スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水曜日のカンパネラ


3月 3, 2014
奥さん、鹿の解体ショーですよ。
http://h24.tumblr.com/post/78343160608
より画像を転載

注)森林や農産物などのシカの食害で個体数調整、食用に流通という声はしかたないかもしれませんが
言い伝えなどは人間が考えたものですので、
ペットショップで買った高い血統書つきのペットの犬はお金をかけて可愛がる人が多いのに、鹿の解体は音楽ライブで見せびらかすなど
あまり残酷なことはしないでいただきたいです
野生動物との共存は簡単なことではありませんが

鹿~シカ  鹿島神宮の祭神「武甕槌命(タケミカヅチノミコト)」の鹿
http://www9.plala.or.jp/sinsi/07sinsi/fukuda/sika/sika-1.html
◆鹿島神宮と鹿
鹿島神宮の祭神である武甕槌命(タケミカヅチノミコト)ところに、天照大神(アマテラスオオミカミ)から使者が来て、「香取神社(千葉県佐原市)の祭神、経津主命(フツヌシノミコト)と共に出雲の国へ行って、大国主命に、出雲国を自分(天照大神)に譲るように説得してきなさい」とのことだった。
この時の天照大神の使者、天迦久神(アメノカグノカミ)は、鹿の神霊だったとされ、これに因んで、鹿島神宮の神使は鹿とされるようになった。
神社名(地名)も「香島」が「鹿島」になった。
なお、武甕槌命、経津主命は共に「剣の神」(武神)で、出雲国に出向いての強談判(コワダンパン)の結果、大国主命に「国譲り」をさせることに成功した。             (鹿島神宮:茨城県鹿嶋市宮中2306-1 )


鹿のように
鹿のように(As the Deer)は、1984年にマーティン・ニストロームによって作曲された、良く知られたプレイズ・ソングである。この曲は詩篇42篇1節に基づいて書かれている。42:1;[1]
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%B9%BF%E3%81%AE%E3%82%88%E3%81%86%E3%81%AB

牡鹿
ヨーロッパ・アジア・アフリカという旧世界の諸文化圏において、
重要なシンボルとみなされた
氷河時代の洞窟美術に見られる野生の馬と牛の組み合わせは
神話的・宇宙論的な二元原理を構成していた、という
フランスの先史学者たちの説があるが、
牡鹿もしばしば雄牛と対になって同じような役割を果たしていたと思われる。
木の枝のような角が周期的に生えかわるため、
生命の若返りや新生、
時の経過のシンボルになった
北欧神話では、
4頭の牡鹿が宇宙樹ユグドラシルの樹冠で
若芽(時間)や花(日)や小枝(季節)を食べる。
牡鹿の角は、太陽光線を象徴した。
古代ギリシア・ローマでは、牡シカは毒ヘビの敵とされ、その皮は
ヘビに噛まれないための護符となった。
また角の粉末は穀物の種を呪いから守るといわれた。
http://www.karakusamon.com/sflora/ojika.html

静岡県農林技術研、硝酸塩入り餌でシカ駆除 農作物被害防ぐ
2014/9/9 2:00 日経新聞
http://www.nikkei.com/article/DGXLZO76793070Y4A900C1L61000/
 静岡県農林技術研究所森林・林業研究センターは深刻な農作物被害などをもたらすニホンジカを駆除する新手法を開発した。硝酸塩入りの餌を食べさせる方法で、従来の猟銃やワナによる捕獲に比べ人や他の動物に与える影響が小さいのが特徴だ。
 シカやウシなどの反すう動物はいったん飲み込んだ食物を口の中に戻し、かみ直す動作を繰り返す。こうした動物は硝酸イオンを摂取すると、胃の中の微生物が亜硝酸イオンに還元。亜硝酸イオンは血中の酸素を運ぶヘモグロビンと結合し、酸素を運ぶ機能が失われるため、酸欠状態になって死に至る仕組みだ。硝酸塩は自然界に存在し、生態系への影響も少ないという。
 ウシが硝酸塩の摂取で死ぬなどの被害が出ることは広く知られていた。同センターは「同じ反すう動物のシカでも同様の現象が起きるのではないか」と考え、2012年度から研究に着手した。
 昨冬に東伊豆町で、野生のシカを対象に試験を実施。通常の餌で餌付けした後、硝酸塩入りの餌を与えたところ、駆除できることを確認した。ただ、硝酸塩入りの餌にあまり食い付かないケースがあるため、食味などを改良する。今冬も同町内で駆除試験を行う。
 シカによる農作物被害は伊豆地域や県東部で目立つ。ワサビの葉やシイタケなどを食べることが多く、近年の年間被害額は8000万円前後に上る。農作物だけでなく、南アルプスの高山植物など自然生態系への悪影響も出ている。
 被害が目立つ自治体では猟銃やワナを使った駆除を進めている。ただ、猟銃による捕獲は住宅地に近い場所などではできない。ワナはクマなどシカ以外の動物を捕獲してしまう可能性がある。このため、シカの大幅な削減には至っていないのが現状だ。
 森林・林業研究センターは6日に開いた日本哺乳類学会で研究成果を発表した。同センターの大場孝裕・上席研究員は「実用化に向け、餌の改良や与え方の研究を進めたい」としている。
http://www.nikkei.com/article/DGXLZO76793070Y4A900C1L61000/

シカの食害深刻、6500頭駆除へ 兵庫・豊岡市が捕獲作戦を拡大 「専任班」新設
2014.5.16 09:15産経新聞
http://www.sankei.com/west/news/140516/wst1405160057-n1.html
兵庫県豊岡市はシカによる農林業被害を防止するため、平成28年度までの3年間、集中的な捕獲拡大作戦に乗り出す。今年度は猟銃による捕獲を専門的に行う「捕獲専任班」を新設し、前年度の約1・2倍(約1290頭増)に相当する6500頭の駆除を目指す。
 市によると、狩猟者1人が1日に目撃するシカの平均数(目撃効率)は、県平均の1・67に対して、豊岡市は2・28(平成24年度)と高く、野菜や樹皮を食べ荒らす深刻な食害が目立っている。
 県豊岡農林水産振興事務所の調べでは、平成24年度の農業被害は約2370万円、林業被害は3860万円に上る。25年度は前年度の約1・4倍の約5200頭を捕獲したが、農林業被害は一向に減っていないという。
 捕獲専任班は、猟友会メンバーの有害鳥獣捕獲班員の中から、平日も活動できるメンバーを選び、1班約10人で2班を編成。7月から活動してもらい、有害捕獲期間(7~11月と来年3月)中、500頭の駆除を目指す。
 また狩猟期間中(11月15日~3月15日)、3頭目の2500円から段階的に2千円単位で増額していた捕獲報奨金を、3頭目から一律5千円とする。さらに狩猟期間以外の有害捕獲期間も、猟銃による1頭当たりの報奨金を8千円から1万6千円に倍増し、捕獲の意欲を高めてもらう。
 捕獲拡大作戦を有効に実施するため、有害鳥獣駆除の専門家(県集落獸害アドバイザー)1人を嘱託職員として新規採用した。市は6月補正を含め、年間約8660万円の事業費で取り組む。

春日大社に矢刺さったシカ=ボーガンか、腹貫通-奈良(時事通信)
2010.03.18 Thursday
-  13日午前10時10分ごろ、奈良市春日野町の春日大社の表参道に、腹に矢が刺さったシカがいるのを通行人が発見した。財団法人「奈良の鹿(しか)愛護会」が麻酔をかけて保護、矢を抜き傷の手当てをした。春日大社などがある奈良公園のシカは国の天然記念物に指定されており、県警奈良署は文化財保護法違反容疑で捜査している。
 同署によると、保護されたシカは体長約130センチ、体重約44キロの雌で、推定10歳。刺さっていたのは金属製のボーガンの矢のようなもので、長さ約52センチ、直径約7ミリ。腹に約24センチ刺さって貫通しており、途中で折れ曲がっていた。 
http://ct5hwbmj7y.jugem.jp/?eid=14
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

nowhere

Author:nowhere
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。