スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

相模原の遺体遺棄、元交際相手を殺人容疑で逮捕

注)男性容疑者は元ラジオアナウンサーの女性の息子さんで裕福、「今はEXILEをおしている」など
電話で周囲にきこえるように話しテレビ局関係の職業のフリをしていたそうです。
共犯の女性の容疑者も新興宗教向けに葬儀用の樒を売る豪農で農協の偉いかたの娘さんだったようです。

http://www.yomiuri.co.jp/national/20160220-OYT1T50062.html
読売新聞 2016年02月20日 11時28分
東京都新宿区の阿部由香利さん(当時25歳)の遺体が相模原市の相模湖近くで発見された事件で、警視庁は20日午前、阿部さんの死体遺棄罪で有罪判決を受けた元交際相手の佐藤一麿容疑者(30)(渋谷区)を殺人容疑で逮捕した。
阿部さんの遺体からは高濃度の睡眠薬成分が検出され、同庁は佐藤容疑者が阿部さんを眠らせた後に首を絞めて殺害したとみている。同庁は同日、睡眠薬を購入したとして、佐藤容疑者の知人の秋山智咲被告(24)(死体遺棄罪で公判中)も殺人ほう助容疑で逮捕した。
 同庁幹部によると、佐藤容疑者は2013年6月10日頃、新宿区の阿部さんの自宅アパートで阿部さんに睡眠薬を飲ませたうえで首を圧迫して殺害した疑い。遺体から検出された睡眠薬の成分は、秋山被告が山梨県内の薬局で購入した睡眠薬と同一成分だったことが確認されたという。佐藤容疑者は「私はやっていません」と容疑を否認、秋山被告は「佐藤容疑者から頼まれて睡眠薬を買ったが、目的は聞いていない」と供述しているという。
 佐藤容疑者は07年頃から阿部さんと交際していたが、事件当時は別れ、秋山被告と交際していた。
 阿部さんの遺体は昨年6月24日、相模原市緑区の墓地の土中から、ブルーシートにくるまれた状態で発見された。同庁は翌25日に佐藤容疑者と秋山被告を死体遺棄容疑で逮捕。佐藤容疑者は東京地裁で昨年12月、懲役1年8月、執行猶予3年の有罪判決を受け、確定した。秋山被告は現在も公判中。
2016年02月20日 11時28分 Copyright © The Yomiuri Shimbun

相模原遺棄 .睡眠改善薬使い絞殺か 遺体から検出
http://mainichi.jp/articles/20160220/k00/00e/040/249000c
毎日新聞2016年2月20日 15時00分(最終更新 2月20日 23時01分)
東京都新宿区の母子が行方不明になり、相模原市で昨年6月に母親の職業不詳、阿部由香利さんの遺体が見つかった事件で、阿部さんを殺害した疑いが強まったとして、警視庁捜査1課は20日、元交際相手の佐藤一麿容疑者(30)=東京都渋谷区=を殺人容疑で逮捕した。佐藤容疑者の元交際相手、秋山智咲被告(24)=静岡県富士市、死体遺棄罪で公判中=も殺人ほう助容疑で再逮捕した。 佐藤容疑者の逮捕容疑は、2013年6月10日ごろ、阿部さんが当時住んでいた新宿区内のアパートで、不眠症状を緩和する睡眠改善薬を阿部さんに摂取させたうえで首を絞めて殺害したとしている。また、秋山容疑者の逮捕容疑は同9日ごろ、殺害に使用すると知りながら睡眠改善薬を購入し、佐藤容疑者に渡したとしている。
 捜査1課によると、佐藤容疑者は「やっていません」、秋山容疑者は「佐藤から頼まれて睡眠薬を買ったが、目的は聞いていない」と、いずれも容疑を否認している。
佐藤容疑者は07〜08年ごろに阿部さんと知り合い、交際していたとみられる。佐藤容疑者はその後、秋山容疑者と交際を開始。2人は阿部さんの遺体を13年7月に遺棄したとして、遺体が見つかった昨年6月に死体遺棄容疑で逮捕された。当時行われた阿部さんの遺体の司法解剖では死因は特定できなかったが、首などに内出血の痕があり、窒息死の可能性も否定できないとされた。
 その後、捜査1課が別の医師にも意見を求めると、首を絞められて殺害された可能性が高いとの所見が示されたという。遺体からは、常用していないはずの睡眠改善薬の成分も検出された。
 一方で、佐藤容疑者が13年6月9日ごろ、秋山容疑者に山梨県内や新宿近辺の薬局などで、遺体から検出されたのと成分が同じ睡眠改善薬を購入させていたことも判明。佐藤容疑者宅からは、この薬が100錠以上見つかっていた。
阿部さんとともに長男の行方も分からなくなっている。13年7月時点で長男は7歳だったが、07年9月に阿部さんの両親が確認して以降、足取りが全く分かっていない。【山崎征克、神保圭作、深津誠】
          ◇
 佐藤、秋山両容疑者は昨年6月、阿部さんの遺体を遺棄したとして死体遺棄容疑で警視庁捜査1課に逮捕されていた。捜査1課は当時から、阿部さんの死亡についても佐藤容疑者らが関与したとみていたが、解明に至らず立件を見送っていた。
 佐藤容疑者は公判で死体遺棄は認めたものの、死亡の経緯については黙秘を貫いた。公判では阿部さんの遺体の衣服にお守りが入っていたことも判明。佐藤容疑者はお守りについては自分が入れたと認めたうえで「謝罪の気持ちから
(入れた)」と説明した。しかし、裁判官に何に謝罪しているのかを問われても「具体的には黙秘します」と口をつぐんだ。昨年12月、死体遺棄罪で執行猶予付きの有罪判決を受けた。
 捜査1課は法医や薬物の専門家らから意見聴取を続けた。さらに、死亡した時期に睡眠改善薬を入手したり、昨年6月に逮捕されるまでの約2年間にわたって相模原市の山林に遺体を隠し続けたりした状況から、佐藤容疑者らが死亡に関与した疑いがさらに強まったと判断。今度は殺人容疑で逮捕し、事件の
「本丸」について2度にわたって追及するという異例の展開となった。

事件の経緯
2006年4月   阿部さんが長男を出産
07〜08年ごろ阿部さんと佐藤容疑者が交際開始
10年10月  阿部さんと長男が東京都青梅市から新宿区に転居
 11年3月ごろ 阿部さんの母親が阿部さんと電話で会話する
12年11月  長男、就学前の健診を未受診
13年3月   阿部さんが医療機関を受診
    6月   新宿区のアパートで阿部さんを殺害か
    7月   佐藤、秋山両容疑者が遺体を相模原市内に遺棄
14年3月   阿部さん親子の安否確認が取れないため、新宿区が学籍簿から削除
    12月  阿部さんの親が警視庁に行方不明者届を出す
15年6月   警視庁が佐藤、秋山両容疑者を死体遺棄容疑で逮捕。阿部さんの遺体が見つかる
   12月  東京地裁が佐藤容疑者に懲役1年8月、執行猶予3年の判決
16年2月   警視庁が佐藤容疑者を殺人容疑で、秋山容疑者を殺人ほう助容疑で逮捕

相模原の死体遺棄事件、男に有罪判決 東京地裁
朝日新聞 2015年12月4日12時37分
http://www.asahi.com/articles/ASHD37D5PHD3UTIL04V.html
相模原市緑区の墓地で6月、東京都新宿区の阿部由香利さん(当時25)が遺体で見つかった事件で、死体遺棄の罪に問われた飲食店従業員、佐藤一麿被告(30)に対し、東京地裁は4日、懲役1年8カ月執行猶予3年(求刑懲役2年)の判決を言い渡した。
 芦沢政治裁判長は「動機の全容は明らかではないが、計画的で犯意も強い」と指摘しつつ、「悪質性が高いとは言えない」とも述べた。
 判決によると、佐藤被告は2013年7月19日、秋山智咲被告(23)=同罪で公判中=と共謀し、墓地の空き地に穴を掘り、阿部さんの遺体を埋めた。佐藤被告は公判で起訴内容を認め、死体遺棄について謝罪したが、質問に黙秘するなどし、具体的な経緯や動機を語らなかった。
 警視庁によると、佐藤被告と阿部さんは交際していたという。同庁は、阿部さんが死亡した経緯についても捜査を続けている。

相模原の女性死体遺棄事件 セレブ容疑者“イタイ”一面も
http://dot.asahi.com/wa/2015063000098.html
(更新 2015/7/ 1 07:00)
裕福な環境で育った2人がなぜ足を踏み外したのか。
 神奈川県相模原市の山あいの墓地で6月24日、2年ほど前から行方不明だった接客業の阿部由香利さん(当時25)が遺体で見つかった。翌日、死体遺棄の容疑で逮捕されたのは、元恋人の佐藤一麿(かずまろ)容疑者(29)と、佐藤容疑者と交際していた秋山智咲(ちさき)容疑者(23)だ。
 なぜ今逮捕されたのか。
「2年ほど前から、当時7歳の長男と阿部さんの行方がわからず、昨年12月に親族から捜索願が出され、捜査が始まった。交友関係から2人が浮上し、6月になって秋山容疑者に任意で事情聴取して、事件が発覚しました」(捜査関係者)
 佐藤容疑者は、渋谷区の3階建ての豪邸に住み、母親が元文化放送のアナウンサーで、父親は有名企業に勤務していた。誰もが羨(うらや)む生活だった。近隣女性が、佐藤容疑者について言う。
「幼いころは暗くて目も合わせてくれなかったけど、10日ほど前には『弟が地方に勤務していたけど、最近戻ってきたんです』と、うれしそうに話してきました」
 最近は明るくなったとの評判だが、少し“イタイ”一面もあったという。
「仕事ができますという感じの高級なスーツを着ていましたが、平日の昼間からぶらぶらしていて不審だった。目が合うと『会議に間に合わないかもしれない』『今はEXILEを推している』など、業界人ぽいことをわざと聞こえるように電話で話し、嫌みな感じでしたね」(近隣の住人)
 一方、秋山容疑者の実家は、静岡県富士市でお茶や花を生産する裕福な農家だ。地元の高校を卒業して上京し、白百合女子大に進学。昨年4月に帰郷し、実家の農作業を手伝っていた。
「色白で尾野真千子似の美人だが、昔はひけらかさないいい子。最近は朝7時ごろから夕方まで熱心に働いていたけど、高校時代から男性関係が少しハデになっていた」(中学校の同級生)
 なんと犯行当時は、大学4年生。そのころ秋山容疑者が住んでいたマンションで異臭騒ぎが起こり、警察も出動していた。事件後もその部屋で暮らし、大学に通っていたということか。
「女子アナ志望も多く、幅広い交流をもつサークル“放送研究会”に所属し、目立つグループの一員でした。大学4年の夏には教育実習をし、卒業式や謝恩会にも奇麗なはかま姿で楽しそうでした。事件に関係していたなんて、信じられません」(大学時代の知人)
 卒業後の秋山容疑者のツイッターには、
「私事ですが両家で顔合わせをし、12月28日に今お付き合いしている彼と婚約しました」
 と、順風満帆な様子が書き込まれている。
「昨年末の同窓会で2人から婚約が報告されてお祝いした。頭がよく地元の高専を卒業した彼は北海道にいて遠距離恋愛中。幸せそうだった」(中学校の同級生)
 捜査関係者によると、佐藤容疑者は容疑を認めたものの「(阿部さんは)気づいたら死んでいた」、秋山容疑者は「(運んだものが)遺体だと知らなかった」と供述しているという。阿部さんの息子の安否はいまだ不明。真相解明は緒についたばかりだ。
※週刊朝日 2015年7月10日号
スポンサーサイト
プロフィール

nowhere

Author:nowhere
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。