スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奥大介さん激突死、挫折人生巻き返し矢先





注)写真は奥大介さんのブログより働いていたお好み焼きやさんの大将の結婚式のお写真の引用です。
悲しいニュースにおめでたい記事のお写真を引用して申し訳ありませんが
韓国旅行に出かける予定があるなど、奥さんは親韓の方ですが、過去の週刊新潮記事によれば
勤務先での宗教関係とのトラブルもあったとのことです。スポーツ選手のセカンドキャリアの問題に関して
大久保さんとあまりにも明暗の差を感じずにはいられません。口には出せなくてもこの報道を知って
複雑な思いを抱くさまざまな組織に属する個人の方もいらっしゃるのではないでしょうか。
また報道機関によって事故現場の記述が緩やかなカーブ、直線道路と食い違っているのも不思議です。
人生をやり直そうとしていらっしゃった矢先の突然の死、ご冥福をお祈りします。

http://www.nikkansports.com/soccer/news/p-sc-tp0-20141018-1383518.html

サッカー元日本代表MFの奥大介さん(38)が17日午前4時25分ごろ、沖縄県宮古島市で軽乗用車を運転中に交通事故を起こし、搬送先の病院で死亡が確認された。関係者によると8月ごろに宮古島へ移住し、リゾートホテルの調理場でアルバイトしていた。J1通算280試合出場の天才肌として人気を集めたが、昨年離婚した元夫人へのDV(家庭内暴力)騒動など、引退後は浮き沈みが激しかった。

 奥さんが38年の生涯を壮絶な事故死で終えた。沖縄県警によると、事故発生は17日午前4時25分ごろ。宮古島市上野宮国の県道で軽乗用車を運転中、対向車線にはみ出して電柱と衝突した。見通しの良い緩やかな左カーブ。電柱を折った先の雑木林で大破して止まった車の運転席で、意識不明のところを通行人に発見された。心肺停止状態で救急搬送されたが、骨盤を折るなど全身を強く打っており、蘇生しなかった。同乗者はおらず、街灯のない現場は夜明け前で真っ暗。ブレーキ痕はなかった。県警は死因や詳しい事故原因を調べている。

 一報は「ホテル従業員の事故死」だった。その後、身元が判明し、宮古島で働いていた近況も明らかになった。勤務先の高級リゾートホテルによると、8月下旬に調理補助のアルバイトとして採用され、皿洗いや容器準備などで調理師を支えていた。朝食を用意する仕事で午前5時から午後2時までの勤務。約7キロ離れた自宅から車で通勤しており、時刻から出勤途中だったとみられる。前日16日も出勤していたが、特に変わった様子はなかった。

 再起を図る最中の悲報だった。昨年6月、妻だった女優佐伯日菜子(37)へのDVで逮捕され、同7月に離婚。佐伯への6カ月間の接近禁止命令を受けた後は知人の家を転々とした。最後に身を寄せた兵庫県内の飲食店も「俺がいると取材が来て迷惑を掛ける」と去り、現役時代に毎年自主トレを行っていた宮古島を頼った。宮古サッカー協会の職員宅を訪れて子供を指導し、その際に「島の観光大使になりたいな」と笑って話すほど、愛着ある土地だった。

 約20年前から親交のある知人は、事故の約9時間前に本人と電話していた。「夜7時ごろ、笑いながら電話がかかってきたんです。明るい声で」。朝4時に起きて砂浜を走るなど、一時の荒れた日々を忘れるかのような生活を送り「飲食店を開く」夢のため修業していた。「今度、何か作ってやるよ」と料理の腕をふるう約束をし、11月に韓国旅行する計画もあった。明日19日の「エコアイランド宮古島マラソン」のハーフの部にもエントリー。「現役のころの筋力に戻ってきた」と生き生きし、現役、指導者を経た「第3の人生」への活力にあふれていた。

 94年に入団した磐田で黄金時代を担い、02年に移籍した横浜では03、04年のリーグ連覇に貢献。技巧派の攻撃的MFとして日本代表で国際Aマッチ26試合に出場した。07年の引退後は東京・多摩大目黒高の監督やJ2横浜FCの強化部長を歴任。しかし、体調不良や情緒不安定で長続きせず、近年は元夫人へのDV事件など浮き沈みの激しさがクローズアップされていた。

 ◆奥大介(おく・だいすけ)1976年(昭51)2月7日生まれ、兵庫県尼崎市出身。神戸弘陵高-磐田-横浜-横浜FC。攻撃的MFとしてJ1で280試合62得点、日本代表で国際Aマッチ26試合2得点。07年に現役引退。02年に女優の佐伯日菜子と結婚して2児をもうけたが、昨年離婚した。

 [2014年10月18日7時27分 紙面から]

サッカー元日本代表・奧大介さん死亡 宮古で事故
2014年10月17日 12:25
沖縄タイムスプラス
 17日午前4時25分ごろ、宮古島市上野宮国の県道202号で、軽自動車が対向車線に進入し、電柱などに衝突した。運転していた兵庫県出身の元サッカー日本代表選手・奧大介さん(38)=宮古島市下地=が骨盤骨折などを負い意識不明の重体で市内の病院に搬送されたが、約1時間半後に死亡が確認された。宮古島署が事故原因を調べている。

 現場は、畑や原野に囲まれた見通しの良い片側1車線の直線道路。県警や宮古島署によると、軽自動車は上野交差点から宮国交差点に向けて進行中だった。前の部分が大破し、倒れた電柱付近の雑木林に突っ込んだ状態で見つかった。

 奧さんは兵庫県尼崎市出身。現役時代のポジションはミッドフィールダーで、Jリーグのジュビロ磐田などに所属していた。
http://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=86960
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

nowhere

Author:nowhere
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。