スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

創価学会退会訴訟wikipediaより一部引用

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%89%B5%E4%BE%A1%E5%AD%A6%E4%BC%9A%E9%80%80%E4%BC%9A%E8%A8%B4%E8%A8%9F
創価学会退会訴訟(そうかがっかいたいかいそしょう)は、宗教法人創価学会に入会した学会員が退会するにあたり創価学会へ訴訟を起こした事例である。特に裁判の中で金銭の貸し借りが当事者間で行われていた事が発覚するケースもあった。

大学教授による学会訴訟[編集]

本件の特に出典の無い記述は東京地方裁判所 平成23年(ワ)第29303号より内容を得ている

香川大学教授で創価学会員でもあるA(仮名 以下原告)が創価学会幹部らから人権侵害を受けたとして、原田稔会長らを被告とした損害賠償請求訴訟を起こした。原告が主宰するホームページの内容を巡り複数の創価学会最高幹部らからプライバシーの侵害や脅迫、離婚の強要を含む個人の尊厳の侵害などを受けたとされるもの。元は創価学会の在り方に疑問を感じた原告が2005年度の財務に応じず、原告の妻(当時)が500万円を財務を包んだことによる夫婦間の意見対立が発端である。その後原告は、2007年10月に創価学会の問題点を列挙した日記を夫人に渡したが、日記は夫人や九州の創価学会幹部を通じて学会本部に提出され、原告が反創価学会活動を行う者であるとして学会本部の査問対象になる。査問に前後して創価学会本部は原告が、創価学会の内部情報を漏らした反逆者であると断定、青年部機関紙「創価新報」に原告の日記を掲載して、「仏敵」であるとして徹底した攻撃を加えた。さらに学会本部が主導となり行われた査問では原告への処分通達(除名)と原告に同調する人間探しを脅迫され、香川県在住の創価学会員から原告を殺害するといった予告まで飛び出した事も明らかにしている[16]。さらに原告は、原告夫妻の離婚問題に関して、創価学会が主導して離婚訴訟を提起しているとして、「婚姻における個人の尊厳を保障した憲法24条に明白に反するきわめて悪質な不法行為である」と主張している。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

nowhere

Author:nowhere
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。