スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

角田元被告義妹ら懲役21年=尼崎変死、殺人1件認めず-神戸地裁

http://www.jiji.com/jc/zc?k=201509/2015091600868&g=soc
時事通信 (2015/09/16-20:04)
兵庫県尼崎市の連続変死事件で、3件の殺人罪などに問われた角田三枝子被告(62)ら3人の裁判員裁判の判決が16日、神戸地裁であった。増田耕兒裁判長は、うち1件を傷害致死罪と認定した上で、「悪質だが関与は従属的だった」としていずれも懲役21年(求刑各懲役30年)を言い渡した。
 三枝子被告は、事件の中心人物とされ勾留中に自殺した角田美代子元被告=当時(64)=の義妹。他の2人は同元被告の養子の健太郎(33)、内縁の夫鄭頼太郎(65)両被告。
 判決は2件の殺人などで元被告との共謀を認定。残る1件については「元被告の殺意を認識していたとは言えない」と判断した。
 判決によると、3人は美代子元被告らと共謀し、2005年に沖縄県で三枝子被告の夫角田久芳さん=同(51)=を自殺に見せ掛けて殺害、生命保険金5000万円を詐取した。08年には仲島茉莉子さん=同(26)=を尼崎市のマンションのベランダ物置に監禁し殺害、11年には久芳さんの弟橋本次郎さん=同(53)=を監禁、暴行し死亡させた。

角田元被告の義妹らに懲役21年 尼崎変死で神戸地裁判決
2015/9/17 0:54 日本経済新聞
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG16H8J_W5A910C1CC1000/
8人が死亡、3人が行方不明になった兵庫県尼崎市の連続変死事件で、うち3件の殺人罪などに問われた角田美代子元被告(当時64)=自殺=の義妹、三枝子被告(62)ら3被告の裁判員裁判の判決公判で、神戸地裁は16日、いずれも懲役21年(求刑懲役30年)を言い渡した。増田耕児裁判長は「犯行態様は相当悪質。被害者の苦痛は計り知れない」と述べた。
 他の2被告は元被告の内縁の夫、鄭頼太郎被告(65)と長男、健太郎被告(33)。3被告は3件の殺人罪など9つの罪で起訴された。
 判決理由で増田裁判長は、3被告と元被告との共謀を認定。一方で「元被告によって角田家に取り込まれるなどの経緯があり、元被告の意向に逆らうのは相当困難だった」と指摘、「役割は従属的だった」と述べた。
 尼崎市の自宅ベランダで監禁され死亡した橋本次郎さん(当時53)に対する殺人罪の起訴内容については「死ぬ危険があるとまでは認識していなかった」として傷害致死罪に当たると判断した。
 判決によると、3被告は2005年、角田久芳さん(同51)を事故死を装って殺害し、保険金を詐取。08年には仲島茉莉子さん(同26)を自宅ベランダで監禁し、殺害。11年には橋本次郎さんを暴行して死なせ、遺体を海に捨てるなどした。

連続変死、角田元被告の義妹らに懲役21年判決
2015年09月16日 15時20分 読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/national/20150916-OYT1T50087.html
兵庫県尼崎市の連続変死事件で、殺人罪など死亡した5人に対する九つの罪に問われた角田すみだ美代子元被告(自殺、当時64歳)の義妹・三枝子被告(62)ら3人の裁判員裁判の判決が16日、神戸地裁であり、増田耕児裁判長は3人にいずれも懲役21年(求刑・懲役30年)を言い渡した。
他の2人は、元被告の長男・健太郎(33)、内縁の夫・鄭頼太郎ていよりたろう(65)両被告。

 起訴状によると、3人は美代子元被告と共謀し、2005年7月、死亡保険金を得る目的で、三枝子被告の夫・久芳さん(当時51歳)を沖縄県の崖から飛び降りさせて殺害。08年7~12月には元被告宅の物置に同居していた仲島茉莉子さん(同26歳)を監禁して衰弱死させ、11年7月にも同居の橋本次郎さん(同53歳)を殺害したなどとされる。

 裁判員の任期は、選任手続きがあった4月30日から判決まで140日間で、過去最長だった。

2015年09月16日 15時20分 Copyright © The Yomiuri Shimbun

【尼崎連続変死公判】2015.9.16 23:21更新 産経west
「美代子元被告に匹敵する罪」被害者遺族、3被告判決で改めて憤り
http://www.sankei.com/west/news/150916/wst1509160112-n1.html
兵庫県尼崎市の連続変死・行方不明事件で、男女3人への殺人や詐欺などの罪に問われた角田美代子元被告=自殺、当時(64)=の義妹、角田三枝子被告(62)▽三枝子被告と元被告の長男、健太郎被告(33)▽元被告の内縁の夫、鄭(てい)頼太郎被告(65)―に16日、神戸地裁(増田耕児裁判長)が懲役21年の実刑判決を言い渡したのを受け、被害者の仲島茉莉子さん=当時(26)=の父(63)が判決後、弁護士を通じてコメントを出した。主な内容は次の通り。

判決では、一連の事件はあくまでも角田美代子元被告の犯行であり、被告らには元被告に従属した立場としての責任しかないととらえられているようです。

 しかし、被告らが元被告の手足となって、多くの人の命を奪ったことの責任は重く、元被告の罪に匹敵するはずです。あまりにもひどい虐待の末に命を奪われた娘と妻の苦しみや恐怖、悔しさを思うと、被告らには極刑が下されてもおかしくはなく、懲役21年という罪で償えるとは思えません。

 今回起訴されたいずれの犯行も3被告の関与がなければなしえなかったものであり、各被告1人1人の責任に、もっと目を向けてほしかったと思います。

 私自身は、決して被告らを許すことはできません。

 被告らには、主犯格である元被告亡き今、生存している被告らが元被告の分まで罪を償うべきことを心に留め、刑に服してもらいたいと思います。
スポンサーサイト
プロフィール

nowhere

Author:nowhere
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。