スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

転載記事 海外とのダブルスタンダード

妻はアンチ、夫はバリバリ。archive

SGIと日本の創価学会は違うらしい。

かつて日本人のSGIメンバーが日本帰国に伴いどんの地区にも入ってきたことがあったが、
全く馴染むことなく遠ざかってしまったというし、
ネットでもそのような話を見かけたことがある。
日本の組織には学会歌や言い回しに象徴される独特な雰囲気があるが、
そういう表面的な理由だけでなく、おそらくはノルマがその主な理由だろう。
SGIには日本のような折伏や新聞などのノルマは無いと聞いたことがある
(下手にノルマで追い詰めたら訴訟を起こされるだろうし)。
無論、財務くらいはあるだろうが、ノルマに追われることが
前提の最初の二つのイラストなようなことはないはずだ。
同じ牙城会でも、かの俳優さんはそういう日本のノルマ活動を知らないだろう。
友人関係や仕事や家庭を犠牲にして課せられたノルマをこなすことに必死になるような、
おおよそ「ブディストの活動」と言うにはほど遠いことをする事も無い。
当人はブディストのつもりで、笑顔で信濃町訪問している姿が聖教新聞に掲載され、
半ば広告塔化している姿を見ると、その実態を知っているんだろうか?と複雑な気持ちになる。
まあ、実際にSGIの彼にもノルマがあったにせよ、
裕福な彼にとってはたいしたことではなさそうであるが。
wikipediaによると、SGIは「日本にも支部があるが、
外国籍の会員の交流・活動が目的であるため、日本人の参加は出来ない」とある。
ということは、日本人の帰国子女はそのまま日本の居住区の地区の組織に属することになるのだろう。
従って、日本人だけが「日本の創価学会の現実」に直面することになり、
日本のSGI支部に属する外国籍のSGIメンバーはその現実は知らないままでいられる可能性が高いのではないだろうか。
その予想通りだとするなら、なんだか釈然としないものがあるのだが。

http://ime.nu/hanagogo.dreamlog.jp/archives/1942490.html

海外の布教は法華経を前面に出すみたいですね。地元の会館にも英訳の法華経の本が売ってます。
日本式のシャクブクなんかしたら…えれぇ騒ぎになりますぜ(笑)
昔っから一部の心ある人達から日本と海外での、ダブルスタンダードを何とかせんとあかん~。
って意見があるにはあるんですがね
放置しといたほうが面白いと、思っちゃったり。
真っ黒な今日この頃です(^^;

http://ime.nu/hanagogo.dreamlog.jp/archives/1942490.html

Holeのコートニー・ラブは創価学会員|カート・コーバン嫁(Nirvana)
http://ime.nu/matome.naver.jp/odai/2131724057129934601

コートニー・ラブ、南無妙法蓮華経を唱えすぎて「神頼みにもほどがある」とたたかれる
http://ime.nu/happism.cyzowoman.com/2011/09/post_145.html

迷惑がってる?
コートニー・ラブ、リンジー・ローハンをSGIへ本格勧誘!? 
http://ime.nu/happism.cyzowoman.com/2012/05/post_793.html


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

nowhere

Author:nowhere
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。