スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

紙袋にテープで巻かれた猫 東京・豊島区

注)誰がやったのかは不明です

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20151002/k10010256271000.html
NHK 10月2日 14時00分
1日、東京・豊島区の公園で、生きたまま荷造り用のテープでぐるぐる巻きにされた猫が紙袋に入れられているのが見つかり、警視庁は動物愛護法違反の疑いで捜査しています。

1日午前0時すぎ、豊島区南長崎の「南長崎花咲公園」で、紙袋の中に猫が入れられているのを近くに住む人が見つけ、110番通報しました。
警視庁の調べによりますと、紙袋は公園内のゴミ箱のそばに置かれていて、猫は生きたまま荷造り用のテープでぐるぐる巻きにされた状態で、耳とあごに傷があり血を流していたということです。警視庁は、何者かが猫を傷つけて捨てた疑いがあるとみて動物愛護法違反の疑いで周辺の防犯カメラなどを捜査しています。
東京都内ではことし4月から7月にかけて練馬区や板橋区で体の一部が切断された猫の死骸が相次いで見つかっています。

紙袋の中に下あご切られた猫 東京・豊島区の公園
2015年10月3日02時11分 朝日新聞
http://www.asahi.com/articles/ASHB27H5HHB2UTIL06J.html
1日午前0時50分ごろ、東京都豊島区南長崎3丁目で、通行人の男性から「公園の紙袋の中に血だらけの猫がいる」と110番通報があった。目白署員が確認したところ、紙袋の中に体長約30~40センチの猫が前脚と後ろ脚、胴体を粘着テープで巻かれた状態で見つかった。下あごを切られていたといい、同署が動物愛護法違反容疑で調べている。
 署によると、鳴き声に気づいた男性が、公園のゴミ箱の近くに置かれた紙袋から猫を見つけたという。紙袋は持ち手付きで縦約40センチ、横約30センチ。付近で同様の事案の報告はないという。

公園の植え込みで切断された猫の頭部や足など発見 千葉・浦安市
10/03 18:14 FNN
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00304737.html
千葉県内で、体の一部が切断された動物の死骸が相次いで見つかっている中、今度は、千葉・浦安市の公園で、猫の死骸の一部が見つかった。
3日午前、浦安市日の出の公園の植え込みの中で、刃物のようなもので切断された猫の頭部や足などを、遊んでいた子どもが発見した。
現場に血痕などはなく、別の場所から運ばれてきた可能性があるとみられている。
近所の人は「(似たような事件が続いているが?)気持ち悪いですよね。同じ人だったら、怖いですよね」と話した。
警察によると、浦安市では、9月も切断された猫の死骸が発見されていて、パトロールを強化していたという。
隣接する船橋市では、9月末、両耳や下腹部を切られたウサギや首を切られた鳥が見つかったほか、10月1日には、市川市でも、首をはさみのようなもので切られたコガモの死骸が見つかっている。
警察は、同一犯の可能性も含めて、近くの防犯カメラなどを調べ、動物愛護法違反の疑いで捜査している。

浦安の公園 刃物で切られた猫の死骸見つかる
http://www.tokyo-np.co.jp/article/chiba/20151004/CK2015100402000123.html
東京新聞 2015年10月4日
三日午前十一時ごろ、浦安市日の出の公園で、遊んでいた男児が、茂みの中に猫の頭などの死骸があるのを見つけた。男児の母親を名乗る女性が、交番に届け出た。浦安署は、何者かに刃物で切られたとみて、動物愛護法違反の疑いで調べている。
 署によると、茂みから子猫とみられる首、脚二本、しっぽ、内臓が見つかった。胴体と残りの脚二本は、見つかっていない。同市内では先月にも、猫の頭や脚が切られた死骸が見つかったという。
 このほかに先月末から今月一日までに、船橋市や市川市で耳を切られたウサギや、首を切られた鳥などの死骸が見つかっており、署は関連を調べている。

虐待か、ウサギ死ぬ 船橋の遊歩道
http://www.chibanippo.co.jp/news/national/280492
千葉日報 ちばとぴ 2015年09月30日 10:26
29日朝、船橋市内の遊歩道で両耳と下腹部を切られたウサギ1匹が見つかり、間もなく死亡した。船橋署は何者かが虐待した可能性があるとみて、動物愛護法違反事件として捜査している。
 同署によると、ウサギが見つかったのは同市夏見3の東武野田線新船橋駅近くにある夏見3丁目緑地の長津川遊歩道。同日午前6時10分ごろ、犬の散歩をしていた男性が「両耳を切られたウサギがいた。1時間前からいて、まだ息をしている」と通報した。
 署員が駆け付けると、ウサギは両耳を刃物で切り取られた状態で、下腹部は雄雌が判別できないほど切り裂かれていた。
 現場付近では、ウサギのフンのようなものが入ったバッグが見つかっており同署で関連を含め調べている。


切られた動物の死骸、千葉で次々見つかる 鳥やウサギ
2015年10月1日18時41分 朝日新聞
http://www.asahi.com/articles/ASHB143P9HB1UDCB00J.html
1日午前7時25分ごろ、千葉県市川市南八幡5丁目の路上で、首を切られたコガモ1羽の死骸を通勤途中の女性が見つけ、女性の夫が110番通報した。同県船橋市でも首のない鳥や耳を切られたウサギが見つかっており、県警は関連を調べている。
 市川署によると、コガモは体長約23センチで、ハサミのようなもので首を切られていたという。署員がかけつけたときは腹部を上にした状態で、頭部や凶器は見つかっていないという。署は鳥獣保護法違反(捕獲)の疑いで調べている。
 前日の9月30日には、船橋市金杉台の団地の草むらで首のない鳥1羽の死骸が発見され、同29日には船橋市夏見で両耳と下腹部が切られたウサギ1匹が見つかっている。いずれも現場からは5キロ以上離れている。

首切断、鳥の死骸 前日にはウサギも 船橋
日テレNEWS24 2015年9月30日 19:15
http://www.news24.jp/articles/2015/09/30/07311074.html
千葉県船橋市で30日昼過ぎ、首が切断された体長25センチの鳥の死骸が見つかった。警察は何者かが鋭利な刃物のようなもので切断したとみて捜査。市内では前日にも両耳を切り取られて死んだウサギが見つかっていて、警察が関連を調べている。
警察によると、30日正午過ぎ、船橋市金杉台にある団地の敷地内で、下校途中の小学生が首のない鳥の死骸を発見した。鳥は体長は25センチで首を切断されていて、警察は何者かが鋭利な刃物のようなもので切断したとみて捜査している。
 市内では前日にも両耳を切り取られたウサギが遊歩道で死んでいるのが見つかっていて、警察が関連を調べている。

猫25匹置き去りに 市原の動物病院敷地内
http://www.chibanippo.co.jp/news/national/280308
千葉日報 ちばとぴ 2015年09月29日 10:36
市原市姉崎の市原・山口動物病院で27日午前7時ごろ、猫25匹が大小三つのケージに入れられた状態で置き去りにされているのを出勤した副院長男性(46)=同市=が見つけ、同院を通じて市原署に届け出た。同署は何者かが故意に捨てた可能性もあるとみて、詳しい状況を調べている。

 同署によると、ケージは茶とアイボリーのツートンカラーで布製。同院の倉庫の軒下に置かれ、置き手紙や飼い主を示す手掛かりはなかった。周囲に防犯カメラはなく、いつ置き去りにされたかも不明という。
 猫は子猫10匹、成猫15匹で虐待の形跡はなく、同署が動物愛護法に基づいて一時預かり。保健所などと対応を検討するとともに「飼い主が現れればありがたいが、それ以外でも何か知っていることがあれば」と広く情報提供を呼び掛けている。
 一方、同市で猫の殺処分減少に取り組む「国分寺台地区ネコの飼育ガイドライン推進協議会」の田原道生会長(76)は「業者か、多頭飼いの個人か、いずれにせよ命を捨てたのであれば“犯罪”」と訴え、「25匹の引き取り手が早く見つかれば」と期待した。 猫に関する情報提供は同署、電話0436(41)0110。

注)こちらは事故のようですが、ご冥福をお祈りします。

視覚障害者と盲導犬、ダンプにはねられ死亡 徳島
朝日新聞デジタル 10月3日(土)12時8分
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151003-00000025-asahi-soci
3日午前8時ごろ、徳島市新浜町1丁目の市道で、歩いていた同市昭和町8丁目のマッサージ師山橋衛二さん(50)が、同市八万町の自営業手伝い福本亮さん(38)運転のダンプにはねられ、胸などを強く打って約1時間後に死亡した。山橋さんは視覚障害者で、連れていた盲導犬も一緒に死んだ。
徳島東署によると、現場は建設資材置き場の入り口付近。ダンプは当時、資材置き場にバックで入ろうとしていたらしい。山橋さんは勤務先の医院に出勤する途中だった。
 「徳島の盲導犬を育てる会」の杉井ひとみ事務局長(56)によると、一緒にいた盲導犬は県から貸与された10歳のオスのラブラドルレトリバー、ヴァルデス号。山橋さんは約9年間行動を共にしていた。ヴァルデス号が11日で引退することが決まっており、山橋さんは新しい犬との出会いも楽しみにしていたという。杉井さんは事故現場に駆けつけ、「ショックだ。盲導犬の判断ミスは考えにくい。どうしてこんなことになったのか」と話した。
スポンサーサイト
プロフィール

nowhere

Author:nowhere
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。