スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

“矢”でなくネジ刺さったカモ保護 入間市

注)各地で鳥類虐待が起きていますがどなたがやっているのかなどは現時点では不明です

http://www.news24.jp/articles/2015/11/04/07314011.html
2015年11月4日 19:32 日テレnews24(動画あり)

埼玉県で見つかっていた矢のようなものが刺さったカモが4日、公園の職員によって無事、保護された。

 4日、入間市の彩の森入間公園の池を泳ぐカモ。その頭には、細長い矢のようなものが刺さっているのが分かる。

 先月25日、来園者から「矢が刺さったカモがいる」との連絡を受けて以降、管理事務所の職員らが何度も保護を試みていたが、失敗していた。

 4日は、職員5人がパンのくずをエサにカモを誘い出し、午後1時20分頃、ネットを発射し、カモの保護に成功した。カモの頭に刺さっていたのは、矢ではなくネジだった。その後、カモは動物病院でネジを抜いてもらい、治療を受けたという。

 警察は、何者かが意図的にカモの頭にネジを刺したとみていて、鳥獣保護法違反の疑いで調べている。


矢の刺さったカモ、新たに2羽 兵庫・伊丹の公園
http://www.asahi.com/articles/ASHC45KKYHC4PIHB027.html
2015年11月5日05時47分 朝日新聞
兵庫県伊丹市昆陽(こや)池3丁目の昆陽池公園で、矢が刺さったカモが新たに2羽見つかった。同公園では先月29日、頭に吹き矢(約10センチ)が刺さったカモが保護されたばかり。伊丹署は同一犯の可能性があるとみて、鳥獣保護法違反容疑で捜査を続けている。伊丹市などによると、市職員が今月2日午後、首付近に矢が刺さっているオナガガモとカモ科のキンクロハジロを1羽ずつ確認した。先月保護したオナガガモに刺さっていたものと同じタイプの吹き矢が複数、公園内に落ちていたという。

 市は職員の巡回を強化し、カモを捕獲するための網を調達して5日にも保護を試みる。池を散歩していた女性(68)は「許せない。エスカレートしていくのが一番怖い」と話した。
AS20151104004888_commL.jpg
画像はgoogle検索より朝日新聞社から引用させていただきました。

頭部切断された鳥の死骸 相次いで見つかる
11月5日 18時26分 NHK
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20151105/k10010295501000.html
5日、栃木県大田原市で頭部を切断されたハトの死骸が見つかり、警察は4日も現場付近で頭部のないカモの死骸が見つかっていることから、動物愛護法違反などの疑いで関連を調べています。

5日正午ごろ、大田原市美原3丁目の道路で「道路でハトが死んでいる」と近くに住む女性から警察に通報がありました。警察によりますと、ハトは首から上の部分がなく、刃物のような物で切断された可能性があるということです。
また、この現場から500メートルほど離れたアパートの敷地では、4日の朝、頭部が切断されたカモの死骸が放置されているのが見つかっているということです。警察は何者かが刃物のようなもので切断して放置した疑いもあるとみて、動物愛護法違反などの疑いで関連を調べています。
一方、小山市でも5日午前8時半ごろ、路上で切断されたとみられる猫の体の一部が放置されているのが見つかり、警察は動物愛護法違反の疑いで捜査しています。

ハトの死骸を見つけ警察に通報したという近くに住む女性は「昼ごろに道路を通ったときにハトを見つけました。片づけようと近づいたら首が無かったので警察に通報しました。近所のカモの話を聞いたばかりなので怖いです」と話していました。
スポンサーサイト
プロフィール

nowhere

Author:nowhere
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。