 また、13日午前7時35分ごろ、栃木市藤岡町甲の冠水した水田で、軽ワゴン車が水没しているのを、被害状況を見回っていた同市職員が発見した。消防隊員が車内を確認したところ、1人の遺体が見つかった。栃木署によると、同市藤岡町藤岡、職業不詳、小倉治さん(68)で、死因は水死、10日ごろに死亡したとみられる。
 現場周辺は東西800メートル、南北2キロにわたり冠水していた。豪雨による事故とみて調べている。119番などの救助要請や行方不明届はでていなかったという。
 関東・東北豪雨による死者は12日までに4人が確認されている。常総市では15人が行方不明になっていた。

記録的豪雨 死者は茨城2人、栃木3人、宮城2人の計7人に
09/14 01:21 FNN
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00302948.html
東日本を襲った豪雨で、鬼怒川が決壊し、大規模な水害が発生した茨城・常総市で、男性2人の遺体が見つかり、この豪雨での死者は、あわせて7人となった。
13日昼前、常総市新石下(しんいしげ)の鬼怒川の決壊現場近くで遺体が見つかり、布施政昭さん(51)と確認された。
また、三坂町で見つかった遺体も、付近に住む栗田要也(かなや)さん(71)と確認された。
今回の豪雨での死者は栃木県の3人、宮城県の2人とあわせ、7人となっている。
常総市で遺体で見つかった2人は、常総市が把握する行方不明者15人には含まれていないという。
市内では、排水作業が続けられているものの、冠水している地域は多く、13日も自衛隊と警察、消防が、冠水した地域の家々を1軒1軒訪ねて、取り残された人がいないか安否確認を行うなど、行方不明者の捜索が続けられている。


氾濫続発、対応後手に 関東・東北豪雨で死者4人
http://www.nikkei.com/article/DGXLZO91689550T10C15A9CC1000/
日本経済新聞 2015/9/13 1:40
 台風18号の影響による関東・東北地方の記録的豪雨は、12日までに死者4人、家屋浸水約1万4千戸に上る大水害をもたらした。15人が行方不明のままの茨城県常総市では、行政が最初の氾濫被害への対処で手いっぱいなうちに別の場所で堤防が決壊した。市も「結果的に対応が後手に回った」と認める。1つの自治体内で災害が多発した場合の危機管理の難しさが改めて浮かび上がっている。豪雨は台風18号と東海上の台風17号の影響が重なり、帯状の範囲に積乱雲が次々と発生する「線状降水帯」が9日から居座ったことが原因。南風と東風がぶつかって関東地方付近で上昇気流を生み続け、ほぼ同じ場所で強い雨が長引く「異常事態」(気象庁)となった。
 常総市に大雨・洪水警報が出たのは9日午後4時36分。日付が変わった直後の10日午前0時15分には、鬼怒川に氾濫危険情報が出された。
が最初に避難指示を出したのは堤防決壊より10時間以上前の10日午前2時20分。対象は決壊場所から5キロほど上流の「石下地区」などだった。
 同地区そばの「若宮戸地区」では午前6時半、水が堤防を乗り越えて流れ込む「越水」が発生。街への浸水が始まった。
石下地区に住む雑貨店経営の男性(73)は、10日午前4時半ごろ、避難を呼びかける市の防災無線を聞いている。午前6時ごろには雨脚も強くなり、近所の人からも「危ないからまずいよ」と言われて早めの避難を決断、難を逃れた。
 越水で周辺地域は急速に浸水が進んだ。午前7時45分には気象庁の大雨特別警報も発令され、県は午前8時半に常総市への自衛隊派遣を要請。市もハザードマップを基に避難指示地域を拡大するなど対応を急いだ。
 市が越水への対処に追われていた午後0時50分。下流の「三坂町地区」で突然、堤防が決壊した。越水よりも水の勢いは強く、激しい濁流が家屋を次々と押し流した。
 この地区への避難指示が出たのは、上流域への指示より約8時間後の午前10時半だった。同地区の会社員男性(23)は決壊直前、自治会の依頼で土手に土のうを積んでいた。「遠くで防災無線が鳴っているのは分かったが、聞き取れなかった」。昼食休憩でいったん離れ、戻ろうとした際に決壊。必死に走って逃げてくる人たちを見て「ようやく事の重大さに気付いた」。
 避難指示を知らずに車で出かけ、冠水した道路に突っ込みかけた同地区の主婦の古谷悦子さん(55)は「もっと朝早くに指示が出ていれば外出しなかったのに」と話す。
 市安全安心課の斎藤健司課長は「(先に越水した)上流での被害に気をとられ、これほどの範囲の浸水になるとは予想もしなかった。結果的に対応が後手に回ったと言われても仕方がない」と話した。

行方不明の15人 1800人態勢で捜索
9月13日 9時47分 NHK
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150913/k10010231971000.html

堤防が決壊し15人の行方が分からなくなっている茨城県常総市では警察や消防、自衛隊などおよそ1800人の態勢で捜索を行っています。午後からは局地的に雨が降るおそれがあり、警察などでは川の水位に注意しながら捜索に当たることにしています。
常総市では豪雨の影響で今月10日、鬼怒川の堤防が決壊して広い範囲で浸水し、依然として15人の行方が分からなくなっています。
警察や消防、それに自衛隊による捜索は13日も午前7時すぎからおよそ1800人の態勢で行われています。ヘリコプターを使って上空から行方不明者を探すほか、地域の住宅を一軒一軒回ったり、水につかっている車の状態を確認したりしながら住民の安否の確認が進められています。
また、常総市内では市役所より南側の地区を中心に水につかった状態で消防による取り残された人の救助活動も続いています。
一方、鬼怒川の堤防が決壊した現場では重機を使って土をならし、仮の堤防を造る工事が行われています。
水戸地方気象台によりますと、茨城県内は13日午後から局地的に雨が降る見込みで、警察などでは鬼怒川の水位に注意しながら行方不明者の捜索に当たることにしています。


素早くおにぎり数万個…コンビニやスーパーの被災地支援
http://www.asahi.com/articles/ASH9D4RNKH9DULFA003.html
朝日新聞2015年9月13日17時50分
「おにぎりが届いて本当に助かった」――。記録的な豪雨で大きな被害を受けた茨城県や栃木県などには、当日の10日夕から食料品や毛布など様々な支援物資が届き、避難所で一息つく被災者も多かった。素早く支援に動いたのは、独自の流通網を持つコンビニ大手や総合スーパーだ。
 セブン&アイ・ホールディングスは被災翌日の朝7時に、被害が甚大だった茨城県常総市の避難所10カ所におにぎり6千個を届けた。12日中には新たに1万個を届け、肌着や靴下、毛布など計約7千点も配る計画。すべて無償だ。
 東京都千代田区のセブン&アイ本社にプロジェクトチームが立ち上がり、被災地の自治体などと連絡を取りながら、必要な物資や数量を決めていく。おにぎりは近隣の生産工場から集め、通常の配送用トラックを被災地に向かわせた。
 コンビニやスーパー大手の多くは、自治体と緊急物資に関する「災害協定」を結んでいる。無償で物資を提供する一方、危険地帯の道路を迅速に通してもらい、お店の営業を続けられるメリットなどがある。2011年の東日本大震災以降、各社は社内の防災マニュアルを見直し、災害時の「初動」を研究してきた。
 ローソンは協定先の宮城県に連絡し、大崎市内の小学校に物資を運ぶことを11日午後2時半ごろに決定。その2時間後には、仙台市内の物流センターから10トントラック1台がカップ麺2千個と飲料水を届けた。

 「過去の震災では物資が余ることもあった。本当に必要なものを届けることが大切」とするのはイオングループ。おにぎりなら4千個から120個まで、自治体の要請ごとに細かく選別して届けた。歯ブラシや簡易トイレ、生理用品などのリクエストにも対応。復旧支援のボランティアの派遣も検討しているという。

 他にも、冠水で数十人が取り残された常総市のスーパー「アピタ石下店」を持つユニーグループ・ホールディングスやファミリーマートなど、「地域のインフラ」となった流通企業が続々と支援している。
スポンサーサイト
プロフィール

nowhere

Author:nowhere
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。