スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

星野康二氏 wikipedia

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%98%9F%E9%87%8E%E5%BA%B7%E4%BA%8C
星野 康二(ほしの こうじ、1956年5月7日 - )は、日本の実業家。学位はMBA(ニューヨーク州立大学)。株式会社スタジオジブリ代表取締役社長、株式会社ドワンゴ社外取締役、財団法人徳間記念アニメーション文化財団理事。

ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社代表取締役社長(初代)などを歴任した。
1956年、北海道札幌市に生まれる。

北海道札幌旭丘高等学校を経て、創価大学文学部に入学する。入学後、「池田大作に対する、不当な非難・中傷の嵐が吹き荒れる」[1]と感じた星野は「必ずや池田大作の偉大さを証明してみせる! 国際社会で戦える力ある人材に成長しよう!」[1]と決意したとされる。在学中にアリゾナ大学への留学を経験し、卒業後は再度アメリカに渡り、ニューヨーク州立大学オルバニービジネススクールにてMBAを取得する。帰国後、創価大学の後輩だった女性と結婚する[1]。

ウォルト・ディズニー・カンパニー[編集]

アメリカの建材メーカーやアルプス電気の子会社「アルパイン」を経て、ウォルト・ディズニー・カンパニーグループに移る。各部門にて管理職を務めた後、ブエナビスタホームエンターテイメント日本代表、ウォルト・ディズニー・インターナショナル執行副社長を歴任した。ウォルト・ディズニー・インターナショナルの「シニアバイスプレジデント」に就任したのは星野が日本人で初めてだとされる[2]。その後、ウォルト・ディズニー・ジャパンにて初代社長となり、社長退任後は会長に就いた。

スタジオジブリ[編集]

ブエナビスタホームエンターテイメントがスタジオジブリ作品のビデオ販売を担当するなど、スタジオジブリとは業務にて関わる機会が多かった。2008年、スタジオジブリ社長の鈴木敏夫から後継者として指名されたため、ウォルト・ディズニー・ジャパン会長を退き、2代目スタジオジブリ社長に就任した。スタジオの運営に関して「“稼ぐ”という部分、経営面では変化していくだろうが、創作集団としてのジブリは変わらないし、鈴木さんがこれまで作ってきた環境を壊さない」[3]と表明しつつ「変わらないためにこそ、変化を恐れずにいたい。映画はもちろん、DVD、ビデオ、出版など、刻々と変わる業界の状況にも常に対応できるようにしたい」[4]としている。経営に関しては、ウォルト・ディズニー・カンパニーとスタジオジブリの規模の違いを指摘し「世界的な基準で会計の分析などをしても意味がない」[4]と評し「ディズニーとは逆のことをしなければならない」[4]と語っている。

人物[編集]

母校への思い入れは強く、「創価教育同窓の集い」にて「創立者池田先生、そして創価同窓の皆さんに、勝利の報告をさせていただけることは、最高の誉れ」[1]と語っている。「どんな時でもくさらず、前向きに『きっと池田大作にお応えする人材になるんだ。』」[2]をモットーとしている。また、星野の情熱の原点は「池田大作と出会い『師の偉大さを証明しよう! 国際社会で活躍する人に!』と決めたこと」[5]と語っている。一見すると順風満帆な人生だが、挫折を感じた際は「くじけそうになる度に、池田大作の著書を読み返した」[6]と述べている。

顕彰[編集]

創価大学に対する星野の寄附金を元に「星野基金」が運営されている[2]。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

nowhere

Author:nowhere
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。