スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

嫌がらせ電話で「実刑」になった「創価学会員」 (週刊新潮) 創価学会的事件…

投稿者 外野 日時 2005 年 9 月 04 日 09:53:32: XZP4hFjFHTtWY
 『週刊新潮』2005.09.08号
 嫌がらせ電話で「実刑」になった「創価学会員」

 一晩に100回以上、トータルで3000回以上の嫌がらせ電話。これを”異常”と言わずして何と言おうか。しかし、電話をかけていた当の本人は、「日蓮正宗の誤った教義を正すためだ」と、全く悪びれる様子がなかった。
 8月26日、札幌地裁で谷口博司(53)の判決公判が開かれた。鳥取県倉吉市に住む谷口が、札幌市内にある日蓮正宗・佛見寺に嫌がらせ電語を掛け続け、偽計業務妨害の罪で逮捕されたのは5月半ば。創価学会員の彼にとって、佛見寺は学会が言うところの「仏敵」に他ならない。
 平成3年11月、日蓮正宗が信徒組織の創価学会を破門にして以降、学会は正宗を「邪教」と位置づけて来た。谷口の犯罪には、この学会の「教え」が背景にある。佛見寺の藤原広行住職が話す。
「ある日には、夜9時頃から電語が鳴り始めました。”創価学会の谷口です”と名乗るので、またかと思い電話を切ると、すぐまた鳴る。横に置いているティッシュの箱に、”正”という字を書いていたら、1時間で186回にもなりました」
 10年以上に及ぶ、こうした谷口の嫌がらせに、忍耐も限界に達した住職は、札幌地検に相談せざるを得なくなったという。
 だが、法廷での谷口の態度は呆れるばかりだった。
「佛見寺の嘘を正すためにやっているので、妨害や嫌がらせではない」
 と嘯き、さらには、
「毎回名乗り、相手の都合を聞いているので、業務妨害はしていない」
 と平然と言ってのける。谷口曰く、「名乗った後に、”日蓮の邪義を破折します”と言うことが、都合を聞いたことになる」のだそうだ。掛けてくる電話は全て非通知。「迷惑だ」と言われても尚、一方的かつ執拗な電話を掛けてくる。これが相手の都合を聞いていることになるとは、この男の「常識」は、一体どこにあるのか。しかも、最後まで、「今後も電話を掛け続ける」と言い放ち、傍から見れば、全く反省の色がない。
 谷口の信奉する創価学会は、「反省がなければ除名する」と言うのに。
 谷口には、執行猶予がつかない懲役1年の判決が下された。こうした嫌がらせ電話での実刑は異例。が、法廷での谷口の態度を見れば、至極当然の結末だった。
http://www.asyura2.com/0505/cult2/msg/220.html

教義が間違っている」寺に迷惑電話3千回、男に実刑

自分の名前を名乗って「教義が間違っている」などと、札幌市内の寺へ約7か月間に3000回以上の迷惑電話をかけたとして、業務妨害の罪に問われた鳥取県倉吉市上灘町、パチンコ景品交換所従業員谷口博司被告(53)の判決公判が26日、札幌地裁で開かれた。

吉村正裁判官は「嫌がらせ目的なのは明らか。
公判でも『1日1回に自制はするが、これからも教義を正していく』などと言い、反省が見られない」として、懲役1年(求刑・懲役1年6月)の実刑を言い渡した。

谷口被告は、図書館などで電話番号を調べ、他の寺にも同様の電話をしていた。

04年10月からは電話料金を節約するため割安なIP電話に変更したほか、使っていた黒電話のダイヤルが掛けすぎで回しにくくなり、プッシュホンに買い替えたりしていた。
《転載終了》

ソース:読売新聞(2005年8月26日12時9分配信)
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1158875771
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

nowhere

Author:nowhere
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。