スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アジア大会水泳・冨田尚哉カメラ盗難否定「認めないと帰国させないといわれた」

http://www.j-cast.com/tv/2014/10/31219756.html?=all
2014/10/31 13:28
韓国・仁川のアジア大会で高級カメラを盗んだとして逮捕された水泳の冨田尚弥選手(25)が、一転して犯行を否定した。「認めないと日本へ帰さないと言われた」ときのう30日(2014年10月)に代理人の國田武二郎弁護士が明らかにした。冨田は来週、記者会見を開き自ら説明して再捜査を求めるという。
冨田はアジア大会で100メートル平泳ぎで4位に入賞したが、その会場で韓国通信社のカメラを盗んだ疑いで逮捕され、容疑を認めた形で略式起訴されて約10万円の罰金を払った。示談も成立し、帰国の際は「お騒がせして申し訳ございませんでした」と神妙に頭を下げていた。日本水泳連盟は冨田を16年3月まで選手登録禁止の出場停止処分にした。
「やっていない」と否定した冨田は、韓国ではきちんと話す機会を与えられず、きちんとした取り調べも受けられなかったという。最初から犯人扱いで、通訳の日本語もたどたどしく言い分を伝えられなかった。「認めないなら、韓国に残されるかもしれない」と言われ、日本に帰れない雰囲気にパニックになってしまったという。
一方、韓国の捜査当局は防犯カメラ2台に冨田選手が映っていたと主張している。日本チームのユニホームを着た男が手提げ袋にカメラを入れようとして入りきらず、レンズを外して本体だけを入れ、さらに袋を洋服の中に隠して立ち去る20から30分間の映像だという。これを日本選手団の関係者に見せて冨田選手とわかったとしている。
しかし、冨田が見せられた映像は、記者席に座る自分らしい人物が小さく写っていただけ。画面が粗く何をしているのかも確認できなかったと國田弁護士は話した。「肝心の、盗んだ瞬間は映っていなかったと(冨田選手は)言っています」
韓国警察当局に再捜査要請
カメラが冨田の部屋から見つかったとされる点も、冨田は迷彩色のズボンをはいたアジア系の男が自分のバックに何かを入れたという。そのときは怖くて声をかけられず、部屋に戻ってからカメラとわかったが、いらないのかと思い、そのままにしたと主張している。

韓国の捜査当局者は「われわれは敏感に反応しない。映像を公開するかもしれない」と再捜査には否定的だ。
キャスターのテリー伊藤「韓国の警察が映像を提供し、はっきりすれば難しい問題ではないですよ」
コメンテーターの香山リカ(精神科医)「日韓の関係は今でも感情的によくないので、あまりおおごとにせず、事実を淡々とはっきりさせてほしいですね」

競泳・冨田尚弥 窃盗疑いで選手団追放
http://www.daily.co.jp/newsflash/general/2014/09/27/0007368786.shtml
2014年9月27日
 日本オリンピック委員会(JOC)は27日、韓国、仁川で開催されているアジア大会に出場した冨田尚弥(25)=チームアリーナ=を選手団から追放したことを発表した。冨田は今月25日に報道陣の物品を盗んだ疑いがあるとして、26日18時過ぎに仁川市の警察署から連絡があったという。26日夜から27日未明にかけて、事情聴取を受け、日本選手団に本人が事実を認めたという通知があった。
 日本代表選手団は「日本代表選手としての規範」を定めており、その中の「責任ある行動」の項に「我々の競技活動には競技での活躍だけでなく、競技を離れた場でも社会の規範となる行動を心掛ける」と明記されているほか、「規律ある行動」の項には「我々はすべてに規律ある行動をとらなければならない」と定めており、青木剛団長以下、本部役員の一致した考えで追放を決めた。
 冨田は10年アジア大会男子200メートル平泳ぎで優勝。翌年の国際大会代表選考会で2分8秒25の好タイムで北島康介らを抑え優勝し、“ポスト北島”として期待を集めた。遠征先に大好きなミッキーマウスの約1メートル近い巨大な縫いぐるみを持ち込む異色なキャラとしても注目された。今大会は100メートル平泳ぎで4位に終わり、メダルを逃していた。

冨田「やってない」会見に水連困惑
http://www.daily.co.jp/newsflash/general/2014/10/30/0007462638.shtml
2014年10月30日
 日本水泳連盟は30日、都内で臨時理事会を開催し、仁川アジア大会で韓国通信社のカメラ(約83万円相当、本体重量1・3キロ)を盗んだとして略式起訴された冨田尚弥(25)を2016年3月31日までの選手登録停止処分とすることを正式に決定した。7日の倫理委員会と常務理事会で同案をまとめ、冨田には2週間以内の不服申し立ての権利があったが、申し立てはなかったという。
 一方で同選手が11月6日に、窃盗について「やってない」と弁明する会見を行う件について、水連の泉専務理事は「今までの経緯で、具体的に決まった事実に基づいて処分を決めた。どういう会見か連絡がないので分からない。冨田選手がどう考えているのか、理解していない」と、困惑を隠せなかった。
 同件はすでに示談が成立している。水連によると、事情聴取に帯同した日本オリンピック委員会(JOC)、大使館職員も捜査資料を確認しており、泉専務理事は「ルール通り捜査はしていただいたと認識している」とした。
 関係者によると冨田は「(別の人物からカメラを)バッグに入れられた」と主張しているという。水連側は「再審請求などで韓国警察の判断がくつがえることがあれば、再度理事会を開いて判断することになる」とした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

nowhere

Author:nowhere
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。