スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新潮社側に賠償命令、でも創価学会副会長の脅迫は“事実”=東京地裁 2011年1月23日日曜日

http://dailycult.blogspot.jp/2011/01/blog-post_23.html
やや日刊カルト新聞  2011年1月23日日曜日
谷川佳樹・創価学会副会長が矢野絢也・元公明党委員長を脅迫したとの記事を『週刊新潮』が掲載したとして、谷川氏が矢野氏と新潮社に計1100万円の損害賠償を請求していた訴訟で、1月20日、東京地裁が33万円の支払いを新潮社側に命じる判決を言い渡しました。しかし判決では、谷川氏から矢野氏に対して「息子がどうなってもいいのか」とする脅迫があったことは事実であると認定しました。


 訴状によると、この訴訟は、『週刊新潮』2008年5月22号(同5月15日発売)が掲載した<『矢野絢也』を窮鼠にした『創価学会』の脅迫と誹請中傷>にかんするもの。記事は、1993年に矢野氏が『文藝春秋』で発表した手記について創価学会関係者から謝罪を要求された際、当時創価学会の総東京長で現・副会長である谷川氏らから「人命に関わるかもしれない」「息子さんは外国で立派な活動をしている。あなたは息子がどうなってもいいのか」と脅迫された、と報じていました。これは、2008年に創価学会を退会した矢野氏が創価学会と7人の幹部を訴えた訴訟の訴状をもとにした記述でした。これに対して谷川氏は、訴状で「原告が、被告矢野やその家族に危害を加える旨の脅迫を行ったことなど一切なく、本件記事は全くの虚偽である」と主張。谷川氏に対する名誉棄損にあたるとして、矢野氏と新潮社を相手に、計1100万円の損害賠償の支払いと週刊新潮への謝罪広告の掲載を求め提訴していました。

 時事通信の報道によると、1月20日の判決で東京地裁の浜秀樹裁判長は「記述の重要部分が真実と証明できていない」とし、谷川氏の「人命に関わるかもしれない」との発言が、証拠とされる録音テープから確認できないとして、「殺人さえ想起しかねない印象的な表現で、この点について真実との証明がない」と判断。計33万円の損害賠償の支払いを命じました。

 一見、新潮社の敗訴に見えますが、近年、メディアによる〝報道被害”の賠償金額が高額化傾向にある中、今回はずいぶんと安い金額です。しかも判決では、「息子がどうなってもいいのか」という谷川氏の発言があったことは事実であると認定しています。たとえ直接的に殺人を想起させる発言ではなかったとしても、脅迫的で暴力的な発言であることには変わりありません。創価学会のカルト性が垣間見える判決です。

注)11月17日は公明党さんの(旧公明党さんです)結成日です。

創価学会理事長交代で激震 関西失墜で台頭する地味男
http://blogos.com/article/146657/
週刊文春2015年11月26日 12:02 blogos
臨時国会見送りが正式決定し、政局の中心は与党内協議に移った永田町。安倍晋三首相は、公明党が目指す消費税の軽減税率導入を自民党税調に指示し、協議が続く。11月19日には、幹事長クラスに格上げされて、初会合を開いた。そんな中、キーマンに浮上してきたのが、これまで地味な存在だった井上義久幹事長(68)だ。12月には自民党の谷垣禎一幹事長と共に訪中し、ギクシャクする日中外交を政党間外交で補完することを目指すという。
 井上氏は、東北大を出て公明新聞の記者になった。当時の公明新聞は後に書記長となった市川雄一氏が編集局長を務めた経緯もあって人気職場で、太田昭宏前代表もここの出身だ。その後、井上氏は秋谷栄之助前創価学会会長に可愛がられ、出世街道を歩んだ。
 だが、党の序列では太田氏、北側一雄副代表に次ぐ順番で、政調会長も幹事長も、北側氏の後。その井上氏が力を増した背景には、学会の力関係の変化がある。
 学会は創立記念日を翌日に控えた11月17日、原田稔会長が再任し、理事長が正木正明氏から、一般企業でいえば秘書室にあたる庶務室長のキャリアが長い長谷川重夫氏に交代する人事を決めた。
正木氏は創価大学卒業の本部エリートで、最近は関西をまとめる立場にあった。今回の人事を関係者は「正木氏の長年のライバルだった谷川佳樹副会長が勝ち、関西が沈んだということだ」と解説する。学会で関西といえば「常勝関西」と謳われるほどの金城湯池だった。だが、“関西のドン”と呼ばれた西口良三元総関西長が今年3月に死去し、影響力の低下が著しい。
 一方、谷川氏は、井上氏の後ろ盾である秋谷氏との関係も良好で、安倍官邸とのパイプも太いとされる。
 学会人事の影響は、当然党に及ぶ。関西公明党の雄である北側氏は、集団的自衛権の行使、さらに軽減税率でも自公協議の前面に立ってきた。だが、軽減税率問題で、一度は「還付金案」を了解したことで、学会の反発を受け、協議の表舞台から去った。
 山口那津男代表は「安倍首相とケミストリーがあわないのは公然の秘密」(自民党関係者)で、こうした事情が、井上氏を党内で一段と押し上げる要因になっている。
 ただ、公明党の推す軽減税率制度は問題が多く、落とし所を間違えば、批判の矢面に立たされかねない。井上幹事長の真価が問われそうだ。

創価学会85周年創立記念日11・18に内部分裂の「不穏な動き」
http://npn.co.jp/article/detail/87525938/
社会 週刊実話 2015年11月10日 16時03分
創価学会3大記念日といえば、1月2日(池田大作名誉会長誕生日)、5月3日(池田氏の第三代会長就任日、並びに結婚記念日、故・戸田城聖氏の二代目会長就任日)と、11月18日の創立記念日がある。特に11・18前後は学会内で重大な変化が起きた場合が多く、85回目という節目の創立記念日を迎える今回は、内部分裂しかねない不穏な動きが見られるという。

 例えば昨年は、11・18直前に「会則・教義」の変更があった。それは85年目の今年を迎えるにあたり「1年の周知期間が必要」と準備され、公表された大きな路線変更だった。それは、後述の「学会内部情報流失ブロク」からも推測できる。実際、いまだにこの教義変更は後を引きずっており、一般会員間からは、こんな不満の声が聞こえてくる。
 「与党は安保法制議論で改憲解釈を押し通したが、それ以上に無理筋の“解釈変更”があの教義変更だった」

 そもそも学会は、創設以来72年もの間、日蓮正宗総本山大石寺にある「板本尊」に帰依してきた。日蓮正宗には宗祖・日蓮に源を発する約700年の歴史があり、信心する学会員は新興宗教とは格が違うと自負し、伝統を武器に折伏活動を行い信者拡大を図ってきた。しかし、その本尊を捨て去り、学会が認定する御本尊を信じなさいという教義変更だったため、会員が仰天するのも当然の話。伝統を捨て去ったという一点において、「そこらへんの新興宗教と代り映えしなくなった」と古参会員が嘆くのも無理はない。

 また11月は、原田稔氏が会長職に就いてから2期目最後の1年のスタートを切るが、そんな中、人事絡みのキナ臭い話も流れているのだ。そのいきさつが、前述の昨年流失したブログにも垣間見える。
 「恐らく教学部(教義問題の責任部署)内の幹部、あるいは、その動きを身近で知る中枢にいる人物と見られる人物が、ブロクで学会教義変更の“内幕”を暴露したのです。内容からすると2013年9月頃の出来事と推測され、その骨格は、約1年後の教義変更で現実となったという意味で非常に精度の高い情報でした。もちろん、反応を見るための作為的拡散とも考えられますが、ブログ自体は1日を経ずして削除されたのです」(学会ウオッチャー)

 件のブログには、教義変更のみならず、創価学会を改組して世界宗教『世界日蓮宗』を立ち上げることまで議題になったとの部分があったという。学会には国際組織・創価学会インタナショナル(SGI)があるが、これはあくまで任意団体であって、形式上は日本の創価学会と上下関係はない。そのため、学会及びSGIを改組し、新組織(日蓮世界宗=会長は日本の創価学会会長)を創設する提案が登場する。ただし、教義の扱いの問題が立ちはだかり、各国SGI関係者からの異議申し立てもあって、この時点では野望の実現に踏み切れなかったと、ブログは述べている。
 「ブログでは俗に“学会四人組”といわれる権力中枢を握った幹部をH、A、T、Yと書いていますが、これは原田会長ほか、秋谷栄之助五代目会長、谷川佳樹副会長、学会の弁護士グループトップの八尋頼雄氏のことです。一方、正木正明理事長は登場せず、次期会長レースからは完全に脱落したと読める。問題は、元祖、中国の四人組が『毛沢東の威光』を振りかざして暴走したように、“学会四人組”も『池田先生のご意向』を振り回しているのに、その歯止めがかからないことなのです」(学会本部関係者)
 実際、先の安保法制議論でも集団的自衛権反対派の正木理事長は、谷川副会長をはじめとする賛成派に完全に押し切られてしまった。

 学会本部関係者が続ける。
 「さらに注視すべきは、我々が接する情報の教義変更や安保法制に関して池田家の嫡男・博正副理事長の名前が出てこない点。一方で、教義変更に関する原田会長の説主旨では、『世界広布』とか『世界宗教』の言葉がくどいほど出てくる。つまり、まずは教義の土台を整えた上で、受け皿としての組織を作るという意図が見え隠れするのです」

 以下続きはリンク先へ
スポンサーサイト
プロフィール

nowhere

Author:nowhere
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。