スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小保方さんをめぐる報道のあり方

注)音楽雑誌のコラムまで小保方さんを疑惑が発覚するまで不自然に持ち上げていたのですが、
バイトの方の書いた記事とはいえ、この不自然な提灯記事は小保方さんのお父さんが海外の三菱の偉い方でそのグループ会社にも勤務と、バックが音楽業界で有力な方たちと同じような方だったからでは?
音楽は科学ではありませんのでどんな音楽雑誌でもこういう提灯記事はよくあることでしょう
記事の見開きにのっていたマンガはIts a wonderlandでした。
信じろ、信じ続けてときれい事を歌う人たちは、特に実情を知らない海外の人たちは
自分の選択により何を信じるかについて、自分にも他人に対しても責任を持つべきと気づくべきでは?
明らかな悪人より怖いのは偽善者です。

times review
リケジョの星、小保方晴子は、理系が生んだ最強の姫だ

理系の女子はかっこいい。高校時代に数学で14点とか赤点をバンバンたたきだしていたド文系脳の私は、話が
論理的で効率的な行動がとれて割り勘の計算も早い理系の友人を見るにつけ、そう思う。
よく女性は感情的とか感覚的な生き物だといわれるけれども、理系の女子はそういう本能を持ちながら
さらにロジカルな思考で割り切れる言葉をスっと導きだせるっていうのが、非常に人としてのバランス感覚に
優れているような気がするのだ。
何が言いたいかと言うと、そういう理系女子=「リケジョ」の超新星として現れた、理化学研究所の小保方晴子さんって
すごいよなってことだ。メディアでも報じられてる通り、彼女は理研の細胞リプログラミング研究ユニットリーダーとして
新型の万能細胞「STAP細胞」を開発した張本人。弱酸性の溶液につけるだけという簡単な方法で
万能細胞を作製できるという研究結果は、これまでの常識を破る革新的なものだった。
一部では日本人初のノーベル賞を期待する声もある。個人的には、世界に名をはせる理系女子ということで
日本人初の宇宙飛行士、向井千秋さん以来のスターが出た!という感覚だった。

研究成果や才女ぶりもさることながら、メディアが注目したのが、小保方さんの女子力の高さ。
ネットでも「かわいい」と話題になったが、NHKアナウンサーの橋本奈穂子似とか元バトミントン選手の
潮田玲子似とか称されるキュートな顔立ちに、きれいにカールされたロングヘア、フェミニンでコンサバな
ファッションは非常に男性受けがよさそうだ。研究室の壁はピンクとイエローにし、実験器具には大好きな
ムーミンのシールを貼り、花柄のソファーを置いているという徹底ぶり。さらにある
取材では「お風呂のときもデートでも四六時中、研究のことを考えていた」と答え、普通に彼氏がいる(いた)ことをさらっと公表。研究に没頭するだけじゃなくて恋愛だって手ぬかりない「最強リケジョ・クォリティ」を備えている点に視線が集まった。
さらに、今回の「STAP細胞」を命名する際、これまでの万能細胞と違って、眠っていた力を呼び覚まして自ら万能化する
という性質から、「王子様にキスされて目覚めるお姫様」になぞらえて「プリンセス」のP細胞でどうかと提案したが
さすがにボツになったというエピソードもある。すごい。汚れちまった自分はそんなロマンチックな発言、確実に顔が赤くなって言えない。ここまで徹底して女の子らしくあり続けるというのは、もともとの性格もあるのかもしれないが
私は小保方さんが理系という環境で純粋培養された究極の「姫」であるからという気がする。
中略
しかし、「すごい功績残したすごい才女が、すごいイケててかわいい」という、非モテこじらせ女がどう転んでも立ち向かえない鉄壁さしかなかったら、私は小保方さんにルサンチマンの感情しか抱かなかったと思う。小保方さんは
モテる女の条件である「隙」さえ備えている。もはや代名詞にもなっているが、白衣の代わりに着る割烹着だ。
イケてる自分を演出したいなら割烹着は着ない。研究が認められずくじけたときに励ましてくれたおばあさんからもらって
以来毎日着ているのだそうだ。良い話だと思っていたら、マスコミの小保方さんのプライバシーに関する取材が過熱し
研究に集中できないので、静かに見守ってほしいというお願いが本人から発表された。これにより
小保方さんフィーバーは一気に沈静化されてしまった。でもその対応も実に誠実でかっこいい。
小保方晴子・リケジョ最強伝説はしばらく更新されなさそうだな、と思っていた2月半ば。ネイチャーに発表した
「STAP細胞」論文の写真が不自然なため、論文ねつ造疑惑が起こっているという、驚くべきニュースが。
研究チームに根拠となる元データの提出を求めるなど、現在真相を調査中だという。いずれにせよ
誰も信じてくれないなら研究をやめてやると、くやしくて泣いた日もあるという
小保方さんの努力の結晶である論文結果を、私は信じていようと思う。(小新井知子)
245p ロッキンオンジャパン

場末のクロストーク
小新井 先月はすみませんでした
小川 え、何。何かした
小新井 先月号の「TIMES REVIEW」のページ、全国の書店をちぎって歩きたいくらい反省してます。
小川 ああ、小保方さんね。何だっけ、「リケジョの星・小保方晴子は、理系が生んだ最強の姫だ」?やっちまったな
中略
小川 まあ、小新井もこれに懲りて、今後はすべての人を疑ってかかりなさい。うちの編集長とか、特に。
中略
小川 その責任はお前にはないだろ
小新井 でも私は小保方の本性を見抜けず、よそのメディアの尻馬にのっかって提灯記事を書いてしまいました。
ジャーナリスト失格です。
239p ロッキンオンジャパン
注)「見開きの読者ページのハガキは高橋優さんでした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

nowhere

Author:nowhere
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。