スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

転載 聖教新聞の紙上座談会が名誉毀損で敗訴

2009-12-21
聖教新聞の紙上座談会が名誉毀損で敗訴CommentsAdd Star

初めまして。壮年部の中堅幹部をしている者です。聖教新聞の紙上座談会なんですが、
名誉毀損で敗訴していたんですね。Wikipediaに記述されていました。
4面は幹部(会長・副会長・男子部長・女子部長・青年部長)らによる座談会企画が多い。
このコーナーにおいて阿部日顕、脱会者(竹入義勝、山崎正友)、民主党、共産党等への強烈な非難、罵倒を行っている。

実際、2006年3月には日蓮正宗のある寺の僧侶から、座談会の記事内で事実ではない事柄を元に誹謗中傷・名誉毀損(法を食らう餓鬼等と罵倒)されたとし、
この座談会に出席した幹部個人に対し、損害賠償と聖教新聞本紙への謝罪広告掲載を求められた裁判で主張が認められずに敗訴(東京地方裁判所)し、
座談会に出席した複数の幹部個人(秋谷栄之助会長・青木亨理事長等)に対し、
この日蓮正宗の僧侶に対し損害賠償として計80万円を支払うよう判決が出た。

当初、創価学会側は控訴するかと思われたが、控訴せずこの判決は確定した。
この裁判敗訴の記事は聖教新聞には掲載されなかったが、一部の一般紙にはベタ記事で報道された。
宗教法人の代表者である理事長の不法行為責任が問われた裁判ではあるが、あまり世間からは注目されなかった。

(Wikipedia「聖教新聞」)

どうやら私どもは宗教的正義を掲げるあまり、不法行為にすら鈍感になってしまっているようです。
確かに「表現」の問題ともいえますが、他人を攻撃する姿には間違いなく暴力性があるように感じます。
こうした事実を皆さんはどう考えますか? 
また、こうしたことが起こらないようにするにはどんなことができるでしょうか?

http://ime.nu/d.hatena.ne.jp/kankangakugaku/20091221/p1
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

nowhere

Author:nowhere
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。