スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オウム真理教の菊地直子元信者 2審で無罪 釈放

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20151127/k10010321731000.html
11月27日 17時16分 NHK

20年前に起きたオウム真理教による東京都庁の郵便物爆破事件で、殺人未遂のほう助の罪に問われた菊地直子元信者に、2審の東京高等裁判所は「テロ行為を認識して手助けしたと認めるには合理的な疑いが残る」として、1審の懲役5年の判決を取り消し無罪を言い渡しました。菊地元信者は27日夕方、釈放されました。

釈放されたのはオウム真理教の菊地直子元信者(43)で、午後5時すぎに、帽子をかぶってややうつむいた様子で弁護士などとタクシーに乗車して、東京拘置所を出ました。
菊地元信者は、平成7年に東京都庁で郵便物が爆発し職員が大けがをした事件で、爆薬の原料の薬品を教団の元幹部らのもとに運んだとして、殺人未遂のほう助の罪に問われました。
事件後に特別手配され、3年前に逮捕されるまで逃亡を続けていて、裁判では無罪を主張しましたが、1審の裁判員裁判で懲役5年の判決を言い渡され、控訴していました。
27日の2審の判決で、東京高等裁判所の大島隆明裁判長は、1審で有罪の根拠となった教団の元幹部、井上嘉浩死刑囚の「本人に爆薬を見せた」という証言について、「不自然に詳細かつ具体的で、信用できない」と指摘しました。
そのうえで、「菊地元信者は指示されたことを実行する立場に過ぎず、教団の実行犯が人を殺傷するテロ行為を行うことを認識して手助けしたと認めるには合理的な疑いが残る」として、1審の判決を取り消し無罪を言い渡しました。
菊地元信者は判決を受けたあと、いったん東京拘置所に戻り、午後5時すぎに拘置所を出ました。
菊地元信者のほかに特別手配されていたオウム真理教の元信者のうち、高橋克也被告は1審で無期懲役の判決を言い渡され控訴しているほか、平田信被告は1審と2審で懲役9年の判決を言い渡され上告しています。
.

菊地元信者「事実関係みていただき感謝」
釈放された菊地直子元信者は、27日夜、弁護士を通じて、「きちんと事実関係をみていただき感謝申し上げます。とはいえ、私が運んだ薬品によってつくられた爆弾により何の落ち度も責任もない方に重篤な被害を与えてしまったことは事実です。1審の法廷で被害者の方がお話しになったことは今も心に残っています。被害者の方や、判決の言い渡しの後の裁判長からのことばを今後の人生の中で重く受け止めていきたいと思います。私は事件後みずから出頭せず多くのご迷惑をかけました。おわび申しあげます」などというコメントを出しました。

菊地元信者の弁護士「判決は合理的」
菊地直子元信者の弁護を担当した高橋俊彦弁護士と鈴木加奈子弁護士は、「今回の判決は極めて合理的なもので、常識に沿ったものだと受け止めています。井上嘉浩死刑囚の証言の信用性を明快に否定した点も評価されるべきと考えます。この事件は上告されるべきではなく、この判決をもって確定させるべきと考えます」というコメントを出しました。


江川紹子さん「妥当な判決」
東京高等裁判所の判決を傍聴したジャーナリストの江川紹子さんは「刑事事件の原則に忠実で妥当な判決だったと思う。裁判員裁判だった1審の判決は、事件の結果から判断しているように感じられた。しかし今回の判決は、外形的な事実や証拠を積み重ね、オウム真理教という特殊な環境も考慮して本人の認識を推し量って判断していた」と評価しました。また、菊地元信者については「信者だった人たちの中には自分たちが被害者だという人もいるが、菊地元信者は今回の判決によって、社会に対する信頼を持って復帰できるのではないか。教団によって重大な結果が生じたので、自分たちが行ってきたことをもう一度整理してほしいと思う」と話していました。

「これまでのこと正直に話して」
教団の施設が点在していた山梨県の旧上九一色村で、オウム問題の対策委員会の副委員長を務めていた竹内精一さんは「菊地元信者が当時、ユニフォームを着てマラソンの練習をしている姿を毎日のように見た。おとなしい娘という印象だった。麻原死刑囚などの幹部が真相を明らかにしないかぎり全容の解明は難しいと思うが、菊地元信者にはこれまでのことを正直に話してほしい。2審で無罪の判決が出たが、被害に遭った人がいるという事実を真摯(しんし)に考えてほしい」と話していました。
また、オウム真理教から名前を変えた教団の施設があり、教団の解散を求めている東京・足立区の住民グループの齋藤洋一さんは、「予想もしていない判決でした。いまだに恐怖感が拭えない住民にとっては、17年も逃げ続けたことだけでも憤りを感じていました」と話していました。
近くに住む70代の男性は、「今回の裁判では無罪になったが、これをきっかけに教団が、オウム真理教が法に反していなかったと主張し出すのではないかと心配です」と話していました。

特別手配から無罪へ 異例の経過
菊地直子元信者は、平成7年に全国の教団施設に一斉に警察の強制捜査が入ったあとに姿を消し、地下鉄サリン事件でサリンの製造に関わった殺人などの疑いで特別手配されました。
その後、17年にわたって逃亡を続けますが、平成24年に、地下鉄サリン事件に関わる殺人などに加えて、猛毒のVXを使って会社員を殺害するなどした事件と、東京都庁の郵便物爆破事件の合わせて3つの事件で逮捕されました。
しかし、地下鉄サリン事件とVXによる襲撃事件に関しては、いずれも起訴できるだけの証拠が集まらなかったとして不起訴になります。
起訴されたのは、東京都庁の郵便物爆破事件で、殺人未遂のほう助の罪と爆発物の製造・使用を手助けした罪でした。
これについても、1審の東京地方裁判所は「爆発物が作られるとまでは認識していなかった」として、殺人未遂のほう助の罪だけを認めて懲役5年を言い渡しました。
そして27日、東京高等裁判所はこの判決も取り消し、無罪を言い渡しました。
オウム真理教による一連の事件では、未曾有のテロ事件に関わったとして特別手配された元信者が無罪になるという、異例の経過をたどりました。

無罪判決 判断のポイントは
裁判では、菊地直子元信者が事件のことをどのように認識していたかが焦点となりました。菊地元信者が罪に問われたのはオウム真理教による東京都庁の郵便物爆破事件で、爆薬の原料だと認識したうえで薬品を教団の元幹部のもとに運んだとして、殺人未遂の犯行を手助けした「ほう助」に当たるとされました。一方、菊地元信者は裁判で、「運んだ薬品が事件に使われるとは思わなかった」として、人を殺傷するような爆薬を作れるという認識はなかったと主張しました。
1審の東京地方裁判所は、元幹部の証言や薬品のラベルに「劇物」と表示されていたことなどから、菊地元信者には危険な爆薬を作れるという認識があったと判断しました。これに対して東京高等裁判所は「1審の判決は根拠の不十分な推認を重ねたもので、認めることはできない」と指摘しました。
東京高裁が問題視したのは、1審で証言したオウム真理教の元幹部、井上嘉浩死刑囚の証言でした。井上死刑囚は「本人に爆薬を見せて『あなたのおかげで準備ができつつある』とことばをかけたら、『頑張ります』と言われた」と証言し、1審では有罪の根拠の1つになりました。
しかし東京高裁は、「自分にとって重要性のないエピソードを長年覚えているのは不自然だ」として、信用できないと判断しました。
一方で、「爆薬を作っているとは思っていなかった」という菊地元信者の主張については、「教団の指示や説明に従うしかない立場で、化学の知識にも乏しいことを考えると、弁解が不合理だとして退けることはできない」と評価しました。
また、薬品のラベルに「劇物」という表示があり、薬品名が記載されていたことについても、「一般的に、その薬品で危険な爆薬を大量に製造できることまで思いつくようなものではない」として、有罪の根拠にはならないという判断を示しました。
東京高裁はそのうえで、「1審の時点で事件から19年の歳月が流れ、関係者の記憶もあいまいで、菊地元信者が爆薬の原料だと認識していたことをうかがわせる具体的なエピソードや本人の言動を認めることはできず、有罪とするには合理的な疑いが残る」と結論づけました。

注)このかたがどんなスポーツをされていたか、興味のない人間は覚えていないと思います。
菊地直子被告、ヨガきっかけで入信 「走る爆弾娘」の異名も
産経ニュース 2014.5.8 22:06更新
http://www.sankei.com/affairs/news/140508/afr1405080004-n1.html
菊地直子被告は進学校として知られる大阪市内の高校に在学中、陸上競技で痛めた足の治療のために始めたヨガがきっかけでオウム真理教に入信した。俊足を買われ、教団の「陸上部」「世界記録達成部」に所属。平成5年の大阪国際女子マラソンには「オウム真理教」のゼッケンをつけて出場するなど注目を集め、「走る爆弾娘」の異名で知られるようにもなった。
 7年5月に地下鉄サリン事件で特別手配を受け、24年6月の逮捕まで逃亡生活は約17年間に及んだ。当初は地下鉄事件などで起訴された元信者、高橋克也被告(56)=公判前整理手続き中=と同居。その後、内装業の男性(43)=犯人蔵匿罪などで有罪確定=にかくまわれ、東京都町田市や相模原市に身を潜めた。
 23年末に元幹部の平田信被告(49)が出頭したことで再びオウム事件に注目が集まり、警視庁に寄せられた情報から相模原市の潜伏先近くで発見、逮捕された。手配写真は丸顔だったが、逮捕時は別人のようにやせていた。

同居男性「告白され菊地直子をネットチェック。手配と一致した!」
2012年6月5日 14時56分 J-CASTテレビウォッチ
より一部抜粋 全文はリンク先を参照してください。
http://news.livedoor.com/article/detail/6627916/
治療のためにオウムのヨガ道場に通い始めたのがきっかけで始まったボタンの掛け違いに、菊地はいつ気づいたのだろうか。1995年の逃亡から千葉、愛知、埼玉と転々とした生活を送り、97年3月に京急・大師線沿いの川崎市内のアパートに転がり混んだ。ここで特別手配中の高橋克也と一緒に3~4年暮らしていたらしいが、詳しいことは分かっていない。

菊地直子wikipediaより一部抜粋
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%8F%8A%E5%9C%B0%E7%9B%B4%E5%AD%90
また、1995年4月19日〜4月25日の5回にわたり、山梨県上九一色村の施設から東京都八王子市のアジトに爆発物の原料となる薬品類の運搬役をしたとされ(東京都庁小包爆弾事件)[3]、

東京都庁小包爆弾事件wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E9%83%BD%E5%BA%81%E5%B0%8F%E5%8C%85%E7%88%86%E5%BC%BE%E4%BA%8B%E4%BB%B6
東京都庁小包爆弾事件(とうきょうとちょうこづつみばくだんじけん)とは、1995年5月16日に発生したテロ事件。オウム真理教が東京都知事青島幸男宛に小包爆弾を送り、東京都新宿区の東京都庁舎内で爆発させ都職員に重傷を負わせた殺人未遂事件[1]である。

地下鉄サリン事件wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9C%B0%E4%B8%8B%E9%89%84%E3%82%B5%E3%83%AA%E3%83%B3%E4%BA%8B%E4%BB%B6
地下鉄サリン事件(ちかてつサリンじけん)とは、1995年(平成7年)3月20日に、東京都の帝都高速度交通営団で、宗教団体のオウム真理教が起こした神経ガスのサリンを使用した同時多発テロ事件で、死者を含む多数の被害者を出した。警察庁による正式名称は地下鉄駅構内毒物使用多数殺人事件[1]である。この事件は日本だけでなく、世界にも大きな衝撃を与えた。

「地下鉄散布、知らなかった」 サリン事件、オウム中川死刑囚が出廷
2015年2月20日05時00分 朝日新聞
http://www.asahi.com/articles/DA3S11610997.html
オウム真理教元信徒・高橋克也被告(56)の裁判員裁判の公判が19日、東京地裁であった。地下鉄サリン事件で使われたサリンを製造した元幹部・中川智正死刑囚(52)が証人として出廷。事件の2日前に故村井秀夫・元幹部からサリンの製造を指示されたが、「地下鉄にまくことは知らなかった」と述べた。別の幹部と…
以下登録が必要なのでリンク先へ

弁護側「計画知らなかった」 オウム平田被告控訴審
http://www.asahi.com/articles/ASGDJ4TCMGDJUTIL013.html
2014年12月16日19時43分朝日新聞
1995年の公証役場事務長・仮谷清志さん(当時68)拉致など3事件に関与したとして、逮捕監禁などの罪に問われ、一審で懲役9年の判決を受けたオウム真理教元幹部、平田信被告(49)の控訴審の第1回公判が16日、東京高裁であった。弁護側は一審と同様に「事前に計画を知らされていなかった」と主張し、減刑を求めた。この日で結審し、来年3月に判決が言い渡される。
 一方、検察側は「弁護側の主張に理由はない」と述べ、控訴の棄却を求めた。
 平田被告は被告人質問で、「事件については、おわびの気持ちしかありません」と述べ、改めて謝罪。被害者参加制度に基づき検察官の隣に座った仮谷さんの長男実さん(54)に向かって、深く頭を下げた。

平田被告の控訴棄却 計画「知らされていた」 東京高裁
http://www.asahi.com/articles/ASH337RJQH33UTIL06M.html
朝日新聞2015年3月4日12時13分
1995年の公証役場事務長・仮谷清志さん(当時68)拉致など3事件に関与したとして、逮捕監禁などの罪に問われたオウム真理教元幹部・平田信被告(49)の控訴審の判決が4日、東京高裁であった。「事前に計画は知らされていなかった」とする被告に対し、八木正一裁判長は「知らされていた」と認定。懲役9年とした一審・東京地裁判決を支持し、被告の控訴を棄却した。
控訴審で弁護側は、一審と同様、被告が拉致に関与したことは認める一方、「被告の役割は車の運転手に過ぎず、計画も知らされていなかった」と主張。共犯者を手助けした罪にとどまるとして、減刑を求めた。これに対し、検察側は控訴の棄却を主張した。平田被告は控訴審で、改めて遺族に謝罪した。
 この日の高裁判決は、拉致で中心的な役割を果たした中村昇受刑者(48)=無期懲役が確定=らから、平田被告が事前に拉致の説明を受け、了承したと認定。元教団幹部らと「事前の共謀を遂げた」とした。
 また、平田被告側は懲役9年とした一審の量刑は不当だと訴えたが、高裁判決は、被告が爆発物取締罰則違反の罪に問われた宗教学者の元自宅マンション爆破事件についても言及し、「危険性が高く、重すぎるとは言えない」とした。

2015.1.16 11:35更新【オウム高橋被告初公判】
「サリンとは知らなかった、殺害も共謀もありません」地下鉄サリン事件で無罪主張
http://www.sankei.com/affairs/news/150116/afr1501160008-n1.html
今年3月で発生20年となる地下鉄サリン事件など4事件に関わったとして、殺人罪などに問われた元オウム真理教信者の高橋克也被告(56)の裁判員裁判の初公判が16日、東京地裁(中里智美裁判長)で開かれた。高橋被告は地下鉄サリン事件について、「まかれたものが、サリンだとは知らなかった。殺害も共謀もありません」と無罪を主張した。地下鉄サリン事件では初めての裁判員裁判で、同事件を裁く最後の裁判となる。判決は4月下旬に言い渡される見通し。
 他に起訴されたVXガス事件についても無罪を主張。東京・目黒の公証役場事務長拉致事件と都庁郵便物爆発事件では起訴内容の一部を否認した。
 高橋被告は、平成7年3月20日午前8時ごろ、元教祖の麻原彰晃(本名・松本智津夫)死刑囚(59)らと共謀し、東京都内の地下鉄でサリンを散布させて12人を殺害し、14人に中毒症を負わせたなどとして起訴された。
 教団元幹部の確定判決などによると、高橋被告は実行役の豊田亨死刑囚(46)を日比谷線中目黒駅まで車で送ったとされる。
公判は裁判員裁判では最多回数となる41回を予定し、主に週3~5回のペースで開かれる。元教団幹部の井上嘉浩死刑囚(45)ら死刑囚6人を含む約20人の証人尋問が行われる。事件の遺族らは被害者参加制度を利用し公判に参加する。
 一連のオウム事件の刑事裁判は麻原死刑囚ら13人の死刑を含む189人全員の判決が確定し、23年にいったん終結。その後、特別手配された高橋被告ら3人が24年に逮捕され、昨年1月に約2年ぶりに再開された。平田信被告(49)は懲役9年、菊地直子被告(43)は懲役5年の判決を受けていずれも控訴している。


逆転無罪判決の菊地直子元信者、裁判と今後に7つの疑問
2015年11月30日6時0分 スポーツ報知 より一部抜粋
http://www.hochi.co.jp/topics/20151130-OHT1T50015.html
オウム真理教による1995年の東京都庁小包爆弾事件に関与したとして、1審東京地裁の裁判員裁判で懲役5年の判決を受けた菊地直子元信者(43)が27日、東京高裁での控訴審で逆転無罪判決を受けた。運んだ薬品が殺傷力のある爆弾の原料であるとは知らず、殺人未遂ほう助にはあたらないとの判断での逆転判決。同日夕には約3年半ぶりに東京拘置所から釈放された。なぜ無罪となったのか? 今後、菊地元信者がオウムの後継団体に戻る可能性はあるのか? 識者の分析を通じ7つの疑問へ迫った。
〈1〉なぜ異例無罪に
1審で有罪の最大の根拠としたのは、元教団幹部の井上嘉浩死刑囚(45)の「菊地元信者は(爆弾の原料運搬前に)『警察に見つかれば逮捕されて終わってしまう。頑張ります』と話していた」などとする証言だったが、2審判決では同証言が「あまりにハッキリしすぎている」と信用性に欠けるとし、無罪の理由となった。
 異例の逆転判決について、元東京地検特捜部副部長の若狭勝弁護士は「井上証言に代表されるように、時間が経過した出来事についての証言をどのように判断するのか、という新たな問題を提起しています」と分析し「裁判員が認定したものと真逆の結論を出したことは、裁判員裁判の今後に禍根を残したと言えるでしょう」とした。
〈2〉高橋弁護士とは
主任弁護人は、北千住パブリック法律事務所に所属する高橋俊彦弁護士(45)。法政大卒。2000年に東京弁護士会に登録。10年には、新宿不動産会社社長殺人事件(07年)の控訴審判決で、1審の懲役20年判決を地裁に差し戻させた経験もある。菊地元信者の釈放時には、報道陣に対し「タレントではないのだから、追い掛け回すのはやめてください」と警告した。
 公判中も時折ナデナデしていた口ひげが印象的だが、フェイスブックのお気に入り欄には「(漫画)ワンピース」「(テレビ番組)アメトーーク」を挙げるおちゃめな一面も。
 オウム関連の裁判を長年傍聴してきたジャーナリストの青沼陽一郎さんは、傍聴席から見続けた高橋弁護士の印象を「最初から『(運んだのが殺傷力のある爆弾の材料であるという)認識がなかったか否か』という争点に絞り、(教団元代表の)松本智津夫死刑囚との関係や逃亡生活の詳細などを語らせなかったあたりは(審議の進め方が)うまいな、という印象がありました」と話す。
〈3〉大島裁判長とは
 無罪判決を言い渡した大島隆明裁判長(61)は、13年に発生した三鷹ストーカー殺人事件の控訴審も担当。今年2月の控訴審判決では、懲役22年の1審判決を「私的な画像をインターネットで拡散させたリベンジポルノ(復しゅう目的の投稿)を過大評価したのは誤りだ」として破棄し、審理を東京地裁に差し戻して「リベンジポルノ」を重く見た東京地裁立川支部の裁判員裁判の判決を覆したことが話題になった。
 さらに静岡地裁が再審開始を決定した袴田事件の即時抗告審も担当。横浜地裁時代には、戦時下最大の言論弾圧事件とされる横浜事件の元被告が国に求めた刑事補償の支払いを認め、冤罪(えんざい)と判断した。若狭さんは「大島さんは独自の判断基準を持っている印象はありますね」と話す。
〈4〉釈放後の居場所
 釈放後の菊地元信者の行方は分かっていない。青沼さんは「一市民になっているので、メディアの立場では(居場所が分かっても)『ここにいる』とは報道できないと思います」とする。
 2012年6月の逮捕前、菊地元信者は神奈川県相模原市にある一戸建ての民家に住んでいた。1995年5月から各地を逃亡したが、05年ごろに知り合った男性と共に11年夏から秋の間に同所に転居した。
 男性は菊地元信者に好意を寄せ、何度もプロポーズ。正体を知ってからもかくまっていたため、犯人蔵匿罪などに問われて逮捕された。12年11月に懲役1年6か月、執行猶予5年の有罪判決を言い渡された。
 現在、2人の愛の巣となった民家は空き家となっている。周辺の住民によると逮捕後に出入りしている人はいないという。建物の入り口には地主が記した「私有地のため立ち入りを禁じます」との札があった。
〈5〉教団戻る可能性
 菊地元信者は2014年6月、1審の被告人質問で「(オウム真理教への)信仰心はありません」とし、脱会を明言している。しかし、青沼さんは「信仰は捨てていないと思います」と断言する。公判で、いまだに信仰心を捨てていないことがうかがえたとし「これまでも『脱会した』と言いながら教団に戻っていった例を数多く見てきました」とする。
 現在もオウム真理教の後継団体「アレフ」、オウム元幹部の上祐史浩氏が代表を務める「ひかりの輪」が活動し、公安審査委員会から観察処分を受けている。「一般市民の立場としては怖いな、という思いを捨ててはいけないと思います」(青沼さん)
〈6〉上告できるか?
 判決から2週間後の12月11日を期限に上告が可能で検察側は「検討する」としているが、若狭さんは「明確な上告理由というものを挙げなくてはいけないので、今回のケースでは簡単には上告できないでしょう」とする。「仮に上告できたとしても、最高裁で逆転有罪ということは難しいと思います。何しろ事件から時間がたっていて証拠が盤石ではないという前提があるので、再び判決が覆される可能性は低いと思いますね」と分析した。
〈7〉他の裁判へ影響
 菊地元信者と同様、1995年から逃亡生活を送っていた元オウム真理教幹部・平田信被告(50)は公証役場事務長拉致事件の逮捕監禁罪などに問われた後、懲役9年とした裁判員裁判の1審東京地裁判決を支持した東京高裁の判決を不服とし、最高裁に上告中。一方、元信者の高橋克也被告(57)は殺人罪などに問われた後、東京地裁の裁判員裁判で無期懲役判決を受けて控訴中だ。
 今回の菊地元信者の判決が今後の両被告の裁判に与える影響について、青沼さんは「2被告とも、公判では『(事件について)知らなかった』と主張している。菊地元信者の言い分とまったく同じ。何らかの影響は出てくるように思います」と分析している。
スポンサーサイト
プロフィール

nowhere

Author:nowhere
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。