スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

尼崎連続変死、検察側は李被告に無期懲役求刑

http://www.yomiuri.co.jp/osaka/news/20151008-OYO1T50014.html
2015年10月08日読売新聞
兵庫県尼崎市の連続変死事件で、殺人罪などに問われた角田すみだ美代子元被告(自殺、当時64歳)のいとこ李正則被告(41)の裁判員裁判第18回公判が8日、神戸地裁であり、検察側は無期懲役を求刑した。論告では「犯行になくてはならない役割を担い、美代子元被告に次ぐ重い責任がある」と主張。弁護側は午後の最終弁論で、殺人、傷害致死罪を否認し、結審する見通し。李被告は、集団生活をしていて死亡した5人に対する3件の殺人など10の罪で起訴されている。
 検察側は論告で、李被告は美代子元被告の指示通りに暴力を振るうなどし、約7年間にわたって殺人行為を繰り返したと強調した。
 2005年に沖縄県の崖から転落死した角田久芳さん(当時51歳)の殺人、詐欺罪については、死亡保険金を得る目的で、記念撮影を装って久芳さんを崖の上に立たせ、「はよせな」と声をかけて飛び降りを強要したとした。
美代子元被告宅の物置で08年に衰弱死した仲島茉莉子さん(同26歳)の殺人、監禁罪では、監視カメラの設置を提案し、茉莉子さんの頭を何度も踏みつけるなど暴行を加えたと主張。元被告宅のベランダにあった小屋に監禁され、11年に死亡した橋本次郎さん(同53歳)の殺人罪などについては丸太に縛り付けたり、殴りつけたりしたと述べた。
 そのうえで、無期懲役を求刑した理由として「3件の殺人罪では本来、死刑求刑が相当だが、美代子元被告に匹敵するとまでは断罪できない」と説明した。
2015年10月08日 Copyright © The Yomiuri Shimbun

元被告のいとこに無期求刑 尼崎連続変死事件
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG08HCV_Y5A001C1CC1000/
2015/10/9 1:06 日本経済新聞
8人が死亡、3人が行方不明になった兵庫県尼崎市の連続変死事件で、うち男女5人に対する殺人や傷害致死などの罪に問われた角田美代子元被告(当時64)=自殺=の義理のいとこ、李正則被告(41)の裁判員裁判の論告求刑公判が8日、神戸地裁(平島正道裁判長)で開かれ、検察側は無期懲役を求刑した。判決は11月13日に言い渡される。
 検察側は論告で、被告自ら被害者を見張るための監視モニター設置や虐待方法を提案したと指摘し、「各犯行で不可欠な役割を果たし、元被告に次いで重い責任がある」と主張した。
 一方、弁護側は最終弁論で、被告は角田家の中で最も低い地位に置かれていたと指摘し、懲役15年が相当とした。
 起訴状によると、被告は美代子元被告らと共謀して、美代子元被告の義妹、三枝子被告の夫、角田久芳さん(当時51)▽美代子元被告の息子の妻の姉、仲島茉莉子さん(同26)▽久芳さんの弟、橋本次郎さん(同53)――の3人を殺害したなどとされる。ほかに2人に対する傷害致死と監禁などの罪でも起訴されている。


美代子元被告の義理のいとこ李被告に無期求刑、11月27日判決
http://www.sankei.com/west/news/151008/wst1510080039-n1.html
2015.10.8 13:16更新 産経ニュース
兵庫県尼崎市の連続変死・行方不明事件で、角(すみ)田(だ)美代子元被告=自殺、当時(64)=の義理のいとこで、殺人や傷害致死など男女5人に対する計10罪に問われた韓国籍、李正則被告(41)の裁判員裁判の論告求刑公判が8日、神戸地裁(平島正道裁判長)で開かれ、検察側は無期懲役を求刑した。判決公判は11月27日に開かれる予定。
 検察側はこれまでの公判で、元被告の義理の娘、角田瑠衣被告(30)=殺人罪などで起訴=らの証言を基に、起訴されたすべての罪で元被告と共謀していた、と指摘。その上で、「すべての事件で元被告の意向に沿い、犯行の中心的部分を担当した」などとして、犯行に積極的に関与していたと位置づけた。
 一方、弁護側は「角田家では元被告が絶対的な存在で、従わないと自分が標的にされる恐れがあった」と主張。「一連の事件での被告の立場は従属的。元被告から指示されたことをしたにすぎない」と反論し、2件の殺人を否認し、傷害致死では無罪を主張してきた。
 起訴状によると、李被告は元被告らと共謀し平成17~23年、沖縄旅行中に角田久芳さん=当時(51)=をがけから転落死させて殺害。また、仲島茉莉子さん=同(26)=は物置に監禁して暴行し、衰弱させた後に殺害した。さらに、橋本次郎さん=同(53)=も物置に監禁した上、暴行して死なせるなどしたとしている。


尼崎連続変死:李被告に無期求刑…3人殺害、計10の罪
毎日新聞 2015年10月08日 12時55分
http://mainichi.jp/select/news/20151008k0000e040207000c.html
兵庫県尼崎市の連続変死事件で、事件を主導したとされ2012年に自殺した角田(すみだ)美代子元被告(当時64歳)の戸籍上のいとこ、李正則被告(41)に対する論告求刑公判が8日、神戸地裁(平島正道裁判長)であった。3人の殺害と1人の傷害致死を含む被害者5人に対する10の罪に問われた李被告に、検察側は「犯行になくてはならない役割を担い、美代子元被告に次ぐ重い責任がある」として無期懲役を求刑した。
一連の事件では美代子元被告の親族7人が起訴され、李被告は最多の罪に問われた。事件を主導したのは美代子元被告という点に争いはなかったが、検察側は李被告が各事件の実行行為に中心的に関与したと主張。そのうえで論告では「美代子元被告に匹敵するほどの刑事責任があるとは断罪できない」と指摘し、極刑の求刑を回避した。
 一方、弁護側は死体遺棄や逮捕監禁の罪など一部は認めたが、殺人と傷害致死の罪は否認。公判では、被害者に対する暴力の多くを認めず、事実関係そのものを争っている。
 起訴状によると、李被告は美代子元被告らと共謀し05〜11年▽美代子元被告の義妹、三枝子被告の夫、久芳さん(当時51歳)▽美代子元被告の息子の妻の姉、仲島茉莉子(まりこ)さん(同26歳)▽久芳さんの弟、橋本次郎さん(同53歳)−−の3人を殺害したほか、皆吉初代さん(同59歳)の頭を激しく振るなどして死亡させ、同居していた安藤みつゑさん(同67歳)を監禁するなどしたとしている。

スポンサーサイト
プロフィール

nowhere

Author:nowhere
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。