スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ASKA“愛人擁護”ズブズブ不倫関係強調の背景

http://www.tokyo-sports.co.jp/entame/entertainment/306637/
2014年08月30日 08時10分





東京地裁を出るASKAを乗せていると思われる車両

 大声否定の裏に深くて大きい闇が――。覚醒剤取締法違反(所持、使用)などの罪で起訴された人気歌手ASKA被告(56=飛鳥涼、本名・宮崎重明)の初公判が28日、東京地裁で開かれ、検察は懲役3年を求刑した。起訴内容を認めていたため、裁判は争いもなく終わると思われたが、検察側がASKAと一緒に逮捕された愛人の栩内(とちない)香澄美被告(37)の名前を出すや、空気は一変! 同被告との薬物使用を執拗に問いただす検察側にASKAが「そんなことはしない!」と突然大きな声で否定する一幕もあった。この裏側にこそASKA事件最大のタブーが隠されていた。

 黒のスーツで法廷に姿を現したASKAは軽く一礼。職業を「歌手」と即答し、検察官が読み上げた起訴内容に「間違いありません」と低いトーンでよどみなく答えた。

 だが、開廷から数十分が経過したあたりで空気が一変する。被告人質問で検察から栩内被告について聞かれた時だ。

 ともに覚醒剤の陽性反応が検出されているが、栩内被告とは「一緒に薬物を使用したことはありません」。栩内被告の薬物使用についても「全く知りません」「入手ルートは持っていないはずです」と小さめの声で証言した。ならば、ASKA自身が栩内被告の知らないところで薬物を“盛った”のかというと、ASKAは突如、大きな声で「そんなひきょうなことはしていません!!」と、必死に否定してみせた。

 そればかりか、栩内被告のことをASKAは「大事な人」と表現。「好きなのか?」と聞かれ「はい」とうなずき、今後の関係について聞かれると「その前に話さないといけないことがたくさんあるので…。この場で言うのは無理です」と答える始末。体調不良のため法廷には姿を見せなかった元アナウンサーの妻・洋子さん(59)が「治療に寄り添って家族とともに支えていきたい」と書面で情状酌量を訴えていただけに、いまだ愛人との関係解消に踏み切れないASKAに傍聴人からはタメ息が漏れた。それほどズブズブの不倫関係だったことがわかる。

 とはいえ、ここが裁判のキモではない。突然大声になるほど栩内被告をかばい続けたのは、別の事情があるからだ。

 異様な“大声否定”の裏にあるのは、男女の愛情などという生やさしいものではなく、栩内被告が在籍していた大手人材派遣会社パソナグループの存在が影響している。

 同グループ代表の南部靖之氏はASKAの長年のタニマチとして有名。また栩内被告は同グループに勤務する傍ら、“接待要員”という顔も持ち合わせていたのは周知の通り。

 接待の舞台は東京・麻布の迎賓館「仁風林」。ここに政財界のVIPがこぞって集まり、華麗なるパーティーを開いていた。

「南部氏が力をつけたのは、仁風林で政財界の大物とパイプを築いたから。パーティーでは栩内被告ら“接待要員”の存在も注目された。そこで何が行われていたかはここでは明かせないが、栩内被告がパソナの表も裏も知るアンタッチャブルな存在であることは間違いない。そのことは南部氏がタニマチだったASKAも重々承知している」とは内幕を知る人物。

 栩内被告が一介のOLでないことは、関西の大物ヤメ検弁護士・黒田修一氏が弁護団に名を連ねたことでもわかろう。

「今後のことを考えれば、ASKAはパソナにこれ以上迷惑はかけられない。彼は栩内被告=パソナと捉えている。不利になるようなことは決して口にできない」(同)

 事件後、捜査当局のなかには栩内被告を突破口にパソナグループにメスを入れようと意気込む勢力もあったが、少なくともASKAは同被告をかばったことで“仁義”を果たしたと言える。

 一方では、このところ暴力団ルートの摘発が相次いでいる。19日にはASKAに薬物を譲渡した容疑で現役暴力団組員とその周辺人物が逮捕された。捜査関係者の話。

「逮捕された組員は仲間内から“クスリ屋”と言われていたほど薬物を扱うことで有名だった。その量も尋常ではない。彼がパクられたのは組織的にも大打撃。当局の本気度がうかがえますよ」

 それは捜査本部を戸塚署(新宿区)に設置したことからも明らかだ。前出関係者は「徹底的に暴力団ルートを追及するつもり。この部分に関して当局はASKA側と何らかの協力態勢を敷いているのではないか」とも指摘する。

 この日の裁判で検察は懲役3年を求刑。弁護側は執行猶予付きの判決を求めており、9月12日午後に判決が言い渡される。しかしそれは形式的なことで、事件が抱える本当の“闇”が暴かれる日はくるのだろうか…。

パソナとサンリオが株価下落し年初来安値 ASKA容疑者逮捕の週刊誌記事が影響か

2014.5.22 16:15 (1/2ページ)[国内市場]


 22日の東京株式市場でパソナグループとサンリオがともに一時、年初来安値を更新し、東証1部値下がり率の3位と1位になった。覚せい剤取締法違反(所持)容疑でCHAGE and ASKAのASKA(本名・宮崎重明)容疑者が警視庁に逮捕された事件に関する同日発売の週刊誌の記事が影響したと取りざたされている。

 ASKA容疑者とともに会社員、栩内(とちない)香澄美容疑者が逮捕されたが、この栩内容疑者とパソナグループとの関係が、22日発売の「週刊文春」「週刊新潮」で取り上げられた。両誌とも事件との関与には触れていないが、栩内容疑者が特別な待遇でパソナグループで働いていた様子などが取り上げられており、南部靖之代表に関わる業務なども紹介された。これが22日の株取引でパソナグループの一部投資家から売り材料とされたもようで、パソナグループ株は22日の年初来安値となる8.4%安の460円まで値下がり、終値でも4.4%安の480円となった。
一方、サンリオは21、22日に発表した今期以降の新しい経営計画で、小売り事業の拡大やテーマパーク開設などアジア展開の拡大方針が一部投資家に嫌気されたことで、大きく値を下げた。これに加えて、サンリオがパソナグループの主要株主であることが一部投資家の間で注目され、値下がりに影響したとみられている。サンリオ株は一時22.5%安の2410円まで値を下げ、終値は幾分回復したが、16.5%、512円安の2598円まで値下がりした。同社の3000円割れは昨年1月以来となる。
http://sankei.jp.msn.com/economy/news/140522/fnc14052216150010-n1.htm



ハローキティは猫ではない。しかも、日本人ですらない。
http://www.huffingtonpost.jp/2014/08/28/hello-kitty-is-not-a-cat-what-next-sanrio_n_5734086.html

女性ポップスターたちがキティに夢中になる"本当の理由"

ブルームバーグ・ビジネスウィーク(USA)より
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/38464
昨年11月、レディー・ガガは新作『アートポップ』の宣伝のために来日した。そして、ブロンドの髪に貝殻ブラをまとったガガ風キティちゃんと楽しそうに撮影をした。ガガの他にも、ケイティ・ペリー、ニッキー・ミナージュといった米国人アーティストたちが、こぞってキティ好きを公言している。アヴリル・ラヴィーンにいたっては、「ハローキティ」というテクノ・ポップ調の曲を歌っているくらいだ。

だが、女性ポップ・アーティストたちが、純粋にキティの大ファンだと考えるのは早計である。これは、抜け目のないビジネス戦略の一環でもあるからだ。


ブルームバーグ・ビジネスウィーク(USA)より

現在、日本の音楽コンテンツ市場は約43億ドル(約4500億円)。人口は米国の40%に過ぎないが、その市場規模は昨年、米国のそれを上回ったという推計もある。日本の音楽ファンは、CD一枚に対し30ドル近く払うし(米国では18ドル程度)、海賊版対策が厳しいため、違法ダウンロードサイトも普及していない。米国のアーティストたちは、このオイシイ市場に食い込もうと、「丸顔ネコが大好きだ」と取材やパーティ会場で公言している。

日本の「カワイイ文化」好きのセレブたちのおかげで、ハローキティのライセンスを手がけるサンリオの業績は絶好調。キティには口がないが、世界でいちばん影響力の強い猫であることは間違いなさそうだ。

ガガ様がキティちゃんに媚びる理由 年収4000億円の最強ネコセレブ?
http://www.excite.co.jp/News/entertainment_g/20140213/Mogumogunews_756.html
2014年2月13日 19時23分
海外アーティストが来日した際に、なにかと言うのが「アイ ラブ キティ」というものだ。昨年秋に訪れたレディ・ガガも、サンリオから贈られたガガ風キティちゃんを持って撮影にのぞんだし、これまでにライアン・ニューマン、ケイティ・ペリー、モナコ公国のアレクサンドラ王女、ジェイミー・キングなど、多くの海外セレブがキティファンだと言われている。『ハローキティ』は世界一愛されている猫キャラなのは間違いない。

ただし多くのセレブたちが純粋なファンだというわけではないのだ。要は日本人へのリップサービスという側面もあるということ。米国ブルームバーグ・ビジネスウィークが伝えたところによれば、日本の音楽コンテンツ市場は約4500億円で、米国よりも市場規模が大きいと言われている。そんなおいしい市場に参入するために、一部の海外アーティストはキティちゃんに媚びを売っているのではないかというのだ。

でも、実は一番のセレブはキティちゃんその人(猫)だ。というのも彼女がキャラクターとして持つ市場は3000億円~4000億円だと見られており、レディ・ガガの最高年収も70~80億円程度だと言われているのだから、圧倒的な差…。この数値で見る限り、僕らもキティ様と呼んだ方がいいのかも知れません!

文/編集部Related posts:
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

nowhere

Author:nowhere
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。