スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■Alt-J / アルト・ジェイ、日本盤ボーナス・ディスク(初回盤のみ)の詳細が決定!「ナラ(奈良)」「リーヴィング・ナラ(奈良)」のトム・グリーンによるリミックス!

注)Alt Jも某団体に利用されて曲まで書いてしまった気の毒な人たちです。
生活保護生ゴミ汚物死ねと音楽フェスティバルに関して昨年から匿名掲示板などに
連投し執拗な荒らし行為をしていた人もいましたが、
因果関係は確認できないにしても、9月11日に生活保護の学会員君野容疑者が女児を殺害し
生ゴミのようにゴミ袋に入れて遺棄してしまった事件まで起きた今、なぜこの人たちは笑っていられるのでしょうか?
事件のあった長田区天神町では7月に子猫が両目をくりぬかれ片目だけ口に入った状態で
マンション廊下に死体で見つかり小林さんという投げ入れた犯人も捕まっています。
デヴィッドボウイなど某団体に近づかれ、
自分の奥さんの出身地ハイチの宗教の落書きを他人の職場の壁にプロモーションでさせるなどした
アーケイドファイアがフジロック出演の日に、佐世保で殺された愛和さんも遺体を無残に損壊されました。
(偶然私の祖母もその日、7月26日朝に亡くなりました)
加害少女は猫など殺していたようですが、
今年春に父親をバットで襲うまでまったく精神障害などと誰にも思われてなかったようです。
少女の中学卒業文集を見ても、水平線、正の字(香川選手が同様のことをいう宗教疑惑動画があります)
本当のことは言えないなど父親に対する暗示に満ちており、少女は軍艦島など訪れたこともあるようで
父親はソフトバンク犬の演技指導女性と再婚しましたが、事件後自殺しました。
ニュースに三色旗がうつっていた筑後のリサイクルショップ連続殺害事件も、ニュースではそのことに全く言及されず
親族の従業員が鎖でつながれ監禁されて死んでおり
人が何人も死んでいて、子供も犠牲になっているのに、無知なALT Jはなぜ笑っていられるのでしょうか?
ヘイトスピーチや排外デモが笑い事でないように、某団体の被害も日本では笑い事ではありません。
しかもヘイトスピーチやそういったデモに関しては報道され国連でまで議論されるのに
某団体の悪事は、政治権力とメディアへのお金のためまったく某団体絡みと報道されませんし
裏切ったら嫌がらせをされるので恐怖から団体側も一般市民も誰が某団体の人などネットに書けません。
私は騒音公害をふくむさまざまな被害に8年以上あっていて鬱が悪化し
毎日のように、もちろん今日も嫌がらせ待ち伏せつきまといなど受け、
ドアホなどと住んでる某ターミナル駅反対口側で怒鳴られました。
奈良県ではヒップホップなど音楽をかけ続け騒音公害訴訟となった河原さんの奈良騒音傷害事件も起きました。

バンドメンバーのThom Green(トム・グリーン)によるリミックスを2曲収録。トムはマイリー・サイラスの「4X4」のリミックス他もおこなっている名リミキサーです。
■日本盤ボーナス・ディスク(初回盤のみ)
1. Nara (Thom alt-J remix)
2. Leaving Nara (Thom alt-J remix)
■Naraとは日本の「奈良」で、以下のようにバンドはコメントしています。
日本の街、奈良についての曲が3曲ある。奈良には公園があり、そこでは鹿が歩き回っている。
「やりたいことをやらせる、といったことの比喩のように感じたんだ。それこそが僕らの持っている自由だと本当に思うんだ。前後に動くかジャンプすることしかできないスーパー・マリオ(ゲーム)と違って、グランド・セフト・オート(ゲーム)では、自由に動き回れる街を持つことができるでしょ。街を動き回れることによって大きな世界にアクセスする権利を持てるんだ。それだけでなく、殴りたい奴も殴れるんだよ」とジョーは言う。
「からかってるわけではないよ。君を賞賛して笑っているんだ」とガスは笑いをこらえている。
http://bignothing.blog88.fc2.com/blog-entry-3594.html
アルト・ジェイ『ディス・イズ・オール・ユアーズ』
■発売元: 株式会社ウルトラ・ヴァイヴ■品番: INFECT200CDJ■定価: ¥2,300 + 税■その他: 解説 / 歌詞 / 対訳付
★初回盤のみリミックス2曲入りボーナス・ディスク付【収録曲目】
1. Intro / イントロ
2. Arrival in Nara / アライヴァル・イン・ナラ
3. Nara / ナラ
4. Every Other Freckle / エヴリ・アザー・フレックル
5. Left Hand Free / レフト・ハンド・フリー
6.? (Garden of England) / ?(ガーデン・オブ・イングランド)
7. Choice Kingdom / チョイス・キングダム
8. Hunger of the Pine / ハンガー・オブ・ザ・パイン
9. Warm Foothills / ウォーム・フットヒルズ
10. The Gospel of John Hurt / ザ・ゴスペル・オブ・ジョン・ハート
11. Pusher / プッシャー
12. Bloodflood pt.II / ブラッドフラッド・パート・ツー
13. Leaving Nara / リーヴィング・ナラ

「同級生殺害」娘を籍から抜いていた加害女生徒の父!直後に金属バット殴打2014/8/ 7 15:51
http://www.j-cast.com/tv/2014/08/07212608.html?p=all
中学校の卒業文集に彼女の「数える」という文章がある。
<「僕が人生で本当のことを言えるのは、これから何度あるだろうか。
人生で、涙ぐむほど美しいものを見ることは、悲しみに声を枯らすことは、お別れのあいさつを書くことは、好きな人と手をつなぐことは? 数えたら、きっと拍子抜けするだろう。
いま人生を始めたばかりの薄い肩に、どこまでも水平線が広がっている。
あまりにも短い航海の間、僕は何度心から生を叫べるか、正の字をつけて数えておこう。
この人生の幕引きに笑ってお辞儀ができたなら、僕はきっと幸せです」>

少女:高1同級生殺害事件1カ月/上 バット殴打事件の後 軍艦島に一人たたずむ
http://mainichi.jp/graph/2014/08/28/20140828ddp041040022000c/001.html
2014年08月28日 毎日新聞 少女が1人で訪れた軍艦島は、静寂の中に廃虚がたたずむ=長崎市の端島で、竹内麻子撮影

端島 (長崎県)wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AB%AF%E5%B3%B6_(%E9%95%B7%E5%B4%8E%E7%9C%8C)
軍艦島(ぐんかんじま)の通称で知られている[2]。
1890年(明治23年)、端島炭鉱の所有者であった鍋島孫太郎(鍋島孫六郎、旧鍋島藩深堀領主)が三菱社へ10万円で譲渡[19]。端島はその後100年以上にわたり三菱の私有地となる。

奈良騒音傷害事件
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A5%88%E8%89%AF%E9%A8%92%E9%9F%B3%E5%82%B7%E5%AE%B3%E4%BA%8B%E4%BB%B6
奈良騒音傷害事件(ならそうおんしょうがいじけん)は、奈良県生駒郡平群町の主婦が約2年半にわたり大音量の音楽を流すなどの方法で騒音を出し続け、それにより近所に住む夫婦を不眠・目眩などで通院させた事件。2005年4月、傷害罪の容疑で奈良県警に逮捕され、2007年最高裁で実刑判決が確定した。騒音を出す現場が被害者夫婦により録画、マスコミ各社に提供され、テレビのワイドショーで主婦が「引っ越し、引っ越し」と大声で叫ぶ様子が何度も流れ、騒音おばさんの名前で有名になった[1]。主婦は、1988年に大阪から奈良県平群町に転入した。翌年、主婦は被害者夫婦の隣の住民とけんかになり、両者の争いは裁判にまで発展したが、このときは被害の大きかった主婦側が勝訴し、敗訴した隣の住民は引っ越していったという

2007-01-08 個人ブログより引用 奈良県の「騒音おばさん」を救え!!! http://d.hatena.ne.jp/dokuhebiniki/20070108
久しぶりに、「毒蛇日記掲示板」(http://bbs10.fc2.com/php/e.php/dokuhebi-bbs/)を覗いてみたら、僕にとっては、かなり重要な書き込みを発見した。奈良県の「騒音おばさん」事件の続報である。実は、奈良県のあの「騒音おばさん」の映像がテレビで流される度に、僕は心の奥に痛みを感じてきた。これは、一歩間違うと、自分自身にも訪れるかもしれない悲劇のように感じた。明らかに、彼女はある種の極限状況に追い込まれている。「追い込まれている」ということの責任は彼女自身にもあるだろうが、それだけではない。「追い込んでいる」奴等がいるはずなのだ。そうでなければ、彼女がああいう行動を取るはずがない。彼女を極限状況に追い込み、彼女を精神的破綻状態にまで追い詰めたものとは、何か。あるいは、誰か。はっきり言ってしまえば、近隣住民の一部による「集団リンチ」か「村八分」だろう。たとえば、彼女が、「険悪な顔をして布団をたたき、そして何事かを(「引越し、引越し……」)大声で喚いている…」というあのビデオ映像を誰が撮影したのか…という問題だ。あの不思議な、不可解な、奇怪な「ビデオ映像」を誰が撮影したのか。何のために撮影したのか。そしてこの私的映像をマスコミに売り込み、日本全国に流通させたのは、誰か。そしてマスコミは、被害者の言い分だけを100パーセント信用して、「加害者=犯罪者」と確定したわけでもない段階で、こういう秘密なプライベート映像を、全国ネットで流してもいいのか。これこそ問答無用の「集団リンチ」であり、「村八分」ではないか。さて、この映像を撮影したのは、「騒音おばさん」の近所に引っ越してきた新住民である「S」一家である。「S一家」の者が、偶然ではなく、意図的に撮影したものらしい。僕が、この「騒音おばさん」事件に不自然なものを感じ、何か「いやな感じ」を受けたのは、このビデオ映像の撮影者の「意図」と「魂胆」に、心理的に醜悪なものを読み取ったからだ。「毒蛇日記掲示板」の書き込みによると、すべてを妄信するわけではないが、その裏事情がよくわかる。「騒音おぱさん」の家の隣に引っ越してきた「S一家」は、単なる「善意の被害者」のように振舞っており、すべてのマスコミ報道もその線に沿ってなされているが、実はそんなに単純な話ではない。むしろ、問題は、僕が、この「騒音おばさん」報道に接した当初、直感的に感じたように、被害者と自称する「S一家」の方にあったらしいということだ。つまり「騒音おばさん」は、24時間、この隣家に引っ越してきた「S一家」に監視され、隠しカメラで密かに撮影されていたということだろう。「なるほど、やはり、そうだったのか…」というわけだ。ニーチェは、ヨーロッパ「形而上学批判」の方法として、その言説を「誰が語っているか…」と問うたが、われわれも、今、「誰があの映像を撮影したか…」を問うべきだろう。確定は出来ないが、一説では、この「S一家」の背後には「創価学会」の影がちらついているという話もあるようだ。創価学会へ勧誘したが断られたために……というわけだが、はたして真実は……。事件の根本原因は、どうだったのだろう。裁判官は、そういうことを考えたことがあるだろうか。いずれにしろ、警察も裁判所もマスコミ報道も、まったくあてにならない時代だな、と思う今日、この頃である。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

nowhere

Author:nowhere
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。