スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愛媛少女死体遺棄 被害者の父「どこもなんも助けてくれなかった」

2014年08月20日 11時00分
http://www.tokyo-sports.co.jp/nonsec/social/302887/


「なんぼ頼って行っても、助けてくれなかった…」。愛媛県伊予市の死体遺棄事件で、逮捕された無職の女(36)らの暴行を受けて死んだとみられる無職大野裕香さん(17)の父親が18日、本紙の取材に応じた。家出をしてまで、凄惨な暴力支配が待つ“地獄の団地”に身を寄せた理由が明らかになるとともに、娘を助けてくれなかった愛媛県警と行政への恨みを告白した――。

 18日に松山市内にある大野さんの実家を訪れると、ちょうど父親が葬儀用の花を自宅に運び込んでいる最中だった。非常に憔悴(しょうすい)し切った様子だったが、ハッキリとした口調で質問に答えてくれた。

「とにかく、警察と公的機関は縦割りで、私らも一生懸命(娘を)引き戻すために対応はしたんですが…。結局は公的機関に頼らないといけんかった。ですが、なんぼ頼って行っても、どこもなんも助けてくれなかったんが実情です。その中で1か月近くいたぶられて死んだいうのが現状じゃないかと認識してます」

 誰も助けてくれない間に、娘が卑劣な暴力を受け死んだ。そんな悔しさと無念さがにじむ言葉だ。

 事件を受けて、市はこの日、部局を横断した連絡組織を設置することを決めた。子供や高齢者への危害の情報を市、警察、児童相談所で連携して共有するというのだ。これは平時から当然やっておくべきことで、遅きに失するとはまさにこのことだろう。

 今回の事件は警察の不手際も大きな問題となっている。7月19日、市営住宅住民からの「少女が暴行を受けている。姿が見えない。死んでいるかもしれない」という通報を受けた警察は部屋に向かったが、ノックに応答がないという理由で引き揚げているのだ。

 警察はこの段階ですでに、大野さんへの暴力を把握していたにもかかわらず、だ。粘り強さを見せて安否確認さえしていれば、事件は防げたかもしれない。父親に、警察と行政に対する気持ちを改めて尋ねると、やはり、不信感や恨みはあるという。

「(恨みは)あります。ありますというか、(行政も警察も)何もできんかったね、という話です。それはこれから私なりに責任を追及していきたい。それだけです」

 責任追及というからには、場合によっては訴えを起こすことも視野に入れているのかもしれない。また「(娘を助けてくれなかった警察への不信感は)ありますけども、今は(真相究明のために)ある程度任せないと…」という複雑な気持ちも吐露した。

 ここまでは言葉に詰まらず語っていたが、次の質問に答えるまでには数秒かかった。そもそも、大野さんが家出をした理由とは何だったのか? 家出先で娘を亡くした遺族には酷な問いだったが、それでも父親は答えてくれた。

「向こう(住宅)の方が居心地が良かったということですよ。要は、何をしても何も言われない。私どもは普通の家庭ですから、おかしいことしたら『おかしい。直せ』とどうしても言ってしまう。向こうの方が居心地がよかった。それだけです」

 子供に口うるさく注意するのは、どこの親でも経験があるはずだ。家出をする子供も珍しい話ではない。だが、暴力を振るわれる環境は、全く居心地がいい場所ではないだろう。その疑問に父親は「(実家を)出てから1年近くは(女たちと)仲良くやってたと思います。暴力が出だしたのはつい最近の話です」と話した。

 家族が大野さんと「最後に連絡取れたんは6月27日」だったそうだ。7月に入ってからは一切取れていないという。女たちは大野さんの携帯電話も取り上げていたのだろうか。だとすれば、家族にSOSを発信したくても、できなかったのかもしれない。



愛媛・伊予市女性遺体事件:たまり場・居場所の心理学:少年少女を守るために
http://bylines.news.yahoo.co.jp/usuimafumi/20140816-00038313/
2014年8月16日 12時36分

■愛媛・伊予市女性遺体事件・少女遺体発見場所は「少年のたまり場」




愛媛・伊予市の市営団地の一室から、17歳の少女が遺体で見つかった事件で、警察はこの部屋に住む36歳の無職の女と、16歳の少年ら3人を死体遺棄の疑いで逮捕した。~(被害者の)大野さんの顔は、殴られたように腫れ上がっていて、警察は今後、死因などを調べる方針。


出典:フジテレビ系(FNN)愛媛・伊予市女性遺体事件 逮捕の少年ら、被害少女と面識あり 8月16日

被害者少女は、自宅から出ていたようです。事件現場となった部屋は、多くの少年達のたまり場となり、トラブルが多発していました。被害者少女への暴力を目撃していた人もいました。警察にも情報は行っていました。




大野裕香さんが遺体で見つかった窪田恵容疑者の部屋は、普段から窪田容疑者の子供の友人が数多く出入りしていたという。ベランダで花火をしたり物を壊したりするなど周囲とのトラブルも絶えず、周辺住民はこれまで何度も伊予市や県警伊予署に相談していたという。

住民の女性は「普段から暴力的な行為が多かったみたいだ。14日夜も物音や女性の叫び声などが聞こえた」。別の女性も「あの家族が迷惑で出ていった人もいる。何かが起きてからでは困るので、住民のほとんどは市に相談していたはず」と話す。


出典:愛媛少女遺体 死亡の少女1カ月前も顔腫らす 容疑者宅「少年のたまり場に」 産経新聞 8月15日

■なぜ逃げなかったのか

死に至るほどの暴力を受けながら、なぜ逃げなかったのか。鎖で繋がれていなかったのに、なぜ逃げなかったのか。疑問に感じる人もいるでしょう。でも、おそらく少女は逃げなかったのではなく逃げられなかったのです(ネットと世間に流れる「少女はなぜ逃げなかったか」に答える)。

今回のケースは、まず「逃げる場所」がなかったのではないかと思います。家族は、捜索願いを出し少女のことを探していたのですが、彼女は家には帰れないと思いこんでいたかもしれません。

家庭以外にも、警察や、信頼できる友人宅や親戚宅など、本当はどこかに逃げ場所はあったのでしょうが、少女の心の世界では、逃げ場所がない、ここにいるしかないと、思っていたのかもしれません。

また、世の中には、人を支配するのが得意な人がいます。彼らは、洗脳やマインドコントロールを使うカルトのように、人を支配する様々な方法を使います。

激しい暴力、気まぐれな優しさ、細かいルールを守らせる、独自のルールや価値観でしばる、健康を奪う。このような状況で、人の心は縛られて、逃げられなくなるのです。

逃げられるのは、逃げ場所があり、心と体の健康が保たれている人なのです。

■たまり場・居場所

家庭にも、学校にも、職場にも、「居場所」がないと感じている青少年達がいます。居場所がなくなるとき、人の心は不安定になります。不安定なまま、「たまり場」を探し出します。

何となく無職青年らが集まることもあれば、悪意を持った大人が彼らを集め、ルール違反を許したり、少年達を悪用したりしようとする場合もあります。

たまり場は、周辺住民の人々から見れば、異様で怖い集団に見えますが、そのように見られることがさらに、たまり場に集まる人々の凝集性を高めます。

自分たちだけで集まり、周囲を敵視し、独自の価値観で動くサブカルチャーが作られることもあります。

私たちにとっては、小さくても、自分の周りが「世界」になってしまいます。子どもにとっては学校のクラスが、社会人に取っては職場が、主婦や幼い子どもにとっては家庭が、その人にとっての「世界」なのです。

そこから一歩外に出れば、救いや別の価値観があるのですが、見えなくなります。その集団が良い集団なら良いのですが、いじめや非行の世界に飲み込まれる人もいるでしょう。

■少年少女を守るために

問題は多発しているのに、なかなか対応できないことが多いでしょう。家庭、学校、自治会、町内会、児童相談所、市役所、警察など、一つの組織の力では太刀打ちできないかもしれません。

不幸な犯罪を起こさないために、あるいは本当はSOSを出している少年少女を守るために、大人たちの連携が必要ではないでしょうか。

青年たちは、大人に反発するものです。社会のルールを破っている青少年は、甘やかさず制裁を加えることも必要でしょう。しかし、彼らには居場所が必要です。

悪の居場所ではなく、彼らに未来を与える居場所が必要です。彼らにとって、周囲の人々はうるさい存在かもしれませんが、「敵」になってはいけないと思います。

家を飛び出すこともあるかもしれません。大げんかをすることもあるかもしれません。それでも、最後には帰れる居場所を、子どもたちのために作れればと思います。




閉じ込められ、アルバイトを辞めさせられるなどしていた~遺体に多数のあざ~洗濯や食器洗い、小さい子供の保育所の送迎など家事を全部やらされていたらしい。

新潟青陵大大学院の碓井真史教授(社会心理学)は「家出するなどして逃げる場所のなかった少女は、窪田容疑者に経済的にも心理的にも依存せざるを得ない状況になったのではないか」と推測したうえで、「窪田容疑者は、人を支配することが巧みだったのではないか。最初はやさしく接し、次第に支配するためのルールを厳しくするなど、心を操る関係を築いた可能性がある。そうなれば、鎖で監禁したのと同じ状況に陥る」と分析する。


出典:<愛媛少女遺体>昨秋から「監禁」か 「家事を全部」証言も 毎日新聞 8月16日
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

nowhere

Author:nowhere
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。