スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

冨手 公嘉氏 twitter

注)一部抜粋、全ツイートはご本人のアカウントをご覧ください。メディア関係のかたで、公開されています。
日本の音楽や音楽メディア関係者は建設業界同様、新興政治宗教団体とそのシンパのかたが多く、
コネとパワーとマネーを持ってらっしゃいます。フリーの仕事の場合コネクションは重要です。
ユニバーサルのAMPの照沼さんもそうです。
他のメディアにも巨大広告主、また団体客として君臨してらっしゃいます。
前にいた区の新築したばかりの区役所は真前の建設会社に某党のポスターが貼ってありました。
それ以外の所でも、日常生活でも相手が隠していて、たまたま批判したら気まずくなる、疎遠になる場合もあり、
仕事にさし障るので大人は何も言えません。あとで集団に陰湿に悪口を言われる場合もあります。
与党として政治に関わる全国や海外にもいる大人数の宗教団体に対して批判は許せないというのは怖い社会です。
ジャンルのレッテル貼り云々より、与党にいらっしゃるのですから
自分は新興政治宗教団体の人だと堂々と他者に伝えるべきではないでしょうか?
世界は誰もが身うち贔屓ですし、日本では特にビジネスにもメディアの評価にも隠れたコネクションや組織票が利用され、
完全に中立公平などありえません。
勧誘を受けて入会したら誰でもメンバーになれ外見ではわかりませんし、
与党にいる党に密接な政治宗教団体のメンバーなのにそうだと隠している非常に不透明な社会は世界でも日本くらいです。
そしてあなたが他者の声をノイズだと感じるように、あなたがたの「自分たちは身うちの利益のために隠れてコネクションを利用して当然」というような態度や声をノイズだと感じる他者がいることにも気づいてほしいです。あなたもまた
他者にヘイトスピーチをしている側の人間です。
海外のかたには日本語が読めないので問題点を理解していただけない場合が多いです。
海外の例にたとえると「イスラム教徒全員」というくくりと比較するのは「仏教徒全員」になり、
その中の宗派の中のさらに(破門された)特定の新興政治「信徒団体組織」というのはまた別のくくりです。
このかたたちは強い側には媚び、弱い側をいじめることが多いです。
たとえ引っ越しても全国にメンバーがいらっしゃいます。



https://twitter.com/hirotomi1201/with_replies
'88年生まれ。 フリーランスの編集兼ライター。the future magazine(@the_future_mag)編集長。 10月3-4日に恵比寿BATICAでイベント 「Stop making youth」やります。紙も出します。トークショーでホストします。 http://stopmakingyouth.tumblr.com

冨手 公嘉 ‏@hirotomi1201 · 3時間3時間前
昨日アルバートハモンドJr.のインタビューを担当して以降というもの『抜け殻』『燃えかす』のような精神状態でヤバイ。スターに会ってしまった感。この仕事始めて1、2を争うぐらい緊張しました。『もうこんな幸せな瞬間訪れないんじゃないか』みたいな気持ちになっているので、早く復活したい。

冨手 公嘉 ‏@hirotomi1201 · 10月17日
@narrow32 お待ちしてまーす^o^

冨手 公嘉 ‏@hirotomi1201 · 10月14日
本日より代官山蔦屋書店にて、the future magazineのリトルプレスの販売を開始しております。
雑誌のRocketと Boys on filmの間...!!!
ありがとうございます!! @… https://instagram.com/p/80JuPzQSdP/

冨手 公嘉 ‏@hirotomi1201 · 10月11日
ノイズに惑わされずにやることやってるやつはひたすらにカッコいい。Suchmos/ネバヤン/Yogeeの三つ巴。3組ともに気合の入ったパフォーマンスだった。負けてられないね、と光大と話して解散したよ。

冨手 公嘉 ‏@hirotomi1201 · 10月9日
そして照沼さんのリバティーンズ新作のレビューは最高だ。

冨手 公嘉さんがリツイート
糸井 重里 ‏@itoi_shigesato · 10月8日
いわゆる「ヤンキー的」な考え方というのは、<「じぶんと、じぶんの仲間」が、生きていくためにどうしたらいいかを必死で考えて、それを実行していく>ということなのではないかと思った。矢沢永吉が登場したときのインパクトは、そのことの「真実味」だった。



冨手 公嘉 ‏@hirotomi1201 · 10月8日
自分が携わる物事に想像力と愛をもてるように精進します。乱れたツイート不快に思った人ごめんなさい。


冨手 公嘉 ‏@hirotomi1201 · 10月8日
@o0sss そうなんだよねー。レッテル貼りには愛情がなくてはならないものだし、そこには当事者たちへの目配せとか想像力も絶対欠かせないはずなんだよねー。


冨手 公嘉 ‏@hirotomi1201 · 10月7日
CQuQbicVEAAKixW.jpg
https://twitter.com/hirotomi1201

冨手 公嘉 ‏@hirotomi1201 · 10月7日
アデル、ブルーは熱い色。内容はほとんど忘れてしまったけど、主人公の女の子が不細工な顔でパスタに食らいつくシーンだけは今でも鮮明に覚えてるなー

冨手 公嘉 ‏@hirotomi1201 · 10月6日
タナソーさんがフューチャーマガジンについてRTしてくれてる、、嬉しいなぁ。昔、BATICAの2人会でタナソーさんがパフォーマンスしたとき、俺が『歌下手だなぁ』っでつぶやいた際に、ぶっ殺す!!ってRTされて以来だなぁ👼

冨手 公嘉 ‏@hirotomi1201 · 10月6日
ばったり会ったライターの熊山さんに『ちょっと痩せた?』って言われたから真に受けて筋トレ頑張ろう。(昨日始めたばかり)


冨手 公嘉さんがリツイート
照沼健太(AMP) ‏@TeKe0824 · 10月5日
照沼健太(AMP)さんがリツイートしました 照沼健太(AMP)
the future magazineにて、Klan Aileenとお話させてもらってます。インタビュアーというよりは狂言回し的なスタンスです。Spincoaster Music Barで販売されているようですのでぜひ✋


照沼健太(AMP)さんが追加
照沼健太(AMP) @TeKe0824 https://twitter.com/the_future_mag/status/645553059850940416 …

アデル、ブルーは熱い色 (2013)
http://movies.yahoo.co.jp/movie/%E3%82%A2%E3%83%87%E3%83%AB%E3%80%81%E3%83%96%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%81%AF%E7%86%B1%E3%81%84%E8%89%B2/347024/

解説
第66回カンヌ国際映画祭で史上初、パルムドールが主演女優2人にも贈られ話題を集めたラブストーリー。ジュリー・マロによるフランスの人気コミックを原作に、運命的に出会った女性同士の真っすぐな愛の行方を大胆なラブシーンを交えて繊細に描き出す。監督はこれまで数々の映画賞に輝いてきた俊英、アブデラティフ・ケシシュ。『マリー・アントワネットに別れをつげて』などのレア・セドゥと、『カレ・ブラン』のアデル・エグザルコプロスの体当たり演技が光る。

あらすじ
教師を夢見る高校生アデル(アデル・エグザルコプロス)は、運命的に出会った青い髪の画家エマ(レア・セドゥ)の知性や独特の雰囲気に魅了され、二人は情熱的に愛し合うようになる。数年後、念願の教師になったアデルは自らをモデルに絵を描くエマと一緒に住み、幸せに満ちあふれた毎日を過ごしていた。しかしエマの作品披露パーティーをきっかけに、二人の気持ちは徐々に擦れ違っていき……。
シネマトゥデイ

アブデラティフ・ケシシュ wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%96%E3%83%87%E3%83%A9%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%95%E3%83%BB%E3%82%B1%E3%82%B7%E3%82%B7%E3%83%A5
アブデラティフ・ケシシュ(عبد اللطيف كشيش, Abdellatif Kechiche, 1960年12月7日 - )は、チュニジア出身の映画監督、脚本家、俳優である。日本語では「ケシッシュ」とも表記される。

キャリア
1960年チュニジアの生まれ、6歳のとき両親とともにニースに移住[1]。演劇に夢中になり、アンティーブのコンセルヴァトワールで学ぶ。
2000年に『La Faute à Voltaire』で監督デビューする。
監督作の『身をかわして』(2003年)と『クスクス粒の秘密』(2007年)はセザール賞で作品賞、監督賞、脚本賞を受賞した。
2007年の第64回ヴェネツィア国際映画祭では『クスクス粒の秘密』がコンペティション部門で上映された。女優のアフシア・エルジ(フランス語版)がマルチェロ・マストロヤンニ賞(新人俳優賞)とベルリン国際映画祭シューティング・スター賞ダブルを受賞し、他に審査員特別賞、国際映画批評家連盟賞、SIGNIS賞 スペシャル・メンション、ヤング・シネマ・アウォード(英語版)を受賞した。
2013年の第66回カンヌ国際映画祭では『アデル、ブルーは熱い色』がコンペティション部門で上映され、パルム・ドールを受賞した[2]。


注)新しく建設された区役所の真前の建設会社に貼ってあったポスターの写真です(9月撮影)
FullSizeRender.jpg
スポンサーサイト
プロフィール

nowhere

Author:nowhere
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。