スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

立て看板による嫌がらせ


春ごろ階段から転倒し足を骨折したのですが、家族の容体が悪化との知らせを受け帰省すると
実家のマンションの前に誰も気づかないような段差に大げさな看板がたてられ豚の写真が貼られていました。
マンションの方たちもあまりにもわずかな盛り上がりの段差にすぎないのに誰がわざわざ官公庁に言ったのだろうと不思議がっていたそうです。

こちらについて警察に問い合わせたところ県庁に言ってくれと言われましたが、携帯をかけ始めると不審な男性が訊いてもマンションの住人ではないと言うのにマンションの前に座り込んで私を監視していました。
翌日の朝にはサイトウ警備だかサトウ警備だかかいた制服をきた偽の警備員が看板の前に立って「9時になったら工事の人がくるから」と言い訳して言いはりましたが、9時をすぎると偽警備員も消え工事の方は来ませんでした。
その後連絡すると県関係の左耳ピアスをした担当者はこれは市道ですと言ったあと体を折り曲げて爆笑し「最近はカエルもあります」など冗談を言っていました。結局市の関係者が豚の写真の部分だけ白い紙を貼るように業者に指示されたようです。業者は地方の小さい川○組という建設会社です。なぜこういうことが起きるのか、土木関係の大臣さまなどを見れば利権の構造がわかるのでは。
つまりこのたて看板をたてた川○組はあたかも安全のためと親切を装いながら、通行人であるマンションに住む一般市民は豚であると遠まわしにバカにしたいのかもしれません。
税金を使ってこのようなことをしている業者にはあきれます。
家族はその後ほどなく死にました。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

nowhere

Author:nowhere
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。