スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京医大と大成建設の450億円新病院建設工事疑惑は、なぜ不起訴で終結したのか

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/39607
現代ビジネス 2014年06月19日(木) 「ニュースの深層」

学校法人の闇が炙り出されるのではないか――。
そんな期待を持たせた東京医大の450億円新病院建設工事をめぐる強要未遂事件は、警視庁捜査2課が大学、ゼネコン、右翼など関係者の事情聴取を重ねた末、起訴を求めない「しかるべき処分」という形で、6月13日までに書類送検した。

事件の構図は、以下のように「複雑怪奇でいて、さもありなん」と思わせるものだった。
東京医大副学長の告発に「動かぬ証拠」があった
東京医大は2016年に創立100周年を迎える。それに合わせて新大学病院と既存病院の改修工事を行うことになった。
この450億円のビッグプロジェクトの有力候補は、かねて大学理事会と親密で過去に実績もある大成建設。だが、飯森眞喜雄副学長は「公正を期すべき」と反対の声を上げた。すると、飯森氏に対する右翼街宣攻撃が始まり、それを「中止させる」と大成建設の多田博是副社長が乗り出してきた。中止させる条件は、飯森氏の辞任だった――。

大学理事会が、工事発注などをめぐって特定ゼネコンと親密になるのは不思議なことでない。学校法人の業務執行機関は理事会だが、非営利法人をいう“建前”もあって、経営や運営の素人が理事に選ばれることが多い。その結果、押し出しのいい独断専行型が理事長として君臨、ゼネコンを始めとする出入り業者との癒着を生む。

ただ、それが表面化することは少ない。なかでも私大は、みなし公務員として、接待供応や金銭的な便宜が、贈収賄罪につながる国公立大学と違い、多少の見返りは「商慣習」とみなされる。
過去に多くの私大で、疑惑が指摘されながら事件になることがほとんどないのは、捜査当局が乗り出すような証拠がなく、見逃されていたためだ。
今回、警視庁捜査2課が飯盛氏の告発を受理して捜査着手したのは、動かぬ証拠が存在したからだ。
時系列で辿ってみよう。

「大成建設に受注協力すれば450億円の1%を還元」

東京医大の有力理事らと大成建設との癒着が目に余るとして批判的な飯森氏に対し、2012年6月頃、不倫疑惑を記した怪文書が全職員のところに送られる。それと連動するように、飯森氏の女性スキャンダルを問題視した右翼団体正氣塾が、7月18日から街宣活動を始めた。

その直後、大成建設の多田副社長が飯森氏に「お会いしたい」と面談を求め、2人はホテルオークラの「山里」で会談する。その模様を、飯森氏はICレコーダーに記録していた。その際、多田氏は「大成への受注協力」を持ち掛け、飯森氏が誘導するように「力になれば、なにかいいこと(ニンジン)があるの?」と聞くと、「450億円の1%を、合法的なコンサルティング会社を通して還元したい」と、勧誘した。

一方、正氣塾の攻撃が続いていることを憂慮したという東京医大OBの岡田重慶氏が、8月3日に大学を訪れ、その場にいた正氣塾を牽制すると同時に、「大成の多田副社長に止めてもらおう」と提案。8月7日、2人で西新宿の大成建設本社を訪れた。多田氏は、「飯森先生が辞表を書けばなんとかなる。右翼団体を止める費用は、私どもでなんとかする」と、請け合った。

岡田氏と多田氏の「辞表を書いたら丸く収まる」という趣旨の説得工作が続いたものの、飯森氏は「理由がない」と拒否。
すると多田氏は、8月10日、電話で「街宣車にはおカネを払ったのでいいが、辞表がダメなら、正氣塾と連動する形で飯森攻撃を始めた右翼団体の敬天新聞に詫び状を書いて欲しい」と、要請した。飯森氏が「書く理由がない」と断ると、「彼らは、今後、なにを書くかわからないですよ」と、脅した。
この20分間のやりとりを飯森氏は録音していた。

大成建設の受注工作は実らず
飯森氏が警視庁に証拠として渡したのは、ICレコーダーと録音テープの二つ。
飯森氏は「辞表」も「詫び状」も書かなかったが、捜査2課は正氣塾による街宣活動があったこと、敬天新聞が新聞やブログで「飯森問題」を取り上げていたことなどから、「450億円受注工作の一環として、多田副社長は反大成の飯森氏の取り込み工作に入り。右翼とも連動、退任を強要した」という強要未遂罪で捜査を開始したのだった。
しかし、結果は「起訴を求めない」という最も軽い処分。事件性を見い出せなかった。
ひとつには、飯森氏に対する強要が未遂に終わっただけでなく、大成建設の受注工作も実らなかったことがあげられる。工事は公募型プロポーザルで行われたのだが、大成建設は辞退。大林組が受注、13年9月30日に契約した。「飯森問題」が入札前に発覚、経済月刊誌『FACTA』(2013年10月号)が、それを報じたことも作用した。
不発に終わったことにより、飯森氏の告発に基づくシナリオは、否定された。
多田氏は、敬天新聞の公開質問状に回答する形で、「敬天新聞の名前を使ったことはおろか、御社の存在すら知らなかった」と否定。敬天新聞の白倉康夫社主、正氣塾の若島和美副長とも、私の取材に対し、「大成建設と連動したり、金銭を受け取った事実はない」と、こちらも全面否定だった。
今年3月で副学長を退任、東京医大を離れた飯森氏を直撃すると、「捜査2課にすべて話し、証拠を提出。捜査協力してきたんですが……」と、悔しさを滲ませた。
真相は薮のなか。表面化されずに消えてゆく数多くの未解決事件のひとつとなった。

正氣塾wikipediaより一部抜粋
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%AD%A3%E6%B0%A3%E5%A1%BE
正氣塾(せいきじゅく)は、九州、長崎県を中心に活動する右翼団体。右翼標榜暴力団であるかは不明。
(略)
街宣車に特徴があり「日本道路公団」の払い下げの車両(道路パトロール車)を使用し、「日本道路公園」と表記し直しただけで塗色は変えずに使用したのは問題ではないのかとして、ニュースになったことがある[要出典](黄の地に白帯の塗装は道路保守車両以外には認められない)。また、救急車や消防指揮車も所有している。


新国立競技場建設、大成建設に内定か
2015.10.25 ビジネスジャーナル
.http://biz-journal.jp/2015/10/post_12086.html
2020年東京五輪・パラリンピックのメーン会場となる新国立競技場(東京)の建設計画見直しは、安倍晋三首相の鶴の一声で決まった。総工費は1550億円と、当初計画から970億円削減された。文部科学省所管の独立行政法人で整備計画の主体となる日本スポーツ振興センター(JSC)が実施した設計と施工を一括して担う公募型プロポーザル(入札)に、大手ゼネコンの2チームが名乗りを上げた。

 旧計画でスタンド工区を1570億円で受注していた大成建設は、単体で再入札に臨み、建築家・隈研吾氏、大手設計事務所・梓設計とチームを組んだ。旧計画にもとづき、すでに作業員や資材の手配が進んでいるため、いち早く参加を表明していた。

 さらに旧計画で屋根工区を950億円で受注していた竹中工務店は清水建設、大林組との共同企業体(JV)として応札した。竹中はスタジアム全体を覆うキールアーチを含む屋根を建設する体制を整えていたが、スタンド工事の準備はしていなかった。このため過去にシドニー五輪のスタジアムを建設した経験のある大林組や清水建設と共同事業体(JV)を組む。建築家の伊東豊雄氏、大手設計事務所の日本設計と連携する。

大成の本気
「大成で決まり」
 ゼネコン首脳の間からは、こんな声があがる。大成は旧国立競技場を建設した実績があり、村田誉之社長はインタビューで「絶対にやりたい」と語っている。前のめりの発言に、情報管理に神経過敏になっているJSCから「公正な競争を阻害する恐れがある」と釘を刺されたほどだ。
 ここ数年、他のゼネコンが赤字覚悟で都心の大型工事を受注するなか、大成は利益率を重視して受注を選別し、財務体質を改善してきた。その結果、大成の15年3月期の営業利益は704億円。清水建設の500億円、大林組の483億円、竹中の277億円(14年12月期決算)、鹿島の126億円を大きく上回った。
「そろそろうちも、ランドマークとなる建物が欲しい」(大成関係者)
 大成は23年の創業150周年を控え、今年度から長期経営戦略「TAISEI VISION 2020」の第3段階に突入した。その柱となるのは国家プロジェクトへの参画。新国立競技場とリニア新幹線の南アルプストンネル工事がターゲットであることは間違いない。
 新国立競技場を受注できなかったら、手配が進んでいる下請けの作業員や資材が宙に浮いてしまうという事情もある。大成はすでに工事に向けて発車している。受注ができなければ業績に痛打を与える。新国立競技場は総工費の上限が引き下げられ、採算は厳しい。それでも大成にとって新国立競技場は受注必達案件なのだ。
竹中応札の意味
竹中はスーパーゼネコン5社のうち、唯一の非上場企業だ。工事高のほとんどを民間の建築工事が占める。オーナーの竹中統一会長は歴史に残るようなランドマークタワーの建築にこだわる。竹中はこれまでも、安値受注をものともせず最先端の技術力で良いものを建てる。建築の本体は赤字でも、利益率の高いオフィスのメンテナンスで長期間かけて利益を回収する。非上場企業だからできる芸当だ。
 5大ドーム球場(札幌・東京・ナゴヤ・大阪・福岡)を始め、主要なランドマークは逃さず手掛けてきた。スーパーゼネコンにとってランドマークとなる大型施設は技術力をアピールする格好の場だ。高い技術を見せる「ショー・ウィンドー」なるため、各社は受注に凌ぎを削る。
 ショー・ウィンドーの典型例といえば、大林組が手がけた東京スカイツリーだ。業界最大手の鹿島との一騎打ちを制し落札した。竹中は高さ300メートルで日本一の超高層ビル「あべのハルカス」(大阪)を建設した。大林組が受注の最有力候補であるといわれたが、竹中に敗れた。
 竹中は新国立競技場の建設では、難工事といわれた屋根部分を受注し、技術力を誇示する予定だった。しかし、建設計画は見直しとなった。屋根工事はあまり人手はいらないので、下請けの人員の手配をそれほどしていなかったため、清水と大林に協力を仰がざるを得なかった。工区を区切る土木工事ならJVで支障はないが、建築工事は単体受注するほうがうまくいく。
「竹中がJVで応札した時点で、勝負はついていた。あくまで競争入札という建前を守るため、竹中・清水・大林がJVを組んだ」(ゼネコン首脳)
 応募者は11月16日までに計画を提案し、JSCに設置された専門家グループによる審査を経て、12月末に事業者が決まる。完成は20年1月の見通しである。
(文=編集部)

築地市場移転、再入札が成立 主要施設3棟
2014/2/14 1:33 日本経済新聞
http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG1303X_T10C14A2CC1000/
 東京都が築地市場(東京・中央)を江東区豊洲に移転する新市場の建設工事で、主要施設3棟の再入札が13日成立した。それぞれ鹿島、清水建設、大成建設を代表とする共同企業体(JV)が落札した。新市場は2016年3月に完成予定。
 昨年11月の入札は参加を希望したJVが辞退し不成立だった。都は資材価格や人件費高騰を織り込み、予定価格を6割(400億円)引き上げ再入札。落札額は計約1034億円。落札率(予定価格に対する落札額の割合)はいずれも99%超。

新国立競技場で注目の大成建設、竹中工務店
ドボジョが働きやすいのはどっち!?
ダイアモンド  Vorkers(ヴォーカーズ) 【第6回】 2015年10月12日
http://diamond.jp/articles/-/79794
実際に働いてみなければわからない大手人気企業のリアルな姿を、「Vorkers(ヴォーカーズ)」に寄せられた社員・元社員のクチコミからリサーチ。社員満足度と経営者への提言からみる会社の実態をご紹介します。

 第6回目は建設業界の大手ゼネコン対決。新国立競技場の再入札をめぐって注目が集まる大成建設と竹中工務店を見ていきます。当初の計画では、スタンド部分を大成建設、屋根部分を竹中工務店、で施工が決まっていました。

 大成建設は、2023年の創業150周年を控え、今年度から長期的経営戦略にあたる「TAISEIVISION 2020」の第3フェーズに突入。2014年度連結売上高は1兆5733億円。2013年度とともに1兆5000億円を超え、順調な業績推移と言えそうです。国家的プロジェクトや大規模民間プロジェクト、そして海外インフラ輸出への参画に注力しており、新国立競技場の再入札に関しても先日共同通信の取材で、「負けるわけにはいかない」(同社社長)「国家的プロジェクトであり参画したい」(同社広報担当者)と意欲を示しています。

 竹中工務店は、「サステナブル社会の実現」を掲げ、2025年に向けたグループ成長戦略を昨年からスタートさせました。「収益力の改善と、将来の成長に向けた事業基盤の構築」のため、海外建設事業においても対応体制を整備し始めています。同社の特徴として、「あべのハルカス」を手掛けるなどデザインへの評価が高く、今年の7月には、国内の優秀な建築作品へ贈られるBCS賞を受賞。2014年度連結売上高は、1兆1506億円。新国立競技場の再入札に関しては、「検討する」に留まっています。

 東京オリンピックを見据え当面は好景気が予想される建設業界ですが、長期的には人口減少を背景とした需要の減少や担い手となる労働力の不足など内在する課題もあります。長期的な経営戦略が必要とされる建設業界において、新国立競技場の再入札で注目を浴びる両社の社員たちのリアルな声を見ていきましょう。

※2010年3月~2015年10月までにVorkersに投稿された大成建設(302件46人)、竹中工務店(154件22人)へのレポート回答456件(回答者数:68人)を分析

 各企業のクチコミの詳細はこちら→大成建設、竹中工務店

「待遇面の満足度」が高い竹中工務店
「20代の成長環境」に優れた大成建設

 まず、Vorkersによる社員満足度を測る8項目の数値評価からみていきます。この評価項目総合を総合して見ることで、両社の特徴が浮かび上がります。
総合評価では両社とも3.2と評価が並びましたが、チャート図を見ると、両社の評価されている項目が異なることがわかります。

 大成建設は「20代の成長環境」として3.9ポイントを獲得し、竹中工務店の同項目での3.5ポイントを引き離しています。「20代の成長環境」で社員から評価されていると言えます。「20代の成長環境」と関わりの深い「風通しの良さ」、「社員の相互尊重」でも竹中工務店より評価が上回りました。

 一方、「待遇面の満足度」では3.6ポイントを獲得した竹中工務店に軍配が上がりました。
また、「待遇面の満足度」と関わりが深い「人材の長期育成」、「法令順守意識」においても大成建設より評価が上回っています。

 特記すべきは、「残業時間(月間平均)」での両社の違いです。竹中工務店の「残業時間(月間平均)」が68.4時間だったことに対して、大成建設の「残業時間(月間平均)」は99.4時間となっており、両社に開きがあることがわかります。

 また、「残業時間(月間平均)」との関連が深い「有給休暇消化率」においても、大成建設が23.1%、竹中工務店が38.8%。竹中工務店は「待遇面の満足度」で社員から評価されていますが、その特徴が「残業時間(月間平均)」や「有給休暇消化率」においても表れたと言えます。

大手ゼネコンは
女性にとって働きやすい職場なのか?

 国土交通省が建設業界における女性の活躍を推進していますが、男性が多く活躍している同業界。「残業時間(月間平均)」と「有給休暇消化率」ではシビアな数字となりましたが、両社の「女性の働きやすさ」はどうなのでしょうか?

 Vorkersに寄せられたクチコミから実態に迫ります。

※Vorkersに寄せられた社員・元社員による「女性の働きやすさ」から抜粋

・大成建設社員による「女性の働きやすさ」

「女性は基本的に少ないので、みなに可愛がられ、やりがいをもって働けると思います。ただし、仕事がハードのため、出産後、技術系で働いている人は少ないかもしれません(徐々に増えています)」(設計、男性)

「設計職は、家庭があり子供がいたら続けることは不可能だと思います。就業時間や、遠方の現場など決まった時間内での就労はできない」(設計、女性)

「施工管理に限って言えば、女性が長く働くには厳しい環境。特に長時間労働や体力が必要なため、相当な覚悟がないと女性が長く働き続けるのは難しいと感じる。会社としても女性をなるべく採用する方向性ではいるが、実際は男性がほとんどを占めている」(施工管理、男性)

「女性の働きやすさ」に対して厳しいクチコミが多く見受けられましたが、「ワーク・ライフ・バランス」の項目をみると、「仕事中心の生活になる。設計は仕事が好きじゃなければやっていけない」(建築設計、男性)等のクチコミがあり、男女を問わず、仕事が好きでないと働くには厳しい環境であることが読み取れます。

 一方、「出産後に働かれる方が増えてきた」等のクチコミもあり、制度の拡充がある程度は実を結んできたと言えそうです。
・竹中工務店社員による「女性の働きやすさ」

「比較的業務の負担が少ない部署や役職に配属される傾向があると思われる」(技術系、男性)

「やりがいは『?』だが、続けやすいとは思う。産休・育休共にしっかりとれるし、時短勤務期間も結構長いから」(職種未回答、女性)

「圧倒的に高年齢層の男性が多く、女性にとっては働きやすいとはいえない環境であると感じる。但し、たまたまかもしれないが女性総合職の社員については能力が高いことに加え、非常に人柄が素晴らしい方が多く、逆に高い存在感を示していた」(開発部門、男性)

「働きやすい」とする一方で、「やりがいは『?』」とのクチコミもあり、働きやすい環境が必ずしも働く楽しさや充実感に繋がっているわけではなさそうです。また、「ワーク・ライフ・バランス」の項目を見ると、「ワーク・ライフ・バランスはとりやすいように感じる」(開発部門、男性)との声がある一方で、「プライベートとのバランスを調整することはほぼ不可能と思う」(技術系、男性)ともあり、男女問わず部署による偏りが見受けられました。

 両社ともに「女性の働きやすさ」の改善に取り組みながらも、男性から寄せられるクチコミが多く、女性活用という点ではまだ多くの改善点が残されていると言えそうです。

モチベーションは建物の完成、
両社ともに評価制度では厳しい声も

 次に、社員たちの「モチベーション・評価制度」への思いはどんなものなのでしょうか。

※Vorkersに寄せられた社員・元社員による「モチベーション・評価制度」から抜粋

・大成建設社員の「モチベーション・評価制度」

「竣工の喜びは、何物にも変えられない。この喜びは日頃の苦労を忘れさせてくれる。作業所が一つの企業と同じなので、大企業の醍醐味とベンチャーの達成感の両者を味わえる。人事評価はある程度能力主義である」(関西支店課長、男性)

「仕事のやりがいは、自分たちの力であらゆる困難を克服して、ものが出来上がっていくときに感じます。人事評価については、実力勝負ではあるが、部署ごとに評価が行われるので、運によるところも多い」(設計、男性)

「危険、きつい現場において、余程建物を作ることが好きでない限りつらい。しかし、建物が完成した時の達成感は大きい」(施工管理、男性)

 モチベーションと達成感の高さを伺わせるクチコミが一定数ではあったものの、評価制度に関しては、さらに「人事評価は適正と言えない」(施工管理、男性)とのクチコミもあり、「実力勝負」や「ある程度能力主義」といえども、改善の余地が残されていると言えそうです。
竹中工務店社員の「モチベーション・評価制度」

「チームワークのよさ、割と上層部との距離が近いことで若いうちから意見のいいやすい雰囲気があります。忙しく終電の日々が続いてもモチベーションを高く保つことができます。デザインや設計に対する意識の高い人が多いため、真剣にデザインや設計業務に取り組むことができます」(設計、女性)

「やはり一品受注生産であることから、自分が関わった物件が無事に竣工した際には非常に達成感がある」(作業所、男性)

「お客様の要望に応え、満足していただけたと実感できた時は、とてもやりがいを感じることができます。評価制度に関しては、年功序列の傾向がかなりあると思います」(設計部、男性)

 竹中工務店の「最良の作品を世に遺し、社会に貢献する」との経営理念が現場にまで浸透し、やりがいを持って仕事に臨んでいるクチコミが多く見受けられました。しかし、評価制度に関しては、「年功序列」とするクチコミが他にもあり、「人事評価は、極めつきの好き嫌い人事である」(営業、男性)など、評価の透明性の改善が待たれます。

大成建設、竹中工務店社員から経営者へ
「どう労働力を確保していくか」「海外戦略に力を」

 では、最後に両社の社員たちの経営者への提言を見ていきます。

※Vorkersに寄せられた社員・元社員による「経営者への提言」から抜粋

・大成建設の「経営者への提言」クチコミ

「少子高齢化の中でどう労働力を確保していくか、長期的な視点が欠けていると思う。また、窓際族を容認する古い体質が根付いている」(都市開発、女性)

「技術の会社であるので、技術系社員の待遇を改善することが必要だと思います」(設計、男性)

「海外への日本技術の輸出事業は限界があります。むしろ、海外で鍛え上げた社員のマネジメント力を活かして、海外の力をいかに輸入し、活用していく点へ事業の力点をおいた方が良いのではないかと思います」(建築部、男性)

 海外インフラ輸出への参画を経営戦略の一つの柱とする経営陣に対して、社員からは異なる提言が挙がりました。同時に、経営戦略が現場にまで浸透していることが読み取れます。長期的な視点の必要を訴える提言もあり、業界のことをよく理解し、会社の将来を考える社員がしっかりと居ることが同社の強みだとも言えます。

・竹中工務店の「経営者への提言」クチコミ

「リスクをとった人より、既定路線で成績を上げた人がえらくなるシステムを変えた方が良い。また海外戦略については、もっとパワーをかけるべきではと思う」(経理部、男性)

「残業を減らすべきです」(設備、男性)

「オリンピック景気が実践される今こそ官庁営業力強化の時期と思われる」(工事主任、男性)

「官公庁営業力強化」、「海外戦略へパワーをかけるべき」などの問題提起をする社員たちが居ることに竹中工務店の底力を感じます。自らの強みと弱みを現場の社員まで理解していることが、これからの力となるのではないでしょうか。

 新国立競技場の再入札をきっかけに注目を集めた両社。東京オリンピック後の需要が減ることが予想されている建設業界において、現場社員のクチコミからは長期戦略への疑問が呈されたと言えます。しかし、同時に、両社の社員によるクチコミからは仕事へのやりがいを十分に感じていることがわかります。東京オリンピック後に両社はどのような道を歩んでいるのか、両社のこれからにも注目していきたいと思います。



スポンサーサイト
プロフィール

nowhere

Author:nowhere
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。