スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

聖教オンライン
2011年 5月20日
ヒューマン HUMAN INTERVIEW 猫ひろしさん

五輪出場の夢抱き奮闘
走れる〝最速芸人〟と注目
1日の目標は帰宅までにやりきる。時間を言い訳にしない。
http://ime.nu/www.seikyoonline.jp/culture/bunka/2011/1196052_1484.html

日刊サイゾー
2012年04月12日17時10分
「オリンピックを金で買った」
週刊誌が続々暴露する猫ひろしのマラソン五輪代表買収劇
http://ime.nu/news.livedoor.com/article/detail/6462254/

昨年11月に今夏のロンドン五輪・男子マラソン出場のためにカンボジア国籍を取得し、
今年3月に正式に代表に決定したお笑いタレントの猫ひろし。
国籍取得に関しては賛否両論あったものの、日本メディアでは大々的な祝福ムードで報じられていた。
 だが、「週刊新潮」(新潮社)と「週刊文春」(文藝春秋)のともに4月19日号が、
五輪代表権取得に関して“買収疑惑”が浮上していることを報じている。
「新潮」は同国代表として北京五輪に出場し、2時間25分19秒68の同国記録を保持、さらには猫との直接対決でいずれも勝利している同国マラソン界のエース、ヘム・ブンティン選手のインタビューを掲載。
 ブンティン氏は「お金がある猫が認められた。
猫のやっていることは日本人の品位を貶める」「お金を払って国籍を買い、オリンピック出場権も買った」などと猫を糾弾。
 猫の国籍取得を支援したのは、“ホリエモンの右腕”を自称するW氏の妻が社長を務めるK社。
同社から同国五輪委員会に2万3,000ドル(約186万円)の金が流れ、
W氏がブンティン選手に対し“買収金”ともいえるスポンサー契約を持ちかけるなど、
さまざまな“裏工作”が行われていたというのだ。


五輪出場逃した猫ひろし 失う3億円と芸人生命
2012年5月10日 掲載
http://ime.nu/gendai.net/articles/view/geino/136489

所属事務所のワハハ本舗も、もくろみが外れた。50人近いタレントを抱えているのに、コンスタントにテレビに出演しているのは久本雅美と柴田理恵の2人だけ。
猫の稼ぎをアテにしていたのは間違いない。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

nowhere

Author:nowhere
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。